プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

音のない世界が宇宙の実相

音のない世界が宇宙の実相

朝早く散歩に出かけようとすると、前日、前々日の澄み切った青空はうそのように一面の空を雲が覆い、雨がほんの少し降っていました。

そのまま傘もささずに森の中を散歩したのですが、鳥の声も風の音もなく、雨の音さえも聴こえません。

そこには音のない世界だけがありました。

しばらくすると、「キー」という鳥の声がしました。

それからだんだんいろいろな鳥の声が聞こえてきました。

遠くから車の走る音もかすかに聞こえてきます。

雨が少し強くなり、木々の葉っぱに当たる音も聴こえ、周りがだんだん賑やかになってきます。

そのとき、あらためてふと「こんな簡単なことなのに見失っているんだな」と思いました。

静寂は音と音の合間、あるいは、音の切れ目に現われるのではありません。

もともと音のない静寂の世界がずっと存在しているのであり、そのなかに現象として、いろいろな条件によって音が現われたり、続いたり、消えていったりしているだけなのです。

何かの音が鳴っているときでも、それらの現象とは別の次元において、音のない世界はそれらの音に乱されたり邪魔されることもなく、ずっと変らず完璧な静寂のまま存在し続けています。

このもともと存在し、どんな現象によっても乱されたり破れたりすることのない音のない静寂の世界こそが宇宙の実相なのです。

さらに言えば、このもともと音のない世界、つまり、静寂こそ自分自身の実相・本質なのです。

音のない静寂の世界の存在に気がつくのはこれほど簡単なことです。

たとえば、真夜中にそっと起きて耳を澄ませれば、もともと静寂の世界があるのであり、そこに何かの音がしていても、その音のために静寂が破られるわけではありません。

その証拠にその音が止んだとたんふたたび静寂の世界を感じることができるでしょう。

音のために静寂が乱され破られたと思うのはアタマの勘違いです。

音がどんなにしていても、それが静寂を乱したり、破ったりすることはできないのです。

ただ、そのように思う人にはそのように思えるというだけです。

それは青空と白い雲との関係に似ています。

白い雲が青空に浮かんでいるとき、白い雲は青空そのものを乱したり、破ったりすることは絶対にできません。

青空は白い雲が現われる前も、現われているときも、消えた後でも、ずっと変らず青空のまま存在しています。

雲が増えて空一面を雲が覆ったとき、青空はなくなったように思えるかもしれませんが、ただ、そのように思えるだけで、青空は雲の上にずっと変らず青空として存在し続けています。

音のない静寂の世界はこの青空と同じです。

瞑想の自然法はこの音のない静寂の世界、つまり、宇宙の実相、そして、自己の本質に戻るためのもっとも容易で効果的な瞑想法です。

瞑想の自然法に習熟してきたあとは、日常生活の中において、どんな状況においても、いつも本当の自分自身を見失わないように、常にこの音のない静寂にこころを据えて生きていけるように実践を深めていってほしいと思います。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< ただ | ホーム | ダメな人間はいない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム