プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

アタマが主人公ではない

アタマが主人公ではない

この世界はアタマで認識する以前にすでに事実として存在しています。

ところが、多くの場合、私たちはこの事実の世界を見て、アタマでそれを認識し判断しています。

アタマにはいろいろな“思い“があり、実際には、アタマは事実の世界を、例えば、「好きだ。嫌いだ」というようないろいろな思いを通して見て認識しています。

つまり、アタマはいろいろな思いによって歪んだり曇っているメガネに例えることができるでしょう。

ですから、私たちがこれが事実だとしていることは、ほとんどの場合、アタマという歪んで曇ったメガネを通して見た”像”に過ぎないのです。

しかも、アタマはバラバラ観を基とした二元相対的思考しかできないので、その“事実という像”に基づいて判断することも、一元絶対の存在の真実から観ると、狂ってしまいます。

例えば、一輪のスミレを見る場合にでも、多くの方は、「スミレというものはきれいなものなのだ」とか、「私はスミレよりバラのほうが好きだ」など、いろいろな思いを通して見ており、そのスミレ自体をそのまま見ていないのではないでしょうか。

これでは、”見ている”とは言えません。

ところで、瞑想にはいろいろな種類があり、目的にもいろいろあります。

多くの瞑想は「アタマの思いを鎮めて(最終的には、思いを消して)”安らかな気分になる”」ことを目的としているようです。

それはそれで結構だと思います。

一つの“思い“を別の“思い“でもって消してしまおうとしても、“思い“と“思い“が対立するばかりです。

それで、普通の瞑想では、いろいろなやり方でなるべく考えないように静かにしていようとするのです。

けれども、存在の真実、あるいは、真実の生き方に立脚した”真の瞑想”は「アタマの思いを鎮めて安らかな気分になる」ことを目的とするものであってはいけないのです。

私たち人間は石ころではありません。

私たちはアタマを持っており、アタマは私たちの意志とはほとんど関係なく、勝手に“思い“を”分泌”します。

“思い“は勝手に浮かんでは、また、しばらくして消えていきます。

そして、また、しばらくして、新しい“思い“が浮かんでは、また消えていきます。

“思い“が浮かび、また消えていくのは、空の雲が浮かびまた消えていくのと同じように存在の真実(“いのち“)の一つの風景なのです。

それが“思い“の真実の姿です。

ですから、“思い“を鎮めよう、消してしまおうというのではなく、“思い“を手放して、“いのち“の風景の一つとして見ているのが僕が言う”真の瞑想”です。

繰り返しになりますが、真の瞑想は”安らかな気分”になることを目的とするものではありません。

日ごろ、アタマというメガネをかけて、事実の世界を歪んで見ていることにも気がつかず、アタマの思いこそ”主人公”であり、「それがすべてだ」という思い込みから、瞬時に目覚めることこそが”真の瞑想”なのです。



←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ


<< “いのち“にミスはない | ホーム | 静寂のなかの風景 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム