プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

本当にわかるということ

本当にわかるということ

タバコの実態を調べてみると、メリットは一つもなく、あるのは、とんでもないデメリットばかりだということがわかります。

このタバコの真実がはっきりわかれば、吸いたい気持ちは完全に消えてしまいます。吸いたい気持ちがなければ、いらない紙くずをゴミ箱にポイと捨てるようなもので、やめるのに精神力はまったく必要ではありません。やめたい気持ちと吸いたい気持ちとの葛藤もないので、禁断症状も出ません。ですから、簡単にタバコをやめることができます。

ところが、「タバコの真実が分かっても、吸いたい気持ちがなくならない」という人たちがいます。

ここで、問題です。
そういう人は、タバコの真実がわかっていないのでしょうか? だから、吸いたい気持ちがなくならないのでしょうか?

このように質問すると、ノンスモーカーの人たちは大体「そういう人たちはアタマでわかっているだけで、本当にはわかっていない」と自信たっぷりに答えます。

まだタバコを吸いたいと思っている人たちも「自分たちは多分本当にはわかっていないのだろう」と自信なさそうに答えます。

要するに、「本当にわかっていれば、吸いたい気持ちがなくなって、すぐにやめられるはずだ。そうでないということは、本当にはわかっていないのだ」と言いたいのでしょう。

タバコだけではありません。存在の真実についても同じような現象が見られます。

僕はセミナーやブログを通じて、存在の真実について、みなさんにわかるように説明しています。

一部の人たちはすっきり「わかった」と言い、その瞬間から存在の真実に沿った生き方に見事に転換し、その後も生き生きと生きています。

ところが、多くの人たちの反応の仕方はタバコの場合とよく似ているのです。その時は、「よくわかった」と、とても喜んでいるのですが、その後、はっきりと存在の真実に沿った生き方に転換したようには見えません。本人に聞いてみても、同じように感じているようです。

これはどういうことでしょうか?

どうやら、本人は「アタマで分かっただけで、本当にはわかっていないのではないか?」と思って、自分自身でも不甲斐ない思いをしているようです。

でも、ここで僕ははっきり断言します。

僕のタバコの説明を聞いたスモーカーの人たちも、セミナーで存在の真実を自分で確かめた人たちも、本当は、よくわかっているのです!!!

ただ、それ以前の、自分の感覚(妄想)がクセのようにその上にチラチラと重なって見えるために、真実がちゃんと見えていないように感じてしまい、自分はよくわかっていないのではないかと感じるのです。

雲の上にはいつも青空があります。

雲を何とか取り除こうとするのではなく、青空だけを見ていれば、いつのまにか自然に雲は消えてしまいます。

同じように、クセのように現れる妄想的感覚を相手にするのでなく、自分は真実を本当にわかっていることを確信し、それに沿って生きていけばよいのです。そうすれば、脳内に新しいプログラムが形成されて、クセのように現れていた妄想的感覚はしだいに現れないようになっていきます。

僕のセミナーで存在の真実を自分自身で確認されたかたは、自信を持ってください。

あなたは“本当は”わかっているのです!!!





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

2+3は5

2+3は5

算数の世界においては、2+3=5です。

仮に、2+3=6と思い、そう思って現実に生きていても、それは錯覚・妄想であり、それはただ2+3=6という夢をみているにすぎません。

夢から覚めれば、寝ぼけていなければの話ですが、瞬時に、2+3=5が真実だということがわかります。

夢を見ていても、見ていなくても、2+3=5という真理・真実は絶対に変わりません。


誰でももともとノンスモーカーでした。

もともと、タバコを吸う必要はありません。

タバコを吸いはじめて、仮に、タバコを吸う必要があると思い、そう思って現実に生きていても、それは錯覚・妄想であり、それはただ、「タバコを吸う必要がある」という夢をみているにすぎません。

夢から覚めれば、瞬時に、「もともとタバコを吸う必要はない」ということが真実だということがわかります。

夢を見ていても、見ていなくても、「もともとタバコを吸う必要はない」という真理・真実は絶対に変わりません。


誰でももともとノンスモーカーでした。

もともと、誰でも裸で生まれてきました。

ただの赤ちゃん、ただの人として、ただ泣き、ただ笑い、ただ眠り、ただオッパイを飲んでいました。

大きくなって、仮に、自分は優れている、あるいは、劣っているなどと思うようになっても、それは錯覚・妄想であり、ただ、「自分は優れている、あるいは、劣っている」などという夢をみているにすぎません。

夢から覚めれば、瞬時に、「もともと、自分もみんなもただの人なのだ」という真実がわかります。

夢を見ていても、見ていなくても、真理・真実は絶対に変わりません。


つまり、誰がアタマでどう思おうと、真実は思い以前にすでに、そして、ずーっと、そっくりそのまま現れています。

真実は誰かの説であるとか、考え方であるとか、観念ではありません。

算数やタバコだけでなく、それ以前に誰でもすでに真実を生きているのであり、もともと何一つ欠けることなく、完結して、輝いています。

本当の自分、存在の絶対真実に目覚め、絶対真実の生き方しかないことを悟ることが自覚のセミナーの目的です。

アタマに自分を合わせるのでなく、あるいは、現実に自分を合わせるのでなく、真実にアタマを合わせるのです。真実に沿って生きるのです。

妄想・錯覚の世界から本来の真実の世界に戻る(?)ことは決して大変なことでも、苦しさに耐え、頑張って努力しなければならないというものではありません。

それが楽しくて、楽しくて仕方がないから、楽で楽でしょうがないから、戻る(?)のです。

(?)を付けたのは、本当は“戻る”のではなく、ただ、「もともとそうだったのだ」ということに”気付く“だけだからです。その時、それがどんなに楽しく楽であるかという思いが湧き上がってくるのです。

ただ、そこで終わってはいけません。

その真実をどう生きるか? 生ききるか? それがもっとも重要です。

それが抜けていれば、腑抜けの生き方になってしまい、一生を台無しにしてしまいます。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

誰でもすでに完結している

誰でもすでに完結している

今日地球上に生息する生物は、生命の発生以来数十億年の間に生命を脅かす無数の危機に遭遇しましたが、その度に遺伝子の突然変異により、いろいろな機能を獲得・進化させることによってその危機を乗り越えてきました。

人類は生物進化の頂点に立っていると言われますが、体の面でも心の面でも、その生存能力の素晴らしさは過去数十億年の実績により実証済みであると言えましょう。

その証拠に、医学が生まれるまで、人類は医者や薬に頼ることなく地球上のほとんどあらゆる所に生息地を広げ繁栄してきました。

ところが、近代医学が発展するに従って、私たちは、人間は体も心もか弱い生き物だと信じるようになってしまいました。

野生の動物にとっては妊娠、出産は自然の営みで、医者や薬なしに自分ひとりでちゃんとこなします。

ところが、人間はと言えば、妊娠や出産をまるで病気のように扱い、何度もいろんな検査を受けたり、出産に際しても促進剤を使ったり、医者や看護婦や助産婦の補助なしにはできないというのが常識となっています。

学校での定期的な健康診断、あらゆる種類の予防接種も人間はか弱い生き物であり、薬や医者なしには生きてはいけないという考えを子供心に植え付けます。健康診断や予防接種は大人になっても奨励され、私たちは「人間はか弱い生き物だ」とますます洗脳されていきます。

私たちは、あらためて、人間には野生の動物と同じように、本来、自分自身で体や心を整えて健康を保っていく力が十分に備わっていることをしっかりと認識することが重要です。

薬や医者など外部の助けに頼るのではなく、体の不調の原因は食生活を含めた不自然な生活態度にあるのですから、まず、生活態度を見直し、健全な生活に戻すことが肝要です。そのうえで、自分自身にもともと備わっている体を整える機能をより活発にすればよいのです。

心についても、ほとんどの人がストレスや恐れ、不安、心配は不都合なことと勘違いしています。

でも、アタマで妄想をたくましくして必要以上に感じすぎるのは問題ですが、真実は、「何かがうまくいっていないよ。何とかしなければいけないよ」と警告してくれているのであり、生存をよりスムーズにするために人間にもともと備わっている大切な機能なのです。

ですから、たとえば、ストレスがあるからと言って、甘いものを大食いしたり、お酒や鎮静剤などを飲んだりして神経を麻痺させてストレスを感じなくするというのはとてもマズイのです。

一時的にストレスを感じなくさせても、酔いや薬の効果が醒めればストレスは戻ってくるわけで、大食いやアルコールや薬そのものによるストレスも加わり状況はさらに悪くなります。

ストレスは警告シグナルですから、ストレスを解消するにはその原因そのものを見つけてそれを取り除くしかないのです。まさに、そのために必要であるからこそストレスは生じるのです。恐れや不安や心配などについても同じです。

このように、人間は、本来、体も心も何一つ欠けることなく、すでに完結しているのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

幽霊の正体見たり  その2

幽霊の正体見たり  その2
(その1からのつづき)

人間社会の苦しみや混乱などの問題も基本的な構図は、幽霊問題、そして、タバコ問題と同じです。

「人間社会の苦しみや混乱はこの世界はバラバラの対立世界であるというアタマの妄想(錯覚)が作りだしたものであり、本来、この世界は不可分一体の非対立の世界である」という存在の真実に気づけば、アタマの妄想は瞬時に、そして、永久に消え去り、そこに人間社会の苦しみや混乱を根本的に解決する道が開けてきます。

その一つが和田重正先生の「国に理想を掲げよう」(通称ネホサ、Neo Homo Sapiens)という提案です。

ほとんど同じ趣旨で小林多津衛先生が「日本を赤十字国家へ」という提案をされています。

僕が知る限り、不可分一体の存在の真実に立脚して、人間社会の行き詰まりを解決し、永久の平和世界を実現しようという根本的、かつ、具体的提案はこの二案以外にはありません。

この世界は真実は不可分一体の非対立の世界です。ところが、この世界をアタマを通して見ると、(妄想であり錯覚なのですが、)“見かけ上”すべてがバラバラであるかのように見えます。

そして、すべてはバラバラという妄想を存在の真実(本来の事実)と信じ込んでいることから、「この世界で一番大切なものは、自分であり、自分の家族であり、自分の国である」というエゴイズム(利己主義)が出てきます。

それが人間の個人的、社会的苦しみや混乱の根本原因です。

このエゴイズムという基盤(土壌)の上で何をやっても問題を根本的に解決することは不可能です。

なぜなら、エゴイズムという基盤(土壌)そのものはどこまで行っても変わらないからです。

不可分一体の存在の真実に立脚して、エゴイズムという基盤(土壌)そのものをまったく別の角度から解消していこうというのがネホサの提案です。

さて、幽霊問題でもタバコ問題でも、そして、社会問題でも、「存在の真実(本来の事実)そのものとアタマによる妄想・錯覚による“思い”」の違いが本当に分かったときには、「なるほど! そうだったのか! これまでトンデモナイ思い違いをしていたんだなあ!」という深い感動を伴います。そして、その後、その確信が揺らぐことは微塵もありません。

ところが、一応分かったように思っても、いま一つはっきりした感じがしないという方々もいます。

それは、まだ何かの思い込みに引っかかって、真実そのものがはっきりとは見えないような気がしているのです。

その思いの代表的なものは、存在の真実は“いまここ”にはっきり見えているのにもかかわらず、「存在の真実というのはこんな単純なことではないはずだ」という思い込みの眼鏡のせいで、無意識のうちに見えている存在の真実を疑っているということです。

そういう方は、繰り返し、これまでのブログを読み返してください。

眼鏡をはずして見れば、真実は、「本当にこんなに単純でいいの?」と言いたくなるほど、単純明快なものです。

ですから、そのうちに必ず「アハーッ!」という体感とともにはっきりと分かるでしょう。

(終わり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

幽霊の正体見たり  その1

幽霊の正体見たり  その1

あなたは「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という故事を聞いたことがことがあると思います。

文章の意味は、「夜、どこか暗いところで、何かボーッと白く揺れているものを見て、幽霊だ!と思ってものすごく怖くなったのだけれども、よく見たら、それは何と!枯れたススキの穂が風に揺らいでいただけだった。それで安心した。」ということです。

この故事は「疑心暗鬼で物事を見ると、悪いほうに想像が膨らんで、ありもしないことに恐れるようになる」ということを言いたいのでしょう。

まさにその通りです。

それと同時に、もう一つ、この故事が面白いのは、誰でも「幽霊」の正体が枯れたススキの穂だったと分かれば、そのとたん、“一瞬にして”「怖い!」という気持ちが消えてしまう、ということです。

この故事はタバコ問題にも見事に当てはまります。

またタバコの話かと思われるかもしれませんが、まあガマンして読んでください。

というのは、このタバコの説明は、タバコだけでなく、存在の真実や生き方の真実について、自分の考えていることや理解していることが、果たしてちゃんとした位置づけになっているかということをチェックするのに最適だからです。

何回も禁煙に挑戦したのだけれども、どうしてもタバコを吸いたい気持ちが消えずに禁煙に失敗し続けてきたにもかかわらず、タバコの正体についての説明を聞いたり読んだりして、「タバコにはメリットは一つもない。あるのはトンデモないデメリットばかりだ。そもそも、タバコを吸う必要はまったくなかったのだ」とタバコの正体(真実)に気付いたとたんに、一瞬にして「タバコを吸いたい」という気持ちがなくなってしまい、何のガマンも努力もすることなく、すっきりとタバコをやめていった人がいます。

つまり、「吸いたい!」という気持ちが、タバコの正体(真実)に気がつけば、「瞬時に、そして、永久に」消え去ってしまうのです。

ところが、タバコの正体についての説明を聞いたり読んだりして、アタマでは分かったような気がするのだけれども、実感としてははっきりとは分からないという人たちがいます。

それは、一応タバコの正体がわかったと思ったにもかかわらず、タバコに対する世間一般の考え方や過去の自身の禁煙の体験に影響されて、「タバコをやめるのはとてつもなく難しく苦しいのだ。そんな簡単に吸いたい気持ちがなくなるはずがない」などと、依然としてスモーカーモードの疑心暗鬼な気持ちで考えているために、せっかく見えていたタバコの正体が曇ってしまうのです。

これは、「あれは幽霊だとばっかり思っていたが、枯れたススキの穂だった」と一度はっきり分かったにもかかわらず、「あれは幽霊だ」と依然として“幽霊モード”で考えていることと同じです。

私たちは、真実(本来の事実)とアタマの思い(妄想)はまったく別物であること、そして、問題となっているのは、アタマの思いではなく、真実(本来の事実)は何か?ということだ、ということに気付くことが大切です。

(つづく)




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ