プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

カント少年の悟り

カント少年の悟り

インマヌエル・カントは18世紀、ドイツが生んだもっとも偉大な哲学者だと言われています。

カントは大学で哲学を学び、深い思索をもとに独自の考えを次々に発表し、有名な大学の総長にもなり、80歳まで生きました。

彼の著書『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』は今日に至るまで西洋哲学全体に大きな影響を及ぼしています。また、彼は当時の不安定な国際状況を憂い、『永遠の平和のために』という本も書いています。

このような彼の経歴を聞くと、ほとんどの人は、カントは裕福な家庭に育ち、アタマがとてもいいだけでなく、健康にも恵まれて丈夫な人だったようなイメージを抱かれるかもしれません。

けれども、カントは小さな村の貧しい馬具職人の四男として生まれ育っただけでなく、体が先天的に変形しており、背中には大きな瘤(こぶ)が載っていました。また、胸の乳と乳の間が6センチぐらいでとても狭く、そのため幼い時からいつも、ぜいぜいと苦しい呼吸し、脈拍もとても速く打っていました。けれども、家が貧しいので医者に診てもらうこともできませんでした。

カントが15,6歳の頃、村に巡回の医者がやってきたので、初めてカントは医者に診てもらうことができました。

医者は丁寧にカントの体を診察した後、カント少年に言いました。

「この体ではいつも苦しくてしかたがないだろう。この体は何をやっても治らないよ。でも、ご両親に苦しい、辛いと言っても、ご両親はただ辛い思いをするだけだ。だから、どんなに体が苦しくても、苦しいとか辛いと言わないようにしてごらん」

医者はさらに続けて言いました。

「確かに、体は治らないかもしれない。でも、君の心は病んでも苦しんでもいないじゃないか。だから、そのことを感謝して毎日を生きていきなさい。」

この言葉によってカント少年の心は180度転換しました。
「お医者さんの言うとおりだ。苦しい、辛いといくら言ってみても、体がよくなるわけではないし、苦しさがなくなるわけではない。よけいに苦しくなるだけだ。それだけでなく、お父さんやお母さんを苦しめ、悲しませる。僕は今までなんという親不孝をしてきたのだろう。本当に申し訳のなかった。」

「これからはどんなに苦しくても、絶対に苦しいとは言わないようにしよう。心は何ともないのだから、その何ともない心でやれることをやっていこう。」

こうして、苦しい中にも勉学に励み、幸いにも、大学にも入って、ついには哲学の分野で偉大なる業績を上げることになったのです。

医者が言ったのは「体は病んでいても、心まで病ませることはない」ということです。しかし、それは単なるプラス思考ではありません。

心はもともと絶対の静寂・透明・空であり、絶対に何ものによっても傷付いたり、汚れたり、病気になったりするものではない、ということです。その真実にカント少年は気がついたのです。そして、この心の真実に立って、カントは生涯明るく積極的に生き切ったのです。

何ごとも心の持ち方一つに掛かっているのです。

掛け替えのない一生をどこまでも明るく、積極的に、みんなと仲良く、本当に幸せに生きるポイントは、まさに、ここにあります。

自分が心の主人公なのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

眼を瞑って自分を確かめる

眼を瞑って自分を確かめる

普通、ほとんどの人は「自分とは何か?」などと自分自身に問うことはほとんどないでしょう。

もし「自分とは何か?」と問われても、ほとんどの人は何となくその答えが分かっているような気がしているのではないでしょうか。

「自分とは何か?」と問われれば、ほとんどの人は他の人と区別することのできる自分自身の人間的な個人的特徴をいくつか並べるでしょう。それは、通常、その並べ立てたいくつかの個人的特徴が自分を表していると自分自身が思っているからです。

では、自分自身を他人と区別し、自分自身の自己証明となるような個人的特徴として挙げられるのは、通常どのようなものがあるでしょうか?

自分の名前、人種、国籍、年齢、性別、結婚関係、家族関係、体付き、仕事、住所、財産、学歴、友人関係、趣味などでしょうか。

その他に、個人的特徴として、過去の経験とか、思い出とか、考え方、体の特徴とか、もっと精密な特徴を挙げることもできるでしょう。

いま自分が日本でなく、ヨーロッパ、あるいは、アメリカにいるとすれば、皮膚の色、髪の色、眼の色などを挙げるかもしれませんね。

いずれにしても、ほとんどの人が、そういう個人的特徴によって、「自分」というものを他の人と区別できると漠然と考えています。

では、他のものに邪魔されない静かな場所で、眼を閉じて、心を静かに、それらの際立った特徴のどれか一つでも、いまここに存在しているかどうかを検べてください。最低1分間は掛けてください。イメージではありません。

そうすれば、そのような「個人的特徴」と呼ばれるものは何も存在していないということがはっきり分かるはずです。

分からなければ、分かるまで何回かやってみてください。

では、そこであなたは何を経験しているのでしょうか?

あなたは、いかなる個人的な特徴もない、「本質である自分自身」をありのままに経験しているはずです。

つまり、そこにあるのは、どんな人間としてあなたがあるか、ということではなく、ただ、「あなたが存在している」ということです。

先に挙げた他の人と区別するいろいろな“個人的特徴“というものは、何者でもない自分自身に、二元相対的思考しかできないアタマによって外から勝手に付けた”ラベル”、あるいは、規定にすぎません。

ほとんどの人は個人的特徴というものの総和が自分であると漠然と考えているようですが、個人的特徴というものは時と場合によってクルクル変わる幻影のラベルなのであり自分自身ではないのです。

重要なことは、「自分は~~である」ということではなく、「ただ自分は存在する」ということです。

さらに言えば、自分というものには、本当は、他と区別する個人的特徴はないということは、他の人、他の存在にとってもまったく同じだということです。

ということは、他の存在と自分とを区別するものがないということであり、結局、「みんな一つの同じ存在である」ということです。

この実験?のもう一つ大切なことは、眼を瞑って、ただ、自分が存在していることを意識していると、自分は死なない、つまり、不死の存在であることが分かるということです。

気負わないでやってみてください。




へ">←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自分は宇宙の中心

自分は宇宙の中心

俺の世界は俺の周囲を廻る
俺は此処にいる
   動かない
(野口整体の創始者野口晴哉先生の10代の頃の語録の一つ)


大洋を回遊しているイワシの大群の中のピム公とピン公とピキ爺さんという3匹のイワシの話

ピム「もの心ついたときからずっと昼も夜も朝も晩も、ピン公と並んでこの通り泳ぎ通しだ。俺達は何処へ行くんだろう。ピキ爺さん、後生だから教えてください」

ピキ「教えてやるが驚いてはいけないよ。実は何処へも行かないんだ。めいめい夢中になって何か考えているのだろうが、何を考えても兎に角みんなどんどん泳いでいる。そして泳いでいる気でいるから何処かへ行くかと思っているんだね。でも何処へも行きやしない。みんなただ泳いでいるぞ!」
(和田重正著『もう一つの人間観』「どこへ行く――ピン公の話」要約)

尽十方世界は是れ沙門の全身
(全宇宙が道を修める者の全身である)

尽十方世界は是れ自己の光明
(全宇宙が自己の光明である)

尽十方世界は自己の光明裏に在り
(全宇宙が自己の光明の中にある)

尽十方世界は一人として是れ自己ならざる無し
(全宇宙のすべての人が自己である)

尽十方世界は是れ你が心
(全宇宙があなたの本性である)
     唐代の禅僧・長沙景岑(ちょうさけいしん)の言葉

多くの人は、自分というものはこの不動の広い世界の片隅でいつもチョコチョコと動き回っている小さな、はかない存在である、と思っているようです。

でも、真実は違います。自分は常にこの大宇宙の中心にいて不動の存在であり、その自分の周りで全宇宙が廻っているのです。さらに正確に言うと、自分はこのダイナミックに廻っている大宇宙とぶっ続きであり、その中心に不動の意識点として存在しています。いや、さらに正確に言えば、自分は自分という意識点を中心としてダイナミックに廻っている大宇宙そのものなのです。

ここで断っておきたいことは、僕は最初に紹介した3つの引用文を解釈してこのように言っているのではありません。僕自身の体験によって確かめた存在の真実をそのまま述べているのですが、たまたま、同じようなことを言っている方々の言葉を引用したにすぎないということです。

つまり、僕が言いたいのは、存在の真実についての先人の言葉をどのように解釈するかということにアタマを浪費させるのでなく、自分自ら存在の真実を体験的に捉えることが重要だということです。

俺の世界は俺の周囲を廻る
俺は此処にいる
   動かない

「なんてかっこいい、すごいことを言うのだろう」と思うかもしれませんが、自分自身で体験してみると、これはごくごく当たり前のことを言っているのであり、かっこいいことでも、すごいことでもありません。

存在の真実は、もともと、実にシンプルなのです。見当違いの見方をしているから難しく見えるのです。

要は、思いでイメージを描くのではなく、視点を変えて直に見る、ということです。

縁側のソファーにでもゆったりと座って、自分の眼の奥の方を意識しながら、同時にのんびりと空を見上げていれば、ハッと気がつくかもしれませんね。

お勧めは、誰かが運転している車の助手席に座って前方の空を見上げていることです。

でも、なんと言っても、一番は川の瞑想を実践することです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

本当にわかるということ

本当にわかるということ

タバコの実態を調べてみると、メリットは一つもなく、あるのは、とんでもないデメリットばかりだということがわかります。

このタバコの真実がはっきりわかれば、吸いたい気持ちは完全に消えてしまいます。吸いたい気持ちがなければ、いらない紙くずをゴミ箱にポイと捨てるようなもので、やめるのに精神力はまったく必要ではありません。やめたい気持ちと吸いたい気持ちとの葛藤もないので、禁断症状も出ません。ですから、簡単にタバコをやめることができます。

ところが、「タバコの真実が分かっても、吸いたい気持ちがなくならない」という人たちがいます。

ここで、問題です。
そういう人は、タバコの真実がわかっていないのでしょうか? だから、吸いたい気持ちがなくならないのでしょうか?

このように質問すると、ノンスモーカーの人たちは大体「そういう人たちはアタマでわかっているだけで、本当にはわかっていない」と自信たっぷりに答えます。

まだタバコを吸いたいと思っている人たちも「自分たちは多分本当にはわかっていないのだろう」と自信なさそうに答えます。

要するに、「本当にわかっていれば、吸いたい気持ちがなくなって、すぐにやめられるはずだ。そうでないということは、本当にはわかっていないのだ」と言いたいのでしょう。

タバコだけではありません。存在の真実についても同じような現象が見られます。

僕はセミナーやブログを通じて、存在の真実について、みなさんにわかるように説明しています。

一部の人たちはすっきり「わかった」と言い、その瞬間から存在の真実に沿った生き方に見事に転換し、その後も生き生きと生きています。

ところが、多くの人たちの反応の仕方はタバコの場合とよく似ているのです。その時は、「よくわかった」と、とても喜んでいるのですが、その後、はっきりと存在の真実に沿った生き方に転換したようには見えません。本人に聞いてみても、同じように感じているようです。

これはどういうことでしょうか?

どうやら、本人は「アタマで分かっただけで、本当にはわかっていないのではないか?」と思って、自分自身でも不甲斐ない思いをしているようです。

でも、ここで僕ははっきり断言します。

僕のタバコの説明を聞いたスモーカーの人たちも、セミナーで存在の真実を自分で確かめた人たちも、本当は、よくわかっているのです!!!

ただ、それ以前の、自分の感覚(妄想)がクセのようにその上にチラチラと重なって見えるために、真実がちゃんと見えていないように感じてしまい、自分はよくわかっていないのではないかと感じるのです。

雲の上にはいつも青空があります。

雲を何とか取り除こうとするのではなく、青空だけを見ていれば、いつのまにか自然に雲は消えてしまいます。

同じように、クセのように現れる妄想的感覚を相手にするのでなく、自分は真実を本当にわかっていることを確信し、それに沿って生きていけばよいのです。そうすれば、脳内に新しいプログラムが形成されて、クセのように現れていた妄想的感覚はしだいに現れないようになっていきます。

僕のセミナーで存在の真実を自分自身で確認されたかたは、自信を持ってください。

あなたは“本当は”わかっているのです!!!





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

2+3は5

2+3は5

算数の世界においては、2+3=5です。

仮に、2+3=6と思い、そう思って現実に生きていても、それは錯覚・妄想であり、それはただ2+3=6という夢をみているにすぎません。

夢から覚めれば、寝ぼけていなければの話ですが、瞬時に、2+3=5が真実だということがわかります。

夢を見ていても、見ていなくても、2+3=5という真理・真実は絶対に変わりません。


誰でももともとノンスモーカーでした。

もともと、タバコを吸う必要はありません。

タバコを吸いはじめて、仮に、タバコを吸う必要があると思い、そう思って現実に生きていても、それは錯覚・妄想であり、それはただ、「タバコを吸う必要がある」という夢をみているにすぎません。

夢から覚めれば、瞬時に、「もともとタバコを吸う必要はない」ということが真実だということがわかります。

夢を見ていても、見ていなくても、「もともとタバコを吸う必要はない」という真理・真実は絶対に変わりません。


誰でももともとノンスモーカーでした。

もともと、誰でも裸で生まれてきました。

ただの赤ちゃん、ただの人として、ただ泣き、ただ笑い、ただ眠り、ただオッパイを飲んでいました。

大きくなって、仮に、自分は優れている、あるいは、劣っているなどと思うようになっても、それは錯覚・妄想であり、ただ、「自分は優れている、あるいは、劣っている」などという夢をみているにすぎません。

夢から覚めれば、瞬時に、「もともと、自分もみんなもただの人なのだ」という真実がわかります。

夢を見ていても、見ていなくても、真理・真実は絶対に変わりません。


つまり、誰がアタマでどう思おうと、真実は思い以前にすでに、そして、ずーっと、そっくりそのまま現れています。

真実は誰かの説であるとか、考え方であるとか、観念ではありません。

算数やタバコだけでなく、それ以前に誰でもすでに真実を生きているのであり、もともと何一つ欠けることなく、完結して、輝いています。

本当の自分、存在の絶対真実に目覚め、絶対真実の生き方しかないことを悟ることが自覚のセミナーの目的です。

アタマに自分を合わせるのでなく、あるいは、現実に自分を合わせるのでなく、真実にアタマを合わせるのです。真実に沿って生きるのです。

妄想・錯覚の世界から本来の真実の世界に戻る(?)ことは決して大変なことでも、苦しさに耐え、頑張って努力しなければならないというものではありません。

それが楽しくて、楽しくて仕方がないから、楽で楽でしょうがないから、戻る(?)のです。

(?)を付けたのは、本当は“戻る”のではなく、ただ、「もともとそうだったのだ」ということに”気付く“だけだからです。その時、それがどんなに楽しく楽であるかという思いが湧き上がってくるのです。

ただ、そこで終わってはいけません。

その真実をどう生きるか? 生ききるか? それがもっとも重要です。

それが抜けていれば、腑抜けの生き方になってしまい、一生を台無しにしてしまいます。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ