プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

マイナス感情

マイナス感情 

マイナス感情には怒り、悲しみ、憎しみ、恐れ、心配、不安、ストレス、イライラなど、いろいろとあります。

でも、そのすべてが私たちにとってマズイものというわけではありません。

たとえば、私たちは何か危険を察知したときに本能的に恐怖を感じます。

けれども、恐怖感は「気をつけろ!」という警告シグナルであり、私たちにが生命を維持していくためになくてはならない大事な本能なのです。

心配、不安、ストレス、イライラなども、同じように、「このままではマズイことになるよ」という警告シグナルなのです。

ただ、もちろん、実際には大した危険、あるいは、問題があるわけではないのに、アタマでそれを誇大に感じすぎて、これらのマイナス感情を抱くことは、逆に、私たちを苦しめることになります。

でも、それはアタマで誇張して感じすぎることが問題なのであって、これらの警告シグナル自体がマズイわけではありません。

ところが、怒り、悲しみ、憎しみなどは、上記のマイナス感情とは大いに異なっているようです。

その代表として、怒りについて考えてみましょう。

僕は、ときどき、何かで腹が立ったと言う人に、次のように質問することがあります。

「なぜ腹が立ったのですか?」

この問いに対して、いろいろな答を返してくれます。

でも、そのほとんどすべてが僕の質問にたいして直接答えてはいないのです。

一言で言えば、それらはみんな“言い訳”にすぎません。

そこで、僕は思わず、再び「そうであるとして、なぜ腹が立ったのですか?」と尋ねずにはいられません。

でも、それに対して返ってくる答えも“言い訳”です。

そこで再び「なぜ?」と尋ねるわけですが、どこまで行っても“言い訳”しか返ってきません。

でも、ご本人はどこまでも自分の答えを“正当な理由”だと思い込んでいるのです。

さて、あなたは僕の問いにどう答えますか?

もし、あなたが「ーーーーだから(当然のこととして)腹が立ったのだ」と答えるならば、ーーーーが何であっても、それは“言い訳”でしかありません。それがわかりますか?

そのことにはっきり気がつけば、その瞬間、あなたは、一生、どんなことがあっても、腹の立たない人になるでしょう。

似たような例ですが、スモーカーに「あなたはなぜタバコを吸うのですか?」と尋ねると、次のような答えが返ってきます。

タバコを吸うと、ストレスが解消する、集中力が増す。
吸わないと、イライラする、間がもたない、太る。
タバコは楽しい、こころの支えだ、など。

でも、これらはみんなスモーカーの思い込みであり、“言い訳”でしかありません。

なぜなら、もともとタバコを吸わないノンスモーカーは、タバコを吸ってもストレスが解消するとも、集中力が増すとも思わず、また、吸わないと、イライラする、間が持たない、タバコは楽しい、こころの支えだなどとも思わないからです。

このように、スモーカーの言う“タバコを吸う正当な理由”が結局は言い訳にすぎないことはノンスモーカーがはっきりと証明しています。


「それで、なぜ腹が立ったのですか?」



←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< メタ認知が大切 その1 | ホーム | ただ呼吸する >>


コメント

わかったつもりにならず、
できているつもりにならず、
改めて深く検べてみます。

いつもありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム