プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

健康の自然法

健康の自然法

野口整体の創始者野口晴哉先生のご著書のなかに『健康の自然法』というタイトルの本があります。

「自然健康法」ではなく「健康の自然法」となっているところが健康というものの心髄を表しています。

「自然健康法」であれば、いくら「自然」という言葉が使われていても、結局は、人間がアタマで考え出した「自然」であり、真の自然、生(ナマ)の自然そのものではなくなります。

それに対して、「健康の自然法」というのは「心身の健康は心身そのものの中にもともと自然に備わっている。したがって、心身の自然なハタラキに任せれば健康を保つことができるのだ」という真実を表わしているのであり、数ある健康法の一つではないのです。

この世界は、本来、みんな一緒、みんなでひとつの世界です。ですから、本来、対立するものはありません。もともとすべてが調和し支え合うようにできているのです。もともと一つですから、それが分かれて形の上では複数のものが出来たように見えても、お互いがお互いを支え合い調和するようになっています。

たとえば、植物は空気中から二酸化炭素を吸収して酸素を空気中に吐き出します。植物が吐き出した酸素を動物が吸って、二酸化酸素を吐き出します。その二酸化酸素を植物が吸収するわけで、その循環・支え合いがどこまでも続きます。動物は植物なしには生きられません。そして、植物は動物なしには生きられません。それは私たち人間も同じです。

植物は太陽なしには生きられません。しかし、太陽は植物なしにも輝き続けることはできます。それは確かですが、太陽だけでなく、空気も、水、その他の養分などに関しても、植物も動物も、そして、人間もそれぞれがまったく単独で生きることはできません。みんなそれぞれ周りのすべてのものとの循環・調和・共生・持続の中でしか生きることはできないのです。

このように、私たちの社会も大宇宙や植物や動物を含めた大自然とともに、すべての人や集団や組織が自ずから循環・調和・共生・持続するのが本来の自然なあるべき姿なのです。
そこに、個人個人の真の幸福と平和があり、また、全体の真の幸福と平和があるのです。
それは大宇宙の星々の運行や大自然の循環・調和・共生・持続する姿に現れています。人間の心身ももともとひとつの小宇宙、小自然であり、周りのすべてのものと、そして、すべての細胞や器官、組織が自ずから循環・調和・共生・持続しています。つまり、もともと、そのままで健康・幸福・平和に生きられるようにできているのです。

この世界に多くの不幸な人が存在し、未だに、真の平和な世界が実現できていないのは、みんな一緒、みんなで一つ、つまり、不可分一体という当たり前の存在の真実が見失われているからなのです。

私たち人間は万物の霊長と自負しながら、自らの自然に反する生き方をしています。これでは、科学や技術が進歩・発展すればするほど、自らの自然から遠のいて、自分の首を絞め続けることになります。

私たちはあらためて「この世界とは何か? この自分とは何か? 何のために生きているのか?」と真剣に、そして、素直な感覚で問い直さなければなりません。

「健康の自然法」という言葉にすべてのカギがあります。





整心

整心

整心(せいしん)とは僕が作った造語です。その意味は「本来の心(真心)ですべては整う」ということです。

ところで、仏教でいう「悟り」ということの意味は、手元の広辞苑によると、「心の迷いを去って真理を体得する。煩悩(ぼんのう)を脱して涅槃(ねはん)を得ること」となっています。ちなみに、「涅槃」とは「煩悩を断じて絶対的な静寂に達した状態。仏教における理想の境地」となっています。

「本来の心(真心)ですべては整う」という意味は、「悟り」という言葉を使って言い換えれば、「私たちはみんなすでに“悟っている”」ということです。

「えっ!?」と思われたかもしれませんが、決して、詭弁やこじつけで言っているのではありません。僕は本気で「私たちはみんなすでに“悟っている”」と言っているのです。その真意を分かりやすく説明しましょう。

37億年前にこの地球に最初の生物が誕生して以来、私たちの先祖は数多くの想像を絶する困難と危機を乗り越えながら、天文学的な回数“いのち”を世代から次の世代へと1回も途切れることなく繋いで進化を重ね今日の私たちに至っています。

ということは、この進化の頂点にいる私たちひとり一人の人間はどんな困難や危機をも乗り越えることのできる最強の能力をすでに備えているということです。

たとえば、人間の体にはもともとそれ自身健康を保ち、自らを整える強力なハタラキ・自然治癒力が備わっています。現代では私たちの自然治癒力を過小評価する風潮が非常に強くなっていますが、37億年もの間、薬や何か外部の手助けに頼ることもなく、幾多の困難を乗り越えながら、たえず進化を繰り返した私たちの体はそんなヤワであるはずがありません。

その真実を豊富な実践をもって証明し説かれたのが野口整体の創始者である野口晴哉先生です。野口先生は「整体」ということを説かれました。整体とは「体は自ら整うようにできている」。すなわち、私たちの体にはもともと自らを整え健康に生きる充分な能力がすでに備わっている」ということです。ですから、私たちはそのハタラキに全部任せさえすれば、楽に健康に生きていくことができるのです。

体と同じように、”いのち”が顕現した一元絶対、不可分一体の世界においては、”いのち”である私たちの本来の心(真心)に全部任せれば自ずから自分も整い、周りも含めて、一切のことが整ってうまく行くようになっているのです。

ここで、「では、どうしたら真心で生きていけるのか?」と思う人もいるかもしれませんね。

それは、実に簡単です。もともと真心しかないのですから、「真心しかないのだ」だと決定(けつじょう)して、真心でいればよいだけです。

怒り、恐れ、嘆き、落ち込み感、優越感・劣等感、好き嫌い、対立観、所有観、ケチな根性・身びいきなど、二元相対的にしか思考できないアタマで後天的に身に付けてきたバラバラ観が出てきても相手にしないのです。

「そう言われても。それが難しいのだ」というような人は自観法をマメに実修することです。そうすれば、そのうちに、いつでも真心でいることができるようになります。




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

安らぎの中で生きる

安らぎの中で生きる

私たちの現代の社会においては、多くの場合、「ストレスは悪いもの」といったニューアンスで話されることが多いようです。

でも、ストレスは、悪いものどころかその反対に、私たちの体と心の健康をまもるために、私たちにもともと備わっている、なくてはならない大切な本能的な機能なのです。

ストレスは「これ以上無理すると体力的にも、精神的にも大変なことになるよ」という警告のシグナルです。

ですから、ストレスがある場合には、ストレスの原因そのものを取り除くことが根本的にストレスを解消する唯一の方法です。

それなのに、対処療法的に、アルコールなどを飲んで、神経を弛緩させストレスを感じないようにしても、まったく意味がありません。

それは火事が発生している時に、「警報ベルの電源を切り、ベルの音を消したから一件落着」と言っているようなものです。

それどころか、大切な警報システムであるストレスを薬物で感じないようにすれば、人間の健康を維持するためにもっとも大切な免疫機能が大きく阻害されます。

たしかに、ストレスを過敏にストレスを感じることは大きな問題です。

でも、それはアルコールなどの薬物で神経を麻痺させてストレスを感じなくすればよいということではありません。

過敏にストレスを感じるのは、そもそも「ストレスは悪いもの」と思い込んでいるために、ストレスを感じるとパニック状態になっているのです。

では、ストレスを感じたときには、どうしたらよいのでしょうか?

それは実に簡単です。

まず、「自分にもともと備わった本能的機能である警報システムが正常に作動し、この状況は問題だと警告してくれている。ストレス君ありがとう」と警告を素直に受け取り、警告してくれたことに感謝すればよいのです。

そうすれば、パニックになることもなく、心は落ち着くでしょう。

そこで、「さてと」と、冷静に状況を直視し、問題点を探り出し、その対応策を考えます。

対応策が見つかれば、あとは、それを実行すればよいだけですから、もはや問題は解決したということです。

対応策がその時点で見つからないときには、まず、見つからないという事実をただ冷静に受け入れるだけです。

将来的に引き続き対応策を見つけようと努力するか、これ以上考えても無駄だと判断するかは、そのときの状況と自分次第です。

けれども、いずれにしても、あなたがそれ以上警告シグナルであるストレスを感じる必要はまったくないのです。

そういう意味では、心の問題はその時点で解決しているわけですから、あなたは、時々感じるストレスに感謝しながら、どこまでも安らかな気持ちで状況に対応しながら生きていけばよいのです。

心配や不安、恐れなどもストレスと同じで、私たちになくてはならない警報システムなのです。

このように、私たちはたとえストレスや心配、不安、恐れなどがあっても、いや、それらが私たちに備わっているおかげで、本来は安らぎのなかで生きていけるようにできているのです。

この真実に気がつくことが「悟り」です。



←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

心について

心について

「心」とは何でしょうか? 

心理学や生理学的にはいろいろな説明があると思いますが、ここでは、私たちが、生死を含めて、歩いたり、眠ったり、食べたり、読んだり、書いたり、話したり、この世界に生きている一刻一刻の姿はすべて自分の「心」の現われであると言っておきましょう。

その「心」には2種類あります。

まずは、思考や感情など、アタマによる通常の精神的活動を司る「心」です。

この「心」は、具体的には、五感によって収集した情報を大脳において処理・判断します。

ところがこの「「心」」は、実際には、五感の情報収集と大脳の情報処理能力の限界により、間違って思い込んだり事実を誤認したりして、身勝手な判断をする傾向が強いのです。

一言で言えば、この「心」は妄想に陥りやすい傾向があるということです。

一方、瞑想を深めていくとよく分かるのですが、通常の思考や感情などの「心」の奥に、それとは別に、自分の「本性」とでもいうべき「心」が存在していることが分かります。

この自分自身の「本性」は常に清浄無垢そのもので、たとえば、その判断は公平無私です。「まごころ」と呼んでもいいでしょう。

仏教では、この自分の「本性」を「仏心」、「仏性」、あるいは単に「心」などと表しているので、その知識がないと混乱するかもしれません。

でも、単に知識で知っていても、体験的にその存在を知らなければ何の意味もありません。

このように、「心」には、アタマの精神的活動である、仮想の(つまり、表面的な)「心」とその奥にあるる“いのち”そのものに直結した実相の(つまり、本質的な)「心」との2種類あるのです。

このことが分かると、「私たちが生きる上で何が本当に大切か?」ということがはっきりとします。

それは、まずは、自分の実相の「心」の存在を体験的にはっきりと捉えることです。

そして、瞑想だけでなく、日常の生活において、できるだけ実相の「心」でいることです。

さらに、自分の考え方や観念を徹底的に調べなおして、間違った思い込みや観念を整理すること。

そして、アタマが妄想を作り出さないように、常に「心」が目覚めていることです。

「心」について昔の禅のマスターが次のように言っています。

「心というものは、うっかりすると、すぐにチリやホコリが着いてしまうものだ。いつも油断なくチリやホコリを払うようにしなさい」

また、別のマスターは次のように言っています。

「本来、無一物だ。心は空っぽだ。どこにチリやホコリが着くと言うのか」

さらに、別のマスターは次のように言っています。

「心とは山河大地なり。日月星辰なり」


「心」とは“いのち”そのものなのです。

このような言葉が実感としてますますはっきりと分かるように、皆さんの日常生活において、どこまでもこの1点を体験的に深く掘り下げていってほしいと思います。



←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

さわやかな風を

さわやかな風を

今回はつい2,3日前に『毎日新聞』に掲載された『余録』をご紹介します。

ここに登場する両角憲二(もろずみ・けんじ)さんは僕の妻である野村奈央の弟です。


余禄

 スポーツが好きな子どもたちを持つ保護者に読んでほしい文書がある。

東京都町田市にある私立和光(わこう)中学男子バスケットボール部顧問だった両角憲二(もろずみ・けんじ)さんが書いた「和光の丘より さわやかな風を」だ

▲バスケット経験を持つ両角さんは1990年に赴任して驚いた。ジャンプシュートを打てる生徒がひとりもいなかった。さらに驚いたのが週3日という練習日数の少なさと、午後5時20分には終了という練習時間の短さだった

▲負けて当たり前という言い訳が試合前から用意されていた。相手コートにさえなかなかボールを運べないという状況から13年後の2003年12月21日、東京都新人大会で約650校の頂点に立つのだが、そのサクセスストーリーを紹介したいのではない

▲優勝を決めたその日、応援の保護者ら向けに両角さんが配布したのが「和光の丘より」だ。

(1)相手の不注意によるミスには拍手しない

(2)相手のフリースローの失敗に対しては拍手しない

(3)相手のファウルに対して拍手や「ナイスファウル」などの声をかけない

(4)審判のジャッジに対する不満の声はかけない

▲ゲームは相手がいて初めて成立する。だから対戦相手は「敵」でなく、ナイスゲームを共に作る「パートナー」なのだ。どんなに強くても、相手のミスや反則を喜んでいては敬意や称賛は得られない。審判が気持ちよく笛を吹けてこそナイスゲームは生まれるのだ

▲両角さんは現在、和光中学・高校の校長の職にあり、現場の指導からは離れている。だが、フェアプレーの精神が凝縮(ぎょうしゅく)された文書は10年後の今も色あせず、いや今だからこそ光を放っている。

(2013.5.5)
(平成25年5月5日毎日新聞朝刊より転載)




さわやかな風

さわやかな人

気持ちいいですねえ!

僕もそんな人でありたい!


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ