プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自覚のセミナ感想文 Kさん 

自覚のセミナ感想文 Kさん 
(再受講)                         

昇平先生、奈央先生、恵理佳先生、素晴らしい自覚のセミナーに再受講させて頂けたこと、本当にありがとうございました。

今回、自覚のセミナーを無事に受講できたことは、昇平先生、奈央先生、恵理佳先生をはじめ、前準備をし、気をかけ、支えてくださったライフスクールの皆様、お世話役の洋子ちゃん、山田さん、そして送り出してくれた家族、本当にたくさんの目には見えない皆様の支えがあってのことです。心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

7年前に初めて、自覚のセミナーを受講し、ずっと抱えてきた父との関係がすっきりとクリアになり、その後、心身ともに整うと共に、奇跡のように子どもを授かりました。

しかし、この素晴らしい整体出産を体験しながらも、二人の子育てでしばらく整体と離れてしまい、心身共に鈍らせてしまいました。

一度はすっきりとしたと思っていたものが、まだ、解決されていない自分の問題につまずき、何か満たされない生活の中、頭の中はいつも誰かと比べ、落ち込み、混乱状態にいました。

今回の受講を受ける中、昇平先生の言葉、セッションの全てが新鮮に感じました。

いろいろな角度から、真実の調べ方を学び、自分のつまずいていたことがはっきりとわかりました。

自覚のセミナーの意味と私の生きる意味を「そういうことだったのか」と、ようやく心から理解し、これからの自分の進むべき方向がみえてきました。

調べていくと、真実というのは、とてもシンプルなものなのだと、驚きます。

セミナーが終わり、現実生活に戻り、この一週間、家族から、周りから、今まで間違って歩んできた自分の姿を見せられ、そこに向き合い、真実とは何かと調べる作業が続いていました。

今まで、家族や周りの人々が見せてくれていた本当の姿に気づかず、ただそこにある真実に向き合わず、思う通りにいかないとすぐに腹を立て、しつこく問いただしたり、非難したり、時には、勝手に誰かと比べ嘆き悲しんでいたりした、そんな自分の姿と向き合うのは、本当に苦しい作業でした。

しかし、その作業の中で、自分が勝手に作り上げていた思い込みにはっきりと気づきました。

家族の存在を心からいとおしく思い、感謝がこみ上げ、今までの私を謝罪しました。

今までの自分の姿を全部肯定し、受講から一週間たって、ようやく本当のスタートを切ったところです。

今まで、なかなか自観法がうまくいかないでいたのですが、今回、初めて、自分の身体の感覚や感情を遠いところから眺め、「自分はいないのだ」とはっきりと実感しました。

自分がいないなんて、なんということなのだろう、そして、ここで一緒に学び、ここにいる仲間もみんな、自分がいないと感じている。

驚きの中にも、その満ちた豊かな空間がただただ、すっと広がっている

私だと思っていたこの身体も、自分そのものだと思っていた感情も、持ち物も全てみんな遠いところから眺め、その眺めていると思っていた自分もいなかったなんて…その事実に唖然となりながらも、そのすがすがしさの中で、全てがひとつになりました。

誰一人として欠けてはいけない、かけがえのない存在だとセッションで気づき、全てが自分なのだと実習で実感した時、眼に入るものすべてがきらきらと輝き、いとおしく、抱きしめたくて、でも、もうすでに全てを抱きしめていることに、胸がいっぱいになりました。

再受講できたことにより、私の中で理解が深まり、自観法での体感を通して、このことがようやく自分の中ではっきりとしてきました。

「みんな、ひとつのいのち、不可分一体…」と先生方がおっしゃっていたことが、こういうことなのかと、車に乗っているとき、誰かと出会ったとき、お話しているとき、木々や空を見上げた時、小鳥の声を聞いた時、…いろいろな場面で、ふと実感し、嬉しさがこみあげてきます。

そして、その嬉しさと共に、自分だけではない、みんなが幸せになることが本当の幸せなのだ、これからは、みんなが幸せになるために生きていこうという気持ちが湧き上がってきます。

私は、いつも、自分を守り、自分や自分の家族のことだけを考え、ケチな小さな自分にとどまっていました。でも、本当の幸せとは、自分が開き、この家族が開かれ、そして、周りの人々、みんなが心から安心し、助け合って生きていくことなのだと、ようやく、わかったのです。私は、そういう生き方をしていこうと決めました。

今回、一緒に受講した皆さまから沢山の気づきを頂きました。一人での作業では、気づけなかったことを一人一人の言葉から、はっと気づかされ、何か目には見えない大きな気の流れも感じました。

一人の方が、真実に気づき、そのことに涙し感動している姿に、私も一緒に涙し感動していました。ふと、周りを見ると、違う方も一緒に涙していました。

本当は、みんなひとつだから、一緒に嬉しいのだな、大きな気の流れの中で一体となり、喜びを感じました。一緒の空間で学ぶことは、大きな意味があるのですね。そして、国籍、言葉を超えていくのですね。

みんなが幸せになるためには、この不可分一体の真実を一人でも多くの人が実感していくことが一番だとわかりました。

そのために、この自覚のセミナーに一人でも多くの人に参加していけるよう、行動していくこと、伝えていくこと、これが私の役目です。一人で気負わず、先生方に相談しながら、一緒に学ぶ仲間と協力しながら、喜んで確かな道を力強く歩んでいきたいです。

最後に、昇平先生、根気強く、愛情深く、手を変え、品を替え、あらゆる角度から調べる方法を惜しみなく伝えてくださったこと、心から感謝いたします。本当にありがとうございました。






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナー感想文 Jさん

自覚のセミナー感想文 Jさん メキシコ系アメリカ人 日本在住

自覚のセミナーが終わってから4日経ちました。私の人生は、セミナーを受ける前に向かっていたのとは違う道を進んでいます。

セミナーをきっかけに、新しい人生や、どのように生きるかについての新しい考え方が始まりました。

セミナーに関して良いと感じた点を挙げます。

1. 自分の存在を見極め、西洋的な枠組みや思考から脱却することが求められるような重大な問いについて、集中し徹底して検べる。

2. セミナーの方法
一度に一つの問いについて時間をかけて深く検べる。グループの形態で進められる。一見単純そうに思える問いについて検討する際に新しい考え方や枠組みを使うが、内観していると、“いのち”について検べる上での指針として再度現れる。

3. セミナーで、西洋の二元論/二元的思考をどのように打破したらよいかを学べた。天国と地獄、善悪、賞罰はもはや存在せず、大宇宙が創造したものと私たちの行いのみが存在する。

4. 笑いもあり、問いを検べるまじめな時間もあった。

5. 昇平先生はあらゆるレベルの受講者を指導される。受講者は、主婦、専門職、農家、博士号所有者、ヒッピー、学校の先生など、さまざまな職業の人たちだった。皆が同じ空間を共有し、昇平先生から学ぶという同じ目的を目指していた。

6. 場所がすばらしい。日常から引き離された場で、程よいプライバシーがあり、一緒に受講する仲間がいて、快適だった。

セミナーを受講するにあたって必要なこと(心構え)を挙げます。

1. 先入観を持たない。心を開いてセミナーに参加する。

2. 先生からの問いに疑問を持たない。問いについてじっくり深く検討する。西洋人にとっては些細なことにこだわりたいような問題が多くあるが、そうすると、古い思考/理論パターンに頼ることになる。

3. 学んだことを使う。問いをどのように検べたらよいかがわかるまで私は2日かかった。それを使って、セミナーで問われていない問題についても検べる。

4. これは第一歩であり、特効薬ではない。道のりは長いので、焦らない。

昇平先生、恵理佳先生、ありがとうございました。心から感謝しています。

次回のセミナーを楽しみにしています。

        



←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナー感想文 Iさん

自覚のセミナー感想文 Iさん

先日は、大変お世話になりました。ありがとうございます。

自覚のセミナーに参加したいと思ったのは、既に体験した方々がハツラツと輝いていたり、以前とは違う軽やかな言葉を聞いていたので、私も変わりたい、と思ったことからです。

ただ一方で、今まで解決してきた嫌な記憶や、つらかった出来事とまた向き合わなくてはならないと思うと、気が思い部分もありました。

また、そんな風に思っている私でも、セミナーの内容を受け入れられるのだろうか、という不安もありました。

昇平先生の問いかけは、簡単なものでしたが、すぐに答えを見つけることができませんでした。

本当はどうなのか?と見つめなおすことがむずかしく、これまでどうやって問題を解決してきたのかさえ、あやふやになってきました。

そんな迷子のような状況でも、昇平先生が、違う角度で見つめるヒントを、自分自身で見つけられるよう導いてくださり、頭の中フル回転で考えていたことが、だんだんとはぎ取られてゆくように、本当のことが浮かび上がってきました。

問題と思っていたもの、解決したと思っていたもの、不安に思っていたもの、すべて自分の思いで、実態のないものに振り回されていることが見えてきました。

過去のことを思い出して、腹を立てたり、悲しんだりすることは仕方のないことだと思っていましたが、それらに縛られて、自分で縛りつけていることも見えてきました。

そして、その思い込みを手放すことができると分かった時、一気に肩の力が抜けました。

自分のことを見つめているはずが、いつの間にか、一緒に参加している皆さんの言葉や、ハッと気づかれる姿を、自分のことのように感じて、いとおしい気持ちがあふれてきました。

力が抜けて、呼吸が楽になった時、自分と他を分けていた境界線がなくなり、内から外から、ひとつになる感覚が押し寄せてきました。

ひとりじゃない、ということを実感できたのです。

整体セミナーで奈央先生が教えて下さっている「身体の中心から整う」働き、「すべてのいのちとつながっている」とは、このことだったんだ!と腑に落ちると、子供の頃のように、愉快で透きとおった感覚がよみがえってきました。この感覚を思い出したかったのです。

終えてみると、始めの思いとはかけ離れた、大きく広く、どんな人にも通じることがつまっていました。

いつもの生活に戻り、身近な人と話していると「私は何を聞いていたのだろう!」と気づくことがたくさんあります。

普段ちょっとしたことでイライラしていた自分を、なんてもったいないことをしていたのだろう、と可笑しく思えます。そう感じられることが、清々しく、嬉しいです。

この感覚を、これからどのように実を結べてゆけるのか、今、一分一秒を大切に感じています。

5日間ずっと寄り添ってくださった昇平先生、恵理佳先生、お世話をして下さった方々、ご一緒させて頂いた皆様、気にかけて下さった方々、そして整体セミナーできっかけをくださった奈央先生、心から感謝しております。

ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナー感想文 Hさん

自覚のセミナー感想文 Hさん

レポートの提出が遅くなり、申し訳ございませんでした。
じぶんの中で、やっと文章にできる、少し整理ができると本当に思えるまでに時間を要してしまいました。


ただひたすら、「じぶん」や「いのちの世界」に向き合う5日間のセミナーの後に、いつもの日常が始まると、起こることのひとつ一つが、「これまでの考え方や癖から脱却できますか?」と問いかけられているような感覚でした。

それは、できない理由、やりたくない理由を自分の思考の中から探し出す作業ではなく、まずこの事実を受け止める、そして受け入れる、最後はできるようにするにはどうするのが一番いいのかを探し出すことに変わってゆきました。

じぶんに不都合なことが生じると、「どうしてなんだろう」って、マイナス思考でとらえていたことが、「そうか、こういうこともあるんだな、できることでカバーしよう」という気持ちに切り替わりはじめました。

不思議です。じぶんの壁だと思っていたものは、小さい小さいアタマの中にある壁で、本当は、何もなく、ただ起こることだったんだな、と思いました。

そうすると、次に身体の変化を少し感じはじめました。
背骨への意識が今までよりも敏感になるようになり、腑に落とすということが、丹田に気持ちをおさめる、ということだったんだと改めて体感できたような気がします。

ここまでをセミナーから3日が過ぎて書きました。

そして、次の日、ぼんやりとした意識の中で、こんな風に感じたことは間違いないけど、まだアタマで考えるじぶんがいて、意識を正そうとする、「自己」があることに気付きました。

これでは駄目だと、セミナーで捉えたものを生活の実践に活かすにはどうすればいいのか、具体的な行動、具体的な何かを見つけないと全く意味がないと思いました。

アタマの妄想で、ああだ、こうだと考える行為を手放すには、じぶんが大自然の中にただ身を置き、大地と自然と一体になることを無意識で体得してゆく以外には近道はないのではないかと思いました。その上で、とにかく先のことよりもまず今日を生きること、今日できることを一心にやることで、次への扉が開くのだと心から思いました。

そうしたら、早速、本当にそういうことが起こったのです。まさに天からの授かりものです。

昇平先生、奈央先生のご指導のもと、こうして整体や自覚のセミナーに参加する機会を得て、本当に本当に感謝です。

また、セミナーでご一緒させていただいた方は年齢も性別の国籍も様々で、みなさんが抱えていらっしゃるものを少しでも共有することができ、非常に大きな力になりました。

すべて繋がっている。大きないのちの世界に生きていることに感謝です。

ありがとうございました。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナー感想文 Gさん

自覚のセミナー感想文 Gさん
(再受講)
                        
まずは5日間根気よく問いかけ導いてくださった昇平先生、温かく見守ってサポ-トしてくださった恵理佳先生ありがとうございました。奈央先生が声をかけてくださらなければ受講していませんでした。心から感謝しています。ありがとうございます。

そして、お世話係として入ってくださった洋子さん、山田さん、差し入れをしてくださった方々、陰で支えてくださった整体ライフスクールの皆さん、一緒に受講した皆さん、快く休みをくださった職場の皆さん、5日間も家を空けることを嫌な顔せず送り出してくれた家族等々、本当にありがとうございました。

多くの方々の支えがあったからこそ、今回のセミナーが受講でき、多くの気づきと学びを得られたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 今回のセミナーを受講し、私は今までに「私たちは不可分一体のいのち、宇宙一杯の一つのいのちを生きている」ことを何度も昇平先生からお聞きしていたのに、本当のところで正しく理解できていなかったことにはっきり気づくことができました。

(やっぱり頭でわかったつもりになっていました)それがわかった時とっても温かいものに包まれ、このままでいいんだ、すべてをそのまま受け入れればいいんだと思えました。

今、気づけたことを思い出しても涙が溢れそうになります。今までなんて自分勝手で自分のことばかり考えて生きてきたのか、勝手に自分はこうだからと狭い枠で決めつけ、その中で勝手にもがき、勝手に苦しみ生きてきました。恥ずかしくなります。

これからは、もうそんなところから抜け出し、いつでもどこでも安心して自由に生きていけると思いました。本当にしあわせなことです。

仕事に関しても、辞められるか調べていると、くすぶって不満を持ちながらやっていきたくはないとはっきり感じました。しあわせに今を生きなければ何だかとってももったいないと。

セミナー中、昇平先生の問いかけに、Cさんの的確な自己をみつめての発言に、ふと、ああそうなんだと気づくことができたことがありました。共に学ぶ仲間がいたからこそ、それぞれが深い気づきを得られたのだと思います。

セミナーを終えた翌日、出勤途中には桜並木があるのですが、いつもどおりそこを通ると、緑が濃くなっていることを感じながら、木々を見ていると、ふとセミナーのことがよみがえってきて、この木も今ここに同じ一つのいのちを生きているんだと思うと、また涙が溢れてきました。

これはうれしくてたまらない!!涙でした。目に映るすべてのものがキラキラ輝き、それぞれのいのちを懸命に生きていることがまぶしく、うれしく、しあわせな気持ちでした。

今後は一人でも多くの人にこのセミナーを受講し、なにものにも縛られず自由に、しあわせになってほしいという思いが湧いてきています。

今までついつい余計なことを考えてしまって、伝えることを躊躇してしまうことがありましたが、これからは素直に良かったことを伝えていきたいです。

そして一人ではなく仲間がいること。その仲間と繋がって知恵を出し合い、みんなでより良い方向へ進んでいきたいと思います。そのことを考えるとワクワクします。

これは自覚のセミナーには関係ないかなと思いながらも、でもすべてが自覚のセミナ-だと思ったことがあります。それは、今回整体ライフスクールで学んでいる人の参加が少なかったので、いろいろと普段やってないことをしないといけないことがありましが、それもとっても良い経験になったことです。

また同時にいかに普段いろいろなことを、知らないところでやってもらっていたかがよくわかりました。今後は積極的にして行きたいと思いました。

自覚のセミナーの終わったところからが本当の意味でのスタートなんだと感じています。

学んだことを仕舞い込まず、時々取り出して確かめ、日々実践し、一日一日を大切に生きていきたいと思います。ほんとうにありがとうございました。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ