プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ボサツの生き方

ボサツの生き方

この世界に生きる多くの人はバラバラ観を存在の真実と思い、そのため、「自分こそ、自分の家族こそもっとも大事なのだ」と思って生きています。そして、結果的には、自らを苦しめ、他を苦しめながら生きています。

ところが、その愚かしさに気付いた少数の人々は、「自分とは何か?この世界とは何か?どう生きるのが本当なのか?」と、存在の真実、そして、真実の生き方を求めはじめます。

そして、いろんな本を読んでみたり、講演会やセミナーや瞑想の会などに参加したり、あるいは、宗教にその答えを求める人もいます。中には、出家する人も少数ですがいます。

そこで、はっきりした真実を発見できた人は本当に幸いです。

でも、それでも、通常は、なかなかその答えがはっきりしてこないのです。そうこうしながら、月日がどんどん過ぎて、まあ大した答えにたどり着くこともなく一生が尽きてしまいます。

でも、「すべては不可分一体である」という存在の真実を分かることは、深い浅いはありますが、決して難しいことではありません。

ポイントはバラバラ観をちょっと横に置いて、この自分と世界をじっと見てみることです。そうすれば、この世界のすべてが不可分一体であることはすぐにわかります。

問題は存在の真実に気付いた後、その分かり方をどのように深めていくか?ということと、その真実を実際にどう生きるかということです。

せっかく存在の真実や真実の生き方を求めようと決意した人でも、まず、存在の真実を徹底的に極めてから、はじめて、どう生きたらよいのかを考えようという人が意外に多いようです。

それではだめなのです。

大切なことは、深くても浅くても、不可分一体こそ存在の真実であると気がついたら、「みんなの幸せのために生きるのだ」と、その目標をピタッと定めて全力で生きていくことです。

この目標を狙いながら正しい方向性をもって生きることこそもっとも大切な生きる姿勢なのです。そうすれば、存在の真実に対する理解・体得も深まっていきます。

そのような人が増えれば、みんなが幸福で平和な世界は急速に実現に向かうでしょう。


「わたしは自ら次のように念じる。
わたしは世の中の他の人と同じように、いつも生から死への浮世の流れに流されて生きていてはいけない。
わたしはそのような浮世の生死の流れに逆らって、生死の源である存在の真実を極め尽くさなければならない。
普通の人はみんな他の人から害を受ければ憤り、利益を受ければ喜び、怖ろしいところを畏れるけれども、ボサツとなった私は彼れらと同じであってはならない。
わたしは未だ煩悩を完全に断じていないけれども、自ら煩悩を抑制して耐え忍べるように努め、誰かに悩まされても害されても瞋らず、尊敬されたり頂き物をしてもいい気にならないようにしなければならない。
そして、多くの苦痛や心配や困難を恐れずに、人々のために大悲心を興さなくてはならない。
わたしはボサツとなった。私は衆生の為に生きるのだ。」(大智度論巻14:昇平訳)


あなたもボサツになりませんか?

そして、日本を国家エゴイズムを超えた大乗ボサツ国家にしていきませんか?





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自分はすでに完結している

自分はすでに完結している

ずっと前に『死は怖いものではない』というタイトルでブログに書いたことを覚えている方も多いと思いますが、まず、あらためてあなたに問います。

次の2つの質問に少し時間を取って、アタマでなく実感に沿って誠実に答えてください。

A: 自分が死ぬのは怖いですか?

B: 自分の死は怖いものですか?

Bの質問をAとどう違うのだろう、Aと同じではないのかと思った方も多いと思います。

そこでBの質問を次のCのように変更したら、あなたの答えはどうでしょうか?

C: 自分の死そのものは怖いものですか?

あなたの答えはどうなりましたか?

Aに対して「怖い」と答えた方は、生きている今、将来の自分の死を想像して「怖い」と答えています。つまり、生きている今の気持ちとして「怖い」と言っているのであって、死を体験したうえで「怖い」と言っているのではありません。

それに対して、Cに対しては、自分が実際に死んだ体験をしなければ答えることはできないのです。

このように、私たちはアタマで想像したものと実際に体験しなければ分からないこと、あるいは、体験そのものをごっちゃにしていることが多いのです。

それで、まだ死んでもいないのに「死は怖い」などと思いながら生きています。

では、実際の死はどういうものなのでしょうか。僕はまだ死んだことがないので分かりません。

「肉体は死んでも魂は生きている」と信じている人もいますが、もちろん、本当はどうかということは分からないのです。

臨死体験をして次の世の入り口まで行って中を少し覗(のぞ)いて、また、この世に戻ってきたという人もいるようですが、それも事実かどうかは分かりません。脳科学ではそれは脳内現象、つまり、夢のようなものにすぎないという意見が主流です。

それで、ここでは、とりあえず、常識的に(科学的に?)、肉体が脳を含めてすべての機能を停止したことを死であるとして考えてみましょう。

もし、死がそのようなものであれば、死ぬ前に死についていくら「死ぬのは怖い」とか「死ぬのはイヤだ」などと思っていても、死ぬときはその思いごと死んでいくのですから、実際は死は怖いものでも、イヤなものでもありません。

つまり、死は私たちの勝手な思いを超えて、それ自身で完結しているということです。

「完結」とは、広辞苑によれば、次のようになっています。
1 完全に終わること。
2 それ自体でまとまった形にととのっていること。

この場合の「完結」という言葉の意味を定義すると次のようになります。

「完結とはすべての評価や比較などの規定や思いを超越して、あるいは、それらとは無関係に、それ自身で厳然としてまとまって整っていること」。

ある方は「完結とは外から一切あれこれ言われる筋合いのないこと」と言われましたが、まさにその通りです。

完結しているのは死だけではありません。

あなた自身が、すでに、そのままで、どこまでも、完結しているのです。

この世界の生きとし生けるものがそのままで完結した存在であり、掛け替えのない存在なのです。

ですから、一切優劣はありません。

優劣観念の亡霊に怯えながら生きるのは、喫煙と同じで、自分で自分をいじめているのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自己の世界  その10

自己の世界  その10
(その9からのつづき)

「みんな間違いだ。今まで見たり考えたりしたことは悉く夢だったのだ。コレが本当なのだ。真実なのはコレなのだ」この驚きや叫びと同時に明るい世界に生まれ出たような気がしました。

これは恩師和田重正先生が開悟された瞬間思わずほとばしった心の叫びです。「存在の真実が本当にわかった」ということはこういうことなのです。

ですから、その瞬間にものの見方はもちろん、生き方がそれまでとは、文字どおり、180度、そして、部分的にではなく、全面的に転換してしまいます。

もしそうでなければ、それは例の“タバコ図“の中の”節煙”と同じように、中途半端な生き方になってしまいます。

タバコ図の左側は、「タバコにはプラスの価値は一つもなく、マイナスの価値しかない、という真実に立脚して、タバコは吸う必要もなく吸いたいとも思わない、だから、タバコは吸わない」という世界です。

それに対して、右側は、「タバコには健康やその他の面でデメリットはあるが、タバコにはタバコでなければ得られないプラスの価値がある。だから、タバコを吸う必要があり、タバコを吸いたいと思う」というアタマの妄想が展開した世界です。

そして、この右側の世界には3つの道があります。

一つ目の道は、タバコには健康その他不都合な面もあるので、本当はやめた方がよいのだけれども、と思いながらも、吸いたいときにはタバコを吸うという”喫煙“の道です。

二つ目の道は、本音は吸いたくてしかたがないのだけれども、健康その他不都合なことがあるので、タバコを吸うのをガマンするという“禁煙”の道です。

三つ目の道はその二つの中間にあります。それは、本音は、吸いたいときに思い切り吸いたいのだけれども、健康その他不都合なことがあるので、吸いたい気持ちをガマンして、吸う本数を減らすという“節煙”の道です。

この節煙は喫煙と禁煙の“よいとこ取り”で、うまいやり方だと思ってやっている人が多いのですが、実際には、本数を減らせば減らすほど1本1本が貴重に思え、また、ガマンの末やっとありついた一本一本が「実にうまい」と感じられ、タバコへの依存度はますます増え、タバコへの依存がますます深まります。

さらに、節煙は吸いたいという気持ちを長時間押さえつけていなければならないので、苦しくて仕方がありません。それでほとんどの人がまた喫煙の道にもどり、その後、禁煙したり節煙したりと妄想で作った右側の世界をよろめきながらフラフラと徘徊するのです。

このように、左側の存在の真実がわかっていないと、いつまでも、右側の妄想の世界でウロウロしながら、中途半端な一生を終えることになってしまいます。

また、せっかく一度は存在の真実を分かったにもかかわらず、いつの間にか、右側の妄想の世界に戻っているのにも気がつかず、“節煙的生き方“をしながら、かけがえのない人生を粗末にしている人が多いように思います。

しかも、自分では存在の真実に沿って“うまく”生きているつもりなのですから、実に気の毒で、残念です。

一刻も早くその愚かしさから脱出してほしいと願わずにはいられません!

(おわり)





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

自己の世界  その9

自己の世界  その9
(その8からのつづき)

自己の世界については、以上説明してきたことで大意はおおむね尽きていると思いますが、いくつか関連することを思いつくままに順不同で若干補足したいと思います。

まず、優劣観念や差別観念、所有観念などは、結局、自他の観念を根底とするバラバラ観から生じたものであり、根本的に間違っています。みんな同じ“いのち”なのですから、優劣や差別や所有があるはずがないのです。

また、すべての存在は同じ“いのち”がいろいろな姿かたちや性状や機能を持って現れたものであり、もともと人間のアタマで作りあげた勝手なモノサシを当てて測った"規定“、すなわち、ラベル以前にそのものとして何ものも欠けるところなく完結して厳然として存在しています。ですから、そこに、優劣や差別などあるはずもないのです。

存在の真実を分かるためには、特別な修行をして悟りを開かなければならないということではありません。アタマで作りあげた勝手なモノサシを当てはめて何かを規定しても、それは存在の真実そのものではないということに気がつきさえすればよいのです。

要するに、ラベルはそれを貼った実物(事実そのもの)ではないということです。存在の真実、つまり、“いのち”の実物はいつもここにそれ自身で完結して厳然として存在しています。まさに、眼横鼻直(眼は横、鼻は縦に真っ直ぐ)であり、もともとのあるがまま、それが“いのち”の実物です。

人についても同じです。あなたが修行をして別の自分に変身することでも、本当の自分がどこか別のところに存在するのを見つけるわけでもありません。

“いのち”の実物は一切のラベル以前のあるがまま、そのままのあなた自身です。それ以上でもそれ以下でもありません。

あるがままのあなた自身はそのままですでに、あらゆる規定を超えて存在しているので、あらゆる評価を超えて無上の絶対価値を備えているのです。

白隠禅師は「衆生は本来すでに仏なのです。にもかかわらず、悟りを求めようとするのは、水の中にいる魚が喉が渇いたので、水が欲しいと叫んでいるのと同じです」と言っているのはまさに至言です。

この世界の本質は「すべてを生かさずにはいられない」という”無限の愛“です。無限の愛こそ“いのち”の別称です。

瞑想の自然法、あるいは、只管打坐は何か特別の心境になるためでも、悟りを開くためでも、心を落ち着かせるためでも、心を静めて無心になるためにするのではありません。

何かを求めてするのではなく、ただ、アタマの思いを手放しにして坐相(坐った姿勢)を守りながらただ座っているだけです。人間は石や岩ではなく、アタマがあるので、思いが出てくることこそ自然なのです。

問題は、その思いの内容を事実そのものと勘違いする傾向があることで、事実や存在の真実を見失いがちだということです。

ですから、アタマの思いを押さえつけたり、追いかけたりしないで、ほったらかしにしておくと、思いの力がなくなり、もともとそこにあるのですが、思いのせいで感じられにくくなっていた不可分一体の自己の“いのち”の実物をはっきりと体感できるのです。

(つづく)




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

自己の世界  その8

自己の世界  その8
(その7からのつづき)

さて、今あらためて「自分とは何か?」と問われたら、あなたはどう答えますか?

名前や性別や年齢を言ってみても、それが“自分”という実物の上に貼ったラベルにすぎず、自分という実物そのものではない、ということはもうお分かりですね。

では、「〇△国人」、あるいは、「人間」という答えはどうでしょうか?

それもラベルにすぎません。

このラベルという外的規定はアタマを通して抽象化した概念を言葉で表したものであって、どこまでいっても、実物そのものをそっくり捉えて「こうだ」と言うことはできないということです。

こうなると、「自分は自分です」などと答えにならない答えしか出てきません。

そんな答えではダメだと言われると、いよいよ追い詰められて、どこかで覚えてきた「いのちです」、とか「エネルギーです」とか「大いなる存在です」などと答えて、分かったふうにしたり顔をしています。

でも、この場合は「いのち」とか「エネルギー」とか「大いなる存在」などというのもアタマで作りあげた抽象化した概念、あるいは、ラベルです。

結局は、自分という実物そのものを言葉では表現できないのであって、何か言葉で表現しようとすると、すべて外れてしまうということです。

それで仏教では「空」とか「真如」とか、いろいろ分かったようで分からない言葉で、存在の真実を表しているのだと思われます。

そういう意味では、仏教の神髄は存在の真実を、実に的確に、また、実に深く捉えていることに驚嘆します。

「では、自分とは存在しないのか?」と言えば、ここに、事実として、厳然として存在しています。

とにかく、この世界のすべての存在は人間がアタマによって作りあげたあらゆる分類や比較や評価などの規定以前に、あるがままで完結して厳然と存在しています。

問題は、多くの方々が五感とアタマによって、この世界をバラバラのものの寄せ集めで、生きていない世界、影のような世界だと思い、そして、自分はそこでつねに他を恐れ、死の影におびえながら生きるちっぽけで、はかない存在であると思っていることです。

でも、実物の世界、実物の自分、すなわち、自己はまったくその反対です。この世界は自分を含めてすべて一つの“いのち”の世界です。この世界は光と、もえる“いのち”の活々とした行き詰りのない世界です。

そして、この世界こそ自己の全身、つまり、この世界ぐるみが自己なのです。

でも、それがただの一時的な体験的感覚であったり、単なる観念的理解で終われば、それではまったく何の意味もありません。

存在の真実は存在の真実を生きる時にはじめて意味を持つのです。

すなわち、この世界にはいろいろなことが原因で不幸な人が犇めいています。それらの不幸な人は自分の分身です。事実として、我が子、我が親が苦しんでいるのと同じです。

ですから、一刻も早く全世界から不幸な人が一人もいなくなるように、全身全霊で工夫し努力することこそ、自己の真実の幸福であり、また、真の生きがいであり、喜びであることに気付くことこそ、今あなたにもっとも求められているのです。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ