プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

地球探訪レポート

地球探訪レポート

以下は銀河系の高度に発展した文明を持つX星から地球探訪に派遣された宇宙人Yの『地球探訪レポート』の一部です。


38億年前にこの地球上に最初の生物が誕生して以来、生物は数多くの困難を乗り越え進化を続け、今日地球上には実に様々な生物が生息しています。

彼らは地球環境に見事に適応し、互いに調和して生きています。ただ、一種類の生物を除いて・・・。

それは現生人類です。

人類は発達した大脳を駆使して、社会組織や科学技術、産業、経済、さらには、芸術その他の文化など、他の動物に比べて実に高度な文明を発展させてきました。

けれども彼らの生態をつぶさに観察をすると、理解に苦しむような事実が次々と判明してきたのです。

1 この地球上ではあらゆる場所で、人と人、グループとグループ、国と国の間で争いが絶えないこと。

2 地球上で多くの人々が食物が足りずに苦しんでいるのに、一方では、食べ過ぎによる病気で多くの人が苦しんでいること。

3 人類すべてを何回も繰り返して虐殺できるほどの原水爆とミサイルを大量に擁して、大国が何十年もの間にらみ合っていること。

4 自分たちで安全に処理できる目途がまったく立たない超危険な放射性物質を大量に使って発電をしていること。

5 自分たちが吸っている空気や、自分たちが飲んでいる水や、自分たちの食べている食物や、自分たちの住んでいる大地や山々や森や草原、海や川や池や湖を有毒な物質で汚染していること。

などなど。

大自然の法則は大自然の中ですべての存在が調和して生きていけるように働いているのですが、人類以外の動物は大自然の法則に見事に沿って他のものたちと調和しながら生きています。

人類は高度な文明を築いてきたのですから、当然、みんな幸福に生きているのだろうと思ってよく観察してみると、なんと!この地球上で幸福そうに生きている人はごくわずかで、実態は不幸な人が犇(ひし)めいているのです。

信じられません! 人類は超馬鹿だ!としか思えません。

そのくせ、人類は「自分たちは他の動物よりははるかに進化した上等の生き物だ」というような驕り高ぶった気持ちを持っています。

だから、他の植物や動物の棲息環境を破壊しても何とも思わないのです。

しかも、それが、人類自らの首を絞めていることにも気づいていません。

人類の抱えている問題点の根本原因は、他の動物に比べ大脳が発達したために、それを過信して、大自然の法則を無視してもやっていけると思っているところにあります。

このままでは人類たちはそう遠くない未来に滅びてしまうでしょう。

なぜなら、それが大自然の法則だからです。

大自然の法則は、大自然に害をなすものを自動的に排除するように働くのですから・・・。

しかしながら、万一人類が助かる可能性が少しでもあるとすれば、それは人類が破滅に至る前に、どれだけ多くの人々が人類の危機を切実に感じると同時に、大自然の法則、すなわち、不可分一体の存在の真実に目覚め、人類の危機を回避するために本気で行動するかの一点にかかっていると言えるでしょう。(終わり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

存在の真実を禅的に表現すると

存在の真実を禅的に表現すると

これまで真実の世界についていろいろな角度から書いてきましたが、今回は禅では存在の真実についてどのように表現しているかを書いてみようと思います。

禅の世界について書かれた昔の中国の本のなかに出てくるいろいろな表現はじつに難解ですが、それは決して存在の真実を表現する言葉が難解でなければならないということではありません。

昔の禅の本に書かれた存在の真実を表現した言葉を、僕が尊敬している禅の老師の言葉をお借りして、現代の私たちの理解できる言葉で表わすと、以下のようになります。

宇宙はただ一箇の存在である。

そのただ一箇の存在こそ真の自己である。

全宇宙一箇の自己である。

この現象界のすべての存在、たとえば、机、それで全宇宙。ペン、それで全宇宙。目の前の本、それで全宇宙、全存在である。

また、存在だけでなく、精神や心のハタラキ、たとえば、うれしい、それで全宇宙。悲しい、それで全宇宙、全存在である。

一人一人の衆生が全宇宙を尽くしている。

一つ一つの存在が全宇宙を尽くしている。

一つ一つの心のハタラキが全宇宙を尽くしている。

一つ一つの存在が全存在を含んでいる。


ところで、お釈迦さまは菩提樹の木の下で瞑想しているときに大悟されたと言われます。

その時に発せられた言葉は以下のとおりであったと言われています。

天上天下唯我独尊。

奇なるかな。奇なるかな。一切衆生悉く智慧と徳相を具有す。
ただ、妄想・執着あるを以ってのゆえに証得せず。


「天上天下唯我独尊」と言っても、「自分だけが偉くて、他のものはみんな馬鹿だ」という意味ではありません。

その意味は「全宇宙ただ一個の自己である」ということです。

「一切衆生悉く智慧と徳相を具有す」も結局は同じことを意味しています。

つまり、「一切の衆生一人一人が、一切の存在の一つ一つが全存在を含んでいるほど智慧と徳相を備えている」ということです。

「ただ、妄想・執着あるを以ってのゆえに証得せず」というのは、「二元相対的思考によりいろいろな妄想を抱き、物や人に執着するために、一元絶対の存在の真実を理解できないのだ」という意味です。

どうでしょうか? これまで僕が存在の真実についていろいろ書いてきたこととまったく同じであることがおわかりになると思います。

僕は決して僕の考えを権威づけるために、禅や仏教を持ち出してきたわけではありません。

なぜなら、僕がいろいろと書いていることは、僕自身の決して疑うことのできない体験に基づいているからです。

けれども、なかには、禅や仏教の考えとどのような関係にあるのか?同じなのか?違うのか?共通点があるとすればどんなところか?などと興味がある方もいらっしゃるかもしれないと思って書いてみたのです。

でも、もっとも大切なことは、これを読んでいるお一人お一人が、何事も決して盲信することなく、自ら体験的理解を明らかにし、深めていくことなのです。






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

じっと手を見る

じっと手を見る

石川啄木の詩の一つにこの言葉がありますが、これから書こうとすることは啄木とは何の関係もありません。

個人的にも社会的にも苦しみと混乱から私たちが抜け出せない根本原因はこの世界のすべての存在はたがいに分離しているという間違った観念、バラバラ観をほとんどの人が真実だと思い込んでいるところにあります。

ですから、バラバラ観は間違いであり、不可分一体こそが存在の真実だとわかることは私たちにとってもっとも重要なことなのです。

それで、僕は普段からしょっちゅう「不可分一体という存在の真実を誰にでも納得できるように説明するにはどうしたらよいか?」ということを考えています。

その一つが「手をじっと見る」ということです。

手には5本の指があり、それぞれ名前が付いています。

それぞれの指はそれぞれ姿形が少しずつ異なっています。その働き方も微妙に違います。

では、それぞれの指は異なるものか?と言えば、なるほど、姿形、働きの違いだけを考えると「異なっている」ということになりますが、指の根元を見ると全部繋がっています。どこにも境目がありません。

それぞれの指は単独で動かすこともできないことはないのですが、もともと一緒に動くことによって一つの働きをするようにできています。

それは1本だけ動かそうとしても、他の指の筋肉が連動して微妙に動いていることからもわかります。

そう思って、手全体を見ると、指は手のひらや甲とも境目なく繋がっています。

指だけ動かそうとしても手全体の筋肉と骨も連動して動いていることがわかります。

手はもともと私たちの先祖が魚であった時代の一つのひれから進化してきて現在の私たちの手の形になったのです。

ですから、もともと5本の指も、手のひらも、手の甲も、筋肉や骨も、全部一つのもの、一つの手として不可分一体なのです。

そして、その手も腕や肩、筋肉や骨、血管などを通じて体のすべてに繋がり、そのすべてが不可分一体の一つの存在として働いています。

その人体ももともとこの地球の大自然の中から生まれたもので、人体とその大自然の関係も指と手全体の関係、あるいは、手と体全体の関係と全く同じで、不可分一体のぶっ続きの関係にあります。

その地球も太陽系全体と不可分一体でぶっ続きであり、その太陽系も銀河系星雲全体と不可分一体でぶっ続きであり、その銀河系星雲も大宇宙全体と不可分一体でぶっ続きなのです。

別の表現をすれば、事実としては、1本の指が手全体を支え、一つの手が体全体を支え、一つの体が大自然全体、地球全体を支え、地球が太陽系全体を支え、太陽系が銀河系星雲全体を支え、銀河系星雲が大宇宙全体を支えているのです。

ということは、この人差し指が大宇宙全体を支え、大宇宙全体がこの人差し指を支えているということです。

言い方を変えれば、事実上、この人差し指は小さな指のように見えながら、大宇宙そのものなのです。

同様に、あなたという人間は小さな存在であるように見えながら、事実は、大宇宙そのものなのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム