プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自覚のセミナー感想文 JJJさん

自覚のセミナー感想文 JJJさん

母の強い勧めもあって,初めて自覚のセミナーに参加した.セミナーを終えて最も強く感じるのは,自分の「腹(はら)」が「ここにない」という実感である.それは前から気付いていたことであるが,改めてありありと目前に現れて,情けなさが込み上げて来る.だがそれが,このセミナーでの成果でもあるのだ.今はじっくり,噛みしめたい.

 自覚のセミナーでは,来る日も来る日もこの上なく単純明快なテーマと向き合う.だが単純明快だからこそ,自分に突きつける問いは鋭い.いかに日々の生活の中で,自分で身の回りの色々なものを勝手に縫い合わせては複雑にしてきたのかと思う.全てのテーマが重なり引き寄せあって示してくれるのは,それ以上でもそれ以下でもない「シンプルさ」である.

危うく内容に触れそうなのでこれ以上は書けないが,その中でも私が一番汲み取りたいシンプルさは,人間はもっとシンプルに生きていける,ということである.まさに単純明快.自分もそうありたいと,思うのであるけれども・・・.

 私は子供のころから頭で考えることはある程度得意で,自分の身の回りの出来事に理屈をつけては自分を納得させて生きてきた.生来の理屈人間なのである.今回のセミナーでも,そのようであったと思う.テーマを頭で理解して,頭で考えて,理屈にして自分の頭の中に収めた五日間であった.

行き着く先で理解した「シンプルさ」を前に,はて今後どうやって生きていこうかと逡巡する.これこそが私の「腹がここにない」実感なのである.あとは決めるだけと,先生に怒られてしまいそうである.頭で理解したことが腹にないから,それが行動にならない.ましてや,生き方にはならない.これがまさに,自分という人間そのものであると痛感した.五日間の成果がこれとは,なんとも頼りない.しかし,私にとっては大きな意味がある.あとは決めるだけなのだ.

 セミナーの内容そのものとは直接的には関係ないようで,しかし私にとってのもう一つの喜びがある.それは,今回の参加者の皆さんに出会えたことである.それはまさに,「腹がここにある」人々である.この上なくあたたかいのに,この上なくカッコ良く生きている.皆さんの話を聞くのが,セミナー期間中の私の楽しみであった.若い故に優しくしてもらえてちょっと得したところもある.兎にも角にも,いい人たちであり,心からすごいなと思う.この人たちのようになれるのは,果たして何年後であろうか.それとも今この瞬間であろうか.おそらく,あとは決めるだけなのだ.

 後ろ向きなような見た目の感想文になってしまったが,そうではない.本人は意外と前向きである.いい人たちとともにいい五日間を過ごした.「シンプルさ」と,自分の課題を理解した.これが腹に収まるまで,もう少し時間を置きたい.若さという特権をここで使おう.

 最後に一つだけ,内容には触れていないと信じて,引用したい先生の言葉がある.「決定(けつじょう)するということ.それは,諦めるということでもあるのです.」四日目であったと思う.この言葉に涙をこらえた.もう少し噛みしめていたいのだ.





自覚のセミナー感想文 I I Iさん

自覚のセミナー感想文 I I Iさん

自覚のセミナーでは大変お世話になり、ありがとうございます。

5年半前のセミナーから、さらに進化し続ける内容でした。
大げさではなく、宇宙から地球や月を眺めて帰還したような5日間です。

「自覚のセミナー再受講者は、内臓をひっぱり出して投げ捨てるように本気を出すこと。生と死を覚悟して参加するように」、と事前に先生からご指導がありました。
覚悟を決めて初回の相方と参加したので、期待と多少の緊張がありました。

最初の質問に、自分の課題「子どもと戦争」が内側から湧き上がりました。通常取材の事実を「調べる」方法で答えて、ズレました。

先生から何度もギリギリと問いかけられました。ゼロからスタートし、さまざまな角度から「検べ」直し、はっと気づきました。

今の枠組み、歴史の流れと同じ次元で平和を捉えており、固定観念の中で何をやっていたのだろうか、と。宇宙へ身体が放り出され、根本が間違っていたことが明確になり、肚の底から本気で答え、嬉しさがこみ上げたのです。
真実に沿えば、簡単なことなんだ!

14人の答えは、徐々に先生の研究尽くされたテーマや言葉により視点が変わり、セッションが深まるのを感じました。ある方のストレートな問いかけは、化学変化を起こしそれが根源への問いかけになり、自然な経過をたどりました。参加の皆さんのひと言ひと言にも触発されるセミナー。

先生のあらゆるアプローチにより、あっ!が重なり、ありのままに観えるようになりました。
相方はセッションごとに真実にふれ、変化して行きました。それを目の当たりにし、面白くて仕方ありませんでした。
世界最先端の創造的なセミナーだと、再度確信しています。

不可分一体のいのちの皆さんと、まだ見ぬ平和創造する仲間をこのセミナーへ誘います。この時代にはどんな方法がよいのかを出し合います。七世代先のもっと先の幸福とともに。

昇平先生、奈央先生、外山恵理佳先生、本当にありがとうございました。

お世話係の山田さん、サポートをしてくださった方々、差し入れをしてくださった方々、参加されたすべての方々に心から感謝いたします。

帰宅すると、猫のそら・まるが今までにないほどじっと私を観ていました。




                                                                      

自覚のセミナー感想文 HHHさん

自覚のセミナー感想文 HHHさん

今回のセミナーでは大変お世話になりました。ありがとうございます。
参加前は期待と少しの不安がありましたが、結果的に参加して大変よかった、と感じています。

私が60年近く生きて来た中で初めて自分の意識の中にとても大きな変化が起きました。
その変化をはっきりと自覚できたのです。

自分は働き出してから今年で35年になります。仕事で成果を上げてキャリアを積むことにより、自分が目指す目標に1つずつ階段を登るように近づいていたように思えていました。その過程には競争が伴い、負けて悔しい思いをしたり、勝って気分を良く過ごしたり、と揺れ動きがあり、この勝ち負けという単純な構図にずっと振り回されて生きてきたのです。

周りの家族にもそれは伝わり、妻にも負担をかけて迷惑をかけてしまう事がありました。妻は自覚のセミナーに私より前に参加して、とても素晴らしかった、と変化し、数年前から私に参加を進めてくれましたが、仕事の都合がつかず参加出来ずにいました。

今回の受講で、自分の気持ちが仕事の出来や競争により、揺らぐことはもうないと確信出来たのです。そして今まで仕事で社会に貢献して来たつもりでいた自分の考え方がとても小さな利己的な考えであることに気づかせてくれたのです。

私以外の受講者の方々もセミナーの最初と最後の表情が大きく変化して、豊かで安心した幸せな笑顔に変わりました。そこにあるのはお互いを思いやる優しさであり争いはありません。また考え方も自分の仕事、という枠から大きな思考に変化させていただきました。

人はどうやって生きて行けば本当に幸福か、漠然としていたものから明確に理解出来た事は大きな変化であり、人生で二度体感出来ない経験です。

このような機会を与えてくださった先生方に心から感謝しています。

またセミナーに参加した受講の方々、サポートの方々、妻にも感謝します。

ありがとうございました。





                                    

自覚のセミナーの感想文 GGGさん

自覚のセミナーの感想文 GGGさん                     

 この度は6年ぶり、2度目の自覚のセミナーに参加させて頂き本当にありがとうございました。またお忙しい中、陰で支えて下さった整体セミナーの皆様の真心に心より感謝申し上げます。お陰で清流の流れのような素晴らしいセミナーとなりました。
本当にありがとうございました。

 今回のセミナーでは1回目の時に未消化だった部分を更に深めると共に、自分勝手に理解し、思い込んでいた事を軌道修正することができました。今は5日間のセッションを終え日常生活にもどり、明るい夜明けのような、本当の自分を取り戻したような清々しい気持ちでいます。

 今回、私は怒りのカラクリを見破ることができ、心がすっきりとしています。自分でも気付いていなかったのですが、私は怒りはコミュニケーションの一つであると信じていたようです。怒ることは本音で語り合っている証拠で、それは良い事であるとすら思っていました。

でもそうではない方法はいくらでもあるのです。本音をぶつけ合って喧嘩することでお互い仲良くなれる。本音を語り合うのにそれが一番有効な手段なのか。そんなことはありませんでした。

怒りを使うのは幼稚な手段であることがはっきりとわかりました。意見の違いがあったり、誤解を解くために攻撃的にならず、穏やかにコミュニケーションすることは出来るのです。怒りには何のメリットもありませんでした。

その他の場面でも同様のカラクリによって、いかにもそれが真実のように思い込み、また思わされ、錯覚していることが多々あることに気づきました。事実はひとつ。その事実に目覚めたならば、ただそれに自分を合わせていけばよい。それだけでした。

一度、事実に気が付いたら後戻りしない。ひとつのカラクリが暴かれると次から次へと真実の光が心と体に差し込んできました。それは本当ですか?なぜそう思うのですか?ひとつひとつのテーマは難しいことではなく、ごく身近なテーマばかりです。これらをよく検べてゆくと、単純なことでも複雑にし、いかにも意味のある、または価値のあるように思い込んだ事例のなんと多いことか・・。

私たちはこの人間社会に何の疑問も持たず生きることもできます。そうして自分勝手な思い込みで、不安や恐怖を真実だと錯覚し、他を責め自分の心の中に自ら壁を作ってゆくのだと思います。バラバラ観のはじまりです。

目に見えない国境をはじめ、本当は壁などどこにもないのに、自分と他人、善と悪等々、いつの間にか世界はバラバラなのだと思い込んでしまったようです。そのようなアタマの中の妄想世界に気が付くと、真のいのちの世界が厳然とそこにあることに目覚めます。生きとし生けるもの全てが不可分一体に生きている。みんないっしょでした。

自覚のセミナーはわかったような気持ちになってニッコリ笑って終わりではなく、しっかりと真実を見出し、本当にそうなんだと心から納得することができます。それが清々しさの源泉です。

 縁あって集いあった受講生たちは生涯の友となりました。これからは自分だけの幸せでなく、世界中の人々の真の幸福に具体的に貢献できるような自分を生きていこうと思います。

まずは友人たちに自覚のセミナーの素晴らしさを語り、一人でも多く参加できるように工夫してゆきます。昇平先生にも相談に乗って頂き、受講生皆で智慧を出し合いたいと思っています。

本当にありがとうございました!





自覚のセミナー感想文 FFFさん

自覚のセミナー感想文 FFFさん

自覚のセミナーの1週間後に行われた総合コースの整体セミナーを終えて、この感想文を書いています。自覚のセミナーでの気づきが、整体セミナーを受講することによって、肚まで落ちた感じがします。

このタイミングで自覚のセミナーを再々受講することできて、本当に有難かったです。いつの間にか目の前のことに追われて、情けないことに真の望み(願望)まであやふやになっていました。それをはっきり呼びさましてくれたのが「自覚のセミナー」でした。

自覚のセミナーでは「本当はどうなんだ」と験べながら、参加者各々の発言の相乗作用も加わって、一つ一つのテーマがさらに深まっていきました。そうしているうちに「このように時間をとって験べていくことを、忘れていたな」と気づきました。整体のセミナーでも同様で、自観法にしても、クンバハカを意識しながら歩くことにしても、“宝物”のように大切なことを教えていただいたのに、生活の中で習慣になっていませんでした。これはなんともったいないことか……これからは日々心がけてやっていこうと思います。

また、願望を持ち、信念を持ち、行動していく上で、その「やり方」がとても大事だということが明確になりました。無意識のうちに従前のやり方に囚われえて、思考停止になってしまう癖があることに、正直、愕然としました。

どんなに「私は自由なんだ!」と気づいても、やっていることが変わらなければ、不自由なままで、自由になったとは到底言えません。心も頭も柔らかくして、関係する人々の意見を聞きながら、何事についても最も有効な方法ですすめていきたいと思います。

世界中の誰もが幸せで平和な社会を実現する最も効果的な方法は、より多くの人に「自覚のセミナー」を受講してもらうことだと、今は素直に思えます。

最終日に自覚のセミナーがこれからも続くことを知り、縁ある人に受講してもらえるように全力を尽くしたいです。特に夫には「今は受講したいと思わない。もし、あなたが本当に変わったら、その時は考えてみるよ」と、自覚のセミナー直後にも言われたので、生き方で示していこうと思います。

昇平先生、奈央先生、恵理佳先生、いつもご指導いただき、本当にありがとうございます。

厳しい状況の中でお世話係を担当してくれた山ちゃん、一緒に自覚のセミナーを受講した“同級生”のみなさん、自覚のセミナーにずっと気をかけてくださっている整体ライフスクールの皆さん、ありがとうございました。これから一緒に世界の平和を創っていきましょう!






| ホーム |


 ホーム  » 次のページ