プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

悟りの心境

悟りの心境

長い間、存在の真実を求めに求めて悩んでいる時は、ちょうどモグラのように、真っ暗なジメジメした地中で出口を見つけようと懸命に穴を掘り続けながら生きているようなものですから、心は陰鬱な状態がずっと続いています。ところが突然その答えがはっきりしたときには、モノクロの世界が突然オールカラーの世界に転じたような気持ちで、何を見てもすべてが明るく輝き、心はただただ喜びに満ちています。

それは、長年無実の罪で閉じ込められていた陰鬱で暗くジメジメした牢獄の扉が突然崩壊し、明るい外の世界に出られた人の気持ちとよく似ているのかもしれません。

しかし、その気持ちがいつまでも続くわけではありません。もちろん、記憶としてはずーっと鮮やかに残るのでしょうが、存在の真実を発見した感激はしだいに薄れていくのです。でも、それは何かムナシクなるというわけではありません。心はいつも静かで騒がないのです。でも、それはボーッとしているのではありません。また、心が騒ぐのをじっと抑制することでもありません。ましてや、何かがあった時に、無関心を装ったり、その事態を見ないように眼をつぶっていることでもありません。それが不生の仏心でいるということです。

心がいつも静かである、ということについて、野口晴哉先生は次のように言われています。

「悲しければ、悲しむ。
嬉しければ、喜ぶ。
困れば悩むもよし。
面白ければ笑うがよし。

“べし”も“べからず”も設けず、自ずから心がスラスラ働いて、何処にも引っかからず、留まらざるが、これ即ち静かなる也。」

このように、何があっても、心がすっきりしていて、穏やかで安らいでいるのです。何かの折にはふっと笑みがこぼれることもあるでしょう。

そう言われても、感覚的によく分からないという人もいると思いますが、私たちは日常生活の中で部分的にはしょっちゅう体験しているのです。

たとえば、スモーカーはタバコが吸えないとソワソワ、イライラし、時にはパニック状態にさえなります。これではとても悟りの中、すなわち、不生で生きているとは言えません。

ところが、ノンスモーカーはタバコが吸えなくても、タバコに対してはいつもすっきり穏やかで安らいでいます。(スモーカーでもヘロインの注射を打たない人はヘロインに対してはいつもすっきり穏やかで安らいでいます。)

ノンスモーカーはタバコに関しては悟っている人です。スモーカーはタバコに関しては迷っている人です。

悟りは探し求めるものではありません。タバコやヘロインでわかるように、人はもともと存在の真実の中に生きています。ところが、アタマのせいで、いつの間にかその真実を見失ってしまうのです。真実を見失っていたことに気づいて、その後、不生でいることが悟りです。

不生でいれば、心がいつも静かで騒がないので、まず自分自身がすっきりと安らいで整っています。そして、その不生で周りに接していくので、周りもすべて整っていきます。本来、この世界はそのようにできているのです。

以下は和田重正先生の言葉です。深く味わいたいものです。

「いのちの世界では たのしみの中にも 苦しみのなかにも 悦びがある。」





不生の証拠

不生の証拠

盤珪禅師は「親が産み付けたのは不生の仏心だけである」と言っています。今回はその真意について考えてみましょう。

自分というものは体と心からできていると言えるかもしれません。しかし、誰でも体はどんなものかということは分かると思いますが、心とは何かとなると、分かったようで分からないような感じがするのではないでしょうか。たとえば、思考、欲望、知識、感情などなどは心の一部なのでしょうか、それとも、心のハタラキ、さらには、アタマのハタラキと言った方がよいのでしょうか。専門的にはどうなっているのかよく知りませんが、本来、その区別にはっきりしたものがないような気もします。

盤珪禅師の前述の言葉の意味は「自分というものの本体は不生の仏心一つである」ということでしょう。ということは、体や心のハタラキやアタマのハタラキなどは自分の本体である先天的な不生の仏心が作り出した後天的なものであるということです。

盤珪禅師はさらに「不生は霊明であり、不生で一切が整う」と言っています。存在の真実は一元絶対・不可分一体であり、本来、すべての存在は互いに調和して循環すると同時に自ら整うようにできています。その好例は大宇宙の星々の運行であり、互いに調和し循環し自ら整っている大自然の姿です。さらには、私たちの体です。体はまさに霊明なる不生の仏心が作り出したものであり、一切を整える不生の仏心に沿って、もともと自ら整うようにできています。

しかしながら、私たちが後天的に身に付けたアタマは二元相対的にしか思考することができません。そのために、この世界をバラバラなものの寄せ集めと認識します。そのバラバラ観から身びいきが生まれ、優劣観、所有観、差別観などを持つようになります。

それらの考え方は心にまで影響を及ぼします。心自体が自分さえよければという自己中心的でケチな根性に支配され、同時に、対立感、好き嫌い、怒り、異常な悲しみ、心配、不安、落ち込み感などのマイナス感情、さらには、支配欲、金銭欲などが生まれます。

ですから、盤珪禅師は「いつも不生の仏心でいなさい。そうすればすべてが整うのです」と言うのです。不生の仏心そのものは無色透明清浄であり、”空“とも言えるのですが、それがそのまま心のハタラキとなって現れた真心に素直に沿って生きればよいということです。

たとえば、あなたは人と仲良くしたいですか? 喧嘩して楽しいですか? 腹を立てて嬉しいですか? いつも明るい気持ちで爽やかに生きたいですか? それとも、暗い気持ちで生きたいですか? 何かあったらずっと惨めな気持ちでいたいですか? 自分だけよかったら楽しいですか? 困っている人がいても何もしないで放っておきたいですか? 小さな子どもが転んで泣いていたら、すぐに抱き起こしてやりたいですか? 素直に生きたいですか? それとも、ひねくれていたいですか?

あなたは自分の本来の心をすでに本能的に知っています。長い年月厳しい修行をすることもなく、誰でもみんな不生の仏心がハタラキとして現れた真実の生き方をすでに本能として知っているのです。

つまり、あなたはすでに悟っています。それが不生の証拠です。





星の王子さまアレコレ 特別篇

星の王子さまアレコレ 特別篇

ここまで、サンテグジュペリが『星の王子さま』で私たちに伝えたかったと思われることを僕なりの解釈、というか、感想とともに書いてきました。今回は、”死“について、サンテグジュペリが書いている”抜け殻”という言葉を手掛かりにして、異論があることを充分承知のうえで、僕自身がどう思っているかということを書いてみたいと思います。


星の王子さまは自分の星に帰っていくために、明け方まだ暗い時に僕が気づかないうちに歩き出していました。私がやっと追いついた時、王子さまは僕の手を取って、困った様子で次のように言いました。

君は来なかったほうがよかったんだ。君は苦しむだろう。僕は死んでしまったように見えるだろう。でも、本当はそうじゃないんだ。
(僕は何も言えませんでした。)
僕の星はとても遠いんだ。この体を持っては行けない。重すぎるから。
(僕は何も言えませんでした。)
でも、体は古くなった”抜け殻”のようなものなんだ。だから悲しいことなんかないんだよ。
(僕は何も言えませんでした。)
・・・ このまま一人で行かせてよ。・・・ 僕はバラの花に責任があるんだ。・・・ じゃあね。

王子さまはしばらくぐずぐずしていましたが、立ち上がって一足歩きました。その瞬間、王子さまの足首のそばで黄色い光がキラッと光りました。王子さまは少しの間声一つ立てず、身動きひとつしませんでした。そして、1本の木が倒れるようにゆっくりと音もなく砂の上に倒れました。

夜がすっかり明けた後、その場所に戻ってみました。僕は王子さまが自分の星に戻ったことが分かりました。そこに王子さまの体はありませんでした。王子さまの体はそんなに重くはなかったのでしょう・・・。


*****
以下は僕が死について思っていることの一面です。

自分自身の本体はこの世界のすべてを在らしめている宇宙意識(“いのち“)と同質のものです。しかしながら、それが、自分という個としての意識(自意識)を保ったままの一つの魂(たましい)なのか、個としての自意識を持たない一つの魂なのか、あるいは、自意識のまったくない宇宙意識(“いのち“)そのものなのか、ということについては、多分、死んでみないと分からないことなのではないかと思っています。

いずれにしても、僕は、自分自身の本体は“いのち“そのものであり、この身体(からだ)ではない、この体は現象の世界で生きていくために身にまとう着物のようなものだと思っています。

つまり、僕は、死ぬということは、この着物を脱いで眼に見えない、心にしか見えない姿で生きていく、いわば、脱皮するということだと思っているのです。

人間は昆虫と同じように脱皮することによって成長し続けていくのです。その時この体は、もはや、ただの抜け殻にすぎません。でも、本体はいつまでもずっと生き続けていきます。

どんな死であっても、死は永遠である存在の一つの脱皮であり、一つの成長であり、一つの卒業なのです。

“卒業”というのは、どんな死であっても、たとえ、私たち凡人には悲惨なものとしか見えなくても、宇宙大の視点で見れば、その姿で生きる役目を充分に果たしたということです。





星の王子さまアレコレ  その15

星の王子さまアレコレ  その15

「あのね。僕の花に・・・僕は世話をする務めがあるんだよ。とてもひ弱なんだよ。とても無邪気なんだよ。この世界のすべてから自分を守るためにちっぽけな4つのトゲしか持たないんだ・・・ じゃあ僕は行くよ。」

王子さまはしばらくぐずぐずしていましたが、やがて、立ち上がって、一足歩きました。僕はうごけませんでした。
王子さまの足首のそばには、黄色い光がキラッと光っただけでした。王子さまは少しの間声一つ立てず、身動きひとつしませんでした。そして、まるで1本の木が倒れるように、静かに倒れました。一面が砂で音ひとつしませんでした。

これが星の王子さまとの別れでした。王子さまが自分の星に帰って行ったことは確かです。なぜなら、夜が明けた時にはどこにもあの体がなかったからです。

僕は夜になると、空に光っている星に耳を澄ますのが好きです。それはまるで5億の鈴が鳴っているかのようです。

僕は夜空を見上げるたびに、王子さまの星の上ではどんなことが起こっているだろうか? ヒツジが花を食べてしまったかもしれない、などと考えるのです。

でも、次の時には、そんなことがあるものか。きっと王子さまが花に覆いを掛けて、ヒツジがこないように見張っているから大丈夫だ、などと考えます。そうするとホッと安心するのです。そして、空の星がみんな楽しそうに笑うのです。

でも、別の日には、王子さまだってうっかりすることもあるだろう。覆いのガラスをかけるのを忘れたか、あるいは、ヒツジが夜こっそり外に出て・・・そうしたらお終いだ。そうすると、鈴がみんな涙になってしまいます。

王子さまを愛している君たちにとっても、そして、僕にとっても、この宇宙のどこかで、僕らが知りもしない1頭のヒツジが1本のバラの花を食べたか、食べないかによって、この宇宙のすべてが変わってしまうのです。それはまさにミステリーです。

空を見てごらんなさい。そして、そのヒツジはその花を食べたのだろうか? それとも、食べなかったのだろうか? と問いかけてごらんなさい。そうすれば、この世界のすべてがどんなに変わって見えるかがわかるでしょう。

でも、大人の人は誰もそれがどんなに大切なことであるかが決して分からないのです。

*****

これで『星の王子さま』のお話は終わりです。ただし、本としては、です。
僕は今のこの瞬間からがこの物語の始まりだと思うのです。主人公はあなたです。

この最終回には僕の感想はありません。もう必要ないと思うからです。
僕がこのシリーズでいろいろ書いてきたことは忘れてください。そして、ぜひ、あなた自身が『星の王子さま』の本を(持っていない方は手に入れて)あなたのアタマでああだこうだと考えるのではなく、あなたの心とこの本を対話させながら読んでいただければと思います。

最後に、このシリーズでは、訳に関しては必ずしも原文に忠実というわけではありませんでした。また、取り上げた箇所もそれほど吟味して選んだわけでもないことをご承知いただければ大変幸いです。





星の王子さまアレコレ その14

星の王子さまアレコレ その14

「星があんなに美しいのも、その中に眼に見えない花があるからなんだよ」

「砂漠がこんなに美しいのも、どこかに井戸を秘めているからだよ」

これは砂漠で出会ったパイロットの”私“に、ふと、王子さまがつぶやいた言葉です。

とても美しい言葉です。

「心で見なくっちゃものごとはよく見えないということさ。一番大切なことは目に見えないんだよ」

私は王子さまを腕に抱えて砂漠を歩いていきました。そして、眠ってしまった王子さまの青白い顔を見ながら思うのです。
「今こうして目の前に見ているのは、人間の外側だけだ。一番大切なものは目に見えないのだ。この王子さまの寝ている顔を見ると、僕は涙が出るほど嬉しくなる。それは王子さまがいつまでも一輪の花を忘れないでいるからだ。眠っている間もバラの花が王子さまの心の中でランプの灯のように光っているからなのだ」

王子さまは私が苦労して井戸からくみ上げた水を美味しそうに飲んで、私に言います。
「君のところでは、人々が一つの庭に5000本のバラを育てている。でも、自分たちが本当に探しているものは見つからないんだ。探しているものは1本のバラの中にだって、ほんの少しの水の中にだってあるんだけどなあ。でも、眼には見えないんだ。心で探さなくっちゃダメなんだよ」

*****

サンテグジュペリはこの本の中で一貫して私たちに物事の本質を見るように促します。物事の本質というのはこの世界の本質のことであり、それは自己の本質のことでもあります。


王子さまはこの地球に来てちょうど1年目の夜、王子さまの星が頭の真上に来る時に、ヘビの不思議な力に助けてもらって、自分の星に帰ることにしていました。その前日のことです。王子さまは言います。
「大切なことは目に見えないんだよ。花だっておなじだよ。どこかの星に君が大好きな花があれば、夜空を見るのがとても楽しいよ。どの星も花でいっぱいだからね」

「夜になったら星を眺めてくれよ。僕の星はとても小さいから、君にどこにあるか教えてやれないけど、それがかえっていいんだ。だって、君は僕の星が夜空のたくさんの星のなかのどれかだと思って見るだろう。そうすれば夜空を見るのが好きになるよ。星がみんな君の友達になるんだからね」

「人間はみんなそれぞれ違った眼で星を見ている。旅行者には星はガイドだ。ある人はちっぽけな光と思っている。学者の中には何か難しい問題にしている人もいる。実業家には金貨に見える。でも、相手の星はみんな黙っている」

*****

「でも、相手の星はみんな黙っている」 それは誰も心で星々を見ていないからなのです。


さらに王子さまが言います。
「僕はあの星々の中の一つの星に住む。そして、笑うんだ。だから、君が夜空を眺めたら、星がみんな笑っているように見えるだろう。誰か君の友達が君が夜空を見て笑っているのを見たら、きっと君が気が狂ったと思ってびっくりするだろう。そうしたら、僕は星を見ると笑いたくなるんだっていうのさ」

*****

外見的には、星はただ星です。でも、心で夜空を見れば、星がみんな笑っているのが見えるのです。あなたにはどう見えますか?





| ホーム |


 ホーム  » 次のページ