プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

赤十字国家を国是に

赤十字国家を国是に

僕は22歳の時に小田原「はじめ塾」の和田重正先生にお会いして、その人格はもちろん、その人生観と世界観に強く惹かれました。

中でも、先生が御著書おいて提案された「現行日本国憲法の前文と9条の精神を生かして、日本が平和的な手段により、世界の貧困、飢餓、環境問題などの解決に国力を挙げて貢献することによって、日本を守り発展させていこう」という提案にこころより感動しました。

その後、長野県佐久の小林多津衛先生が御著書において、「赤十字国家を国是に」という提案をされていることを知りました。

期せずして、両先生のお考えはまったく同じでした。

僕は、あらためてこの考え方の方向でしか日本、そして世界が救われる道はないと確信しました。

そして、この考え方を広く世に伝えていくことを一生の”仕事”としようと決意し、今日まで微力ながらそれだけをやって生きてきました。

おかげ様で、2007年には『国の理想と憲法ーー国際環境平和国家への道』を七つ森書館より上梓することができました。

和田先生も小林先生もすでに亡くなられてかなり年月が経ちますが、お二人の精神はまだまだいろいろな方々の中において生き生きと生き続けています。

今年の8月には、多津衛民芸館長の吉川徹先生や版画家の森貘郎先生のご尽力により、『石より堅い9条があるーー小林多津衛の赤十字国家論』 (文/小林多津衛 版画/森貘郎)という本が川辺書林より出版されました。

森先生の版画もとても素敵ですし、多津衛先生のご提案もあらためて読んでみて、本当に素晴らしいとこころから感動しました。

憲法の前文にこそすべての鍵があるのです。

現在と未来の日本と世界にとってなくてはならない本です。

どうかできるだけ多くの方に読んでいただきたいと思います。


以下は多津衛先生のご提案の要旨です。


世界恒久平和の道を切り開くのに、世界中で最も適した国は日本であると私は考えます。

1 日本は世界の恒久平和を念願する憲法前文と、非戦を誓っている第9条を持っている世界唯一の国です。

2 日本は世界唯一の被爆国で、核の悲惨と危険を国民が肌身に感じている国です。

3 日本は医学・農学・工業等学術程度が高く、世界に寄与できる実力を持っている国であり、芸術・宗教等の文化面でも世界に貢献し得る国です。

4 日本は経済力でも世界に貢献できる実力を持っている国です。

このような条件を備えている国は世界には無く、天は日本に世界の平和と人類の生存に立ち上がれと言っているようにみえます。(小林多津衛)


小林多津衛先生の略歴

  明治29年、長野県北佐久郡協和村(現佐久市)生まれ。
  大正7年長野県師範学校卒業。
  県下各地で教職を務める。
  柳宗悦に師事して民芸研究に携る。
  著書『善意を世界にーー平和実現の具体化へ』など。
  平成13年104歳で没。

『石より堅い9条がある』 定価1080円(税込)
  ISBN978-4-906529-80-3 C0031 ¥1000E

取扱店 地方小出版 流通センター

川辺書林
  〒380-0928
  長野市若里5-8-18
  Tel 026 (225) 1561
Fax 026(225) 1562


アマゾンなどからも購入できますが、直接出版社に連絡する方が早いと思います。



←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ


<< 何も求めなくていいのか? | ホーム | 当たり前が素晴らしい >>


コメント

石より堅い9条がある

「石より堅い9条がある」
川辺書林から送っていただき、昨日届きました。

何と素晴らしい本でしょうか。小林多津衛さんという方をはじめて知りました。
P14 日本は戦ってはならない国、戦えない国
P22 二十一世紀の指標

ほか、深くて感動です。
森獏郎さんの版画は、いのちの勢いやユーモアがあり素敵です。
子ども、ネコの版画は特に好きです。

昇平さんの「国の理想と憲法」とあわせて、繰り返し何度も読み伝えます。
「石より堅い夢」のために。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/01 09:29)

長野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。


 ホーム