プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

さわやかな風を

さわやかな風を

今回はつい2,3日前に『毎日新聞』に掲載された『余録』をご紹介します。

ここに登場する両角憲二(もろずみ・けんじ)さんは僕の妻である野村奈央の弟です。


余禄

 スポーツが好きな子どもたちを持つ保護者に読んでほしい文書がある。

東京都町田市にある私立和光(わこう)中学男子バスケットボール部顧問だった両角憲二(もろずみ・けんじ)さんが書いた「和光の丘より さわやかな風を」だ

▲バスケット経験を持つ両角さんは1990年に赴任して驚いた。ジャンプシュートを打てる生徒がひとりもいなかった。さらに驚いたのが週3日という練習日数の少なさと、午後5時20分には終了という練習時間の短さだった

▲負けて当たり前という言い訳が試合前から用意されていた。相手コートにさえなかなかボールを運べないという状況から13年後の2003年12月21日、東京都新人大会で約650校の頂点に立つのだが、そのサクセスストーリーを紹介したいのではない

▲優勝を決めたその日、応援の保護者ら向けに両角さんが配布したのが「和光の丘より」だ。

(1)相手の不注意によるミスには拍手しない

(2)相手のフリースローの失敗に対しては拍手しない

(3)相手のファウルに対して拍手や「ナイスファウル」などの声をかけない

(4)審判のジャッジに対する不満の声はかけない

▲ゲームは相手がいて初めて成立する。だから対戦相手は「敵」でなく、ナイスゲームを共に作る「パートナー」なのだ。どんなに強くても、相手のミスや反則を喜んでいては敬意や称賛は得られない。審判が気持ちよく笛を吹けてこそナイスゲームは生まれるのだ

▲両角さんは現在、和光中学・高校の校長の職にあり、現場の指導からは離れている。だが、フェアプレーの精神が凝縮(ぎょうしゅく)された文書は10年後の今も色あせず、いや今だからこそ光を放っている。

(2013.5.5)
(平成25年5月5日毎日新聞朝刊より転載)




さわやかな風

さわやかな人

気持ちいいですねえ!

僕もそんな人でありたい!


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< もしあの時 | ホーム | 自覚した存在 >>


コメント

本当にさわやかですね!

よし、私もスッキリさわやかに生きよう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム