プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ペイ・フォワード・ネホサ

ペイ・フォワード・ネホサ

アメリカ映画『ペイ・フォワード』は「ひとりの少年のアイディアが世界を変える」という映画です。

映画のストーリーの概要は以下の通りです。

11歳の少年トレバーは、社会科の授業中、担任のシモネット先生から「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問い掛けられる。

悩んだ末にトレバーはあるアイディアを思いつく。それは“ペイ・フォワード”。他人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人へと贈っていく・・・・という奇想天外なアイディアだった。

やがて、少年の考えたユニークなアイディアが広がり、こころに傷を負った大人たちの心を癒していく・・・・。
(DVD『ペイ・フォワード』の説明書きより)

英語の“ペイ・バック”、pay backとは「厚意を受けた人にお礼をすること」という意味ですが、“ペイ・フォワード”、pay forward とは「ある人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人に何らかの形で厚意を贈ること」という意味です。

ペイ・バックの場合には、二人の間だけで厚意のやり取りとお返しがあるだけでそれ以上の広がりはありませんが、ペイ・フォワードの場合には、一つの厚意は、AさんからBさん、BさんからCさん、CさんからDさん、・・・・とどこまでも伝わり広がっていきます。

この“ペイ・フォワード”というアイディアの斬新さに感動して、僕にも “ペイ・フォワード・ピース”、pay forward peaceというアイディアが閃きました。

その内容は「一人の人から受けた “平和のメッセージ”を確実にこのメッセージをまだ受け取っていない二人以上の人に伝えていく」ということです。

たとえば、一人の人が平和のメッセージを1週間で確実に重複しないように二人以上の人に伝えていけば、1,2,4,8,・・・と、計算上は、34週間以内に世界中の大人の大多数が“平和の人”となり、この世界に平和が実現できるのです。

もちろん、どうしても、戦争をしたいという人もいるでしょうが、世界中で平和の人が圧倒的な多数を占めるようになる可能性は充分にあります。そうなれば、もはや、戦争は起こらなくなるはずです。

“ペイ・フォワード・ピース”は1か月に二人以上であれば、34か月以内ということになります。いずれにしても、そんなに期間はかからないでしょう。

“ペイ・フォワード・ピース”のポイントは、どうすれば、その話を聞いた人が確実にその気になり、それを確実に二人以上の人に伝えるかということです。それは、ただ、ただ、“平和のメッセージ”の内容一つに掛かっています。

だから、単純に「世界平和を実現しましょう」「平和を祈りましょう」などと言ってもだめです。

それは、誰でも「なるほどなあ。この考え方とやり方だったら、簡単に、しかも、必ず世界平和が実現できるだろう。私もこの考え方を必ず二人以上の人に伝えよう」と思ってしまうものでなければなりません。

それに最もふさわしいのが「みんなで日本に脱エゴイズム国家という理想を掲げよう」というネホサの考え方だと思います。

そして、その願いをまず自分の心に確認し、それを次の人に伝えていこうというのが
“ペイ・フォワード・ネホサ”、Pay Forward NEHOSA、すなわち、PFN なのです。



再掲 真心丸出しの国へ

再掲 真心丸出しの国へ

世界平和の実現なんて、難しい?本当にそうでしょうか?

もし、次のメッセージを、一週間で確実に重複しないように、二人以上の人に伝えていければ・・・、計算上、早ければ、34週間以内で世界中の大人の大多数が平和を願い、行動する人となり、この世界に平和が実現するのです。

メッセージは次のとおりです。

国のエゴイズムを超えて、真心まるだしの国へ。
国に理想をかかげよう!

平和のことについて考えるとき、いろいろな議論や思うところがあります。
9条を守ろう。いや、そうでなくて、一応軍隊も必要でしょ。
いやよくわからないけど、毎日とりあえず楽しければいいよ。などなど?

それはさておき、
国に理想をかかげるというのはどうでしょう。
どんな理想かというと、とても素敵なものです。
日本が本当に他の全ての国から尊敬されるような、国際平和国家になる、という理想です。
日本が真心まるだしでで、困っている国に人的援助やあらゆる援助を惜しみなく、する。災害があれば、率先して救助や援助に全力で出向く。

こんな国に本当になったら、本当に素敵です。
日本は世界的にも今でもとても影響力はありますから、もしこんな素敵な国になったら、「いいねぇ、私の国もそうなって欲しい!」「こういう国のあり方があるのか!」とどんどん広まって、個人個人の力を超えて、あっという間に世界平和は実現します。

日本は戦争により、広島長崎にも原爆が落ち、たくさんの方々が亡くなりました。東日本大震災を始め、たくさんの災害を体験し、それによってもたくさんの方々を亡くして来ました。
だからこそ、できます。

そんな国になったら、亡くなった方も天国で拍手して喜ぶのではないでしょうか。
そうすれば、どこの国が攻めてきますか?仮に万が一攻めて来ても、その他大勢の国は日本の味方です。味方がどうにか戦ってくれるということではなく、多くの国がそれを許さないことは目に見えて明らかなため、そもそも攻めることは考えられないです。なんの心配はいりません。日本の輝きは変わりません。

こんな国になったら、心から日本っていいなぁ、と思います。
どこからともなく、力が湧きおこる感じがします。

一人一人が理想に向かって輝いて、さらに日本人お得意の団結力も合わされば、なんでも乗り越えられてしまいそうな気さえしませんか。

さあ一緒に国に理想をかかげましょう!



今年の初めに「ペイ・フォワード・ピース」に向けて、「新春スぺシャルクイズ」に応募していただくようにみなさんに呼びかけましたところ、コメント欄にあるように様々な文章が寄せられました。

いずれも気持ちがこもったものでしたが、現時点までで僕がもっともよいと思ったのが上の文章です。

もちろん、さらに改良の余地があると思いますが、簡潔、素直な文章で、何よりメッセージの内容が明快であり、それが心ある人々の気持ちにストレートに訴えるものがあると思います。

どうか、みなさんもこのような感覚に沿って、もう一度挑戦していただきたいと思います。そうすればだけば、きっと「これだ!」という素晴らしいものが生まれるのではないかと思うのです。

平和は自分たちで創るものなのです。




カユナールとネホサ

カユナールとネホサ

ある時ふと気がつくといつの間にか右腕にポツンと赤い斑点ができて痒いのに気がついた。
友達にその話をしたら、「これを塗るとすぐに斑点も痒みも消えるよ。よかったら君が持っていていいよ」と言って、「カユナール」と書かれた小瓶をくれた。

早速斑点にカユナールを塗ると、友達の言うとおりに、あっという間に斑点も痒みも消えてしまった。
それから1週間ほど経って、ふと右腕が痒いなと思って見ると、小さな発疹ができていた。でも、カユナールのことを思い出し、それを一塗するとすぐに発疹も痒みも消えた。

それから5日ぐらい経って、右腕が痒いなと思ったら、前より少し大きな発疹ができていた。でも、カユナールを一塗すると、やはりすぐに発疹も痒みも消えて気持ちよかった。
それから、3日後に再び右腕により少し大きな発疹が2つできていて、かなり痒かったが、カユナールを塗ると一発で発疹も痒みも消え、とても気持ちよかった。

それからは、必要になったらすぐ塗れるように、どこに行くのにもカユナールを持ち歩くようにした。
その後も発疹と痒みが現れたが、カユナールの効き目はすごく、一塗で発疹も痒みは消えた。

でも、困ったことに、発疹の数と痒みは現れる度により大きくなっていった。また、カユナールを塗った後に発疹が現れる間隔はどんどん短くなっていき、気がつくと、発疹と痒みは毎日現れるようになった。

友人にもらった小瓶は使い切ってしまったので、薬局で小瓶を1ダース買って、それを順次使うようにした。旅行に行くときも必ず小瓶を持っていることを確認してから出かけるようになった。

こうして、たしかに、カユナールを塗った後はちょっとの間ホッとできるのだけど、そのうちに、発疹と痒みは2時間おきに現れるようになった。僕は内心とても不安だった。

そんなある日、新聞にカユナールに関する新しい研究結果についての記事が出ていた。
記事によると、意外なことに、カユナールは発疹や痒みにはまったく効いていないということだ。それどころか、初めに赤い斑点を痒い発疹に変えたのも、その後、発疹の大きさと痒みをどんどん大きくしたのはカユナールだというのである。

記事の続きには、カユナールの作用のメカニズムについて簡単で明瞭な説明が載っていた。
「そもそも、初めにカユナールを塗らなかったら赤い斑点は自然に消えて何の問題もなかったのだ。でも、カユナールを塗って斑点が発疹になると、カユナールを塗る度に発疹はしばらく皮膚の下に隠れ痒みも感じなくなる。発疹は皮膚の下でカユナールを養分にして活性化し大きく成長する。成長した発疹は再び皮膚の表面に現れ、痒みもより大きくなる。だから、発疹と痒みが現れないようにするには、ただカユナールを塗るのを止めればよいのだ。そうすれば、痒い発疹は養分を絶たれ、短期間のうちに自然に萎んで消えてしまい、二度と再び現れることはない。」

もし、あなたもかつての僕のようにほとんど絶え間のない発疹と痒みの発現に苦しめられていたとします。そして、このカユナールと発疹についての真実を知ったとしましょう。

あなたは、それでもカユナールを塗り続けますか?
カユナールを塗らないでいるのに精神力が必要ですか?
カユナールを塗らないでいるのはみじめですか?

もうお気づきだと思いますが、この文章はタバコの正体を分かりやすいように比喩的に説明したものです。

タバコの正体がはっきりと分かれば、タバコは何の苦労もなく、実に、簡単に止めることができます。
でも、タバコを止めるということについては、ほとんどの人の常識は「タバコを止めるのは実に難しい、あるいは、難しいということだ」というものです。

しかし、それはタバコを止めようとしても、タバコを吸いたくなる根本原因(タバコの正体)をはっきり見抜いていないために、止めるための方法が間違っているからなのです。タバコを吸いたくなる根本原因を見抜いてそれを取り除くために、正しい方法でやれば、タバコを止めるのは超簡単なのです。

同様に、これまでほとんどの人は世界の恒久平和を実現するのはとても難しいと思ってきました。でも、何が平和を妨げているのか?と根本原因を見抜いて、正しい方法で根本原因を取り除けば、世界の恒久平和を実現することは超簡単なのです。

これは、ネホサを理解するためにとても重要なポイントです。





2018年の師走に

2018年の師走に
(奈央さんのブログから)

クリスマスを迎え、今年もあと一週間ほどになりました。

104歳の母が今年の7月に亡くなりました。
母のケアでは本当に多くの方にお世話になりました。

喪中ですので、新年の年賀状は失礼させていただきます。

お手紙をお出しできなかった方に、
ここでご挨拶させていただきます。

・・・・・・

母 両角千鶴子が7月7日、104歳で旅立ちました
家族に見守られ自宅で笑みを浮かべ安らかな死でした

教え子を戦場に送りだした苦しい体験から
再び戦争の無い社会作りに生涯を貫いた人生でした

皆様のおかげで母の人生は幸せでした
ありがとうございました

皆様良いお年をお迎えください

平成30年12月 野村 昇平,  奈央

・・・・・・

母の葬儀の際には、何人もの方から心のこもった弔辞をいただきました。
その中から前橋キリスト教会、荒川雅夫牧師様の弔辞をご紹介させていただきます。


<別れの言葉 ~両角千鶴子先生を送る>

先生は15年以上前に、憲法9条を守る会を結成するために尽力し、ついに発足しました。

・ 戦争を反対する思いの人々を会員として集めること
・ 集会を毎月定期的に実施して会員相互の交わりと互いの研鑽をすること
・ 反対の意思を集めて全国的な運動とするために署名を集めること
・ 群馬県内において、日本国内においての各地の反戦平和運動のために協力すること

この大切な使命を推進するために、両角千鶴子先生は立ち上がります。すでにかなりのご高齢でしたが、常に先頭に立って、会員を集め、指導し、励まし、推進してきました。

晩年は会合に参加できなくても、両角先生の存在が9条を守る会のメンバーに大きな励ましとなり、影響を与え続けてきました。

この大きな使命に生きるようになるために生き、歩み、教え、導き、継続され続けたのかを思い返したいと思います。

先生の原点は小学校教師であったという事です。日本が15年戦争、ことに太平洋戦争は、国民に多大の犠牲を強いるというよりも、想像を超える苦難を強いました。

この戦時下の教師として生きた先生は、子供たちを戦場に送る困難な責任を果たさなければなりませんでした。好ましくないことにも児童生徒を訓練し、戦争へと駆り立てる時代に立たされ、平和を志向する教師としての苦悩は、想像を絶する苦難であったでしょう。

だから戦後になり、戦前・戦中の苦難を思い起こし、乗り越えるために平和のために生涯を捧げつくしました。数多くの平和運動に身を投じたのです。おりしも、国内では憲法を守るための運動が推進されてきましたが、憲法9条を守る会が発足し、全国に訴えられたのを契機に、先頭に立って行動してきました。

前橋市でも会を発足しました。
私は前橋キリスト教会牧師として先生と一緒にこの使命を共にして立ち、戦ってきました。国家が国家の命令によって人を殺し、他国を占領することは決して許されることでありません。日本の使命は、日本国憲法の崇高な責任を果たすことであり、憲法を学び、憲法に生き、憲法をしっかりと世界と日本に伝えていくことです。

聖書に「よくやった。良い忠実なしもべよ。貴女は小さなことに忠実だったから、わたしはさらに多くのものを与えよう」と言われています。

キリストの使徒パウロは「私は走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通した。今からは私に義の栄冠が待っているだけだ」と最後のことばを残しました。
 
先生の生涯の全てが、残された私たちへの偉大な遺言であり、ご命令でもあると思います。
「平和のために生涯を尽くしたことほど幸福はない」と語っております。
人生は出会いで決まる、と言われていますが、先生と出会えたことは最上の幸福の道でした。

遺されたご遺族の皆様の上に心からお慰めをお祈り致します。

2018年7月12日 
前橋四中憲法9条を守る会 会長  荒川 雅夫

・・・・・・・・・・・

母は、平和を心から願っていました。

2007年に「国の理想と憲法 『国際環境平和国家』への道」(野村昇平著)が出版された時には大変喜んで何度も読み返し、本には沢山の線が引かれていました。
 

平和憲法を活かすこと。
そして世界中にそういった国が出現してくることを、心の底から願っています。

今年はたくさんの自然災害も起こりました。
そんな中でも、いろいろなことがあっても、それぞれの方が前向きに取り組んでいった変化の年でした。

来年もさらに「不生の仏心」真心いっぱいの良い年になりますように。

今年も一年間、ありがとうございました。 




なぜ平和な世界を希求しないのか

なぜ平和な世界を希求しないのか

1967年3月6日未明に

人間は空を飛ぶことを夢見た
人間は水をくぐることを夢見た
レオナルド以前にも
それを空想した人があるかも知れない
レオナルド以後の多くの人々の夢は実現した

人間と人間が殺し合わない世界の実現は
空を飛ぶより
水をくぐるより
より切実な夢ではないか
人間の集団が他の集団から襲われることを
疑い恐れている あわれな姿
人間として人間を恐怖する姿
そんなことがあってよいものか
なぜ、それをなくすことを夢みないのか
人間が他の人間の上に爆弾を落とす
そんなことが
平気でできる人間がいてもいいものか

生きようと切な願いを持つ人々
その切な願いにかこまれて
生きようとする自分

自己を生かし 他を生かす
人間の悲願のすべては
そこにかかっているのではないか

エラスムスが夢み
カントが夢み
限りなく多くの人々が夢み
意識的にせよ 無意識的にせよ
すべての母親が心の底に願い夢みている
戦争なき世界がどうして実現できないのか


社会に正しさを豊かさを育てようとする社会
科学は何をしているのだろう
社会をよくし正しくしようとし
隣人愛人類愛を説き願うすべての教育者は
何をしているのだろう
戦争なき世界の実現は夢なのか
夢は実現できないというのか
空を飛び 水をくぐり 宇宙の果ての
月に星に旅しようとする夢は実現できても
人と人が殺し合わない世界の実現は
できないというのか

「人間の業の深さ」などといって良心をごまかし
何もせず 傍観していてよいものなのか
世界の科学者教育者
すべての人々が手をつなぎ
力を合わせる時が来ているのではないか
日本の科学者は
なぜアメリカの科学者によびかけないのか
なぜ世界の働くもの 科学者教育者は
団結しないのか
なぜすべての人々は
自分でできる平和の道をさがさないのか

(1967年 3月 小林 多津衛 70歳)


この文章は僕が敬愛する故小林多津衛先生が書かれたものです。

パソコンの整理をしていたら、さっき偶然この文章を発見しました。

僕も昨日からずっとまったく同じ趣旨のことをブログに書きたいと思っていました。

実に不思議です。


(なお、「なぜ平和な世界を希求しないのか」というタイトルは僕が仮に付けたものです。)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ