プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自分しかない

自分しかない

私たちの世界のすべての存在は一つの“いのち“が顕現したものであり、不可分一体です。

そこには他から分離した自分や他というものもありません。

でも、この世界は何もかも均質でノッペラとした世界ではありません。

世界のすべての存在は本質は“いのち“であり、同じものでありながら、それぞれ姿かたち、性能、ハタラキなどすべての要素、つまり、”特性”が異なっています。

でも、それぞれのものは”他と分離した個“として存在しているのではなく、刻々に互いに集合・離散・循環しながら、全体として綾模様のような一つの世界を形成しています。

すべてのものがその瞬間、瞬間の現象として、無数の特性が異なった”個“のようなものとして現われています。

ですから、私たちには、例えば、そこに山がずっとあり、向こうにずっと川があるように”見える”ことも事実です。

そういう意味では、「山と川は同じ一つの“いのち“でありながら、別々の存在である」と言ってもいいでしょう。

同じように、「いまこれを書いている人も読んでいる人もそれぞれ同じ一つの“いのち“であり、コロッとした実体はなくとも、別々の存在である」と言うこともできるでしょう。

ですから、いまこれを書いている人をとりあえず“自分“とか”僕”とか”私”、あるいは、”昇平”と呼び、これを読んでいる人を”あなた”、あるいは、”~~さん”と呼んでもいいわけです。

「同じことじゃないか。誰でも普段からそう思っているのだから」と思われる方も多いでしょう。

でも、同じではないのです。

例えば、“自分“や”あなた”という意味は、私たちが存在の真実に気づく前と後では決定的に違ってきているはずです。

ほとんどの人はこの広大な世界に生まれ、生き、そして、死んでいく小さな小さな存在だと思っています。

でも、真実は、この“自分“はあなたをはじめこの世界のすべての存在を含んだ存在なのです。


“自分“はこの“自分“の世界とともに生まれ、“自分“の世界とともに生き、“自分“の世界とともに死んでいきます。

だから、僕にとっては僕と僕の経験している世界だけしかないのです。

それは”あなた”にとっても同じです。

結局、誰にとっても“自分“しかないのであり、“自分“がすべてです。

“自分“はただ“自分“として生まれ、生き、死んでいくのです。

これが客観的、主観的な見方を超えた”生きること”の真実です。



中国の禅僧である青原惟信に次のような言葉があります。


悟る前は、山をみれば山であり、水を見れば水であった。

悟ったら、山を見ても山でなく、水を見ても水ではなかった。

ところが、さらにそこをつき抜けて徹見すると、山は依然として山であり、水はただ水である。



僕なりに表現すると、以下のようになります。

存在の真実に目覚める前は、自分があり、他があった。

目覚めたら、自分もなく、他もなかった。

そこを突き抜けて見てみると、すべてを含んだ“自分“があるだけである。




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ





<< 自分と自己 | ホーム | こっちを見てみる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム