プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自分と自己

自分と自己

存在の真実について書いているこのブログのなかで、僕は「自分」という言葉と「自己」という言葉を使い分けています。

僕が「自分」というときには、普通多くの方々が思っている意味での「生まれて、生きて、死んでゆく個としての自分」という意味で使っています。

つまり、「生来の自分」ということです。

そして、「自己」を「本当(真実)の自分」、あるいは、「自分の本質」という意味で使っています。

つまり、「本来の自分」ということです。

それを時には、より明確にしようとして、「真実の自己」とも言っています。

ところで、僕は時々「本当は自分なんていうものはない」と言っていますが、この場合に「自分」というのは「他と分離した個としての自分」という意味です。

では、「他と分離していない、すべてとぶっ続きの個としての自分」というものはどういう存在なのでしょうか?

これまで繰り返し述べているように、この世界のすべての存在やハタラキは一つの“いのち“の現われです。

つまり、この世界には姿やかたちや性能の異なった無数の存在やハタラキがあり、刻々に変化しています。

でも、その本質はみんな同じ一つの“いのち“です。

本質面について言えば、この世界にはたった一つの“いのち“があるだけなのです。

自も他もないので、「個としての自分」もありません。

ところが、現象面について言えば、この世界のすべてのものは姿やかたちや性能が異なっています。

ですから、本質面ではみんな同じものでも、アタマを通して見た現象面では、そこには”区別”があるように見えるのです。

そのアタマによる区別によって、例えば、いまこのブログを書いている存在を仮に「自分」と意識し、このブログを読んでいる存在を「自分とは異なる人」と意識しているということです。

そういう意味では、普通一般に言われているように、「自分」があり、「あなた」があり、「彼」があり、「彼女」があり、「自分以外の他の人や動物やもの」があると言えます。

でも、問題は、世間一般の多く方が、「だから、みんなバラバラで、分離している」と思い込んでいるということです。


思い込みをちょっと脇に置いて、現象面の存在について「本当はどうか?」と検べてみれば、すべてがぶっ続きで分離したものなど一つもなく、不可分一体であることは容易に分かることです。

ここまでの結論として次のように言えるでしょう。

この世界は“いのち“が色とりどりの綾模様の織りなす不可分一体の世界です。

現象面では、自分は他の人や動物やものと異なる存在ですが、それぞれ分離した存在ではなく、本質はみんな同じ“いのち“です。

“いのち“はそれぞれの存在を通して現成しています。

ですから、僕は僕を通して“いのち“を生きるのであり、あなたはあなたを通して“いのち“を生き、すべての存在はそれぞれを通して“いのち“を生きています。

“自分“のなかにこの世界のすべてがあるのです。



←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ



<< こころのコントロール | ホーム | 自分しかない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム