プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

“いのち“の恩恵

“いのち“の恩恵

この世界のすべての存在や現象は“いのち“、仏教的に言えば、仏あるいは仏性(以下、単に”仏”)が顕現したものです。

存在の真実を求めようとする、つまり、悟りを求めようとする人のほとんどは悟りがどこかほかのところにあるように思って、それを懸命に探し求めます。でも、悟りはその求めようとする自分自身、そして、自分の眼前のいたるところに顕れています。ですから、悟りをどこかに求めようとすること自体が見当違いの努力ということになります。

そのことを白隠禅師は『坐禅和讃』の中で次のように言っています。

衆生本来仏なり 水と氷のごとくにて 
水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし 
衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ 
たとえば水の中に居て 渇を(喉が渇いたと)叫ぶがごとくなり

しかし、存在の真実に気が付いてみれば、その見当違いの努力さえも、実は、仏(“いのち“)の顕れだということです。つまり、悟りだけが仏の顕れなのではなく、迷いも仏の顕れなのです。

でも、悟りが仏の顕れであるということはそうだとしても、迷いも仏の顕れであるとは感覚的に理解するのに少し抵抗感があるかもしれませんね。

それはどういうことなのでしょうか?
人間以外の動物たちは“自分“というはっきりした意識を持たずに、迷いもなく大自然に順応して生きています。それに比べて、人間は、仏のハタラキによって、アタマ(大脳)が発達したために、自分という意識をはっきりと持つようになり、大自然の法則からかなりずれて不調和な生き方をするようになりました。そのために、かえって自分自身が何者であるか、また、自分が生きる世界が何かを見失ってしまいました。それが迷いの正体です。

でも、私たち人間は”何のために“迷うのでしょうか?  
この問いは、「なぜ、“いのち“はわざわざ私たち人間を迷わせるのか?」と言い直してもよいでしょう。

“いのち“はこの世界を顕す単なる無機質のエネルギーではありません。だからこそ、仏教ではそれを”仏“と呼ぶのです。

仏とは「無常によいものを顕現する根源のエネルギー」なのです。ですから、仏が顕れたすべてのもの、悟りはもちろん、迷いも“無常によいもの”あるいは“意味のあるもの”なのです。

なぜなら、私たち人間は迷うことによって、その苦しみから脱却しようとして、はじめて存在の真実を求め、その結果、悟ることができるからです。

さらに言えば、私たちは悟ることによって、より深く迷うことができるのです。そして、より深い迷いはさらに深い悟りへと私たちを導いてくれます。

迷っては悟り、悟っては迷いと、このプロセスが繰り返されて、究極的に私たちは存在の真実を大悟することができるのです。

その意味で、迷いは仏の道から逸(そ)れたのではなく、悟りはもちろん、苦しみそのものである迷いこそ、実は、仏の大いなる恩恵です。

とは言っても、アタマによる迷いの内容、たとえば、バラバラ観や優劣観念、所有観念などが真理でないことはもちろんです。

何でも見境なく“そのままでよし”と開き直ったら、トラさんじゃないけれど、「それを言っちゃあ、お終いよ」です。いろいろなネガティブな思いや感情についても同じです。





枯れ葉の悟り

枯れ葉の悟り

数日前に初雪があり、だいぶ寒くなってきました。外を見ると木々の葉もほとんど枯れ葉となり、ヒラヒラと散っていく枯れ葉の数が日ごとに増えていきます。

それでも、まだかなりの枯れ葉が枝に残っています。僕は一枚の枯れ葉に目を留めました。その枯れ葉は澄み切った冬の青空を背景に北風のなかで、1本の枝にしがみついて震えています。

みなさんも容易にその情景を想像できるでしょう。そこで、突然ですが、みなさんに質問です。
その枯れ葉を震わせている風は、そもそも、どこから来たのでしょうか?

思いつきでなく、想像力を使って、実感的に、はっきりするまでよく検べてください。

そうです。この地球の“すべて”がいろいろな形で関わって、その結果、その風が今ここで吹いているのです。

「地球の“すべて”」と言いましたが、地球の始まりの時からこの瞬間までこの地球に起きた“すべて”が関わって、その結果として、その風が今ここに吹いているのです。

さらに、想像力を使えば、当然、太陽や月のハタラキがあって、その風は今ここに吹いています。

さらに言えば、この大宇宙の始まりの時から起きた“すべて”が関わって、その風が今ここに吹いています。

私たちは「風が吹いている」と言いますが、正確には「地球が吹いている」、いや、「大宇宙が吹いている」と言ったほうが正確かもしれません。

つまり、この世界にはひとつの“大生命体”である大宇宙しか存在していないのです。風だけでなく、この世界のすべての現象はひとつの生命体としての大宇宙が起こしているのであり、また、この世界に存在するすべての無生物や生物は大宇宙の構成要素としての存在にすぎません。
(ちなみに、一般に動植物などの生物を「生命体」と呼ぶのと区別するために、大宇宙という生命体を、僕は時に応じて、「大生命体」あるいは「超生命体」と呼んでいます。)

この大宇宙というひとつの大生命体を存在させている根源のチカラ・本質を、僕は“いのち“と呼んでいます。つまり、“いのち“がこの一大生命体である大宇宙として顕現しているのです。ですから、この世界のすべては“いのち“の顕れです。
(僕は“いのち“は仏教で”仏“あるいは”仏性“と呼ばれているものと同じではないかと考えています。)

このように、我が家の前にある庭も、木々も、枯れ葉も、風も、空も、雲も、太陽も、山々も、遠くに見える家々も、遠くから聞こえる自動車の走る音も、目の前のパソコンも、畳も、壁も、障子も、窓も、みんな“いのち“(あるいは大宇宙)が顕しているのです。

そして、宅配便の配達の人の「こんにちは」という声も、キーボードを打っている指や手も、いろいろな思いや感情も、もちろん、自分も、みんな、そのまま “いのち“(大宇宙)の顕れです。

このように、「宇宙即我、我即宇宙」の存在の真実を悟るのは実に簡単です。

また、人間には肉体的な生死があっても、人間の本質である“いのち“には正死はありません。

このように、不生不滅の“いのち“は生滅(生死)として顕れています。存在の真実は、生滅がそのまま不生不滅です。

ふと外を見ると、枯れ葉がヒラヒラと舞いながら落ちています。





必然と自覚 まとめ

必然と自覚 まとめ

大宇宙や大自然や人体はつねにより大きな調和と循環に向かって変化しています。

ところが、私たちはアタマを過信してバラバラ観に基づいた社会を作り、その中で生きることによって、互いに争い、私たち自身が生きる環境である自然を破壊し、生存に不可欠な空気や食べ物などを汚染するなど、トンデモナイ方向に文明を発展させています。


その結果、現在私たち人類は、今や、かつてない大きな危機に直面しています。すでに、かなり大きな被害が出ていますが、このままの方向で行けば、地球環境破壊だけでなく、核戦争、原発、人口爆発、食糧危機などいずれ人類は他の動植物を道連れに絶滅するかもしれないと警告する専門家たちもいます。

でも、“いのち“のレベルでは、私たち人間のこのような愚かな行いも起こるべくして起こっているのです。
なぜそんな無慈悲なことを言うのか?と思われる人もいるでしょう。
このままでは、トンデモナイことになってしまうのに、なぜ、私たち人間はこんな愚かなことをしているのか?

それは、創造者が仕組んだとしか考えられません。彼のネライはこの世界に自覚した存在を創造することです。と言っても、最初から、そのような存在をポンと創ってしまうのではなく、その対象者である人間自らが目覚めように進化の仕組みを創ったのです。

それはどのような仕組みなのでしょうか?
1 まず人間たちが存在の真実を勘違いすること。
2 その結果、数々の過ちを犯し、ついには、生きている環境自体を破壊し、自らの生存自体が大いに危ぶまれる状況を作り出すこと。
3 そして、その状況のなかで必然的に大きな危機感を感じて、ついには、自分たち自らの根本的な過ちに気づいて、不可分一体の存在の真実を自覚するようにすることです。

以上は僕の推論です。

「な~んだ!?」と思われるかもしれませんが、僕の確信の前提にあるのは、創造者である“いのち“は完璧であり、絶対に間違いを起こすはずはないという絶対的信頼です。

要するに、この世界のできごとは“いのち“から見れば、すべて意味があり、必然的に起きているのです。

前述のように、私たち人類はかつてない大きな危機に直面しています。それでも、私たちは、かならず、この危機を乗り越え、みんなが幸福で永遠に平和な世界を創造することができるのです。

そのためにはどうしたらよいのでしょうか?

それは一人一人が「自分がこの人生において本当は何を求めているのか」ということを突き止めることです。

この人生は誰にとっても掛け替えのないものです。その人生を自分はどのように生きたいのか、どう生きればこの人生を終える時に、思わず心からニッコリと笑って死ぬことができるかということを、心から満足できる答えが出るまで、真剣にトコトン考え抜くのです。

この問いに対する僕自身の答えは、思い通りでないからと愚痴ったり、腹を立てたりするなど一瞬でも人生を粗末にすることなく、この世界に生きる生きとし生けるものすべてが幸せで平和な世界を創造するために、一日一日全力を尽くして、心から“楽しく“生きることです。

皆さんも、ぜひ、ご自分の究極の答えを見つけてください。

(おわり)





必然と自覚 その3

必然と自覚 その3
(その2からのつづき)

この世界の創造者である“いのち“は、まず、わざと不可分一体の存在の真実に反してバラバラ観でしか思考できないアタマを持った人間を創りだす生物進化の仕組みを創りました。

その結果、人間は不可分一体の存在の真実に反するバラバラ思考しかできないアタマを頼りに生き、社会を創り、活動するので、当然、その生き様や社会は混乱と苦しみに満ちたものになります。

実は、それこそ創造者である“いのち“、つまり、”彼“のネライだったのです。

何がネライなのか?
一人一人の生き様やその社会が混乱と苦しみに満ちていれば、そのうちに、「これは何かおかしいぞ。そもそも自分とは何ものなのだろう? この世界とは何なのだろう?」と疑問を持つ人間が出てくることが第一のネライです。

そして、そのうちに、不可分一体の真実を自覚する新しい人間が出てくるはずだ、ということが第二のネライです。

このようにして、自覚した人間が増えていき、その人たちによって、不可分一体の存在の真実に即した真実の社会がこの地上の至る所に創造され、すべての人が不可分一体の真実を自覚しながら生きる地上の理想社会が建設されることが第三のネライです。

創造者である“いのち“は最初からそのような計画と見通しを立てて、地球上の生物の進化の仕組みを含んだ大宇宙自身の進化・発展の仕組みに基づいて、この大宇宙を創造したのでしょう。

前述のように、「世の中には戦争その他まったく理不尽なことがたくさん起きている。それなのに、それを『起きるべきことが起きている』とか『完璧だ』と言われても、気持ちとして、とても納得できない」とあなたがそのように思うのも当然なのです。

なぜなら、理不尽としか思えないようなことも、偶然に起きているのではなく、“いのち“が私たち人間にアタマを頼りにバラバラ観的に生きる間違いに気づかせ、不可分一体の存在の真実を自覚させるために必然的に起こしているからです。

そして、そんなことは起きてほしくないと思うのも当然のことであり、それも“いのち“が必然的に起こしているのです。そういう意味で、すべてが必然であり完璧なのです。

そうです。そんな悲惨なことはこの世界に絶対あってはならないのです!そのような“悲惨な”ことが起き、そんなことはおかしいと心から思う人たちがどんどん現われてくることが必要なのです。

創造者は私たちみんなが完全な自覚者になることを目的として、私たち人間を創ったのでしょう。

しかし、彼は私たちのために最初から天国のような場所を用意しませんでした。彼は私たちが悲惨なことや理不尽なことを何度も体験し、それを何とか解消しようとする過程で、存在の真実を自覚するような仕組みを用意したのです。

その自覚を通して、私たちが混乱や苦しみを乗り越えて、みんなが本当に幸せで平和な社会を創造することを望んだのでしょう。

私たち人間はこれまでの何千年もの歴史の中だけでも、数えきれないほど何度も悲惨な体験をしてきました。でも、もう充分です!

私たちは、今こそ自覚した“新しい人間”に生まれ変わり、真実の社会を創造する時が来たのです!

(つづく)





必然と自覚 その2

必然と自覚 その2
(その1からのつづき)

この世界では、自分がどう思おうと、すべて起きるべきことが起きており、完璧です。
このように言われて、あなたはどう思いますか?

多分、あなたの本音は「そんなことはない。たとえば、何の罪もない人が夜道で通り魔に理由もなく殺されるような事件が時々起きている。このような事例は他にも数えきれないぐらいある。そんなことは絶対に起きてはいけないことだ。それなのに、それを『起きるべきことが起きている』とか『完璧だ』と言われてもとても納得できない」と言うような感じではないでしょうか?

あなたがそのように思うのも当然です。でも、僕が言いたいことは、あなたのそんな思いをも含めて、起きるべきことが起きているのであり、その意味で完璧だということです。

こう言っても、多分、まだ、何かしっくりこないとか、何かおかしいという感じがするかもしれませんね。

実は、この存在の真実は二元相対的思考では少し理解しにくいところがあるので、順を追って説明してみましょう。

この世界、あるいは、この大宇宙は最終的完成に向かってまだ進化・発展の途上にあります。宇宙や大自然の様子はビッグバン初期の段階から見れば、完成とは行かなくても、かなり進化した調和の状態にあるようです。人体も30億年以上何千万回もの進化を重ねてかなり完成に近づいてはいるようです。

ところが、宇宙や大自然や人体などに比べると、人間社会や人間一人一人の生き様を見るとまだまだ多くの不調和や混乱や苦しみの中にあると言えるでしょう。

それはなぜか? 宇宙や大自然や人体は一元絶対つまり不可分一体の存在の真実の法則・真理(宇宙の場合は宇宙の法則、大自然の場合は大自然の法則、人体の場合は人体の法則・本能)に沿って働いています。

一方、ほとんどの人は人間に本来備わっている自然の法則の顕れである心・真心を軽視し、二元相対的にしか思考できないアタマ(大脳)に頼って、バラバラ観に基づいた社会の中で生きています。

“いのち“はなぜ人間にこの世界の一元絶対の真理つまり不可分一体の存在の真実に背(そむ)きかねない二元相対的思考をするアタマを与えたのでしょうか?

それは、簡単に言えば、この世界に“自覚した存在”を誕生させたかったからです。

植物や人間以外の動物は大自然の法則、つまり、本能に沿って生きているので、基本的に大自然と調和して“ただ”生きています。つまり、彼らは大自然と本能的に調和して生きているだけで、“無自覚”なのです。

擬人的に表現すれば、それだけでは創造者である“いのち“は満足できなかったのでしょう。”彼“は自分がどういう存在であるか、自分が生きているこの世界がどういうものであるかを自覚した存在を創らなければ、この世界を創造する意味がないと、そもそもの初めから考えていたのでしょう。

では、そのような自覚した存在を彼はどのように創ろうと考えたのでしょうか?
それは、まず、わざと一元絶対の存在の真実に反して二元相対的にしか思考できないアタマ(大脳)を持つ存在を進化の過程で生みだすように生物進化の仕組みを創ったのです。

(つづく)





| ホーム |


 ホーム  » 次のページ