プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

整心

整心

整心(せいしん)とは僕が作った造語です。その意味は「本来の心(真心)ですべては整う」ということです。

ところで、仏教でいう「悟り」ということの意味は、手元の広辞苑によると、「心の迷いを去って真理を体得する。煩悩(ぼんのう)を脱して涅槃(ねはん)を得ること」となっています。ちなみに、「涅槃」とは「煩悩を断じて絶対的な静寂に達した状態。仏教における理想の境地」となっています。

「本来の心(真心)ですべては整う」という意味は、「悟り」という言葉を使って言い換えれば、「私たちはみんなすでに“悟っている”」ということです。

「えっ!?」と思われたかもしれませんが、決して、詭弁やこじつけで言っているのではありません。僕は本気で「私たちはみんなすでに“悟っている”」と言っているのです。その真意を分かりやすく説明しましょう。

37億年前にこの地球に最初の生物が誕生して以来、私たちの先祖は数多くの想像を絶する困難と危機を乗り越えながら、天文学的な回数“いのち”を世代から次の世代へと1回も途切れることなく繋いで進化を重ね今日の私たちに至っています。

ということは、この進化の頂点にいる私たちひとり一人の人間はどんな困難や危機をも乗り越えることのできる最強の能力をすでに備えているということです。

たとえば、人間の体にはもともとそれ自身健康を保ち、自らを整える強力なハタラキ・自然治癒力が備わっています。現代では私たちの自然治癒力を過小評価する風潮が非常に強くなっていますが、37億年もの間、薬や何か外部の手助けに頼ることもなく、幾多の困難を乗り越えながら、たえず進化を繰り返した私たちの体はそんなヤワであるはずがありません。

その真実を豊富な実践をもって証明し説かれたのが野口整体の創始者である野口晴哉先生です。野口先生は「整体」ということを説かれました。整体とは「体は自ら整うようにできている」。すなわち、私たちの体にはもともと自らを整え健康に生きる充分な能力がすでに備わっている」ということです。ですから、私たちはそのハタラキに全部任せさえすれば、楽に健康に生きていくことができるのです。

体と同じように、”いのち”が顕現した一元絶対、不可分一体の世界においては、”いのち”である私たちの本来の心(真心)に全部任せれば自ずから自分も整い、周りも含めて、一切のことが整ってうまく行くようになっているのです。

ここで、「では、どうしたら真心で生きていけるのか?」と思う人もいるかもしれませんね。

それは、実に簡単です。もともと真心しかないのですから、「真心しかないのだ」だと決定(けつじょう)して、真心でいればよいだけです。

怒り、恐れ、嘆き、落ち込み感、優越感・劣等感、好き嫌い、対立観、所有観、ケチな根性・身びいきなど、二元相対的にしか思考できないアタマで後天的に身に付けてきたバラバラ観が出てきても相手にしないのです。

「そう言われても。それが難しいのだ」というような人は自観法をマメに実修することです。そうすれば、そのうちに、いつでも真心でいることができるようになります。




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

軟膏と発疹

軟膏と発疹

皮膚に発疹が一粒できて痒い。
軟膏を塗るとその即効性作用で痒い発疹が消えホッとする。しかし、軟膏の遅発性作用で再び、しかも、発疹が二粒現れ痒い。
そこで、軟膏を塗るとその即効性作用で発疹が消えホッとする。しかし、軟膏の遅発性作用で再び、しかも、発疹が三粒現れる。
このサイクルが延々と繰り返される。たしかに軟膏を塗った時には発疹が消えてホッとするのであるが、そのたびにその後発疹が増えて痒い。

真実は、軟膏を塗るとそのたびに一時的に発疹は皮膚の下に隠れ痒みも消えるのであるが、発疹は軟膏を栄養として繁殖し再び皮膚の表面に現れてくるのである。
つまり、軟膏には発疹を消してしまう効果などまったくなく、軟膏はただ発疹の栄養源となって発疹を増殖させているのである。

発疹が増える原因は軟膏なのである。だから、痒い発疹を消してしまうためには、ただ軟膏の使用をやめればよい。軟膏を塗るのをやめれば、発疹は栄養源をなくし、短期間のうちに萎(しぼ)んで消えてしまう。

ただ、軟膏と発疹のカラクリを理解して、軟膏の使用をやめればよい。だから、軟膏の使用をやめるのに精神力(ガマン)はまったく必要ない。

痒みに関しては、小さな痒みでも、それを掻けないと思うと、痒みが心理的に増幅される。しかし、「この痒みは掻く必要がない。掻かなければすぐに消えてしまう」ということをはっきり納得したうえで掻かなければ、痒みは気がつかないうちに本当に消えてしまうものである。

以上のカラクリはタバコにもそっくり当てはまる。たとえば、タバコを吸うたびに、ニコチンの即効性作用によって、ニコチン切れのストレスとニコチン(タバコ)を求める渇望感が一時的に解消されてホッとするように思える。が、事実は、ニコチンの遅発性作用によって、ニコチン切れのストレスとニコチンを求める渇望感がより増幅されて現れる。すなわち、ニコチンはニコチン切れのストレスとニコチンに対する渇望感という不快感を引き起こすのである。

ニコチンに対する渇望感を満たすとホッと感じる。その感覚を求めニコチンを求める渇望感が生じる。しかしながら、喫煙のトリックを充分理解すればこのタバコを吸いたいという気持ちは完全になくなる。吸いたい気持ちがなくなれば、吸うのをやめるのには意志の強さなど関係がない。ただやめればよいのだ。

喫煙生活はほんの一時的に不快感が中断するのを楽しみに(と言っても、これは本当の楽しみとは言えないが)、ずっとストレスと渇望感という不快感の中で生きていくということである。

この喫煙のカラクリをはっきり理解すれば、その瞬間からタバコを吸いたい気持ち・渇望感も消え、タバコはやめるときっぱり心が決まる。もともとニコチン切れのストレスそのものは小さなものなので、その瞬間からノンスモーカーとして快適にすっきりと生きていけるのである。この原理は飲酒にもまったく同様に当てはまる。

実は、タバコやアルコールだけではなく、私たち、あるいは、私たちの社会の苦しみの多くは喫煙や飲酒と同じようなカラクリによって引き起こされています。その事実に気がつくことができれば、私たちはもっともっと楽に自由に生きていくことができるでしょう。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

徳川家康とタバコール

徳川家康とタバコール

「人の一生は、重き荷物を負うて、遠き道を行くが如し。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。」

この句は徳川家康の辞世の句であると言われています。その真偽はともかく、この句に対する感想は人それぞれだと思います。

では、次のような辞世の句があったら、あなたはどう思いますか?
「人の一生は、わざわざ必要もないのに、重い荷物を背負ってあちこち歩き回っては、荷物を降ろして小休憩をしてホッとする。それもつかの間、またその重い荷物を背負ってあちこち歩き回っては、荷物を降ろして小休憩をしてホッとする。このプロセスを延々と繰り返すようなものだ。急がなくてもいいんだ。こんな苦労は当たり前のことだと思えば何の不満もない。」

「いい句だなあ!」と思いますか?それとも、「人生って素晴らしいなあ!」と思いますか?

もちろん、思いませんよね。誰でもこんな人生なんてイヤだと思うでしょう。

でも、タバコを吸う人や日頃お酒を飲む人は、上に書いたのと同じようなイヤな人生を毎日送っているのです。あっ、それから、もし日頃ヘロインを摂取していれば、その方々も同じです。

(ところで、「タバコール」というのは、僕が作った「タバコやアルコール」という意味の造語です。なぜ、このような造語を創ったかと言うと、いちいち「タバコやアルコール」と書くのが面倒だからです。タバコもアルコールも化学的な成分は異なりますが、いずれも強力な依存性薬物であり、その依存性に関しては、非常によく似た仕組みをもっています。最初はヘロインも含めた造語も考えてはみたのですが、ヘロインは非合法であり、それに対して、タバコとアルコールはいずれも合法的に市販されているために、私たちの日常生活に、ある意味で、ごく自然なものとして、溶け込んでいるので、この二つをひっくるめた名前を考えてみたというわけです。)

さて、そのようなイヤな人生を歩んでいる人は、ヘロインをはじめ、タバコやアルコールなどの依存性が強い薬物を常習的に摂取している人たちだけではありません。この社会に生きているほとんどの人は、ある意味では、同じようにイヤな人生を歩んでいます。そういう意味で、家康の「人の一生は、重き荷物を負うて、遠き道を行くが如し。」という句はまことに的確な表現だと言えましょう。

それはどういうことかと言えば、この社会自体が存在の真実はどういうことかということも知らずに、アタマで妄想したバラバラ観を基盤として構築されているために、社会のシステムはもとより、そこに生きるほとんどの人は、バラバラ観を当然のこととして生きているということです。だから、結局は、まずは、自分が、そして、自分の家族こそ、自分の仕事こそ、自分の会社こそ、自分の国こそが何よりも大切だと思っている人が大多数である社会が出来上がったというわけです。その結果、ほとんどの人が他人を苦しめ、自分を苦しめ、自分たちを苦しめながら生きています。

私たちの人類社会は狂っているのです。それをまったく別の次元から切り開いて、不可分一体観を基盤にした新しい人類社会を創ろうというのがネホサの目的です。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

なぜタバコについて書くのか  その3

なぜタバコについて書くのか  その3

スモーカーモードの何が問題なのでしょうか?

それは、スモーカーは洗脳されて、自分のアタマがスモーカーモードになっていることに気が付いていないということです。

アボガドを生まれて初めて食べることによって、アボガドの味を知ることができるのと同じように、スモーカーも、タバコを吸うようになったからこそ、「タバコは喜びであり、心の支えだ」と思うようになったのです。

でも、そこに見逃している大きな過ちがあります。

それは、アボガドは普通の果物であり、タバコは依存性物質、つまり、麻薬だという事実に気が付いていないということです。

麻薬は人を騙(だま)して、「これは喜びだ、心の支えだ」と錯覚させます。

つまり、スモーカーはタバコに騙されて、「タバコはいいものだ」と思わされているだけなのです。

「そう言われても、なかなか実感としてそう思えない」とスモーカーは言うかもしれません。

でも、実感を当てにして判断してはダメなのです。なぜなら、タバコは狡猾な手品師のようなもので、スモーカーはみんな見事に騙されてしまうからです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

それは「メタ認識」をするということです。

スモーカーはスモーカーモードで“主観的に“考えたり、感じたりして認識しているのですが、メタ認識というのは、自分の姿を外から第三者の眼で”客観的に“見て認識するということです。

ヘロイン患者はヘロイン依存モードで、腕にヘロインを注射して、「ヘロインは喜びであり、心の支え」だと思っています。

でも、たとえスモーカーではあっても、ヘロイン患者でなければ、誰でもヘロイン患者を外から第三者の眼で客観的に見ることができます。

その結果、少し注意してみていれば、「ヘロイン患者はヘロインを注射してハイな気分になっているのでもなく、真の喜びを得ているのではない。前に注射したヘロインが生み出したヘロイン切れの惨めな気持ちを、新たにヘロインを補充することによって一時的に解消しているだけだ。しかも、新たに補充したヘロインが再び惨めな気持ちを生み出すのだ」ということに気が付くでしょう。

スモーカーも自分自身の姿をメタ認識して見れば、自分自身がヘロイン患者とまったく同じだということに気が付くでしょう。

スモーカーも最初の1本を吸うまではノンスモーカーだったのです。その時、どんな状況でもタバコが必要だ、吸いたいなどと思ったことはなかったはずです。それがタバコに対する真実の見方です。

ですから、スモーカーモード、すなわち、タバコの価値観は全くの幻想にすぎません。この真実に気が付けば、誰でも一瞬にしてタバコに対する幻想の価値観を放り投げて本来のノンスモーカーに戻れます。

これと同じように、存在の真実に気づく、すなわち、悟りを得るためには、メタ認識により、この社会で身に付けてきたいろいろな観念がすべて洗脳されたものであり、すべて間違っていたことに気が付けばよいのです。

その間違いをはっきり認めたときに、すでに自分は不可分一体の真実の世界に生きていたことにはっきりと気づくことができるでしょう。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

なぜタバコについて書くのか  その2

なぜタバコについて書くのか  その2

このブログでタバコについてしばしば書いているもう一つの大きな理由は、「どうすればタバコをやめられるか?」というテーマは、「自分とは何か? この世界とは何か?」を知ること、つまり、存在の真実を知ること、つまり、「悟り」と質的には同じだからです。

ここで、あらためて、簡単に、「どんな意味で質的に同じであるか」ということについて説明してみたいと思います。

私たちはこの社会で生まれ生きていく中で、「本当はどうか?」と、きちんと検証していないのにもかかわらず、ほとんどの人が「当然のこと」としている考え方を、私たちもいつの間にかそれをきちんと検証することもなく、「当然のこと」としてしまって、それらの考えに基づいて生きています。

ここでは、それを「社会的洗脳」と呼んでおきましょう。それで何も問題がなければ、それでよいとも言えるのですが、実際には、この社会では個人的にも社会的にも人々はいろいろな深刻な苦しみと混乱の中で生きています。

その根本的な原因は、私たちが当然のこととしていることのほとんどが間違っているからなのです。

そういう社会の在り方に疑問を感じて、真実、つまり、悟り、あるいは、本当の救いを求めるために、家や家族を離れ、出家した人の代表的存在がお釈迦様です。

いずれにしても、私たちは個人的、社会的ないろいろな問題に直面して、それを何とか解決しようとはするのですが、ほとんどの場合に、洗脳されたアタマ、あるいは、間違った観念の中で、個人的にあれこれ考えたり、あるいは、複数の人で議論したりしながら、それを解決しようとしているので、どうしても根本的な解決を得ることができないことがほとんどなのです。

それはなぜかと言えば、自分自身がこの社会において洗脳されてきた事実自体にほとんどまったく気付いていないからです。

その現象はスモーカーの心理状態によく似ています。タバコをはじめて吸い始めると、スモーカーのアタマは社会における人々(特に、スモーカー)のタバコについての認識、つまり、タバコは確かに健康に悪いし、副流煙が人に迷惑をかけるなどのデメリットがあるかもしれないが、「タバコは何ものにも代えがたい喜びだ、心の支えだ、必要なんだ、吸いたい」という認識と同時に、タバコ自身の化学的作用によって洗脳されて、いつの間にか自分自身も「タバコにはタバコならではのメリットがある。タバコはいいものだ」と思い込むようになり、もはやそれを疑おうともしません。

けれども、「スモーカーモード」のアタマで「吸いたい!」と思いながら、健康に悪いし反社会的な習慣だからなどの理由で、「吸ってはいけない!」と頑張ってみても、自分の座っている座布団を自分で持ち上げようとしているようなもので、これですっきりタバコをやめることはできません。

これは洗脳されたアタマで物事を解決しようとしても、まずは不可能だということの典型的な例だと言えるでしょう。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ