プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

メンタルプリズン  その2

メンタルプリズン  その2
(その1からのつづき)

その1で、いろいろな個人的、社会的苦しみや混乱などの問題を根本的に解決するにはメンタルプリズンから抜け出るしかない。それは実に簡単だ、と書きましたが、そのためにとても重要なことがあります。

それは、まず、自分(たち)がメンタルプリズンの中に囚われているという事実に気がつかなければならないということです。

それに気がつかなければ、そこから抜け出ようとさえ思わないからです。

残念なことに、多くの人たちが自分(たち)がメンタルプリズンの中に囚われているということに気づいていません。

世界、あるいは、自分を望ましくはないと思っていても、それが妄想で作り出された、あるいは、作り出したものであることに気付かず、もともとそういう世界、あるいは、自分なのだと思い込んでいます。

ですから、この世界はバラバラで対立世界だという妄想で作り出したメンタルプリズン、つまり、「戦争が起こる土壌(基本的状況)」そのものをそのままにして、「戦争反対」などとと叫んで頑張っても、戦争を根本的になくすことはできません。

戦争を根本的になくそうとすれば、戦争が起こる土壌そのものが徐々になくなってしまうように、メンタルプリズンから抜け出て、存在の真実に立脚した画期的で現実的な方策が絶対的に必要なのです。

それがネホサの提案です。

ネホサ自体は「戦争は起こるものだ」という妄想で作り出したメンタルプリズン(右側の世界)の中で、例えば、改憲(右側の中のさらに右)に対抗して、護憲運動(右側の中の左)を活発にしていこうとしているのではありません。

それでは、「タバコは必要だ」という妄想で作り出したメンタルプリズン(右側の世界)の中で、例えば、喫煙(右側の中のさらに右)に対抗して、ガマンの禁煙(右側の左)を頑張って続けようということと同様に、いつまでたっても戦争を根本的になくすことはできません。

タバコをやめるためには、「本当はタバコは必要でも、吸いたくもなかった」という真実に気付き、ただ、やめる、つまり、妄想で作ったメンタルプリゾンから左側の世界に抜け出ればよいのです。

それと同様に、ネホサとしては、「本来はこの世界はみんな一つの世界だ。争いはまったく必要ない」という存在の真実に気付いて、戦争を根本的になくし恒久の平和世界を実現するために、右側の世界はそれはそれとしながら、妄想で作ったメンタルプリゾンから左側の世界に抜け出て、日本を自ら率先して世界の困っている人や国を自分のこととして国力を挙げて貢献する国にしていこうというのです。

では、自分(たち)が妄想で作り出したメンタルプリズンの中に囚われていることにどうしたら気がつくことができるのでしょうか。

それには、とにかく自然界を先入観に囚われずに巨視的に観察しながら「本来の世界はどのようにできているのか?」と検べることです。

もう一つは、心を静めて、自分自身の内心(真心)の声、自分が本当に何を求めているのかを聴き取ることです。

集団本能から出てくる真心はすでに存在の真実を知っているからです。

(おわり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

メンタルプリズン  その1

メンタルプリズン  その1

メンタルプリズン(mental prison)というのは「心の牢獄」あるいは「心で作り出した牢獄」という意味です。

「牢獄が実際には存在しないのに、あたかも存在しているように感じて、その中に自分が入っていると思い込んでいること」あるいは「真実(本来)の事実についての間違った思い込み(妄想)に基づいた考えや行動、生き方、社会」という意味です。

メンタルプリズンにはいろいろな種類がありますが、ここでは多くの人々に共通しとくに重要だと思われることを取り上げることにします。

まずは、タバコです。タバコは本来はまったく吸う必要がないものです。

その証拠に、どんなスモーカーでもタバコを吸い始めるまでは、「タバコは必要だ、吸いたくてたまらない」などとはまったく感じていません。

にもかかわらず、タバコを吸い始めてしばらくすると、「タバコが必要だ、吸いたくてたまらない、吸わないとイライラする」などと思うようになります。これはまさに“妄想”です。

スモーカーは典型的なメンタルプリズンの中で生きているのです。

麻薬患者もタバコと同じようなメンタルプリズンの中で生きています。

また、不可分一体の非対立の世界が存在の真実ですが、「この世界はみんなバラバラで対立世界である」というバラバラ観はまさに妄想であり、私たちの生きているこの社会はまさに妄想によって作り出されたメンタルプリズンなのです。

さらに、この世界には、本来、どこにも「所有」も「優劣」も「差別」もありません。それが存在の真実です。

ところが、人間は妄想によって「所有」があると思い込み、「優劣」があると思い込み、「差別」があると思い込んで、「所有観念」、「優劣観念」、「差別観念」をという間違った思い込みを作り出し、それらの妄想に基づいて作り出されたこの社会はまさにメンタルプリズンなのです。

ここで、話を分かりやすくするために、これからは、存在の真実に基づいた考え方、行動、生き方、社会を「真実の世界」あるいは「左側の世界」、妄想に基づいた考え方、行動、生き方、社会を「メンタルプリズン」あるいは「右側の世界」と呼ぶことにします。

この世界は現実としては、まさにメンタルプリズンであり、個人的、そして、社会的な苦しみや混乱はまさにこれらの妄想によって作り出されたものです。

でも、メンタルプリズンの中でそれらを解決しようとどんなに頑張っても、根本的には解決することは絶対に不可能です。

それらの問題を根本的に解決するためには、メンタルプリズンから外(真実の世界)へ脱出する以外にはありません。

それは実に簡単です!! 当たり前の世界に戻るだけですから。

タバコを根本的にやめるためには、ガマンの禁煙ではなく、本来、タバコは必要なものではないという当たり前の真実に気付いて、「ただ、タバコをやめればよい」ということとまったく同じです。

それが自覚のセミナーであり、ネホサです。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

幽霊の正体見たり  その2

幽霊の正体見たり  その2
(その1からのつづき)

人間社会の苦しみや混乱などの問題も基本的な構図は、幽霊問題、そして、タバコ問題と同じです。

「人間社会の苦しみや混乱はこの世界はバラバラの対立世界であるというアタマの妄想(錯覚)が作りだしたものであり、本来、この世界は不可分一体の非対立の世界である」という存在の真実に気づけば、アタマの妄想は瞬時に、そして、永久に消え去り、そこに人間社会の苦しみや混乱を根本的に解決する道が開けてきます。

その一つが和田重正先生の「国に理想を掲げよう」(通称ネホサ、Neo Homo Sapiens)という提案です。

ほとんど同じ趣旨で小林多津衛先生が「日本を赤十字国家へ」という提案をされています。

僕が知る限り、不可分一体の存在の真実に立脚して、人間社会の行き詰まりを解決し、永久の平和世界を実現しようという根本的、かつ、具体的提案はこの二案以外にはありません。

この世界は真実は不可分一体の非対立の世界です。ところが、この世界をアタマを通して見ると、(妄想であり錯覚なのですが、)“見かけ上”すべてがバラバラであるかのように見えます。

そして、すべてはバラバラという妄想を存在の真実(本来の事実)と信じ込んでいることから、「この世界で一番大切なものは、自分であり、自分の家族であり、自分の国である」というエゴイズム(利己主義)が出てきます。

それが人間の個人的、社会的苦しみや混乱の根本原因です。

このエゴイズムという基盤(土壌)の上で何をやっても問題を根本的に解決することは不可能です。

なぜなら、エゴイズムという基盤(土壌)そのものはどこまで行っても変わらないからです。

不可分一体の存在の真実に立脚して、エゴイズムという基盤(土壌)そのものをまったく別の角度から解消していこうというのがネホサの提案です。

さて、幽霊問題でもタバコ問題でも、そして、社会問題でも、「存在の真実(本来の事実)そのものとアタマによる妄想・錯覚による“思い”」の違いが本当に分かったときには、「なるほど! そうだったのか! これまでトンデモナイ思い違いをしていたんだなあ!」という深い感動を伴います。そして、その後、その確信が揺らぐことは微塵もありません。

ところが、一応分かったように思っても、いま一つはっきりした感じがしないという方々もいます。

それは、まだ何かの思い込みに引っかかって、真実そのものがはっきりとは見えないような気がしているのです。

その思いの代表的なものは、存在の真実は“いまここ”にはっきり見えているのにもかかわらず、「存在の真実というのはこんな単純なことではないはずだ」という思い込みの眼鏡のせいで、無意識のうちに見えている存在の真実を疑っているということです。

そういう方は、繰り返し、これまでのブログを読み返してください。

眼鏡をはずして見れば、真実は、「本当にこんなに単純でいいの?」と言いたくなるほど、単純明快なものです。

ですから、そのうちに必ず「アハーッ!」という体感とともにはっきりと分かるでしょう。

(終わり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

幽霊の正体見たり  その1

幽霊の正体見たり  その1

あなたは「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という故事を聞いたことがことがあると思います。

文章の意味は、「夜、どこか暗いところで、何かボーッと白く揺れているものを見て、幽霊だ!と思ってものすごく怖くなったのだけれども、よく見たら、それは何と!枯れたススキの穂が風に揺らいでいただけだった。それで安心した。」ということです。

この故事は「疑心暗鬼で物事を見ると、悪いほうに想像が膨らんで、ありもしないことに恐れるようになる」ということを言いたいのでしょう。

まさにその通りです。

それと同時に、もう一つ、この故事が面白いのは、誰でも「幽霊」の正体が枯れたススキの穂だったと分かれば、そのとたん、“一瞬にして”「怖い!」という気持ちが消えてしまう、ということです。

この故事はタバコ問題にも見事に当てはまります。

またタバコの話かと思われるかもしれませんが、まあガマンして読んでください。

というのは、このタバコの説明は、タバコだけでなく、存在の真実や生き方の真実について、自分の考えていることや理解していることが、果たしてちゃんとした位置づけになっているかということをチェックするのに最適だからです。

何回も禁煙に挑戦したのだけれども、どうしてもタバコを吸いたい気持ちが消えずに禁煙に失敗し続けてきたにもかかわらず、タバコの正体についての説明を聞いたり読んだりして、「タバコにはメリットは一つもない。あるのはトンデモないデメリットばかりだ。そもそも、タバコを吸う必要はまったくなかったのだ」とタバコの正体(真実)に気付いたとたんに、一瞬にして「タバコを吸いたい」という気持ちがなくなってしまい、何のガマンも努力もすることなく、すっきりとタバコをやめていった人がいます。

つまり、「吸いたい!」という気持ちが、タバコの正体(真実)に気がつけば、「瞬時に、そして、永久に」消え去ってしまうのです。

ところが、タバコの正体についての説明を聞いたり読んだりして、アタマでは分かったような気がするのだけれども、実感としてははっきりとは分からないという人たちがいます。

それは、一応タバコの正体がわかったと思ったにもかかわらず、タバコに対する世間一般の考え方や過去の自身の禁煙の体験に影響されて、「タバコをやめるのはとてつもなく難しく苦しいのだ。そんな簡単に吸いたい気持ちがなくなるはずがない」などと、依然としてスモーカーモードの疑心暗鬼な気持ちで考えているために、せっかく見えていたタバコの正体が曇ってしまうのです。

これは、「あれは幽霊だとばっかり思っていたが、枯れたススキの穂だった」と一度はっきり分かったにもかかわらず、「あれは幽霊だ」と依然として“幽霊モード”で考えていることと同じです。

私たちは、真実(本来の事実)とアタマの思い(妄想)はまったく別物であること、そして、問題となっているのは、アタマの思いではなく、真実(本来の事実)は何か?ということだ、ということに気付くことが大切です。

(つづく)




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

人が一番求めているもの

人が一番求めているもの

私たちは人生のいろいろな場面でいろいろなものを求めて生きています。

それは人によっても、また、その時々の状況によっても異なります。

けれども、「結局は何を一番求めているのか?」と問われれば、多くの方々には、「幸福」とか、「平和」とか、「自由」というような言葉が浮かんでくるのではないでしょうか。

でも、「もっと直接的に、もっと感覚的には、何を一番求めているのか?」と訊かれれば、どうでしょうか?

僕は、それは「安心」だと思うのです。

人は何より「安心」を求めているのです。

幸福や平和や自由などはその安心を成り立たせるために必要な要素なのだと思います。

でも、幸福や平和や自由などはもちろんとても重要なことですが、そういうことだけでなく、日常の生活においても、人は何よりももっと直接的、そして、感覚的に安心を求めて生きています。

それは、例えば、のどが渇いているときに水を飲むとホッして安心するというようなことです。

人はいろいろなものを求めて生きていますが、同時に、というか、その根底ではいつも安心を求めて生きているのです。

たとえば、スモーカーはタバコを吸わなければ、ホッとして安心できない、つまり、「タバコがなければ安心して生きていけない」と思い込んでいるので、それが禁煙を非常に難しいものにしています。

まだ、ほとんどの人がその事実に気がついていませんが、実は、お酒(アルコール)もタバコと同じです。

アルコールは神経を麻痺させ、ストレスを一時的に感じなくさせるので、ホッとできような錯覚をしているだけなのです。でも、ほとんどの人がその安心もどきの精神状態を求めてお酒を飲むのです。

このように、この社会では、多くの人々が錯覚した“安心”を求めてタバコやアルコールを繰り返し繰り返し摂取し続けています。

でも、それはタバコやアルコールに限りません。

いわゆる、いい学校に入り、いい会社に入り、いい社会的地位に就き、経済的に豊かになり、などということも、結局は、安心を求めているのです。

でも、それらは、状況次第で変わり、根本的に不安定なので、不安になって手に入れたものに執着したり、もっともっと安心できるものを求めようとします。つまり、一時的な安心しか手に入れることができないのです。一時的なはかない幸福感と言ってもよいでしょう。

それは、根底に、「どこまでも何かを手に入れなければ安心できない」という錯覚があるからなのです。

けれども、真実は、私たちは誰でも初めから、そのままで、こころから大安心して生きていてよいのです。

何か欠けていると思うから、それを手に入れなければ安心できないと錯覚しているために、いつも不安を抱いて、もがきながら生きることになるのです。

私たちはタバコやアルコールがなくてもすっきりと生きていくことができます。

同様に、いい学校や会社に入らなくても、経済的に豊かにならなくても、いや、そのようなものに頼らないからこそ、大安心で生きていけるのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ