プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ある目覚めの体験  その2

ある目覚めの体験  その2
   (その1からの続き)
おとなになる

また、小さいときから私は「感謝せよ」とうるさく教えられました。特に食物の不平を言ったり、小遣の少いのに憤慨すると、父は感謝の念のないものは人間ではない、と感謝の大切なことを諄々と説いてくれました。

しかし私はどうしても感謝の念は出て来ません。与えられたものに対して感謝すべきであることも、感謝の念の大切なことも頭では理解できますし、感謝の心から多くのよいものが出て来ることも想像がついていました。だから自分でも、どんなに感謝の念を起したいと希っていたかしれません。時には感謝の言葉と形を真似てみたこともありました。それでも少しも実感が伴わず、まことに不愉快なものでした。

私の父は不肖の子のために随分泣かされたことでしょうが、それでもどうにかしてこの子を救ってやろうと日夜心を砕いていてくれることを私は知っていました。

「母のない子だから母親の分までもと心を配っているのに」という父の言葉は、それが真実であるだけに、私の心に強い自責の念を起させました。

それにも拘らず、私は父に対してどうしても感謝の気持が起りませんでした。われながら不思議な気がしたものです。起そうとしても起らぬ感謝の念を起せ、と要求する父に対して、かえって反抗的になりました。

父はむろん、自分に対して感謝せよ、と言っているのではありません。すべて与えられたものを通して、神さまに感謝しなさいというのですが、私はどうしてもその気になれなかったのです。

ところが三日問も泣いているうちに一切のものに対していくら感謝してもしきれない、詫びても詫びきれない気持になっているのには驚きました。

しかもそれが、神さまに対してでも、仏さまに対してでもないのです。むしろ、自分がこのようないのちの世界に、このようにある、という事実に対するありがたさと、それを知らずに勝手に目茶苦茶なことをしてきたことに対する悔恨の念だというのが事実に近いかもしれません。

それから、今までは愛されたい、理解されたいとそれのみ求めていました。ところが物質を貪るのが間違いであるのと同じく、愛や理解を他に求めることは心を貪ることで、それも、間違いであることを知りました。物でも心でも欲張ることはどんなに愚かしいことであるかをこのときはじめて知りました。

また、それまでは淋しい淋しいと自分の淋しさばかりみつめて、他から愛されることばかり求めていましたが、眼を放ってみれば淋しいのは自分ばかりではない。すべての人は皆同じように淋しいのである。だから人間は誰も彼も自分のように愛と理解に飢えているに違いない。

お互い限りなく淋しい人間同志が、もし少しでも慰め合えたならどんなに幸せだろう。飢え渇く砂漠の旅行者のために自分がもし一滴の水となり得るならば、どんなに幸せなことだろうと思いました。

そう思うと、淋しさは忽ち変じて明るい希望となり喜びとなりました。淋しさの故に、人を愛することができる。なんという有難いことでしょう。

淋しいといえば父も淋しい人である。気の毒な人である。神や仏ではない、弱い欠点だらけの当り前の人にすぎない。それを、自分は神に求むる如くに父に完全を求め、これを責めてきた。

父ばかりではなく、先生やその他一般の大人に対しても同じであった。しかもその求むるところは自分の我儘な欲望の満足である。我欲に屁理屈をつけて正しいものとして強要したのである。

他を責める資格が自分のどこにあるか。己れの愚痴と食欲によって自らを餓鬼畜生道に堕としていたのではないか。

父をはじめすべての人は、皆一個の人間としてそれぞれどうにもならぬ欠点を持ちながら淋しい人生を精いっぱい生きているのだ。それらの人々をどうして心から愛さずにいられようか、と強く強く胸に迫って思いました。

このとき私は、はじめて独立の一個の人間-大人になったのだと思います。

この他、無数のことをこの三日間に思ったのですが後で考えてみると、このときに私の心の向きが真反対に変ったようです。有無、確不確、損得。いろいろの感じ方や考え方が完全に反対になってしまいました。

このことがあったのは昭和九年四月二日でしたが、この日を境にして、私の日常生活もすっかり変りました。

勿論変ったといっても急に神の如くに立派な生活になったというのではありません。ただ方向が逆転したというだけです。――自分のために、自分の力で、すべて自分を中心として生きてきたのが、こんどは自分の力やはからいでなく、すべてこの世界に満ち満ちている愛と知恵に生かされて生きることになってしまいました。

そしてこの変化は実際生活の上では世のため、人のためという意識となって表われることになりました。丁度東行きの汽車から西行きの汽車に乗り換えたようなものです。東行きの汽車に乗っていれば、汽車の中でいくら西に向って歩いても東へ行ってしまいますが、西行きに乗り換えたらその中でどちらに向いて歩いても結局西へ行ってしまうようなものです。

ともかく、その後愚かなことや、欲張ったことを繰り返しては、つまづいてきましたが、でもつまづいても迷い込んでも気がつけば立戻れる根拠地が与えられたことは幸いでした。
(以下省略)

『よい学校』 和田重正著 柏樹社刊 より抜粋

なお、和田重正先生について詳しく知りたい方は、まずHP「和田重正に学ぶ会」を訪ねてみてください。

また、先生の御著書を読んでみたいという方は、「amazon」などのインターネット書店で「和田重正」で検索してみてください。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

ある目覚めの体験  その1

ある目覚めの体験  その1

以下は、僕の恩師和田重正先生が10代のある日突然、「自分とは何か」「自分はどう生きるべきか」という人生の一大命題に直面し、10年間その答えを求めて日々苦悶格闘した結果、ついにその答えを見つけることは不可能だと見極め、絶望のあまり、劇薬を飲んで自殺しようとしたまさにその瞬間に、存在の真実に目覚めた体験を記した貴重な記録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四月二日正午のことです。将に服もうとするとき、日頃口をきいたこともない女中が廊下伝いに急ぎ足で私の部屋にやってきて、障子を細く開けて言いました。

「ごらんなさいませ。もうこんなに咲き始めました」

その張りのある明るい声に誘われて、私は何気なく振り向きました。女中の差し出して示す桃の小枝にはポッとまさに開こうとする桃色の蕾がついています。

それを見たときの私の驚きようは、ただ目を見張るばかりでした。そして心中にはこんな叫びが渦巻いて起りました――、「みんな間違いだ。今まで見たり考えたりしたことは悉く夢だったのだ。コレが本当なのだ。真実なのはコレなのだ」

この驚きや叫びと同時に明るい世界に生まれ出たような気がしました。予期しない、あまりに急激な世界の変貌のために、暫しは呆然としましたが、「まてまて、これも瞬間の夢ではないか」と思いましたので、驚いてなおそこに立ちつくしている女中を去らせ、独り正坐して静かに瞑目しました。

――生け垣の外を子どもが歌って通ります。庭の植込みで小鳥が啼いています。時々、遠くを走る省線電車の音が伝わってきます。五秒ぐらいだったか、それとも二、三十分も経ったかわかりません。「よし!」という気がするので、それでも恐る恐る目を開けてみました。後戻りしていません。急に腹の底から大きな笑いが押し上げて来ましたが、辛うじて爆発を抑えました。

久しぶりに障子をあけて庭を眺めました。桜も松も生きています。門の外へも出て見ました。森も小川も雲も大地も、春の麗かな光の中にいのちのよろこびに燃え上がっています。

このとき、私は生まれてはじめて天に向って合掌しました。思慮も分別もなしにただ合掌したのでした。

実にこの世界は生きた世界である。今までの世界は生きていない世界だった。あの世界はバラバラのものの寄り集まりの世界だった。この世界は一の世界である。あの世界の質は極度に粗い。この世界は精妙微妙を極めている。この世界の景色はあの世界の言葉では言い表わすことができない。

これが実物ならばあれは影絵にすぎない。要するにこの世界は光と、もえるいのちの活々とした行き詰りのない世界でありました。しかもそれこそ己れの本来の住居だったのです。

(中略)

光とか知恵とか、ともかく生かす力として働く、あらゆるよきものに満たされた世界にいる自分を見て「愛されている」と思いました。そして更に、この世界の実質が「愛」というものであろうと思いました。

愛の世界においては、自分の小さな力によるもがきやはからいには拘りなく、すべての事物がありのままに、しかし必然性をもって存在し展開しているのだと知りました。

自分はありのままを求めて彼岸に到ろうとして濁流を泳いでいたのでした。そして力尽き果てて濁流の底に巻き込まれたと観念したとき、濁流と思ったのは実は自分を支え生かしてくれるいのちの流れ、光の大河であったことに気づいたのでした。

それと同時に何か大きな意志のようなものを感ぜずにいられませんでした。すべてを生かさずにおかない意力とでもいうようなものでした。その量り知れない大きなカに生かされている自分を見たとき、今まで求めていた人生の意義など、もしそんなものがあるとしても、それはわれわれの理解を遙かに超えたものであることが分りました。

もしわれわれがたとえ自分の頭で納得できる人生観を描き得たとしても、それはただ自己満足をかち得たにすぎず、真実の自分の人生に何のプラスにもなり得るものではないことを知りました。

私はただただ、この量り知れない大きないのちの流れの中で、大きな意力にはからわれて生きるだけである。

それがすべてである。その他に自らはからって加えるべき何物があるだろうか。生きようとする一切の努力ともがきを停止しても、まだ生きている自分。一切の理解を抛棄してもなお明らかに認め得る活々としたこの世界のすがた。

ともかく、自分を含めたすべてのものが、無限の愛と知恵に護られ導かれていることを知ったとき、今まで押し潰されそうな重圧を感じていた「人生」という重荷が消えてなくなって、自分の体さえ春風に溶け去ってしまったように軽やかに爽やかになっていました。

今までは、自分でどうかしなければよくなれないと思って力んでいたのでした。自分の判断と意志のカで悪い生活をやめようとしていたのです。

それはとても望なきことであると思いながらも、それより他に仕様がないので努力をやめることはできなかったのです。これほど努力しようと心がけてさえこの有様なのだから、ほっておいたらどんなことになるか知れたものではない、などと思っていました。

しかし、この努力は丁度自分が坐っている坐蒲団を自分で持ち上げようとするのと同じで、どんなに頑張っても一寸も上がらず、そのうちに精根尽き果てて倒れてしまうようなものでした。
(続く)




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

和田重正先生と“まみず”

和田重正先生と“まみず”

以下の文章は、かつて僕も大変お世話になった柏樹社という出版社の社長であった中山信作さんが恩師和田重正先生の『まみず新書』版のご著書出版に寄せて書かれた文章です。

和田重正先生と“まみず”

本書の著者、和田重正先生は自然が大好きな方です。そして、自然の生命の息ぶきと心を通わすことのできる数少ない人たちのお一人であります。それだけに、日常のご生活においても、「ありのままの自分を生きる」ということが身について誠に親しみ深い方です。

しかし、「ありのままの自分を生きる」ということは、その言葉のようには簡単なことではないことは、私たちのよく実感するところです。先生が青年時代に、「人間とは何か、いかに生きるべきか」との問いを発して、その問いの重さに七転八倒の苦しみをされたのも、言葉にかえていえば、「ありのままの自分を生きる」ことの厳しさ、むづかしさに苦しまれたのだと言えましょう。それに加えて「死の恐怖」(脅迫観念)に悩まされたのですから、そのお苦しみは想像に余りあることです。

生命をかけて求めたこの願い――ありのままの自分を生きたい――を執拗に妨げる小さな自分の「思い」(観念や感情)の葛藤をどうして切ることができるか、苦悶されること十年、ようやく機も熟し、先生はついに「生命の真清水(ましみず)」を掘りあて、真の解放を味わう喜びに恵まれました。

この時先生は、「自分はよい指導者にめぐり会えなかったため、人一倍の苦しみと回り道をせねばならなかった。これからの生涯を自分と同じ悩みに苦しんでいる若い人たちに捧げよう」と決心され、私塾はじめ塾をもうけ、今日まで三十余年、中学、高校生と起居を共にしながら、教育――人間のための教育一筋の道を歩んでこられました。

 本新書の冠名『まみず』とは、先生を真の解放に導いた「生命の真清水」のことです。
(以下略)


僕は20歳のとき、ある日突然「人間とは何か、いかに生きるべきか」との疑問にぶち当たりましたが、答えが出ずに苦悶の日々が続いていました。

 ある時兄の本箱の隅に和田重正先生の『葦かびの萌えいずるごとく』という本を見つけました。

この本を読んだことがきっかけで、和田先生、そして、中山社長にもお会いすることができたのですが、お二人との出会いが僕の人生の方向性に決定的な影響を与えることになりました。

いま自分の人生を振り返ってみると、いつのまにか僕もお二人と同じような志を持って生きてきたのだということに思い至り、人生の出会いの不思議さとその妙を感じずにはいられません。

「存在の真実は体験によってしか捉えられない」というのが僕の持論ですが、僕の「自覚のセミナー」や「瞑想と講話のセミナー」を受講された方には、和田先生のご著書を読むことは知的な理解を深めるために大変有効だと思います。

 現在、柏樹社はなくなってしまいましたが、その流れを汲む「地湧社」や「くだかけ社」から和田先生のご著書が多数出版されています。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

教えない教育  その2

教えない教育  その2

「エゴイズムを超えて」という考えだけではありません。私は先生のお話やご著書を通じて、「心配することはない」、「安心して、まごころを丸出しで」、「ケチな根性はよくない」、「イヤなことはさけないで」、「ヨイことはする」などなど、いろいろな考えに接することができました。

けれども、それらの言葉の意味はアタマではよく分かるのですが、ストンと腹に落ちないのです。つまり、「そうだ!」という生々しい実感がないのです。それでずっと悩んでいました。

ところが、ある時先生が、「人生の根本問題に関わる疑問は、アタマで、ああでもない、こうでもない、と捻くり回してもなかなか答えは出ない。そういう時にはその問いを宿題としてこころの片隅において置いておけば、そのうちに、ふとその答えに気づくことがある」と言われたのです。

それでも、どうしてもアレコレ捻くり回す癖が止まずに、とうとうアタマでは完全に行き詰ってしまい、気がついたら、すべての疑問を手放していました。そのとき、突然、その答えが“向こう側から”こちらにやってきたのです。それでやっとコツが分かりました。

私たちは何でもかんでもアタマで考えれば分かると思う傾向が非常に強いのですが、人生の根本問題に関する疑問を確認したら、それを“こころの宿題”としてこころの片隅にそっと置いて、あとは大いなる智慧のハタラキに任せて、安心してすべて忘れてしまえばよいのです。

 おかげさまで、私の人生は、少なくとも自分にとっては、若い時には想像もできなかったほど豊かなものとなりました。
しかし、振り返ってみると、すべてその源が先生にあるような感じがしているのです。しかし、本当はその源は先生のものでもあり、私自身のものでもあるのでしょう。と言うか、先生のものでもなく、私のものでもなく、誰のものでもないというのが正解だと思います。

その源をまず先生が時間的に先に掘り当てられて、その在り処と掘り方を、私が気づかないうちに、私に教えていただいたのだと思うのです。いや、私だけではありません。おそらく、お話やご著書を通じて先生に接してこられる方すべてに先生はその源の在り処と掘り方を秘かに教えられていたのではないでしょうか。

今あらためて先生のお言葉を思い出し、ご著書を読み返して思うことは、先生は人生の根本問題については、いつも私たちが自分で答えを見つけるように工夫し配慮されていたということです。
これは教育の指導者にとっては本当に大切なことだと思うのです。ですから、先生は人に答えを訊かれても決して答えようとはされなかったのでしょう。そして、その人自身が答えを自分で見つけるように秘かに配慮しながら、辛抱強く待たれていたのではないでしょうか。

自分自身の体験から言っても、教えてもらって分かったということと、自分自身の力で分かったということは天と地の差があります。つまり、人生の根本問題については、誰も教えて分からせることはできないのであり、本人が自分で気がつくしかないのです。

私は今この文章を書きながら、私自身今日まで数十年の間「教えない教育」をやってこられたのは、まさに、先生のおかげなのだという思いを噛みしめています。

(なお、CLCAについては、ウェブサイト www.clca.jp/ よりご覧ください。)



←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

教えない教育 その1

教えない教育 その1

(これは僕のこころの原点である寄宿生活塾「はじめ塾」を活動の中心とする「子供と生活文化協会CLCA」の機関誌『あやもよう』のために書いた原稿です。)


私が「はじめ塾」の和田重正先生にはじめてお会いしたのは22歳の時です。その当時私は「こころから納得のいく生き方をしたい」と思い、その答えを求めて悩みに悩んでいました。

その時先生が話された内容は私にはよく分からなかったのですが、なぜか私は「自分の求めている答えがここにある」ということを確信したのです。
それ以来、時間を作っては「はじめ塾」を訪れ、山の合宿にも参加し先生のお話をお伺いするようにしました。また、先生の書かれた『葦かびの萌えいずるごとく』やその他のご著書も繰り返し読みました。

その中でもっとも感銘を受けたのが『みんなで国に理想を』という小さな本です。その内容を要約すると「人類社会は歴史上かつてない絶滅の危機に瀕している。その根本原因は国家エゴイズムの対立にある。国家エゴイズムの対立を解消するために、まず、日本が率先して国家エゴイズムを放棄しよう。つまり、産業・経済・学術・技術などあらゆる国力を上げて、人類福祉のために注ぎ込もう。みんなで理想を国に掲げよう」というものです。

この小さな本が私の一生を決定付けました。「この考えをみんなに知らせ理解してもらうために全力で生きていきたい」と思ったのです。それ以来、折に触れてはこの考えをまわりの人に伝えると同時に、自分なりに考えを深めてきました。そして、最初にこの考えに出会って40年後に、先生のお考えをもとに自分の考えをまとめて『国の理想と憲法――国際環境平和国家への道』という本を上梓することができました。その後、この本をきっかけにあちこちから呼ばれて講演をさせていただいています。

ただ、20代の前半においては「具体的にどのように生きていくのか?」ということについては、まだはっきりしていませんでした。
先生は、私たちが具体的なことについて質問しても、それに対して直接お答えになるということはほとんどありませんでした。そのような先生の姿勢から、私は「要するに、答えは自分で出すしかないのだ」ということを理解しました。

けれども、どのように考えてみても、こころから納得のいく答えが見つかりません。その状態が数年間も続いたのです。そして、もがきにもがいた末に、もはやそんなことを考える気力もすっかりなくなったある時に、答えがポンと出てきました。

 その答えは「この社会には、自分がそうであったように、こころから納得のいく生き方を求めて苦しんでいる若い人たちがたくさんいる。そのような若い人たちの力になりたい」ということでした。

その時以来今日まで、ひたすら教育の道を歩んできました。おかげさまで、今日まで、いろいろなことがありましたが、毎日毎日充実して生きてこれたことは本当にありがたいことだと思います。

 若い時に私が行き着いた生き方の結論は、「エゴイズムを超えて」という考えに集約されています。この考えは私自身の考えには違いはないのですが、あらためて考えてみると、それをこころの奥から引き出してくれたのは先生だったのです。別の言い方をすれば、私のこころに先生によって秘かに蒔かれた種子が数年かけてすこしずつこころの表面に芽を出してきたのだと思うのです。

(つづく)


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ