プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自覚の大切さ

自覚の大切さ 
                 
私たちにとって“自覚”ほど大切なものはありません。

生きている当の自分が何者であるのか? 自分の生きるこの世界が何であるのか?を本当には知らずに生きることは、この世界のなかでただ自分の思いや気分で浮き草のように生きているにすぎません。

誰でも自分はかけがえのない存在だということは本能的に感じています。

それだけに、本当に自分を知らず、本当の世界を知らず、本当の生き方をしないことほど愚かなでもったいないことはありません。

ましてや、人類社会がこのように急速に行き詰まりに向かっている現代、私たちはあらためて本当の自分、本当の世界を、アタマを超えて体験的に理解することが何よりも重要であると思います。

では、本当の自分、本当の世界、つまり、存在の真実とはどういうことでしょうか?

それは、すべての存在は“不可分一体”であるということです。

別の表現をすれば、すべての存在はそれぞれ姿や形が異なっていても、みんな同じひとつの“いのち”であるということです。

諸々の人間の苦しみ、社会の混乱の根本原因は、それぞれの存在はバラバラであると錯覚しているところにあります。

では、その錯覚はどのようにして生じるのでしょうか?

私たちは通常、物事をアタマによって認識・判断・思考します。しかし、アタマによる“思い”は本質的に相対的なものであり、自と他を別け、物事をバラバラの存在と誤って認識します。

 したがって、思いによって認識した事実は、結局のところ、自分の都合で解釈した“事実まがい”でしかなく、“ありのままの事実”ではありません。

また、思いによって認識する“自分”は、しょせん“他とのカネアイ”で自分で勝手に規定している自分でしかなく、真実の自己そのものではありません。

つまり、究極的には、思いによっては、真実の自己、不可分一体という存在の絶対的真実は捉えることができないのです。

ということは、僕の提唱する“瞑想の自然法”のような正しい瞑想によってアタマの思いを鎮める機会をできるだけ多く持つことが重要だということになります。

それは、自然体で事実をありのままに見れるようにするためです。というのは、私たちは普段事実をありのままに見ているつもりで、実は、見てないことがとても多いからです。

また、存在の真実に目覚めた方々の体験記など読むと、アタマではどうにもならない、のっぴきならない問題にぶつかり、もがきにもがいて、とことん行き詰った絶体絶命の状態において、突然アタマ(思い)を超えた意識が働き、不可分一体の存在の絶対的真実が直接的に捉えられるようです。

僕の主宰する「自覚のセミナー」もこのような原理に基づいており、多くの受講者が、深浅の差はあるにしても、存在の真実にはっきりと目覚められています。

次回のブログよりしばらく、これまで自覚のセミナーを受講された方々の感想文を順次ご紹介します。


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< 自覚のセミナー感想文 YSさん | ホーム | もしあの時 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム