プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

セミナー総合感想文 28

セミナー総合感想文 28

「今までの自分、右側の考え」で見ているものが、いかに狭苦しいものだったのか、改めて実感できました。自覚のセミナーで掴み、わかった気になっていたその感覚が、今回の最終日の瞑想によって、さらにはっきりと感じられました。

自分を超えた感覚、自分は『ない』という感覚の、透明さ、広さ、豊かさ。

自覚のセミナーからここまで、今までのクセの自分と自覚で得た自分を超えた感覚との間で、行きつ戻りつグラグラしていました。

でも、あの瞑想の時間で、「ちゃんとそこにアクセスすれば、それ(自分を超えた感覚)はもう私の中にしっかりとあるんだ」ということに気づき、自信を持つことができました。

それはこんな風に足掻いて頑張って掴むものではない、もう、自分の中にあって、ただそこを選んで生きればいいだけの、とてもシンプルなことなのだと。

これまでの狭苦しい自分で、子育ては絶対にしたくありません。子どもに、狭苦しい枠を教えてしまうことは絶対したくありません。

妊娠してから私はどこか、「出産」というものをゴールにしてしまっていたように思います。

その先にある、「子どもとはこの宇宙でどんな存在であるか」、そして「その子どもを育てるということはどういうことなのか」ということには、なかなか目を向けられていなかったと思います。

前回のセミナーで、奈央先生にそうした私の構えをご指摘いただき、ようやくそのことにも本気で目を向けられるようになりました。

「因果を超える」こと、「体癖を超える」ということ、掛けてくださったお言葉を、ずっと自分に言い聞かせながら、でもまだ超えられない自分のまま参加した今回のセミナーでした。

今回の瞑想を通して感じた、それはもう単純な「自分、ない!」という感覚は、この奈央先生のくださったお言葉と、しっかりと繋がりました。

瞑想も、これまで「きちんと時間をとって座らなければいけない」と、特別視しすぎていたことにも気づきました。

時間をとることはもちろんですが、もっともっと、日常の中で瞑想を実践していきます。

電車の中、家事の合間、海まで散歩に行った時など、ささいなひと時にも瞑想するようにしています。

あと2カ月ほどで、子どもが生まれます。大きく、開いた母としてこの世に迎え入れられるよう、日々整えていきます。

我が子や自分の家族だけにしか目を向けないのではなく、みんな一つの命、開いた人として在りたいと思います。

今回は参加させていただき、本当にありがとうございました。

ここで得たことを自分だけで留めず、循環させていくことができる人になろうと思います。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 27

セミナー総合感想文 27


セミナーでは本当にありがとうございました。

これまで何度も聞いたタバコの話でしたが、自分の生活や平和運動に至るまで全ての問題はタバコと全く同じ構造で根本には思い込みが原因としてあることがよりはっきりと理解できました。

特に平和運動に関しては、その運動が「禁煙」になっていては意味がないということは分かりつつ、では「禁煙ではない運動とは一体何か?」と問われればはっきりと答えられませんでした。

今回のセミナーでは、「禁煙ではない平和運動」=「平和創造運動」であることがわかり、明るい道筋が拓けました。

平和創造運動の根底には「人間は戦争せずに暮らしていくことができる」という大前提があり(人間は戦争をしてしまうものなんだという無意識の思い込みがあるのが右側の世界)、そのうえで「戦争をしなくてよい(戦争が生じてこない)土壌」を創っていくということ。

もともと私たちは「戦争をせずに暮らしていくことができる」のですから、本当は難しいことではないと思います。

それでもなお(反戦運動や平和運動のかいもなく)戦争が続いた状態であるというのは、やはり「土壌」そのものが耕されていない、ということにつきます。

整体ライフスクールで学び、私たちが目指していることは、その「戦争をしなくてもよい土壌」を耕すことだったのですね。

というより、学んでいるうちにその道以外なくなってしまいました。

この道しかないのですから、楽しくやっていきます。

そのために以下のことを決めました。
・何があろうともウジウジしない。
・人のせいにしない。
・クセのせいにしない。
・ハラの虫のせいにしない。
・アタマの大悪魔のせいにしない。
・誰に何を言われようともスッキリと受け止める。

これまでもこの道しかないと思いやってきたつもりですが、この道がどんな道なのかはっきりしていなかったため、随分と思い込みの中でやっていたんだろうと思います。

これまで根気よく伝えてくださり、また多方面にわたり気にかけてくださり本当にありがとうございます。

自分の身体を耕すことも怠らず、日々精進したいと思います。







←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 26

セミナー総合感想文 26

 後期のセミナーが始まりました。今回さらに愛情深く、根気よく、丁寧に語って下さり、誠にありがとうございました。

 今年のお正月瞑想をしていたときに、「平和のために生きる」「スッキリ生きる」という言葉が天から降りてきました。

瞑想をやるにつれて、アタマのもやもやと事実が別物であることがわかるようになってきました。

また、アタマのもやもやを追ったりこだわったりせずに静けさに戻るとスーッと雨散霧消していくようになり、名案が天から降りてくるようになりました。

アタマをスッキリさせておくと、宇宙の気が廻ってくるんだなと感じました。

瞑想によって頭の使い方が変わり、心身の回復が早くなったように感じます。

まだまだ癖で1日が終わる頃には変に疲れてしまっているのですが、心身の滞っているところに力を入れず、気が通るのを待つと、回復できるようになりました。

滞っているところにこだわっていると頭が重いですが、瞑想をやるとウソのように軽くなります。そういう仕組みになっているんだなとわかりました。

 今回のセミナーでは、タバコを例に、「やめたい/やめたくない気持ちと葛藤しながら禁煙する群」「やめられない群」と「“何のメリットもないんだからやめよう”とスッキリやめる群」について、わかりやすく説明して下さいました。

 今まで私は、あらゆる場面で前者の地獄に陥っていました。

過去への後悔と未来への不安でアタマを費やし、「今ここ」がまったく見えていませんでした。

臆病なので、「自分はできない」「やるのが怖い」「やり方がわからない」などの理由で挑戦することを極度に控えてきました。

 瞑想をやることによって、小さな自分が一生懸命頑張らなくても、自分は宇宙だったんだからいいようになるようになっているんだとわかりました。

 日本の国も自分の職場もいよいよ状況が悪化しています。

個人的には春頃つらい時期もあったのですが、瞑想を続けて、周囲の方々のご尽力もありつらい時期を脱することができました。

ありがたいことに、こんな自分でも頼ってくれる人が最近ちらほらといて、気を澄ませると何となく周囲に影響するのかなと思っています。

 セミナーに参加して瞑想した際ときどきハッと気づくのですが、今まで対極にあるものと思っていたことが実は同じことだったとわかることがあります。

例えば今回のセミナーでは「何もない」と「無限にある」は同じことだったんだということを体験しました。

以前は「早く社会が平和になるには」と頭でっかちになっていましたが、最近は、まず自分という単位から心身を整えていくことを心がけています。

自分の癖として、思いが先行してやったことはときにものを破壊してしまう傾向があります。

また、今まで何かをやることにとても臆病で何でも諦めていたため、何もできない人間であることにやっと気づきました。まずは地に足をつけて、ひとつひとつやり方を確かめながら、人並にまっとうにできるようにするところから始めていこうと思っています。

 私もいよいよ人生後半を考える年齢となりました。残りの人生をどのように使うか考えたときに、無駄なことをしている時間があまりないなと感じました。

冒頭に書いたように、これからは平和についてやっていきたい気持ちが強くなっています。

先日のセミナーで、スッキリタバコを吸わない生き方を選ぶ人の例は、平和の件についても同じことがいえるとおっしゃっていました。

説明を聞きながら、平和創造活動って具体的にはどうすればいいのだろう?と思いました。

昇平先生の本を読み返し、まずはさまざまなかたちで発信していくことだとわかりました。

また、自分のやっていることを生かして何かできないかと思い、今年はいくつかのヒントを得ることができました。現在私が思っているキーワードは「対話」です。

 以上、とりとめもなく書き連ねてしまいましたが、現在の率直な感想です。

今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 25

セミナー総合感想文 25

9月総合セミナー、大変お世話になりました。

今までのセミナー、そして何度もお話いただいた、禁煙を例にした、チャートのお話が、やっと理解できました。

禁煙はわかっても、平和の活動、これまで行われてきた活動と、先生方が提唱されている活動と、根本的にどう違うかが、明解になりました。

まず平和が育っていく土壌を作っていくことこそ、真の平和の道になること。
『国の理想と憲法』改めて読みます。

悟り、瞑想状態は、特別な状態ではないこと。

ゼロラインが当たり前で、もともと人間はそういう状態で、ただ、頭で、自分(と思っているもの)で、ゼロラインから下降していることが良くわかりました。

言い訳もできないくらい、シンプルでした。

セミナーの準備、畑の会は、進化の方向で淡々と取り組んでいくのみです。

今までは自分で勝手に疲れていた部分も大きかったため、これからは大丈夫です。

体力の無さ、無理になると閉じやすい癖、何か言われるといじける癖は、毎日の瞑想と整体でさよならします。

本当の自分、が明解に実感できれば、本当にエゴから解放されるんだ!とワクワクしました。

平和の創造に24時間、いのちを使うということは、先生方が私たちにしてほしいことをすること、と感じます。(受け身でなく)

いま畑の会に関わっているメンバーは、即戦力になっていないのが実際で、その部分はお互いの協力と各自で努力が必要です。

正直、料理や掃除など、何年たっても、先生に声を掛けていただいても、「やります!」と言えない実力で、申し訳ないです・・・。

これまでは1歩1歩の歩みでしたが、焦らず、虫に引っ張られなければ、これからは同じことをするのでも、本当は楽しいことなんだ、と感じ始めています。

お世話係に関しては、セミナー当日はみなさん、それぞれ事前に頼んだことをしてくださるため、大丈夫と感じています。

なにかあって私がお休みすることになっても、書類関係などは早めに準備をして、渡せば大丈夫のように早めに準備を心掛けます。

セミナーで先生がお世話係に関してお話してくださると、そのセミナー中は気にしてくださいますが、セミナー以外の時間、普段の日常にセミナーに関することをするとか、そういう感じはしないため、せっかく声を掛けていただいても、何を頼めばよいのか、よくわからない状況です。

畑の会に来ていなくて、能力・実力はある方たちは、先生方が頼みやすく、また頼みたくなるような気配になるとよいな、と思います。

それぞれが勝手に何かをするのではなく、先生方ががしてほしいことが、どんどん進んでいくようになると良いろ思います。

それが、今セミナーを受けた私たちが実際に歩む平和の道と感じます。

先生方が何をしてほしいと、感じられる自分に、みなさんとなっていきたいです。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 24

セミナー総合感想文 24

◆<何を感じたか、どう思うか>

川の瞑想では、身体の輪郭が曖昧になり、時には無音の真空に包まれ、そこを経て真空そのものを体感し、自分ではない存在が宇宙空間を楽々遊泳するように感じました。

内観により、静寂、透明で無限の空っぽな広がりを感じ、続けての空の瞑想では、ハートのチャクラが気持ちよく際限なく広がり、地球一周するような人たちと「手つなぎ」をしている一体感、安心感を得ました。その後の愉気は、いつも以上に深い安心感に満ち、いのちへ触れる感触でした。

「全く初めての瞑想」は、「今ここ」と言われる先生方の言葉が聴こえ日常的に意識していましたが、今回より鮮明になりました。

◆<何を決意したか>

今までの三次元的平和活動から、左側の次元を超えた平和創造への活動を決意。

30数年前から現在まで、ある時期は子どもの番組・平和を考えるテレビ番組を制作し、また報道局・新聞社・出版社・議員へ働きかけております。そして学生への働きかけ等をして来ました。

ただ、三次元、せいぜい3,5~4次元レベルかと思います。

自覚のセミナーで、さらに今回のセミナーで、根源的に次元の高い平和創造の道を歩むことを決意したので、より自由に、生涯をかけて日々創造の道を歩むことが軽やかにできると確信しております。

◆<どうしていきたいか>

次元を超えた昇平先生の平和創造提唱を三次元でどう具現化し、行動して行くか。

・「国の理想と憲法」の深い伝わり方の検討・実践

本を手渡し、郵送する時に、伝え方のさらなる創意工夫。伝わる説明の仕方・添付する手紙を研究し、共有。

もし可能であれば、ボードの展開図に昇平先生のお名前と©を入れて多くの人に渡したいと考えます。

<郵送先 例> 早稲田大学平和研究所・広島市長/松井一實さん・長崎市長/田上 富久さんなど

・9月下旬からの大学授業では、同じ「放送論」ですが、今年はサブテーマを「生きるための映像」と昨年設定しましたので平和に関する映像の選定・説明ほかを変え、昨年とは異なる根源的で深く伝わる
授業を練ります。

・映像を通して、次元を超えた方々の平和へのインタビューを記録し、ブログ等で発信。

・子どもへのアプローチ

「大人は、ガンジーレベルでないとわからないかもしれない」と昇平先生が言われたことが、記憶に残っております。

三次元を生きる多くの大人にもすっきりと働きかけつつ、同時に子どもへの働きかけをする方法を検討します。先ず、近所・友人の子どもから遊びの中で平和の在り方を伝えたいと思います。

◆<質問>
ガンジーを詳しくは知りませんが、現実社会で、非暴力・不服従運動で独立へ導いた背景には、
非暴力・経済(暮らしていくこと)の象徴的な綿花の糸車(チャルカ)は、わかりやすく
民衆の力を高めたかと思います。

紡ぐ、つなぐ、地域再生・・・平和創造の道では、このような物質的、象徴的なものは不要でしょうか。

(米・ブナの木、)従来の右側の在り方は常に経済活動と連動していますが、左側の道は自給自足的生活
・・・綿花栽培に代わる営みは整体を基本とした米作り・野菜作りが基本と思います。

他に誰でもでき、現代人を結び付けられる手仕事はないかと考えると弾み、可能性は広がります。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 23

セミナー総合感想文 23


 仕事が毎日忙しい中、瞑想、目の愉気を行い視力が回復している中、セミナーに参加するために、自分を整え無の心意気でと考えていました。

 毎晩、瞑想をしていたがいつの間にか寝てしまう日々があり、自分が鈍くなっているのを忘れ、毎日が経過していきました。

 セミナー初日(2日目)自分はきちんと経過して参加出来たと思い、開始前に自分の状態を確認するために、瞑想、邪気の吐出を行いました。

 セミナーも始まり、空の瞑想をする中で中心(チャクラ)を捉えることは出来ましたが、なぜか色々と思いがよぎり落ち着かない状態でした。

その時、先生に声をかけられ、自分に向き合った時に全てが無くなり静寂の中で頭だけが騒いでいたことに気づきました。

 仕事が忙しく、余裕が無く自分が鈍くなり日常の瞑想・愉気が行えずにセミナーに参加してしまい、これからは自分に向き合いその後に瞑想を行うようにしています。

 禁煙に関する講義では話を聞いている時に、自分が昔タバコを吸った事があるのを思い出しましました。

その時は、ひと箱吸わない状態なのでスモーカーではないと思いますが、ある帰省の時、お酒の席で喫煙し何本か吸い、後日もお酒の席で自分から求めてタバコを吸いました。

その時、気持ちが楽になり気分も良くなりました。その後仕事に戻ると落ち着かず、きつい思いをしたことによりタバコを吸わない決意をしました。

 今、思えば禁煙の状態で上手に経過出来たと思います。

 子育ても同じで時々感情的になってしまう時があります。

自分で分かっていても、同じ事を何度も聞いてくる時に何度も繰り返し聞いいてくるので、何が解らないのか探るうちに自分に知らない事があると思い、焦りが出てきて苛立つ事がありました。

休日は、自宅で色々な物を作り、庭で野菜作りをする中で子供が色々と聞いてくる時はいろんな話をしますが、子供が疑問に思った時は大変で、帰ってくる言葉が「なんで」「どうして」とずっと続くので大変でした。

 夜の実習では、セミナー初日(2日目)恵理佳先生に、胸・胸椎の愉気をしてもらい体中から暖かくなり、特に背中の中心が反応し活元が出てきた。

 翌日(3日目)の実習で愉気をしてもらい活元後に、先生に愉気をしてもらうと頚椎、胸椎を通り腰椎に伝わり、全身の活元が起こり今までにない活元が起こりました。

 体が経過し目を開けると、今まで気にしていた事がスッキリしていました。

 セミナーを受けて、頭で分かっていても、いつの間にか無意識のうちに頭で判断していた事が分かり、きちんと毎日瞑想し整え、伝える事が大切だと分かり、子供・人にきちんと伝わるように考え色々と広めていきたいと思います。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 22

セミナー総合感想文 22

 今回のセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。

 一番印象に残っているのは、禁煙のメカニズムを整理した図です。

スモーカーは「たばこを止めたい」と願っていても、潜在意識(価値観)が「やめない」を選択しているから、死ぬまでガマンの「禁煙」あるいは罪悪観に駆られながらの「もう一本」(右側の道)になってしまうのに対して、価値観の部分で「やめる」を選択すれば、決断によって「元スモーカー」として生まれ変わることができる(左側の道)、との説明がとても明快で、腑に落ちました。

麻薬やアルコールだけでなく、農業や医療など様々な分野にもこの図は応用できるので、この図の左右の道が、「ホピの予言」の登場する2つの道を示しているのではないかと感じました。

右側の道に戻ってしまう癖から抜け切れなかった私も、左側の道をしっかり踏みしめて歩こうと思います。

また、沢山の人たちが、今は存在すら知らない左側の道があることを知り共に歩いていけるように、私も平和創造活動の担い手となりたいと思いました。

 また今回のセミナーで強く感じたことは、「今この一瞬はもう二度とない」ことです。

「もう知っている」といい加減にするのではなく、いつも初めての気持ちで瞑想、愉気・行気をするとともに、“一期一会”の構えで人や物事に対して接していきます。

 今回は、一緒に学んでいる皆さんとともに新たな誕生を祝福する会のようでした。

そのような場に居合わせることができたことが本当に有難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

追記
いま、ビックリするほど私の身体に変化が起きているようです。各所に痛みを感じつつも、とてもワクワクしています。

秋から冬に向かって大切に経過していこうと思います。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 21

セミナー総合感想文 21

先日のセミナーでは大変お世話になりありがとうございました。
いつもの癖からなかなか抜け切れない私を毎回毎回根気よく、繰り返しくりかえりご指導くださることに心から感謝しております。ほんとうにありがとうございます。
今回は図にして説明してくださり、とってもわかりやすかったです。ぼわっとわかっていたことが、こういうことだったのかとすっきり理解することができました。
またKさんの質問のおかげで、自分では気づいていなかったこと(自分の中にぐずりがあること)に気づくことができました。それに向き合うことはつらいものがありますが、今回気づけて良かったなと思います。

直したいと思えばまずは自分で認識するところから始まると思うので、普段自分で認識して、何とかぐずりを直したいです。

また一緒に学ぶ仲間がいることが大変ありがたく、より深い学びを得ることができたと思います。これからも一緒に学び共に成長していきたいです。

三日目の最後に自分と他の区別が無くなる体験ができたことは本当に言葉では言い表せないくらいすごい出来事でした。帰ってきてから家で瞑想をしていて静寂を感じられると、すっとあの時体験した感覚がよみがえってきます。

あとセミナ-で瞑想をすると困ったことに眠気が襲ってくることが度々あります。しかし家では疲れているとき以外は眠気が襲ってくることはほとんどないのになぜだろうと思います。目を開けて瞑想するといいことをアドバイスいただきましたが、瞑想に集中できていないのでしょうか?

今後も瞑想を日々深め、自分自身の課題が解決できるようにしていきたいです。そして
このセミナ-に友人・知人を誘いたい思っています。

 貴重な気づき・学び・体験の機会を与えていただき本当にありがとうございました。

最後に陰で支えてくださったSさんMさんにも感謝しています。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
                                   




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 20

セミナー総合感想文 20

セミナーでは素晴らしいお話ありがとうございました。感想などお伝えします。

ブログの「ボクの積極的平和主義」「平和創造運動のススメ」がとても良く理解できました。

禁煙の話は以前から伺っていましたが図を使っての説明でより明解になり、今までは「煙草→酒→間食」止まりだったものが「平和運動」にも繋がり衝撃的です。
8月に奈央先生から「生き方が変わってきましたね、話が通じるようになりました。」と言われ全く自覚していなかったので驚きました。
まだまだ胸は硬いのに私はあの図の左側に移ったのか?勘違い?でも確かに日々の暮らしの中で気持ちがとても楽なのです。
何故「?」が付くか調べてみました。禁煙の例の中の「止めた」の決断部分がないのです。
強いて言えば・昨年春、Yさんとの愉気会のために実家を開けたとき、・昨年1月から知的障害の方達と関わるようになったとき、でしょうか。とにかく長い間、自分を変えるには頑張って努力をしなければならない、と禁煙の発想しかなかったので拍子抜け気分です。

同時に今の国会前での「センソウホウアンゼッタイハンタイ!アベハヤメロ!」コールは違うとはっきり気付きました。
動画を見てなんとなく違和感が有ったので気になりながらも足を運べずにいました。

同じ思いの友人は「反対!の意思表示しなくちゃ、頭数も増やしたいし」と少し頑張って出かけていきました。彼女を否定する気は有りません。

大きな集会・デモなどの意味について質問です
世の中の機運を高める点でも、国民の意思表示として選挙以外の手段としても有効だと思いますが、否定的な言葉でも相手側にエネルギーを与えてしまうような気がします。
週に一度実家に行く途中の浦和駅前で黙って「戦争反対、9条を守ろう」とプラカードを掲げている人に出会い、バスを待つ間、時にはバスを数本見送り一緒にサイレント・スタンディングをしています。

ここで出会う人達との「立ち話」はとても心地良く違和感は有りませんが、規模が小さいだけで基本的には国会前と同じ気もします。




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 19

セミナー総合感想文 19

 今回のセミナー参加にあたって、研ぎ澄まされたセミナーになるのではと、興味深くも緊張感のあるスタートでした。

 禁煙の話は、今まで総論として漠然と理解していたように思われます。

今回の明解な図式化は、とても鮮明に骨身に浸み込んできました。すぐに席から立てないぐらいの衝撃と感動でした。

禁煙ではない左の生き方を選んできたと思っていますが、ここで更にはっきりと確認できました。実践行動の中でぶれないことを確かめて進みます。

 今回の瞑想では、前の瞑想の感覚と比較したり、更に深まるとはどういうことなんだろうとよぎったりで、自分の中での比較があり、そこには不必要な頭と自分という我が邪魔をしていました。

瞑想には、自然にすーっと入れる時もあれば、やらなければ深まらないと、私の対敵“ねばならない虫”と同居していた時もありました。それでは深まるはずがありません。

毎回が新しい、今ここ、初心に立ち返り、ただ静かに座ることを一層心がけて進みます。

生きるに自分の足で立つことが肝要ですが、心もまかせて座ることがあってこそです。 

“とにかく瞑想を続けることです”と、先生が何度もブログに書かれている意味がわかりかけてきています。

空の瞑想を始めてからの2年前ごろでしたか、途中から心の笑いが止まらなくなり、“自分がやってきたものは何もなかった!”と、後生大事に抱え込んでいたものがいっぺんになくなるという衝撃的な出会いを体感し、すっきりしたことが思い出されました。

 ゼロ線、今のままでよし、問題なし。この話も禁煙と同じにはっきりしました。

ゼロ線に戻っただけなのにハイアップした錯覚だったのです。

自分はゼロ、喜怒哀楽、苦楽はあっても本質はゼロ、だから揺らぐことはない、だから楽に無限に拡がっていきます。すごい発見でした。

先生方が、耕し続け、幾重にも深めていらしてきたことからの命の声を素直にありがたく受け、実践し、その命の声を素直に伝えていきます。

ありがとうございました。        




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 18

セミナー総合感想文 18

自覚や整体セミナーでご指導頂いたことは、禁煙じゃない左側の世界に当てはまり、明快な図でハッキリ、スッキリしました。

左側を選択し、決断することは、本当はとても単純なのかもしれないと思いました。

そして、禁煙じゃなくなると、とても楽しいのだと気が付きました。

以前、昇平先生が「もう皆、悟っているんだよ。」と教えてくださっていたのに、自分は、まだまだ精進しないと悟れない、悟りとは、なにか特別なもののように思っていました。

もうひとつの図で、悟りが0の状態だと解って、これまで勝手な自分の思い込みで、特別なものとして捉えていたことが、解りました。

いつも新しい気持ちで聞いているつもりでいましたが、先生方のご指導で、今回、特に新しい気持ちでお話を聞いていていたら、今まで解っていなかった事に気が付いたり、発見することができました。

慣れない新しい気持ち。普段の生活でも大切なのかもしれません。

それから、今回のセミナーで、私達は平和創造のために、整体に出会ったのだと感じました。

選択し、決断したその先の行動には、少し努力が必要なことが解ったので、日々重ねて行き、知的にも理解を深めていこうと決意しました。

今は、整体ライフスクールの入門に参加している仲間に、自覚のセミナーを見据えて、身体と心を整えるよう、お手伝いをしています。

ひとり、ひとりの変化が楽しくて一緒に学んでいくことに喜びを感じています。

また、自覚に出て、整体の浅い仲間にはどう寄り添って、高め合っていけるか、取り組んでいますが、スッキリと決断して行動することには繋がらないようです。どう関わってけばいいのか課題です。

そして、最近とてももったいないと感じることは、総合セミナーに参加している仲間との関係です。

仲良しで朗らかな関係を突き抜けて、もっと、お互いが高め合える、影響し合えるようになっていきたいと思います。

まずは、色々な話をしています。お互いにもっと腹を割っていきたいと思います。

アイデアを出し、具体的な行動に結びつき、気で動ける仲間になることを目指します。

先生方がものすごいスピードで進化して、惜しみなく教えて下さる事を逃さず、吸収していきたいです。

もっと前に進んでいきます。

ありがとうござました。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナ総合感想文 17

セミナー総合感想文 17

セミナーありがとうございました。

目から身体から心から鱗が、剥がれまくりのセミナーでした。

右の袋小路で彷徨っているのか、左の様に全てを決めて解放して行くのか…

ループから抜け出し決めていく道しかないとあらためて気づかせていただきました。

曇ることもありますが、雲の上は晴れているコトを確認しながら日々過ごしていきたいと思います。

全ては、フラットで、煙草や幸福感のように自分で落ち込んでから元に戻るだけだ、という図と説明、解りやすかったです。

自覚のセミナー、毎回の気のセミナー、そして、ブログで、日々繰り返してくださっているので、腑に落ちやすかったです。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 16

セミナー総合感想文 16

先日のセミナーでは大変お世話になりました。

セミナー後に、昇平先生に少しお話させていただきましたが、「守るべき自分なんてどこにもないじゃない」というこれまで何度も先生がおっしゃっていた言葉が、これまでの頭の理解を超えたところで「本当にそうだった!!!」という気づきに変わりました。

そう思ったら、これからは何も怖いものなんてないし、何だってできるということも同時に感じました。

そして「自分がある」という思い込みさえ手放せば、全ての問題はなくなる!

これも自覚のセミナーで学んだことではありましたが、『受け身の理解』ではなく『内側から湧いてくる気づき』となりました。

嬉しさはありましたが、先生がおっしゃるように、元々当たり前であったことに気づいただけで、特別な体験なんだろうと、これまで勝手に思い描いたイメージとは異なりました。

だからこそ、一時的な感覚ではなく、ずっと続いていくのだと感じます。

もちろんこれは、それまでに昇平先生が、わかりやすくいろんな角度から説明してくださっていたからです。

それがなければ、やっぱり一時的な体験として忘れてしまったり、こんなもんじゃないと、流してしまってたかもしれません。

ホワイトボードを使って、落ち込みと、その後のハイのお話をされていたことが、本当に腑に落ちました。

これまで、昇平先生や、福岡正信さんや他の方の体験を聞いたり読んだりしていると、元々能力が高く、苦しみから逃げないで真剣になれる人だけが、このような気づきを得られるのだろうと思ったこともありました。

あのお話をしていただいたおかげで、安心してこの当たり前の感覚を受け入れることができました。

当たり前のこと、私にも理解できたこと、全ての苦しみの根っこであることがわかると一人でも多くの人に知ってほしいと、強く思います。

まずは、求道心を持ちながら、また整体にも少しは関心を示しながらも、まだ参加していない知人たちに、改めて話をしたいです。

住まいが離れていたり、小さい子供がいてセミナーの参加が困難な友人もいますが、何が起こるかはわからないので、自分で限界を決めないよう、真心で話をしていきます。

また、全く求めていない人には、どうして違うの? と相手の方から思わず訊ねられるような在り方を目指し、日々の整体と瞑想の実践で深めてまいります。

ありがとうございました。引続きご指導のほどよろしくお願いいたします。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 15

セミナー総合感想文 15

先日は、素晴らしいセミナーをありがとうございました。

瞑想している時、雲の上に乗って浮かび、漂っているような感じから、だんだん自分が何処にいるのか、自分の身体の感覚もないような、空気になったような感じになりました。

以前は、眠くなってしまって、身体が揺れたり傾いたりしていましたが、最近は、眠いわけではないのに、身体が揺れたり傾いたりしてしまいます。そのような感覚になるのが、以前よりも増えました。

愉気の時も、瞑想の時と同じように、身体の感覚がないような、空気になったような感じになりますが、揺れたり傾いたりするのは、瞑想の時だけです。

整体ライフスクールと出会い、さまざまなことを教えていただき、自覚のセミナーを受けた後も、確かにしっかり向かい合って決したのに、少し経つと、また迷ったり頭で考えたりしてしまっている自分に気付き、「そんな自分は悪い」と責めることもありました。

その後、自分がそのような癖を持っていることを認め、否定するのではなく受け止めることを、自分なりに繰り返し実践し、自分を責めなくなったことで、気持ちがとても明るくなり、物事が、進むべき良き方向に、自然に進んでいるように感じます。

「いつも新しく出会い、向かい合う」ことをしてこられていたかどうか、今回改めて振り返ってみると、新しく出会い、向かい合っている“つもり”だったのではないかと思います。

もちろん、その時は、新しく出会っているつもりでいますが、やはりどこかで、なれ合いになっていたところがありました。

生きていく中で、一見同じことを繰り返しているようでも、すべてにおいて全く同じ状況ということは、二度とありません。

今まで起こっていることは、全部、その時々で新しく出会っています。その都度、真剣に向かい合っていきたいです。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 14

セミナー総合感想文 14

セミナーでは本当にありがとうございました。

禁煙の話は、自分にとっていろいろな事柄について当てはめられると思いました。

昇平先生のブログを読んでいても、以前はタバコとかお酒とか、解りやすい限定的なものと捉えていました。

先生方の本当に伝えたいことはそういうものだけではなく、生きる姿勢や全てについておっしゃっているんだと思うようになりました。

今回のセミナーで、それがより具体的になってきました。

今の仕事についても、これは本当に自分のやりたいことではないと、もう何年も前から気が付いているのに、なぜ今だに続けているんだろうと思っていました。

もし突然余命あと三ヶ月と言われたら、今すぐこんな仕事は辞めるだろうと、職場で話したことがあります。

明日がとりあえず同じようにあるだろうとか、今辞めたら周りが迷惑するとか、言い出すのが心苦しいとか言い訳を考えればいくらでも出てきます。

でも、そこを越えていかないと、他の誰かが越えさせてくれる訳ではありません。

禁煙の表で示されている、右側の世界でぐるぐるしていた自分がはっきり解りました。

一つ決断すれば、あとは他のこともどんどん良い方向へ進んでいくと思います。

アネハヅルの話を思い出しました。

真の平和を目指すには、どうしたらいいか。

ぐずぐずしているうちに、どんどん時間が流れてしまいます。

自分が本当に良いと思ったことを伝えるのに、思いにとらわれて躊躇したり遠慮したりしているのは、正に右側の世界の話です。

右側なのか左側なのか、進むべき方向ははっきりしています。

やみくもにではなく、確実に伝えていくことが大事です。

ものすごいセミナーを受けたんだな、と改めて感じました。

昇平先生の講義で、ホワイトボードに表にしていただいた禁煙の話は、自分にとってもいろいろな事柄について当てはまると思いました。

昇平先生がブログで何度も載せてくださっていたものを読んではいましたが、以前ははタバコとかお酒とか、解りやすい限定的なものと捉えていました。

最近になり、先生方の本当に伝えたいことはタバコとかそういうものではなく、生きる姿勢とかすべてについておっしゃっているんだと思うようになりました。

今回のセミナーで、それがより具体的になってきました。

小悪魔に大悪魔。右側の世界でぐるぐるしていた自分がはっきり解りました。

ゼロラインのお話もとても腑に落ちました。そういうことだったのかと。

それから、改めて瞑想の大切さが体感として解りました。

もうこれからは、同じところでぐるぐる回っているのは止めます。

奈央先生から、土壌のお話がありましたが、自分の中の土壌を豊かに、自然な草や花がのびのびと育っていけるようにしていきます。

でも、完璧にやらなくてはと思って、失敗を恐れて躊躇していたのでは何もできませんし、今までと同じです。

一人で全てやっていこうと思わず、皆とともに助け合いながら前に進んでいけたらと思います。

同じ理想を持つ人が一人でも多くなるように、整体ライフスクールを紹介します。

昇平先生の「国の理想と憲法」を、平和を望んでいる多くの人々に読んでもらえるように、伝えていきます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 13

セミナー総合感想文 13

決めたこと。

あふれでてきたものに、ふたをしない。

ケチな根性で生きない。

現実をすっきり受け止めて、不安に振り回されない。

結果を気にせず工夫する。

あきらめない。

中心に戻る時間をとる。

体も大切にする。

皆て゛協力して、いい方向に進化していきたい。

セミナーから数日たって思うことは、自分で何かしなければならないというのではなく、コミュニケーションをとって、変えていきたいということです。

ものすごく下手くそだとは思いますが、まず日々の生活で、実践してみます。

ありがとうございました。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 12

セミナー総合感想文 12

いつも丹念に根気づよくご指導くださり、本当にありがとうございます。

今回の体験は深く深く、カラダに刻み込まれました。

今回「川の瞑想」で、「自分がない」と感じることがなかなか難しいと思いました。

手で枠を作って、向こうからこちらを見てみると、手前には「何も見えない」というのも、しばらく混乱、困惑して、よくわかりませんでした。

「分かろう」とアタマで捉えようとしたり、イメージしたりするのではなく、「事実として、見えるか見えないか?」と問われて、やっと腑に落ちたように感じました。

その後もまだアタマがジタバタ抵抗しているところもありましたが、それもだんだん気にならなくなりました。

とにかくただ瞑想が瞑想するんだと任せきると、落ち着いて座れるようになり、するとスーーッと静寂に包まれました。


今回の実習で、「思い=自分」という錯覚が、想像以上にしつこくこびりついていて、たえず無意識にそれが前提で生きていることに気づき、ゾッとしました。

思い込みやアタマで瞑想しようとするクセがありますが、それも気にせず、とにかくし続けてみようと決意しました。

甘えたりグズッたり言い訳したりせず、ただただ空っぽで、日々新たに瞑想します。

体癖は事実でしかないのに、それを言い訳に甘えていた自分に気づきました。

また、奈央先生に、「分析したり批評したりする前に、まず自分です。」とのご指摘を受け、ハッとしました。

他者を批評したり状況を分析したりすることは、自他を区別する「バラバラ観」によるものだと気づかされました。

「バラバラ観」や、アタマの先走りに注意して、動いていても座っていても静寂の中にいられるようにしていきます。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 11

セミナー総合感想文 11

3日間、参加が出来てとても、ありがたかったです。

すべて私のための内容でした。ありがとうございます。

本当に「虫」の話が分かりやすくて、納得です。

あの後、家で瞑想と愉気をしていたら、虫の代わりに、明るい、生き生きしたものがありました。

私も、胸のチャクラの位置がハッキリしていなかったです。

もっと以前は胸椎が硬くて胸の奥も、良くわからない状態でした。

最近少し変わってきました。帰ってから空の瞑想をしたら、胸のチャクラが暖かく呼吸していました。

セミナー2日目の夕方、目を開けて川の瞑想をした後、夕べの集いでのことです。目を開けて瞑想をためしていたら、周りではしゃいでいる子どもたちが、自分とひと繋がりに入ってきて、暖かく、明るくなりました。

頑なで、頭も狂っていることをわきまえつつ、それには引っ掛からず、瞑想を重ねていきます。

先生方、本当にありがとうございます。







←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 10

セミナー総合感想文 10

セミナーの最後に感想を言う機会があったときに、私も何かを言うべきだと感じましたが(それは義務感ではなく、あれだけの内容を受けるだけ受けて何も言わないのは失礼に値するように思えました)、何と言っていいのかわからないような、簡単に言葉にしてしまってはいけないような気がして、何も言えませんでした。

今回のセミナーは、私にとってそれだけ重みのある、かけがえのないものでした。

昇平先生による図を使った説明がわかりやすかったことは言うまでもありませんが、後で振り返ってみると、2日目のお話の後の時点では、まだ本当の意味で理解できていなかったと思います。

2日目の夜、実習の前に奈央先生がおっしゃった「大人の天心は深さがある」という言葉がすっと心に入りました。

その瞬間に、どんな経験も自分次第で思いやりに変えていけるのだと発想が転換され、私もそういう生き方をしたいと素直に思いました。

生きていることがしみじみと嬉しく感じられました。

自分のことでつまずいている場合ではないと、やっと目が覚めました。

まるで枯れ葉が自然に枝から落ちたように、心がふっと楽になりました。

でも、この時点でも、まだ禁煙の発想をしていて、心を開いて生きていくといっても、自分でもどうしようもないぐらいの速さで鎧をまとってしまうのはどうしたらよいかと本気で考えていました。本当に頭が固いです。

3日目の昇平先生のお話を聞いて、明らかになりました。

図の左側で、心を開いてありのままの自分で生きていくことを決意しました。

平和創造活動については、昇平先生のブログの翻訳を続けていきたいです。

それと、昇平先生が以前におっしゃっていた「国際環境平和国家の賛同者を増やすこと」と、新しいリーフレットを使って整体ライフスクールの仲間を増やすこともやっていきたいです。

機動力を持って取り組めるよう、この活動に使う時間とエネルギーを増やすための環境作りも少しずつ進めていきます。

そして、周りのことや世界で起こっていることにもっと関心をもって、自分に何ができるかを感じ取るという基本的なことができるように心がけていきたいです。




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 9

セミナー総合感想文 9
      
昇平先生、奈央先生のお話、実習や実践の御指導を通じて自らを新たにしています。

セミナーへの参加の仕方、自身の整体へのかまえについて、同じことは二度とない、一回一回、一瞬一瞬を真剣に、大切に、いのちへの礼を持って取り組む姿勢に、甘えがあったことを反省し、また日々の生活の中でこそ実践として使い、つなげていく決意です。

私は、くずり虫を飼っていました。

執着と我が強く、家族や周囲との人間関係で、不満を述べ、くずり、悪循環の繰り返しで「因果の流れ」を引きずり生きてきました。

きっぱり、ぐずり虫の未熟な我が身と決別します。

「事実」と「思い」は違うこと。「事実は思い通りにならないのが当たり前だ。」 そこを受け止めず、曖昧にし、マイナス感情に捉われていました。

今はすっきり受け止めます。

「右側の生き方」と「左側の生き方」について明快な講義をしていただきました。

私は右側の生き方、まさに禁煙の生き方でした。   

空の瞑想、川の瞑想の実習や整体実践を通じて、静寂の中で変わらない日常でいれば良いとわかり、ぶっ続きで無限に広がる絶対の安心に気づき、まさに「今ここ」に生きていくことの大切さと喜びを実感しています。

「左側の生き方」は、根本的療法としてまずは「土壌を創ること」、そのことが大事であること。その価値を選択・決断し、実行に移していくことから始まるのだと判りました。

「平和創造運動」は、「左側の生き方」であり、恒久平和を実現するために「戦争が生じてこない土壌」をしっかりと創っていきましょうということだと判りました。

私は、「平和創造運動」をしていくことを決めます。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 8

セミナー総合感想文 8

昇平先生、奈央先生、恵理佳先生、今回のセミナーに参加させて頂けたこと、心から感謝いたします。

衝撃の二泊三日でした。

一年ぶりの昇平先生のセミナーの参加でしたが、参加されたほとんどの皆さんが、瞑想を深め、目に見える世界を超越していること、顔つきが晴れ晴れとしていること、気の中で動き、所作が美しいこと…、どんどん進化している姿を目の当たりにしました。

瞑想を深め、実践していくとこう変わっていくのだと、皆さんの姿を見て、実感しました。

そして、セミナーの進化の速さに驚きのあまり、私は浦島太郎状態でしたが、このままではいけないと、気持ちを新たにしました。

今回、参加を決めたのは、二つの理由からでした。

一つ目は、整体出産をしたという体験は、どんなに素晴らしく、それに出会えたということは、どんなに恵まれ、そして先生方がどんなお気持ちで気をかけてくださっていたのか、自分だけではない、進化のためにあるのだとようやく分かった時、このまま因果の中で流されていてはいけない、因果の外に出て、私は、整体出産をしたということを子育て、生き方として体現していきたいと思ったからでした。

整体出産が潜在意識の中でも、体感覚でも中心感覚として、私の中にあるということに気づきはじめ、このことをよりはっきりさせていきたいと思ったからです。

二つ目は、今まで深い因縁の中で、常に不安な思いで生きてきた人生を、もう終わりにしたい、子どもたちには引き継がせたくないという思いからでした。とにかく、セミナーに出なくてはという思いからでした。

今回、二泊三日で参加し、昇平先生のお話は、私の頭の世界を超越していて、しばらく言葉にできませんでした。

自覚のセミナー、瞑想、愉気、禁煙のお話、平和…すべてが、繋がり合い、ひとつなのだと、ひしひしと感じ、私の言葉では表現できない、深い感動を覚えました。

私はとにかくセミナーに出ることが何よりも必要である、学びたい、学んだことを自分で深め、とにかく続けることだと決めました。

☆気づいたこと、学んだこと

○私もMちゃんのように、瞑想も愉気も日々の中でのことでも「本当に私にできるのだろうか」「私なんか」という気持ちが私のどこかに潜み、そして、さらに忙しさのなかで「こんなもんでいいや」と、うやむやにしてしまう癖があったことに気づきました。そして、いろいろな場面で、「無理だろう」と頭の中で勝手に限界を作っている自分に気づきました。

「私たちは元々開いていて、誰でも愉気ができる」、「限界なんてない」って、本当にすごいことです。

瞑想を続け、手を使い、もっと自分の中ではっきりと自覚したいです。

「限界なんてない」と思うと、自然と笑えてきます。不思議です。

○瞑想の中にいい瞑想、悪い瞑想はない、ただ続けていくだけというお話、すごく楽になりました。

○自覚のセミナーで学んだ「事実と思いは違う」ということが、はっきりしていませんでした。

日々、子どもたちとの関わりの中で、そこがわかっていないので、子どもたちの予想外の行動にイライラしたり、怒ったりしていました。

私は自分の思い通りにならず、勝手にイライラしているだけの子どもでした。本当に馬鹿でした。

今は、不思議とイライラすることがなくなり、「あれ?おかしいぞ」と立ち止まるようになりました。そして、何よりも自分の子どもだけでなく、子どもという存在に前よりも興味が湧いて、かわいく思えて仕方がないです。

○静寂の中にいることが、ふとした日々の生活のなかで感じようとすると感じられる、静寂は元々あり、自分が閉ざしているだけではないかと、気づきはじめているところです。

瞑想を続け、これを確かなものにしたいと思いました。

○私は、なんて「馴れ馴れしい」生活、行動で生きてきたのだろうと思いました。ため息が出てしまうくらいです。

愉気、実践、日々の生活、人間関係の中で、「馴れ馴れしくならない」で、一度きりしかないと新鮮な気持ちで出会い、行うことをいつも肝に銘じて生きたいです。

○私は何か刺激を求め、生き方を探し続けてきました。

昇平先生が図に示してくださり、もうそんなことはしなくてもいい、衝撃的な体験をしなくてもいい、私たちはもともと開けていて、幸せなのだというお話、目から鱗でした。

自分自身もそうでしたが、私の周りにも刺激を求め、幸せを求め、そのアップダウンに振り回されている人が多くいます。

それが、今ははっきりとわかります。

私は、「もともと幸せである」という実感がまだ浅いので、ここを深めたいです。

○煙草をやめられないのは、どこかで「煙草はやっぱりいいものだ」と価値をおいているから、やめると決められず、禁煙という形で堂々巡りをし、すっきりしないのですね。

頭の中で混乱し、うやむやにして、なかなか決断できず、堂々巡りをしている私のパターンも、価値観をはっきりさせ、決断することで道が開けていけそうです。

○平和創造を日々行っている先生方の生き方が、本当に潔く、常に開いていらっしゃる、その素晴らしさに改めて出会い、感動しました。

次元の全く違う平凡な私が先生方に出会えたことは本当に驚きです。

先生方に出会い、学べることに心から感謝します。

平和創造という言葉は、私にはまだ大きすぎるように感じますが、深め、私も平和を創っていける人になりたいです。

☆決意したこと

○どんなに大変でも、必ず毎日、瞑想を続ける。セミナーに参加する。参加できるような土壌づくりを日々行う。

○整体出産をした意味と自覚を忘れず、子育ての中で、社会の中で体現できる存在になる。整体出産の素晴らしさを伝え、産後の手当てに行けるようになる。

○グズグズ考えたり、うやむやにしたりせず、整理し、決める。そして、今すぐ、行動していく。

○馴れ馴れしくならず、一度きりだと新鮮な気持ちで愉気、瞑想し、生活し、人に出会う。

長々と書いてしまいすみません。

本当に素晴らしいセミナーをありがとうございました。

これからもご指導よろしくお願いいたします。感謝をこめて。    






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 7

セミナー総合感想文 7

今回の三日間のセミナーに参加することができて本当に良かったです。

昇平先生にお会いするのは一年以上振りなこともあり、かなり緊張して臨みましたが、最終日はリラックスと集中が同居した状態で迎えることができました。

ありがとうございました。

拙いですが、思ったことを書き出します。


「瞑想がむこうからやってくる」という言葉は、あ、そうか…と、初めて目が開いたような心持ちになりました。

“それ”は、ただ“それ”で、自分の頭の中で拵えた“それ”とは全くの別物なのだなあ、じゃあ、頭の中で拵えた“それ”は要らないな、手放せばいいんだな、と座り直した時、それでも懲りずに「あれ?本当にこれでいいのかな?」と思ってしまう自分に、もう一人の自分が「これでいいのだ」と静かに宥めるような、安堵に満ちた瞑想になりました。

今回のセミナーを経て、「“自分”はない」状態の手応え(?)を感じてから、方向性の定まらないヘンなリキみが徐々に取れつつあり、すんなりと座れることが多くなってきたように思います。

でも、「自己肯定」し、且つ「“自分”はない」状態に、未だ矛盾を感じ、深い理解に至っていません。

ホワイトボードを使った、左右に分岐した図と、ゼロの位置を基線とした図が展開された時は、未だ瞑想では訪れることのない「はー!これだ!!」が降ってきました。

仕事柄、身体や精神の不調や不都合を抱えた方々とお話をします。

「治りたい」と言いつつも、一定期間観察していると「実は治りたくない」という心理が垣間見える人が少なくありません。

精神的に「安心したい」でも「実は安心したくない、不安でいたい」等々。皆さん何かと熱心ですが、なかなか好転しません。当然と言えば当然です。

反対に、「治す(治る)」こと一本、シンプルに選択をし決意した人は、深刻な症状にもかかわらず、こちらの言うことは大して聴かず、かなりアバウトでも、みるみるうちに…というよりも、勝手に好転していきます。

私達はその人の決意表明の場として機能しただけです。

前者においては、意識的なのか無意識なのか、表面的なものなのか根深いものなのか、何がそうさせるのか、安易に判断できないこと多々ありますが、複雑なように見えて、実はとても簡単なことなのかもしれません。

自分に置き換えてみると、整体を始めてから、漠然と「変わりたい」という曖昧さで、どこかで「実は変わりたくない」に縋っていたと思います。「変わる」決意に、二の足を踏んでいました。

今回「左側」の選択と決意の道を得ましたが、まだ頭止まりで、何をどのように実践に移していくかはまだ明確に出来ていません。

(余談ですが、これまでフローチャートは上から下に流れる図を多く見てきたので、昇平先生の下から上に昇っていく図は面白いなあ、と思いました)





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 6

セミナー総合感想文 6

セミナーでは大変お世話になりました。

いつもセミナー終了時は、スッキリしたと同時に、とんでもない世界に足を踏み入れてしまったというような戸惑いと自分の頼りなさを感じます。

そんな中、日常に戻りしばらくすると、もう思考と感情の多数派の世界に引っ張られ、間違っていると分かっているのに一見楽そうなそちら側の世界にいっそのこと戻ってしまいたい欲求に駆られることが少なくなく、その繰り返しを経ながらも、本当に少ぅしずつ左側の世界の範囲を広げていっているような感じです。

今回、昇平先生がホワイトボードを使って改めて明確に左側と右側の世界の構造を説明して下さったことで、またずい分と自分が頭に主導権を与え、虫にも乗っ取られそうになっていた事に気付き、今までになく自分の中で左側の世界の割合が多くなったと感じ、いつもの頼りない感覚もあるにはあるのだけど、もうそれは知ったことではないというような感じがしました。

それから、夜のセミナーの時にJちゃんが、胸の愉気をした感想として、「今までは開いているか閉じているかを確認しながらやっていたのだけれど、本当はもう既に開いていたんだ」というような事をおっしゃり、それが自分にもとてもしっくりきたようで、昇平先生がよくおっしゃる、事実は思い以前にある。ということの理解が少し深まったようにも感じました。

今また日常に戻り、相変わらず色々な思いや感情が湧いては来ますが、それは事実ではないという安心が底にあり、でもまだ本当に微かなので何かの加減で覆われてしまいそうになる事があります。それでも消えることは絶対にないと分かっている安心がまたあるような感じです。

瞑想もそれらを踏まえて、ただひたすらに続けてみようと思います。

これからは徹底して観察し、戻ってしまったように感じても決してあきらめず、左側の世界を広げて行こうと思います。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 5

セミナー総合感想文 5

整体で身体がどんどん変わって行く人、変わらない人との違いは、自分でも課題でした。

まだ自分の中にすっきりと受け入れられない、何かがあるような気もしていました。

昇平先生の、たばこについて図で説明して下さった話は、判り易く、自分で作ったニコチン虫の事、繰り返し邪魔をしている自分の癖に心から納得できました。

自覚のセミナー、整体のセミナーで「一体感」、「幸福な世界」、「安心の世界」に気付き、伝えたい、広めたいと思っても、動けなくなる自分がいました。

それも自分が作った癖や、甘えだと気が付きました。

整体の基本に沿い、毎回新しい気持ちで取り組み、実感としての感覚を積み重ねて行くこと。

今までの癖に惑わされずに、すっきりと手を当て、人と繋がり、実感として積み重ねて行くと決めました。

整体の事も、平和の事も心をオープンにして話さないと、伝えられないし、相手を動かすことも出来ないと分りました。

まずは心を開いて、相手の身になって考える、言い訳をしない日常を心がけます。

今回のセミナーは特に、しっかりと自分の方針を決める良い機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。







←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 4

セミナー総合感想文 4

セミナーありがとうございました。

セミナー以来電車に乗っているとき、色んな景色が見えているとき、いつも自分の中は何もなくて静かです。

同時に私の考えや身に起こっていることは、川の瞑想の時の川の音のように浮かんでは消えていくものに感じています。

世界中で起きている問題を解決するにあたって、昇平先生の瞑想と奈央先生の整体によって自分の存在に気づき、この活動に沿って生きる人が増えていくことが一番と思います。

私はここ何年かセミナーや畑の会に行くために働いて、できるだけ手伝って、と教えていただいたことを生活の中の狭い範囲でやっていました。

お金がないから生活が大変だからなど問題を解決しないまま禁煙の世界でやっていたと思います。

先生たちのされている平和創造活動を積極的に一緒にやりたい、私のすべてをかけてやりたいと思いました。

といっても私は当たり前の常識が無く、今はいろんなことができないので学んでいっている途中です。

これからは畑の会で一つ一つできるようにしていくこと、セミナーがうまくまわるように係りを一緒にできるようにすること、テープ起こしをすること、頼まれやすい人になること、をしていきます。

瞑想で気づいた何もない限界の無い自分の存在で、この活動をよりよくできるように、具体的なことでは仕事をもう少し工夫して必要な時間とお金をつくろうと思います。

今のところ歌を教えて生活していて、教えることが歌の勉強にもつながっています。

私が歌や学校の仕事の中で一緒に過ごす人たちが、昇平先生や奈央先生に出会えるよう、本や活動について伝えていきます。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 3

セミナー総合感想文 3

セミナーではわかりやすいお話と瞑想の指導をしていただき、ありがとうございました。

今回のセミナーに参加し、これからの生き方が確実に変わったと思います。

先生の話を聞いて、左右の道があることが理解でき、自分がどちらを行くのか、決意することができました。

スモーカーの道ではなく、図の左のほうで生きます。

くせで戻りそうになることはあっても、気づくことができ、戻っていけると思います。

仕事が依存になってしまったりするのですが、それも気づきました。

自分がぐずって、甘えていたこともわかりました。

自分の体のことでいろいろあっても、ぐずぐずするのはやめました。自然を、治る力を信頼し、整えていくだけです。

また、今回の瞑想ではすべてが無限で何もないこと、一つであることが体感できたと思います。

世界の中で、寂しくないし、開いて、幸せです。

自分がなく、それでいてどこまでも広がっていると感じます。その実感は今も続いています。

これが本当の世界なんですね。常にここに戻るよう、流されないよう、日々瞑想を続けていきます。

左右の道の話で、平和についても同じであることは理解できました。

日本が、世界がそちらの道を進むために動いていくことをこれから始めていきたいと思います。

セミナーのみなさんと力を合わせ、世界を変える力になりたいと思います。ただ、そのためにどうしていくのかについては、正直言ってわかっていないです。

献本、伝えること、セミナーを広めることは行なっていきますが、それで良いのでしょうか。

今は自分の理解を深めるために、先生の本を読み返しています。

今まで学んだことがつながり、理解できたことは大変うれしいですし、有り難いです。

ぐずったり、ねじれたり、わかろうとしない自分に、ここまで伝えてくださったことにとても感謝しています。

もっと、もっと理解を深め、役に立てる自分になって行きたいと思います。

ありがとうございます。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 2

セミナー総合感想文 2

セミナーではありがとうございました。   

今回のセミナーは奈央先生から「平和運動も整体も何故広まっていかないのか、それは土 壌が育っていないから」という昇平先生のお話しをお伝え頂きスタートしました。   

その後 深い瞑想と愉気を体験し二日目のセミナーでは禁煙を例に取り、その構造をわか り易くお話しいただきました。

家に帰ってから書き写した表を見直してみると「選択」 「決断」という言葉が表にいくつかありました。

私は平和創造運動という生き方を選択し決断しました。   

以前の私は平和のために自分には何ができるのだろうと抽象的に捕らえていましたが、昇 平先生、奈央先生、恵理佳先生から瞑想、整体をご指導頂く中でこのような生き方を通し て、一人ひとり、そして子どもたちが健康で元気にイキイキと生きることが、平和な社会 を築くことに気がつきました。

とは言え、まだまだ「平和創造運動」を理解しているとは 言えないと思います。   

昇平先生のブログや「国の理想と憲法」を繰り返し学びつつ、自らの知的な学びも進めて ゆきたいと思っています。   

今回のセミナーでは長くより深まった瞑想を体験させて頂く中で「静かで心から安心した 感覚」「何もなく無限に広がる空間」をさらに確認することができました。

そして、この 無限に広がる感覚が自分の中で「平和創造運動」に繋がっているんだなと思いました。   

健康で元気な人たちが世界の諸問題の解決のためにイキイキと協力しあう社会、そんな日 本の土壌が育つことを楽しみに日々の瞑想と整体を深めてゆきたいと思います。

そして、 周りの人たちに影響を与えられるような自分になっていきたいです。              





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合感想文 1

セミナー総合感想文 1


この度のセミナーでは大変お世話になりました。


自分のしつこい思い癖のパターンにハマる構造が良くわかりました。


平和の問題も自分の問題も全て構造は一緒でした。


今までも教えていただいていたにも関わらず言い訳をしている自分がありました。


今朝の新聞の投書欄に

「理想を目標にし国のかじ取りを」というタイトルで38歳の会社員が投函していました。


今の社会の動きに対して疑問を持ったり理想を掲げたらどうか?


と考えている方が他にもたくさんいると思います。


これから皆さんとともに工夫しながら伝えていくことが出来ます。


Kさん、Sさんとも連絡を取りながら整体のチラシや本を置いて頂く工夫、「国の理想」を広めてゆく工夫と行動をしてまいります。


畑の会のミーティングも出来ました。

まだまだつながらない部分がありますが、作業とともに勉強し畑のことやこの活動についても広めて行ける立場にあることを喜んで行ってゆくことが出来ます。

学ぶこともこれから益々楽しくなります。


今まで有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。



              


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

セミナー総合の感想文掲載について

セミナー総合の感想文掲載について

次回から、最近開いたセミナーの総合コース(別称:心と体と平和のセミナー )の受講者の感想文を掲載していきます。

このセミナーを受講してない方々には、何のことを言っているのかわからないという箇所がいくつも出てくるかもしれません。

それでも、読まれる方々のなかにはご自身の成長に繋がる何らかのヒントやきっかけを得る方もいらっしゃるかもしれないと思い、あえて掲載するしだいです。

なお感想文はすべて匿名にさせていただきます。

それから、それぞれのオリジナルの文章のなかで、一般公開するのに差しさわりがありそうなところは、適当に削除したり、編集したところがあることをあらかじめお断りしておきます。






平和創造活動のススメ

平和創造活動のススメ

現在、日本の社会は集団的自衛権行使容認と安保法案の制定の是非を巡って大揺れに揺れています。

けれども、本当は、それを考える前提として、まず、考えなければならない重要なテーマがあると僕は思っています。

それは、「私たち日本人は将来どんな国を目指すべきか」ということです。

これまで多くの心ある人々によって、長年に渡って、熱心に反戦運動や平和運動が続けられてきました。

そのお蔭で、日本は太平洋戦争が終わって70年の間本格的に戦争に巻き込まれることはありませんでした。

けれども、残念ながら、日本の周辺を含めて、この世界において、戦争の起こりうる土壌そのものがなくなる気配は一向にありません。

今日の国の内外の状況を観察するとき、このままでは、日本が将来的にかなりの規模の戦争に巻き込まれる、あるいは、場合によっては、自ら積極的に参加する恐れすら出てきました。

そういう現在の社会状況の中で、私たちはあらためて恒久平和への道を真剣に探っていかなければならないと思うのです。

そこで提案したいのが「平和創造活動」のススメです。

「平和創造活動」という言葉を最初に言い出されたのは僕の恩師である和田重正先生です。

この「平和創造活動」は、ただ、戦争に反対しようという「反戦運動」でも、平和を守ろうという「平和運動」でもありません。

また、武力を背景に、どこかの国が攻めてくるのを抑えようという「武力による抑止」でも、駆け引きや同盟関係を結んだりすることによって戦争が起こらないようにする「外交努力による平和維持」でも、実際に武力を行使して戦う「戦争」でもありません。

それらはすべて「戦争が生じてくる土壌」をそのままにした中で展開される行動や状態です。

反戦運動や平和運動にしても、戦争が生じてくる土壌をそのままにして、どんなに大きな声で「戦争はよくない」「平和を守ろう」と言っても、根本的に「戦争が生じてくる土壌」そのものが変わるわけではありません。

ですから、いずれ必ず一時的な平和は崩れ、戦争が起きるでしょう。それでは決して恒久の平和を実現することはできません。

それは、武力による抑止や外交努力による平和維持についても同じです。

私たちの「平和創造運動」というのは、「戦争が生じてこない土壌」そのものを国の内外、そして、世界中にしっかりと創っていきましょう、ということです。

その「平和創造活動」の一つとして、私たちは「国に理想を掲げよう」という提案をしているのです。

より具体的には、「世界に恒久平和への道筋をつけるために、まず日本が諸外国に先駆けて率先して、平和的な手段で、世界の環境その他の深刻な諸問題の解決のために、国力を挙げて貢献する『国際環境平和国家を目指す』という理想を掲げよう」ということです。

私たちは、日本を含めて、この世界に本当の平和を実現するには、「戦争の生じてこない土壌」を創る以外にはないことに気が付かなければならないと思います。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ