プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ほどほどの幸せ

ほどほどの幸せ

「幸せ(あるいは幸福)」という意味は、それをどのように定義するかによって変わってきます。

通常、「幸せ」という言葉は、どちらかと言えば、「幸福感」という意味で使われることが多いようです。

ここで「幸福感」という意味は、周りの状況が”個“としての自分の意を満たしていると感じるときに、沸いてくる「こころが満ちている」というような感覚です。

ですから、幸福感は状況しだいで、大きくなったり、小さくなったり、あるいは、なくなってしまいます。

そういう意味で、幸福感というものは、実際には、泡のつぶのように、常に不安定で、たとえ、今それを感じているとしても、一時的なものでしかありません。

にもかかわらず、私たちのほとんどが、意識的、あるいは無意識のうちに、日々幸福感を求めることこそ人生の目的、あるいは、意義であると感じながら生きているのではないでしょうか?

けれども、どんなに必死に努力して幸福感を求めても、それはもともといずれは崩れるはかない夢を追いかけているわけで、それこそはかない夢のような人生になってしまいます。

そういう意味で、結論的に言えば、「ほどほどの幸せ」などありえないのです。

それでも、日々、せめて「ほどほどの幸せ」を求めて生きて行こうと思うのは、それ以外に幸福に生きる道がないと思っているからだと思うのです。

それは、まず、出発点において、幸福感と「本当の幸福」の区別ができていないことから生じる錯覚なのです。

では、「本当の幸福」とは何でしょうか?

まず、それは状況によって変わるものではありません。

では、「状況によって変わらない」とはどういうことでしょうか?

それは、「もともとそうである」ということです。

言葉を変えれば、この世界は、もともとずっと、“本当に幸福な世界”そのものであるということです。

つまり、この世界=本当の幸福 ということなのです。

これは「本来はそうであるはずだ」ということではありません。

「この世界がそのままで本当の幸福世界である」ということなのです。

この世界の別名が「本当の幸福」と言い換えてもよいでしょう。

観念の話をしているのではありません。「事実がそのままそうだ」と言っているのです。

ここまで読んでこられた方の多くが、「ちょっと待ってくれ。この世界には多くの争いや対立、混乱や苦しみがある。そもそも、そう言って何とかしなければならないと言っているのはお前さん自身じゃないか。それなのに、この世界がそっくりそのままで本当の幸福世界であるとどうして言えるのだ?」と思われることでしょう。

アタマの理屈で行くとこの疑問は当然でしょう。

けれども、事実の世界ではまったく矛盾したものではありません。

みなさんには、これを一つの公案(テーマ)として、観念でできた桶の底が割れて、完全に抜け落ちるまで、徹底的に瞑想を深めていただければ、大変嬉しく思います。

(アタマで何とか理屈のツジツマを合せようとしてもダメですよ)


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< 宇宙は一つの生命体 | ホーム | バラバラ観文明の行く末  その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム