プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

バラバラ観文明の行く末  その1

バラバラ観文明の行く末  その1

私たち人間は五感を通して得た情報を大脳で認識し、それに基づいて思考します。

ところが、大脳は物事を相対的にしか認識・思考することができないために、ほとんどの人が「バラバラ観」を持っています。

ここで、バラバラ観というのは「それぞれの存在は本質的に別々のものであり、究極的には利害が対立する存在である」という見方のことです。

私たち人類の文明はこのバラバラ観によって今日まで“発展”してきたと言えましょう。

ここで、とりあえず、世間の常識的な言葉の使い方にそって“発展”という言葉を使いましたが、果たしてそれが本当に「よりよい方向への変化」であったと言えるでしょうか?

私たちは、普通、「人類の文明は発展してきた」という表現によって、いつのまにか「そうなのだ」と無条件に思い込んでしまっているのではないでしょうか?

たしかに、科学技術の発展、医学の発展、産業・経済活動の拡大、近年では宇宙開発の進展などなど、そのようにも思えるような事実はたくさんあるかもしれません。

でも、その一方、絶え間ない紛争と戦争、核兵器に象徴される軍備拡張、超危険な原発、大規模な飢餓・食料問題、蔓延する疾病、地球規模の環境破壊、荒廃する教育問題などなど、どう考えても、人類社会は破滅に向かっているとしか思えないような深刻な問題が山積みです。

そして、このような事実を直視したときに、科学技術の発展、医学の発展、産業・経済活動の拡大などこそ、このような深刻な諸問題を生み出している主な要因となっていることがはっきりと見えてきます。

たしかに、たとえば、このような中で、私たちの生活は、ある意味では、随分と便利・快適になりました。

昔はお百姓さんは畑や田んぼの雑草や害虫の被害などに大変苦労しましたが、今では除草剤や農薬を使うことにより時間的にも体力的にも楽になりました。

ところが、除草剤や農薬のために体の具合が悪くなるお百姓さんがとても多いのです。

また、除草剤や農薬を使った農産物を食べなければならない一般の消費者の健康も大きく損ねられているのはご承知のとおりです。

さらに、現代では電車やバスでの通勤、自動車の使用など楽になったのはいいのですが、そのために、昔の人たちに比べて現代人は足腰が弱くなっています。

それで、運動不足を解消するために、町のジムやフィットネスクラブに通ったり、ジョギングをする方もかなりいるようです。

何か変だと思いませんか?

また、よく「医学の進歩は目覚しい」と言われますが、本当にそう思いますか?

よくよく事実を検べると、“医学の進歩“によって、むしろ、私たちの体そのものは弱くなっていることがはっきりと見えてくるのではないでしょうか?

これまで、ほとんどの方が人類の文明は発展・進歩しているとばかり思い込んでいたかもしれませんが、真実は、ますます大きなスケールで破局に向かっているのではないでしょうか。

(つづく)


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< バラバラ観文明の行く末  その2 | ホーム | 教えない教育  その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム