プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

身心脱落 2

身心脱落  2

仏道をならうというは、自己をならうなり。
自己をならうというは、自己をわするるなり。
自己をわするるというは、万法に証せらるるなり。
万法に証せらるるというは、自己の身心、および佗己の身心をして脱落せしむるなり。

この生死はすなわち仏の御いのちなり。
「中略」

厭うことなく、したうことなき、このときはじめて仏のこころに入る。

ただし、こころをもて計ることなかれ、ことばをもて言うことなかれ、ただ、わが身をも心をもはなちわすれて、仏のいえになげいれて、仏のかたより行われて、これにしたがいもてゆくとき、ちからをもいれず、こころをもついやさずして、生死をはなれ、仏となる。たれの人か、こころにとどこおるべき。

(以上、読みやすいように、一部漢字に変換し、現代仮名遣いに換えました。)

これらはいずれも道元禅師の『正法眼蔵』という書のなかにある言葉です。

僕は、これこそ真実の生きる道の真髄ではないかと思っています。

自覚のセミナーを受講したり、これまでこのブログを読んできていただいたみなさんにも、少なくともその大意は理解していただけるのではないかと思います。

さて、野口整体の活元運動は人間にもともと備わっている本能的健康維持機能をより活発にする自然自発的に発動する運動で、野口整体ではとても重要なものとされています。

僕は活元運動の原理と対比すると、この道元禅師の言葉をさらにより深く実感的に理解できるように思います。

まず、「自己をならう」は「本当の自分に戻る」、
「自己を忘れる」は「自分という思いを手放す」、

「万法に証せられる」は「すべての存在が自分である」、

「自己の身心、および佗己の身心をして脱落させる」は「自も他もないという本来の事実の人に戻る」、

途中を省略して、「わが身をも心をもはなちわすれて、仏のいえになげいれて」は「アタマの思いを“自分“という思いも含めてすべて手放して、自分を生かしている“いのち“のハタラキにそっくり任せて」、

「仏のかたより行われて、これにしたがいもてゆくとき」は「そうして、“いのち“のハタラキにすべて任せきるとき」、

「ちからをもいれず、こころをもついやさずして、生死をはなれ、仏となる」は「そうすると、自分で何とかしなければと余計な力を入れたり、思い煩うこともなく、すべてがうまく行き、生死を超えた本来の自分そのものになることができる」と解釈します。

以上をまとめると次のようになります。

真実の生きる道は本当の自分に戻ることであり、自分という思いを手放し、自も他もないという本来の事実の人に戻ることである。

こうして、アタマの思いを“自分“という思いも含めてすべて手放して、自分を生かしている“いのち“のハタラキにそっくり任せれば、自分で何とかしなければと余計な力を入れたり、思い煩うこともなく、すべてがうまく行き、生死を超えた本来の自己そのものになることができるのである。


活元運動は瞑想の自然法とともに最高の瞑想法です。




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ



<< 食生活と健康について | ホーム | 何も求めず >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム