プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

コロナで思うこと

コロナで思うこと

新型コロナウイルスは中国の武漢で最初の感染者が見つかって以来、爆発的なスピードで世界中に広がっています。

あなたはこのまま行けば日本そして世界はどうなると思いますか?

僕は武漢でのまだほんの初期の段階での感染者の広がり方をニュースで知った時にすでに、この新型コロナウイルスはこれまでのウイルスとは違って桁外れの感染力を持っており、各国が断固たる対策を早急に、かつ、果敢に取らなければ、今後短期間のうちに世界中がとんでもない事態に陥いる可能性が大きいと確信しました。

それ以来、家のものにも外出の際にはマスクの着用はもちろん、帰宅したら手洗いや消毒をマメにして、決して油断しないように何度も警告をしてきました。それが決してオーバーではなかったことを、残念ながら毎日のニュースで確かめています。

率直に言えば、日本だけでなく欧米諸国の政府や関係省庁の対策はあまりにも後手後手に回ってしまっており、今では、そのつけで、もはや手の着けられない状況となってきています。

たしかに、僕の予測は僕がかつて大学院の博士課程まで非常に特殊な微生物について研究していたことと無関係ではないでしょう。しかし、なぜこんなことになってしまったのでしょうか? それは多くの人は細菌やウイルスの恐ろしさをよく知らないということもありますが、日頃から、身の周りのことはともかく、社会的にどんな大変なことに対しても「何とかなるのだろう」という無知と無関心ゆえの楽観主義のせいだと僕は思います。

そして、それは日本はもちろん世界中の多くの人について言えると思います。同じことは、今現在、地球上の人間を何回も皆殺しできる1万発以上の核兵器と、それを敵国に30分以内に打ち込める何千基というミサイルを配置して、互いににらみ合っている状況、スリーマイル島、チェルノブイリ、福島の原発事故を経験しながら、依然として原発を継続している日本はもちろん世界の国々、二酸化炭素の排出制限をしないで地球温暖化をはじめ地球環境を急激に悪化させている日本をはじめとする世界各国の状況などについても言えるでしょう。

この新型コロナウイルスにしても、いかに感染力が強いといっても、もし、それが1000年も前の世界であれば、流行したとしても地球のごく小さな地域の風土病としていつの間にか終焉してしまっていたでしょう。

けれども、新型コロナウイルスが爆発的に広がっているのは、現代の文明社会の在り方に大きな問題があるのです。
その主な原因は、まず、世界中の都市や町では人口が密集していること。そして、交通システムの発達により人の移動、物資の輸送などの点において、事実上、地球がほとんど一つになっていること。さらには、経済活動を含め人類のほとんど全ての生存活動が一体活動となっていることや、現代科学文明の発達により人間の野生が失われ、免疫力や自然治癒力が非常に弱くなっていることなどが挙げられます。

私たちはこの新型コロナウイルスの脅威は大自然の私たち人類に対する大きな警告、あるいは、反乱であるということをしっかりと理解しなければならないと思います。

「反乱」というのはこの地球の動植物にとっては人間ほど迷惑な存在はないからです。人間さえ消えてしまえば、地球環境問題も短期間のうちに回復し、地球の自然が蘇り、動物や植物たちは幸せに生きていけるからです。

とにかく、今や私たち人類は決定的な生存の危機に直面しています。でも、新型コロナウイルスをやっつけてしまいさえすればよいというものではありません。

今こそ、私たちは「自分は何者か? 何のために生まれてきたのか? どう生きればよいのか?」ということを真剣に考え、「自然全人皆一体」という存在の真実に立ち戻り、みんなが幸せで平和な世界の実現のために立ち上がる時ではないでしょうか。

どこかで声が聞こえます。
「みんな間違っている!!」



ボクの積極的平和主義

ボクの積極的平和主義

数年来、安倍首相は「積極的平和主義)」という言葉のもとに、閣議決定により憲法の解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認したうえで、国会において安保法案の成立をめざしています。

彼の「積極的平和主義」という言葉の意味は、「武力による抑止力を高め、状況によっては、個別的、集団的自衛権の名のもとに、積極的に武力を行使することによって日本の平和を守ろう」ということでしょう。

けれども、これは、内容的には、むしろ、「積極的戦争主義」と呼ぶほうがふさわしいようですね

ところで、数年前に来日したノルウェーの平和学者ヨハン・ガルトゥング博士は1960年代に、戦争のない状態は「消極的平和主義」に過ぎず、私たちは貧困や抑圧や差別などの「構造的暴力」のない「積極的平和主義」を目指すべきだと提唱しています。

朝日新聞などによると、彼は、国際紛争を解決する手段として武力を放棄した憲法9条の1項を堅持することを日本は国連総会で表明し、各国に9条を採用するように呼びかけてほしいと言っています。

けれども、憲法9条の2項に関しては、彼は専守防衛のための軍事力は必要だという立場に立っています。

このお二人の「積極的平和主義」に対して、僕の提唱する「積極的平和主義」はまったく異なります。

僕の提案は次の通りです。

日本は、将来の日本のあるべき姿として、武力ではなく、平和的な手段によって、貧困、飢餓、地球的環境破壊などの世界の深刻な諸問題の解決のために、国内の政策と同じように、国力を挙げて積極的に貢献することを国是とする「国際環境平和国家」を目指しましょう。
そして、日本が世界各国にとってなくてはならない大切な国になることによって、日本の平和を守り、同時に、世界に戦争が必要ない、そして、戦争が起こりえない歴史上画期的な状況を創り出しましょう。

これをわかりやすく言えば、まず、「武力や戦争によって平和を守ろう」というのではないということです。

武力や戦争によって平和な状態が実現できたとしても、それは一時的な仮の平和もどきの状態にすぎず、それはいずれ崩れ去って、新たな戦争を招くことはこれまでの歴史が証明しているとおりです。

また、「武力を保持せず、戦争をしない」、「憲法9条を守れ」とただ言うだけで済ましているのでもありません。

それで、万一どこかの国が攻めて来ることはないと言い切れるでしょうか? 

はっきり言って、「自分たちは戦争はしない」と口で言うだけで、平和が守れる保証はありません。

僕の「積極的平和主義」というのは、日本そして世界の平和を実現するために、「日本が率先して、平和的な手段によって、国際的にお互いに戦争を起こす必要のない状況を『積極的に』創り出していこう」ということです。

平和は武力で守れるものでも、「戦争はしない」と言うだけで守れるものでもありません。

平和は平和的な手段によって積極的に創り出す以外には実現できないのです。

* この文章は数年前に書いたものです。ブログにアップしたかもしれませんが、定かでないのと、今読み直しても、ネホサの論旨が明快に書かれているので、あらためて「いのちの塾」に掲載します。






ホピの平和宣言

ホピの平和宣言

ホピの平和宣言
(起草者 トーマス・バニヤッカ 伝統派ホピ族の通訳)
 (翻訳:昇平)

この地球の真の平和を求めるすべての人々の心と魂とをひとつにまとめるものは本当のホピの人々の力である。

「ホピ」とは「平和な人々」という意味である。

そして、平和の力こそ最も真実で偉大なる力なのである。

なぜなら、平和こそ「偉大なる精霊の意志」だからだ。

だが、本当のホピが争わず、われわれが知っているいのちの正しい道のためには死さえ厭わないのは、決して武器を取ってはならないと偉大なる精霊に言われたからだと考えてはならない。

本当のホピの人々は、殺すこともなく、傷つけることもなく闘うすべを知っている。

本当のホピの人々は、偉大なる精霊の光のなかで、真理と完全な力を用いて、闘うすべを知っている。

本当のホピは、明せきな思考、良い絵、そして注意深く選ばれた言葉とによって、どのように人々の心を育てればよいかを知っている。

本当のホピは、世界のすべての子どもたちに、どのように本当のいのちの道を示すことができるかを知っている・・・生き残るただひとつのいのちの道、質素でスピリチュアルないのちの道を心から探し求める人たちひとりひとりの頭と心に届くように、手本を示し、働きかけ、伝えていく。

本当のホピが地球についての聖なる知識を守っているのは、地球がひとりの生きて成長しつつある人であること、そしてそのうえにあるいっさいのものが、彼女の子どもたちであることを知っているからである。

本当のホピは、聴く耳を持ち、見る目を持ち、これらのことを理解する心をもった世界のすべてのひとびとに、正しいいのちの道を示す術(すべ)を知っている。

本当のホピは、この世界のすべての苦みの場所において、苦痛と迫害に終止符を打つために、すべての真の地球の子供たちのこころと魂をひとつに繋ぎあわせる力をどうすれば生み出せるか、どうすれば彼らを偉大なる精霊の完全な力と繋ぎあわせることができるかを知っている。

本当のホピは、ここに、ホピの力こそが世界に変化をもたらす力であることを宣言するものである。

---------------

われわれは、すべてのものが生きており、われわれの声を聞き、われわれを理解していることを信じる。

ホピは不毛の大地に暮らしてはいるが、われわれは、「マーサウ」いう精霊によってこの地に導かれたと信じている。

われわれの役割は、すべての国々を理解し存続させるために必要不可欠なある知識を全人類のために守っていくことである。

(トーマス バニャッカ氏は1999年2月6日にホピの地で亡くなった。)

*****

昇平のコメント
20年以上も前に映画『ホピの予言』をはじめて見ました。映画を見ながら、何万年も前から日本から何千キロも離れたアメリカの荒野にこのような人々がいたのかと思い、心から感動しました。

なぜそんなに感動したのかと言えば、僕が22歳の時に出会った和田重正先生のネホサの考え方とルーツが同じだと思ったからであり、同時に、この自分がホピであることをあらためて心の深いところで確認したからです。

監督の宮田雪さんも我が家にいらして一晩中楽しく語り合ったことも生涯忘れられない思い出です。

『ホピの予言』はそんな映画であり、そんな出会いでした。

その宮田さんも、また、トーマス・バニャッカさんも亡くなりました。

けれども、ホピの精神は今も僕たちの心の中に生き生き生きています。

(翻訳の元になった英文は北山耕平さんのブログ掲載されたものです。以下にそれを掲載します。)


Hopi Declaration of Peace
by Thomas Banyacya
(Interpreter for the Traditional Hopi People)


It is in the Power of the True Hopi People to unify the minds and spirits of all true peace seeking peoples of the earth.

"Hopi" means "Peaceful People".... and the truest and greatest power is the strength of Peace is the Will Of The Great Spirit..

But do not think that just because the True Hopi People have been told by the Great Spirit never to take up arms that the True Hopi People will not fight.......Even die for what we know to be the right way of Life.

The true Hopi People Know how to fight without killing or hurting

The True Hopi People know how to fight with Truth and Positive Force in the Light Of The Great Spirit

The True Hopi People Know how to Educate by clear thoughts... good pictures...and by carefully chosen words...

The True Hopi People Know how to show to all the world's Children the True Way of Life by setting and example....by working and communicating in a way that reaches the minds and hearts of all people who are truly seeking the methods of a simple and spiritual Life which is the only Life that will survive..

THE TRUE HOPI PEOPLE PRESERVE THE SACRED KNOWLEDGE ABOUT THE WAY OF THE EARTH BECAUSE THE TRUE HOPI PEOPLE KNOW THAT THE EARTH IS A LIVING AND GROWING PERSON AND ALL THINGS ON IT ARE HER CHILDREN.

The True Hopi People Know how to show the Right Way of Life to all the world's people who have ears to listen... who have eyes to see... and who have hearts to understand these things...

The True Hopi People Know how to generate enough Power to link up the forces of the Minds and Spirits of all the True Children of the earth......and to Unify them with the Positive Force and the Great Spirit so that they may put an end to affliction and persecution in all afflicted places in this world.

THE TRUE HOPI PEOPLE DECLARE THAT HOPI POWER BE A FORCE WHICH WILL BRING ABOUT WORLD CHANGE.

WE BELIEVE THAT ALL THINGS ARE ALIVE THAT THEY HEAR AND UNDERSTAND US.


The Hopi live in a barren land, but we believe that we were led there by the spirit "Maasauu". Our role is to preserve certain knowledge for all mankind: Knowledge necessary for the understanding and preservation of all Nations. "


* Thomas Banyacya died February 6, 1999, in Hopi Land.





ペイ・フォワード・ネホサ

ペイ・フォワード・ネホサ

アメリカ映画『ペイ・フォワード』は「ひとりの少年のアイディアが世界を変える」という映画です。

映画のストーリーの概要は以下の通りです。

11歳の少年トレバーは、社会科の授業中、担任のシモネット先生から「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問い掛けられる。

悩んだ末にトレバーはあるアイディアを思いつく。それは“ペイ・フォワード”。他人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人へと贈っていく・・・・という奇想天外なアイディアだった。

やがて、少年の考えたユニークなアイディアが広がり、こころに傷を負った大人たちの心を癒していく・・・・。
(DVD『ペイ・フォワード』の説明書きより)

英語の“ペイ・バック”、pay backとは「厚意を受けた人にお礼をすること」という意味ですが、“ペイ・フォワード”、pay forward とは「ある人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人に何らかの形で厚意を贈ること」という意味です。

ペイ・バックの場合には、二人の間だけで厚意のやり取りとお返しがあるだけでそれ以上の広がりはありませんが、ペイ・フォワードの場合には、一つの厚意は、AさんからBさん、BさんからCさん、CさんからDさん、・・・・とどこまでも伝わり広がっていきます。

この“ペイ・フォワード”というアイディアの斬新さに感動して、僕にも “ペイ・フォワード・ピース”、pay forward peaceというアイディアが閃きました。

その内容は「一人の人から受けた “平和のメッセージ”を確実にこのメッセージをまだ受け取っていない二人以上の人に伝えていく」ということです。

たとえば、一人の人が平和のメッセージを1週間で確実に重複しないように二人以上の人に伝えていけば、1,2,4,8,・・・と、計算上は、34週間以内に世界中の大人の大多数が“平和の人”となり、この世界に平和が実現できるのです。

もちろん、どうしても、戦争をしたいという人もいるでしょうが、世界中で平和の人が圧倒的な多数を占めるようになる可能性は充分にあります。そうなれば、もはや、戦争は起こらなくなるはずです。

“ペイ・フォワード・ピース”は1か月に二人以上であれば、34か月以内ということになります。いずれにしても、そんなに期間はかからないでしょう。

“ペイ・フォワード・ピース”のポイントは、どうすれば、その話を聞いた人が確実にその気になり、それを確実に二人以上の人に伝えるかということです。それは、ただ、ただ、“平和のメッセージ”の内容一つに掛かっています。

だから、単純に「世界平和を実現しましょう」「平和を祈りましょう」などと言ってもだめです。

それは、誰でも「なるほどなあ。この考え方とやり方だったら、簡単に、しかも、必ず世界平和が実現できるだろう。私もこの考え方を必ず二人以上の人に伝えよう」と思ってしまうものでなければなりません。

それに最もふさわしいのが「みんなで日本に脱エゴイズム国家という理想を掲げよう」というネホサの考え方だと思います。

そして、その願いをまず自分の心に確認し、それを次の人に伝えていこうというのが
“ペイ・フォワード・ネホサ”、Pay Forward NEHOSA、すなわち、PFN なのです。



再掲 真心丸出しの国へ

再掲 真心丸出しの国へ

世界平和の実現なんて、難しい?本当にそうでしょうか?

もし、次のメッセージを、一週間で確実に重複しないように、二人以上の人に伝えていければ・・・、計算上、早ければ、34週間以内で世界中の大人の大多数が平和を願い、行動する人となり、この世界に平和が実現するのです。

メッセージは次のとおりです。

国のエゴイズムを超えて、真心まるだしの国へ。
国に理想をかかげよう!

平和のことについて考えるとき、いろいろな議論や思うところがあります。
9条を守ろう。いや、そうでなくて、一応軍隊も必要でしょ。
いやよくわからないけど、毎日とりあえず楽しければいいよ。などなど?

それはさておき、
国に理想をかかげるというのはどうでしょう。
どんな理想かというと、とても素敵なものです。
日本が本当に他の全ての国から尊敬されるような、国際平和国家になる、という理想です。
日本が真心まるだしでで、困っている国に人的援助やあらゆる援助を惜しみなく、する。災害があれば、率先して救助や援助に全力で出向く。

こんな国に本当になったら、本当に素敵です。
日本は世界的にも今でもとても影響力はありますから、もしこんな素敵な国になったら、「いいねぇ、私の国もそうなって欲しい!」「こういう国のあり方があるのか!」とどんどん広まって、個人個人の力を超えて、あっという間に世界平和は実現します。

日本は戦争により、広島長崎にも原爆が落ち、たくさんの方々が亡くなりました。東日本大震災を始め、たくさんの災害を体験し、それによってもたくさんの方々を亡くして来ました。
だからこそ、できます。

そんな国になったら、亡くなった方も天国で拍手して喜ぶのではないでしょうか。
そうすれば、どこの国が攻めてきますか?仮に万が一攻めて来ても、その他大勢の国は日本の味方です。味方がどうにか戦ってくれるということではなく、多くの国がそれを許さないことは目に見えて明らかなため、そもそも攻めることは考えられないです。なんの心配はいりません。日本の輝きは変わりません。

こんな国になったら、心から日本っていいなぁ、と思います。
どこからともなく、力が湧きおこる感じがします。

一人一人が理想に向かって輝いて、さらに日本人お得意の団結力も合わされば、なんでも乗り越えられてしまいそうな気さえしませんか。

さあ一緒に国に理想をかかげましょう!



今年の初めに「ペイ・フォワード・ピース」に向けて、「新春スぺシャルクイズ」に応募していただくようにみなさんに呼びかけましたところ、コメント欄にあるように様々な文章が寄せられました。

いずれも気持ちがこもったものでしたが、現時点までで僕がもっともよいと思ったのが上の文章です。

もちろん、さらに改良の余地があると思いますが、簡潔、素直な文章で、何よりメッセージの内容が明快であり、それが心ある人々の気持ちにストレートに訴えるものがあると思います。

どうか、みなさんもこのような感覚に沿って、もう一度挑戦していただきたいと思います。そうすればだけば、きっと「これだ!」という素晴らしいものが生まれるのではないかと思うのです。

平和は自分たちで創るものなのです。




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ