プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自覚のセミナー感想文 JYさん

自覚のセミナー感想文 (JYさん)
                          
 はじめに、昇平先生、奈央先生、恵理佳先生、かかわってくださった全ての方々、共に参加した皆さんに心から感謝を申し上げます。

 始まるまでは、期待と不安で胸がいっぱいでした。昇平先生が自覚のセミナーは一生に一度だとおっしゃっていたので、これは本当に真剣に取り組まなくてはならないと身の引き締まる思いがしました。

 セミナーで一つひとつの課題に取り組んでいくうち、今までは当たり前のように感じていたことが自分の思い込みであったり、自分と他人とをいつも比較して、その違いから自分はだめなんだと感じていたことも全て思い込みであったと気づくことができました。

 初めは従来のものの考え方、捉え方をしてしまい、見当違いのことをずっとぐるぐる考えていましたが、真実の姿はどうかと気づいた時に、心の中で、あっ、と叫んでいました。

 この世界は本来ある意味とても単純にできているのに、人間だけが思いにとらわれ複雑なものにしてしまっているのだと気づきました。自分と相手との間にも境界はないのだとわかった時、とてもほっとしました。
「あなたがいなかったら私はここにはいない」ということのすばらしさ、しかし今までそのことを気づかずに生きてきたということがわかり、もっと早く気づいていればと感じました。

 とはいえ、今この時点で自覚のセミナーに参加することは、過去のどのひとつが欠けていても実現しなかったと思います。これまでの生き方あっての今の自分です。

 セミナーから帰って、変化がありました。実家暮らしをいいことに家事にはあまり積極的ではなかったのですが、自ら進んで今できることをやらないと気持ちが悪いと思うようになりました。

 それから、職場で考え方や捉え方が合わないと思っていた人に対して、ついイライラしてしまうことがよくあったのですが、自分も相手も同じひとつのいのちを生きているんだと思い出した時、いやな気持ちがすっと消えてなくなりました。なんだか親近感が沸いてきました。

 多くの日本人は、自分を含めてですが、この当たり前の生活が世界の誰かの犠牲の上で成り立っているということを知らずに生きていると思います。

 人間同士に限らず、あらゆる全てのものが同じいのちなのだから、苦しむ誰かに気づいたら、自分のできることは何かと考え、行動を起こさなければなりません。それは義務ではなく、自然と湧き上がるようなものだと思います。

 日々の生活の中で時間が足りないと感じますが、本来、時間はあるもので、要は何に使うかだと思います。ただ、この肉体としての時間は限られているので、「今、ここ」を懸命に生きることが人間に与えられた使命なのではないでしょうか。

 ひとりの人間としては、これからどう生きていくか、知らなければならないこと、学ぶべきことがまだたくさんあります。まあ、しなければならないことなど何も無いのでしょうが、情熱を持って、今この瞬間を生きたいと思っています。


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< 自覚のセミナー感想文 (KMさん) | ホーム | 自覚のセミナー感想文 YSさん >>


コメント

輝く軌跡

YSさんに続き、JYさんの感想も感動しました。

「人間同士に限らず、あらゆる全てのものが同じいのちなのだから、苦しむ誰かに気づいたら、自分のできることは何かと考え、行動を起こさなければなりません。それは義務ではなく、自然と湧き上がるようなものだと思います。」

自然と湧き上がるようなもの…
わずか5日間で本当にここまで気づき、辿り着くことは素晴らしいです。
そしてお二人とも、どこまでも「率直」であるということ。
その軌跡、経過がとても貴重で、私を含むひとつのいのちにとても役に立ち、貢献することになるのですね。
ありがとうございます。







コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム