プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ただ

ただ


Auguries of innocence


To see a world in a Grain of Sand

And a Heaven in a Wild Flower

Hold Infinity in the palm of your hand

And Eternity in an hour

(William Blake)


ただ


一粒の砂のなかに世界を見

一輪の野の花のなかに天を見る

それは、君の掌のうちに無限の空間があり

いまの一時(ひととき)のうちに永遠の時があるということだ


(詩:ウィリアム ブレイク  訳:昇平)


ウィリアム ブレイクは18世紀から19世紀にかけてイギリスに生きたロマン派の詩人であり画家です。


この詩は彼の思想を説明するのによく使われる全132行に及ぶ詩の冒頭の4行です。

この4行はこの詩全体のプロローグであると同時にその要約であると言えるでしょう。

さらに言えば、彼の思想全体がこの4行に集約されていると言ってもいいかもしれません。

この詩の邦訳はいろいろな方によってなされています。

それぞれ名訳だと思います。その一つを次に紹介してみましょう。


無垢の予兆


一粒の砂にも世界を

一輪の野の花にも天国を見、

君の掌のうちに無限を

一時(ひととき)のうちに永遠を握る


(対訳 ブレイク詩集 岩波文庫 松島正一編 より)


とてもすてきな訳だと思います。

僕は僕自身の実感に基づいて、上記のように大胆に意訳してみましたが、どうでしょうか。

僕の訳を読んで、ウィリアムはたぶんしかめっ面をして言うでしょう。

「俺はそんなことを書いた覚えはない!」と。

そういう意味では、彼には大変申し訳ないと思います。

どうか、みなさんも僕の意訳に惑わされずに、上記の詩集を岩波でも他の出版社のでも買って、どうぞ名訳をお楽しみください。

要するに、僕はウィリアムの詩集の一節を借りて、存在の真実についての僕自身の体験的事実を表現してみたかったのです。

つまり、彼のこの4行の詩がたぶん彼の思想の集約であるのと同様に、僕の意訳は存在の真実についての僕自身の体験的事実の言葉による表現の集約なのです。

そこで、もういちど、上記の拙訳をここに書いてみましょう。


ただ


一粒の砂のなかに世界を見

一輪の野の花のなかに天を見る

それは、君の掌のうちに無限の空間があり

いまの一時(ひととき)のうちに永遠の時があるということだ


                          (昇平)



* 以上で、これまでの「いのちの塾」のブログのなかから、有志のみなさんが「これはよい」と評価されたブログの上位20数編の再掲載を終わります。

あらためて読まれて、皆さんはどのようにお感じになられたでしょうか?

僕自身としては、再掲載することによって、みなさまの自己の本質への洞察が少しでも深まったとすれば再掲載した甲斐があると思うのですが、果たしてどうだったでしょうか?

毎回ブログを書くときには、とりあえず思ったことをざっと書いて、そのままネットにアップしています。

僕自身あらためて再掲載したブログを読み返して、誤字や脱字も多いし、文章としても繰り返しが多い、表現力が足りない、練れていないなど、いろいろと反省するところがありました。

今後は初稿をいくらかでも見直したうえでアップしたいと思います。

というわけで、次回からは新しいブログをアップしていきますので、よろしくお願いします。







←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

音のない世界が宇宙の実相

音のない世界が宇宙の実相

朝早く散歩に出かけようとすると、前日、前々日の澄み切った青空はうそのように一面の空を雲が覆い、雨がほんの少し降っていました。

そのまま傘もささずに森の中を散歩したのですが、鳥の声も風の音もなく、雨の音さえも聴こえません。

そこには音のない世界だけがありました。

しばらくすると、「キー」という鳥の声がしました。

それからだんだんいろいろな鳥の声が聞こえてきました。

遠くから車の走る音もかすかに聞こえてきます。

雨が少し強くなり、木々の葉っぱに当たる音も聴こえ、周りがだんだん賑やかになってきます。

そのとき、あらためてふと「こんな簡単なことなのに見失っているんだな」と思いました。

静寂は音と音の合間、あるいは、音の切れ目に現われるのではありません。

もともと音のない静寂の世界がずっと存在しているのであり、そのなかに現象として、いろいろな条件によって音が現われたり、続いたり、消えていったりしているだけなのです。

何かの音が鳴っているときでも、それらの現象とは別の次元において、音のない世界はそれらの音に乱されたり邪魔されることもなく、ずっと変らず完璧な静寂のまま存在し続けています。

このもともと存在し、どんな現象によっても乱されたり破れたりすることのない音のない静寂の世界こそが宇宙の実相なのです。

さらに言えば、このもともと音のない世界、つまり、静寂こそ自分自身の実相・本質なのです。

音のない静寂の世界の存在に気がつくのはこれほど簡単なことです。

たとえば、真夜中にそっと起きて耳を澄ませれば、もともと静寂の世界があるのであり、そこに何かの音がしていても、その音のために静寂が破られるわけではありません。

その証拠にその音が止んだとたんふたたび静寂の世界を感じることができるでしょう。

音のために静寂が乱され破られたと思うのはアタマの勘違いです。

音がどんなにしていても、それが静寂を乱したり、破ったりすることはできないのです。

ただ、そのように思う人にはそのように思えるというだけです。

それは青空と白い雲との関係に似ています。

白い雲が青空に浮かんでいるとき、白い雲は青空そのものを乱したり、破ったりすることは絶対にできません。

青空は白い雲が現われる前も、現われているときも、消えた後でも、ずっと変らず青空のまま存在しています。

雲が増えて空一面を雲が覆ったとき、青空はなくなったように思えるかもしれませんが、ただ、そのように思えるだけで、青空は雲の上にずっと変らず青空として存在し続けています。

音のない静寂の世界はこの青空と同じです。

瞑想の自然法はこの音のない静寂の世界、つまり、宇宙の実相、そして、自己の本質に戻るためのもっとも容易で効果的な瞑想法です。

瞑想の自然法に習熟してきたあとは、日常生活の中において、どんな状況においても、いつも本当の自分自身を見失わないように、常にこの音のない静寂にこころを据えて生きていけるように実践を深めていってほしいと思います。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

ダメな人間はいない

ダメな人間はいない

僕は日頃若い人たちに接する機会が多いのですが、そんな時によく感じることがあります。

それは、小さく縮こまっている感じの人が多いということです。

そのような方々と話してみると、どこかで「自分はダメな人間だ」と思っていると言うのです。

これはとんでもない間違いです。

僕はそのような方々に訊きたいのです。

あなたはどうして「自分はダメな人間だ」と言い切れるのですか?

そのように言い切れる根拠はどこにあるのですか?

あなたはあなた自身にそのように判断する能力があると言い切れますか?

自分で勝手に「自分はダメな人間だ」と決め付けているだけではないでしょうか。

たしかに、あなたには今できないことがたくさんあるのかもしれません。

けれども、それは必ずしも、これからもずっとできない、ということではありません。

あることが今はできなくても、工夫と努力によって、将来、それなりにできるようになる可能性は誰にもあるのです。

やればできるのです。

何ごとにおいても、自分で勝手に「自分はダメだ」と決め付け、自分の能力に勝手に限界を作っていることこそ、自分自身をもっとも粗末にすることではないでしょうか。

それは頑固、我執(エゴの固まり)そのものです。

人と自分との間に垣根を作り、孤立して生きるということにも繋がっていきます。

私たちは「どんなことでも、自分で勝手に自分の能力に限界をつけることはできない」という真実をはっきりと確認することが肝要です。

簡単に言えば、私たちの能力は無限なのです。

どんなに困難に思えるようなことでも、「かならずできる」という信念のもとに、できるように、できるように、たえず、やり方や方法を工夫し改良しながら、努力を積み重ねることによって、かならず克服できるのだと思います。

僕は人間は誰でもそのような能力を持っているのだと確信しています。

世の中には、個人的、社会的、あるいは、地球的規模のさまざまな困難な問題があります。

今日までこころある方々がそれらの問題を憂い、何とか解決しようとそれぞれの分野で懸命な努力を続けられています。

それらの方々の努力には本当に頭が下がります。

けれども、一方では、そのような困難な問題を解決するなんて自分にはとても無理だと考えて、何の努力もしようとしない方々があまりにも多いように思います。

でも、個人的、社会的、あるいは、地球的規模のさまざまな困難な問題のほとんどは私たち人間自身が作り出したものです。

だとすれば、それらの問題を私たち人間自身の手によって解決できないはずはありません。

ダメな人間などいません。やればできるのです。

今日、人類社会はあらゆる面で急速に行き詰まりに向かって突き進んでいます。

このような危機的状況において、一人でも多くの方が「理想は方法と努力によってかならず実現できる」という信念に目覚めるられることを願っています。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

手段ではない瞑想

手段ではない瞑想

瞑想には様々なものがあります。

そのほとんどの瞑想が何らかの効用を得るためにするのだとされています。

つまり、それらの瞑想は効用を得るための手段であるということです。

それはそれで大変結構なことだと思います。

ただ、ここで僕がみなさんにはっきり理解していただきたいことは、僕が勧めている瞑想の自然法をはじめとするいくつかの瞑想法は悟りを含めて何かの効用を得るための“手段としての瞑想”ではないということです。

では、“手段としての瞑想”ではないとすれば、一体どういう瞑想なのかと思われることでしょう。

僕が勧めている瞑想はそれ自体がそのまま“目的”なのです。

瞑想することがそのまま“ゴール”であると言ってもよいでしょう。

私たち人間は発達した大脳を持っているために、多くの方々はありのままの存在の真実をそのまま捉えるのではなく、存在の真実についてアタマで捉えたと思いを存在の真実であると勘違いしています。

でも、それは絵に描いた餅が実物の餅ではないのと同様に、実物の存在の真実ではありません。

どんなに理性的にアタマが働いて捉えたものであっても、実物そのものではなく、単なる映像のようなものでしかありません。

しかも、アタマの能力は非常に限られているだけでなく、そのハタラキそのものが狂っている場合も多く、それを通して捉えた像自体が歪んでいたり曇っていたりします。

このように、アタマではありのままの存在の真実をそのまま捉えることはできないのです。

本当は、存在の真実、言い換えれば、真の自己は思い以前に、すでに“いまここ”に生き生きと現成しています。

では、思いを無くせばよいのでしょうか?

でも、それは不可能です。

なぜなら、私たちは石ころのような単なる無生物ではないからです。

私たち人間は発達した大脳を持っています。

ですから、思いは自然に湧いてくるので、それを止めようとしても止めることはできないのです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

湧いてくる思いを捉えようとしないで、次々に湧いてくる思いを手放し手放しにしていることです。

思いを手放しにして、坐相をキチンと維持しながら、ただ坐っているのです。

その際、思いを手放しやすいように、数息観など何かに集中したりしながら坐っていてもよいでしょう。

いずれにしても、そのとき、存在の真実が思いに邪魔されずに素通しになっています。

道元禅師の只管打坐(ただひたすら坐る)もまったく同じです。

坐るのは何かを得るためでも、悟るための手段でもありません。

存在の真実は思い以前にすでに“いまここ”に現成しているのですから、思いを手放しにしてただ坐っていること自体が存在の真実に身も心も任せているということです。

ですから、「ただ坐る」それで完結です。

ですが、そうしてただ坐っていると、あるときふと、“自分“という意識が消え、存在の真実だけがまざまざと現成していることに気がつくでしょう。







←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

執着しない

執着しない

執着とは「何かにこころを惹かれ、あるいは、何かを深く思い込んで、それに捉われること」です。

でも、執着というのは「何かを目標として、その実現に向かってあきらめずに努力し続けること」とはまったく異なります。

ほとんどの方が思い当たると思いますが、何かに執着することは、ただただ自分を苦しめ人を苦しめ、しかも、何の益もありません。

ですから、執着は捨てましょう。

「えっ!? それができるくらいなら、こんなに苦しまないよ」と言う声が聞こえてくるようです。

僕にも辛くて苦しかった記憶いくつもがあります。

自分では充分わかっていることなのに、どうしてもそれができないのですよね。

でも、ここで僕は断言します。

執着を捨てるのは簡単です。

「えっ!? どういうこと?」と言われるのですか?

執着を捨てるには、ただ捨てればいいのです。

「だからぁ。それが難しくてできないと言ってるんだよ」と言われるんですか?

どんなに難しくても、ただ捨てればいいのです。簡単です。

本当に執着を捨てたいのなら、たとえ、それがどんなに難しいと思ったとしても、ただ捨ててしまえば、捨てられるのです。

やれば、できたということです。それが事実です。

思いと事実はまったく別のものなのです。

たとえ、どんなことを思っているとしても、どんな気分だとしても、思いや気分には物事の実行を妨げる力はまったくありません。

この真実に気づきさえすれば「執着を捨てるにはただ捨てさえすればいい」ということがわかるでしょう。

アタマだけではダメです。

実際に何か自分が執着していることを思い出してください。

そして、それをただ捨てる(手放す)のです。

できたでしょう。

できない? その場合には、「自分が何かをするのを縛って妨げているものがあるか?」ということを徹底的に検べてください。

すると、多分あなたは「自分の思いが縛って妨げている」と言われるでしょう。

それこそがアタマに振り回されている証拠です。

思いや気分に実際にそのような力があると思っていることこそ思い込みなのです。

その思い込みを横に置いて、もう一度「本当はどうか?」と徹底的に検べてください。

そうすれば、「自分を縛っているものなんか何もない」ということにはっきりと気がつかれることでしょう。

あなたはもともと完全に自由なのです。

「こうしたい」と思えば、何でもすっとできるのです。

意志の力でガマンしながらやるのではありません。ただやればいいのです。

でも、もう一度繰り返しますが、アタマでそう思っただけではダメです。

いままで、「絶対にできないな」と思っていたことを実際にやってみることです。

(もちろん、「自分はもとより、人を傷つけたり迷惑になるようなことをやってみろ」などと言っているのではありません。)

そうすれば、「自分はもともと完全に自由だ。執着はただ捨てればいいのだ」ということが真実であることがわかるでしょう。


では、最後にもう一つあなたに問いかけますt。


あなたは、どんなことでも、すっきりと受け止めることができますか?






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ