プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ラベルには真の幸福はない

ラベルには真の幸福はない

あなたは幸福ですか?

もし、今だれかに「あなたは幸せですか?」と質問されたら、あなたはどう答えますか? 

あなたは“幸福“とはどういうことだと思っていますか? 

ほとんどの人は幸福とは、たとえば地位、名声、金、家庭、恋人、悟りなど、自分が望む条件が満たされることだと思っています。何かを得て満足感を得ることを幸福だと思っているのです。しかし、それは単なる一時的な気分、幸福感にすぎません。

では、なぜ人は何かを得れば幸福になれると思うのでしょうか?

人は今の自分には何かが足りないと思い込んでいるからです。そして、その足りないものを何かで満たさなければ幸福になれないと思い、未来に向かうのです。

だから、心はいつも今にいないので、落ち着きません。ふだんは何かで気を紛らわせて気がつかないこともありますが、それこそ、ふとそんな自分を見たときに、それはまさに孤独感と空虚感そのものであることに気付くのです。

だからこそ、よけいに、自分が望むものを得たら幸福になるであろうと思うのです。でも、何を得ても、自分は欠けている存在だと思い込んでいるので、その欠けていると思うものは満たされることはありません。

そこで、また、欠けているものを満たさなければと思って、どこまでも、もっと、もっとと求めるのです。

そうではなくて、今の自分は欠けているという感覚は、ラベルを自分だと思い込んでいるところから生じていること、ラベルは自分ではないことに気付きさえすれば、一瞬にして消えてしまうのです。

この世界は一大生命である“いのち”が現象や存在として顕現したものです。ですから、人間が能力が二元相対的にしか思考で作りあげた、例えば、所有、優劣、差別などの間違った観念や規定とそれに基づく行為を除いて、この世界のすべては、それ自身で何一つ欠けるところがなく完結して存在しています。

つまり、私たち一人ひとりは“いのち”が現れたもので、人間が勝手にアタマで作り出したいろいろなモノサシによる規定(ラベル)以前に、あるがままで、そのまま、何一つ欠けるところがなく完結して存在しています。

つまり、個としての自分はどのような条件にも関係なく、どのような人間がアタマで作ったどのような規定とも関係なく、それ以前に、すでに、元々、幸福そのものなのです。

それはどのように状況が変わっても、どのようなラベルを付けたとしても、絶対に変わるものではありません。

ラベルについて言えば、どんなラベルであっても、ラベルにすぎず、実物ではないからです。また、実物は条件によって変わる物でもないからです。

どこまで行っても、何があっても、あるがままの自分で変わることがない実物の自分は、個としては、既に幸福なのです。

けれども、この世界には人間のアタマで作り出した妄想・観念に基づいた考え方や行為によって、不幸な人が犇めいています。

ですから、不可分一体の自己の真の幸福は、この世界から不幸な人が一人もいなくなったときにはじめて達成されるのです。

そして、そのために全力で生きていくことが真の生き方であると言えるでしょう。





さらに真の幸福について

さらに真の幸福について

前回のブログ『一瞬の決断で一生幸福に生きられる』の最後に「ここまで述べてきたことはあくまで“個人的に”ということですが」という言葉を付け足しました。

それはどういうことかと言えば、この世界は不可分一体で、すべての人(本当は人だけでなく、すべての動植物も・・・)はみな自分の分身ですから、真実はこの世界に苦しんだり、悲しんだりしている不幸な人や動植物が他に存在しているかぎり、それらの存在を思うと、自分だけ一人が心が満たされるということはありえないからです。そういう意味では、前回のブログに書いた「個人的な真の幸福」という言葉自体が矛盾しているのです。

つまり、真の幸福とはこの世界のすべての存在が不幸でなくなった時、人について言えば、一人も不幸な人がいなくなった時に実現されるのです。不幸な人、不幸な存在がいなくなり、それが永遠に続く状態こそが真の幸福だと言えるのです。

そういう意味での真の幸福を実現するという目標に向かって全力で私たちは生きていかなければならないのだと思います。そして、そう生きることこそが真の生き甲斐であり、それこそ、“個人的に”、少なくとも自分自身の生き方については心の底から納得し、心が満ち足りて生きていけるのだと思います。それは喜びそのものです。

そのような喜びと共に生きている状態を僕はあらためて“個人的な真の幸福”と定義したいと思います。そして、自分の喜びが人の喜びとなる心境で、不遇な状況にある存在を救うために全力を尽くして生きてゆくのです。

さて、前回のブログで「思いと事実は違う。事実は必ずしも思うようにはならない」ということを述べ、一時的な幸福感で生きることの愚かしさについて述べてきました。それは別の言い方をすれば、「諸行無常」ということです。

「諸行無常」とはお釈迦様の言葉だそうですが、要するに「この世界のすべての存在・状態は移り変わって行く」ということです。これは存在の事実は思いを超えているということであり、今仮に自分の欲しいものが手に入って幸せだなどと思っていても、それはやがて移り変わっていくものであるので、それに執着すればいずれ必ず苦しむことになるのです。

死についても同じです。自分自身のことであろうと、肉親や親しい人のことであろうと、自分の思いはどうであろうと、どんなに手を尽くそうとも、死ぬときは死ぬのです。諸行無常であり、思いと事実は違うのです。事実は自分の思いを超えているのです。

肉親の死などについて、事実が自分の思い通りにならないからこそ悲しいのだ、という人もいますが、まあ、悲しければ思い切り泣くのもよいでしょう。

でも、それも自分の思い込みがそうさせているということを知らなければなりません。というのは、死はただ死であり、必ずしも悲しいものではないからです。

まあ、悲しければ思い切り泣いて、さっぱりして、後は、亡くなった人の心の奥の願いを感じ取り、自分がいつも明るく、楽しく、前向きに、人と仲良く、困っている人のために、すなわち、真の幸福実現に向かって日々全力で生きていくことこそもっとも大切なことだと思うのです。





一瞬の決断で一生幸福に生きられる

一瞬の決断で一生幸福に生きられる

手元の『広辞苑』によれば、幸福とは「心が満ち足りていること。また、そのさま」となっています。

「私たちは幸福を求めて生きている」といってもよいのではないでしょうか? けれども、「心が満ち足りている」と言っても、どういう場合に心が満ち足りているかは人によって様々なようです。

多くの人はモノ、地位、お金、就職、健康、入試合格す、あるいは、結婚や子供など、何か自分の欲しいと思っていたものが手に入った時に「心が満ち足りる」ような感覚を得るのではないでしょうか? 

なるほど、それは「幸福」と呼べるかもしれません。けれども、その手に入れたものはいつの日かに失う可能性があります。そうすると、その幸福というものは、いつかは不幸に転換する可能性があるわけです。ですから、それは「一時的な幸福感」あるいは「仮の幸福」ということであり、「真の幸福」とは言えません。そんなものを追求しながら生きても永久に「真の幸福」に達することはできないのです。この真実をはっきりと理解しなければ、一生がはかない夢を追って生きるだけの実にむなしいものになってしまいます。

「一時的な幸福感」あるいは「仮の幸福」は状況が変われば変わってしまいます。つまり、状況に依存しているのです。その状況、あるいは、事実の世界は、自分の思いを超えたところで、たえず変化しています。ですから、その事実の世界の流れに自分の思いで何らかの形で関与することはできても、事実の流れが自分の思いの内容と一致する時もあれば、ならない時もあります。

ならない時があっても何の不思議もないのです。なぜなら、そもそも、自分の思いと事実は異なるものだからです。もともと、自分の思いは自分のアタマの中にあるのであり、事実の世界は自分のアタマの外にあるので、一致しなくても当たり前なのです。

要するに、状況が自分の思い通りになることが真の幸福だと思い込んでいる限り、真の幸福を掴み取ることは永遠にできないのです。

では、私たちの人生の目的である永遠に変わらない真の幸福はどうしたら手に入れることができるのでしょうか?

ここに、かつて天動説の誤りに気付いて地動説に転換したコペルニクスやガリレオのような心の一大転換が必要になってくるのです。

それは、幸福を自分の外にある状況に依存するのではなく、真の幸福は自分自身の心によって自分で決めることができるという真実に気づくということです。

私たちは自分が、どんな状況におかれていたとしても、明るく、楽しく、前向きに、みんなと仲良く助け合って生きると決めれば、そのとおりに一生真に幸福に生きていけるのです。

つまり、実は、私たち一人一人の心のなかに、状況に関係なしに、一生真に幸福に生きるかどうか決める能力が備わっているのです。

人生すべて心の持ち方しだい。

ここまで読んで「ああ、そんな簡単なことだったなのか!」と思って、あらためて、「明るく、楽しく、前向きに、みんなと仲良く助け合って生きよう」と心の底から、あるいは、それこそ前向きに明るく決断すればよいだけです。その瞬間に、状況がどうであれ、あなたは心が満ち足りるのを感じることでしょう。

ここまで述べてきたことはあくまで”個人的に”ということですが、一生真に幸福に生きてゆけるかどうか、今この瞬間のあなたの決断にかかっています。





いのちの塾メモ1

いのちの塾メモ1

オンラインいのちの塾受講のみなさんの感想を楽しくまた面白く読んでいます。
まだ参加者全員の感想が届いているわけではありませんが、これまで提出されたものの中でその対比が面白いと思った方々の感想を3つ選び以下にご紹介します。

これはみなさんにより深くいのちの塾のテーマをより深く会得していただくことが目的であり、決して特定の人を誰かを称賛したり非難したりするものではありません。

Aさん:
うまくいかないことがあっても、めげずにやっていけば、やっているうちに工夫してできるようになる。
はっきり決めないと、くせになって出る。
めげていたな。くせになって出ていたのだな。いろいろ思い当たります。
前向きに、明るく楽しく、生きていきます。

Bさん:
昨夜、先生のお話が終わり、皆に決断、覚悟を問われた時、「先生に問われる筋合いは無い!」と言いたかったです。失礼な言い方ですみません。
少し前までの私だったら、「計算して生きてるのかな?どうなんだろう?」とグラついたでしょう。
今は、スッキリ!ラク〜に生きている!と言えます

Cさん:
自分としては人生の中で、揺らぐことのない事実に出会い、一番大事にして、そこをテーマに自覚以降やってきました。
でも、その一番大事なものを人に伝えられない何か理由が僕の中にあって、その理由が「何だ!?」と昨日から考えていました。
今、はっきり、自分がケチな生き方をしているからだと確信しました。
なんてダサいんだろう。とはいえ、本当にわかったかどうかは、整体のセミナー、自覚のセミナーに一人でも多く参加する人が増えることが答えになるのではないかと思います。

*****
昇平のコメント

まず、全体的にAさんのような感想が多かったように思いますが、もし本当にそのように心が転換したとすれば、これまでに比べればかなり深化したということはできますが、まだまだ不十分です。

Aタイプの方は「自分が時々いろんなことでグジュグジュしているところがある。それではいけないので、あらためてこれからは何があっても、明るく、前向きに生きていくように決意しました」というようなことであり、それでは自分という個人だけの問題となっています。

次に、Bさん的な感想を持った方は他にもあるのではないかと推測しています。でも、これでもまだまだです。

Bタイプの方は「すでに自分はこれではダメだとはっきり気づいたので、すでにスッキリ楽に生きようと決意して、そのように生きている」ということでしょう。

でも、まだまだ個人としての自分や家族が生き方の中心テーマとなっており、僕が気づいてもらいたいと思っていること(レベル)にはまったく到達してません。

次に、Cさんの感想と同様の感想を持っている方も少しはいらしゃるのではないかかと思います。
Cタイプは「これまで自分なりに存在の真実の方向に沿って頑張って生きてきたつもりだったのだが、実は気持ちだけはそのような気持ちもあったが、事実としては、存在の真実の方向に沿って頑張って生きてはいなかったことに気がついた。」

「その原因は自分自身の中にあったことに気づいた。それは自分がケチな根性で生きてきたからだ」というわけです。

実は、僕がみなさんにはっきり気づいてほしかったことに一番近かったのはCさんの感想です。
Cさんは感想の結びに次のように書いています。
「整体のセミナー、自覚のセミナーに一人でも多く参加する人が増えることが答えになるのではないかと思います。」

僕がみなさんに気がついてほしかったことはまさにこのことです!!!
僕がみなさんに問いかけていたのは、自分や家族のことを中心テーマにして、自分自身の個人的な気分として「明るく、楽に、すっきり、前向きに生きる」ということではありません。

僕はオンラインセミナーの第1回で、「命がけ」とか「全力で」という言葉を何度も使いました。それははっきり言えば、「自分や自分の家族のため」ということではありません。「一人でも不幸な人や存在の真実や真実の生き方に気づいていない人がいない社会を実現するために」自分の命を捨てることをも厭わない気持ちで、全力で活動し生きるということです。

具体的に言えば、実際的、具体的な人助けやボランテイアなども当然ですが、何よりもその中心活動となるべきものは「整体のセミナー、自覚のセミナーに一人でも多く参加する人が増えるようにすべての人に真心全開で知力と気力を尽くして働きかけること」です。

はっきり言えば、人の心を動かせないのは自分の生き方が中途半端だからです。だから、「命がけ」とか「全力で」と言うのです。でも、いくら「生きる方向が変わった」と言っても、アタマの中だけで、そんな気分で生きているというだけでは話にもなりません。

大変失礼ながら、僕は常々みなさんの「そこがどうかな? 実際はどうかな?」と見ているのです。そこに心の底からはっきりと決定(けつじょう)していないので、それがその人の生活に現れ、また、その人の心身状態として現れるのです。

本当に1回きりの人生を意義のあるものとするには、また、心から楽しく愉快に生き切るためには、命がけで人のために生きる以外にはないのです。

それが1回目でお伝えしたかったことです。どうか、このメールを何度も読んで心から納得のいく答えを見出してほしいと念願しています。

我が家の床の間に野口晴哉先生が書かれた掛け軸が掛かっています。
「溌溂と生きる者にのみ深い眠りがある。生ききった者にだけ安らかな死がある。」

あなたはニッコリ笑って死ねますか?

以上





祈れる人になる

祈れる人になる

祈れる人になってください。

これは僕の青年時代に、和田重正先生がある人に言われた言葉です。僕はこの言葉を間接的に聞いて以来、今日まで折に触れてこの言葉を暖めてきました。

まずは、この場合、和田先生が言われる「祈る」というのは、何を意味しているのかといろいろと思いを巡らしてみました。

まず、思ったのは、自分を対象にして、「病気が治りますように」とか、「入学試験に合格できますように」とか、「仕事がうまくいきますように」など、何かがうまくいくように祈るということではないだろうということです。

また、家族円満とか家族の健康を祈願するというようなことでもないだろうと思いました。

そして、祈る対象は自分自身のことではなく、相手、あるいは、他の人が対象なのだろうと思いました。

つぎに、相手、あるいは、他の人の何を祈るのかと考えました。それで思いついたのは、対象となる人の“幸せ”を祈るのだろうということです。でも、この答ではまだ何かずれているように感じました。

それで思い至ったのは、相手がどんな人であっても、例え、その人が自分の思いに沿わないことをしたとしても、相手をただ非難するのではなく、その人の幸せを祈る、あるいは、その人を思いやるということではないかということです。これは、実際にはなかなか難しいことですが、それだけに僕には答えとしてはかなりしっくりきました。

これがなぜ難しいかと言うと、結局は、その根底にバラバラ観があるからです。何かが自分の思いに沿わないことを相手が言ったり、したりすると、それが気に食わなくて、相手を負かしたり、抑え込んで自分の意志を貫こうという気持ちが生じるからです。

それだけに、あるいは、だからこそ、相手の幸せを祈れる人になることが大切だということなのでしょう。

また、そのように何があってもその人の幸せを祈れる人となってはじめて、相手が本当は何を言おうとしているのか、どうしてそんな無茶なことを言ったり、したりするのだろうかということを理解しようという気持ちが生まれるのだと思います。そして、そのような姿勢で生きることによって、バラバラ観から徐々に脱却していくこともできるのだと思います。

僕は和田先生の言われる「祈れる人になってください」という言葉を一応このように納得して、そのように生きることを日々心掛けて生きてきました。

でも、ずっと先生のその言葉にはさらに深い意味があるようにも感じていました。そして、その答えが僕のこころのなかで徐々にはっきりしてきました。

それは、この世界の根底に流れている大いなる慈悲に導かれて自分が生きていることにはっきりと気づいたことです。

そして、日々この真実に気づかされるたびに、自分は何と幸せなことかと思うのです。

それだけに、この世界において多くの人や動物たちが苦しみの中で生きている、あるいは、死んでいく現実にあって、たとえ相手に何を言われようと、何をされようと、すべての人々、そして、生きとし生けるものすべての幸せをこころから祈らずにはいられません。

どうか、みなさんも祈れる人になってください。

新しい年がよいお年になりますように!







| ホーム |


 ホーム  » 次のページ