プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

明らめと覚悟

明らめと覚悟

今までは 人のことだと 思ふたに

   俺が死ぬとは こいつはたまらん

これは江戸時代に生きた狂歌師であり洒落本作家であった大田南畝(なんぽ)の辞世の句です。

これを読んであなたはどのように感じましたか?

よほど人生に絶望して自ら死を望むという方を除いて、たいていの方は「まさにそうなのだろうな」というような感じを抱かれたのではないでしょうか。

それでも、よほど老年にならないかぎり、やはり死は依然として他人事(ひとごと)であって、自分の死を身近に感じることはないのでしょう。

それはそうなのでしょうが、いよいよ自らの死に直面して、「こいつはたまらん」とジタバタしたとしても、誰でもそのジタバタごと「立派に」死んでいくのです。

自らの死に直面して泰然自若(たいぜんじじゃく)として死んでいくのも、ジタバタしながら死んでいくのもどちらも見事な死です。

泰然自若として死んでいくほうがジタバタしながら死んでいくことより立派だということでは決してありません。

“いのち“の世界は本質的には合格・不合格の世界ではありません。

ですから、「安心して」ジタバタしながら死んでいけばよいのです。

それはそうなのですが、死の問題は別として、その他のことについては、自分の望まない事態に直面したとき、できるだけ動揺したり、ジタバタしないほうがよいと思います。

そのほうが、自分も楽だし、起きてしまった事態はそれはそれとしてすっきり受け止めることによって、もし事態を好転させうる可能性がある場合には、事態をよりよく好転することができるからです。

そういう意味で、どんなに自分が望まない状況に直面しても、つねにその状況をまずすっきりと受け止め、こころを陽にして、よりよい状況を創造していくことこそ、最も人間らしい生き方だと思います。

そんな場合に、「起きてしまったことは仕方がない」と気丈に歯を食いしばって頑張ることも立派と言えば立派だと言えましょう。

けれども、そのような態度・生き方はとても前向きであるように見えて、実は、根底に後ろ向きの感情が潜んでおり、それでは本質的に苦しみからのがれられないと思うのです。

なぜなら、起きることは自分の思いを超えて、ただ起きているからです。

ですから、僕は「起きてしまったことは起きてしまったこと。事実は事実」とすっきり受け止め、“いまここ”の事態に爽やかに対応し、将来に向けて明るく方策を練ることこそ真実の生き方、“いのち“のハタラキに沿う正しい態度・生き方だと思うのです。

悲しんでも、悩んでも、悔やんでも何にもなりません。

それでは、こころを後ろ向きに使って、こころが消耗するだけです。

こころに何かを持って放せないと、それに引っ掛かって、物事をありのままに見えなくなります。

そのようにして、真実の世界、真実の自己を見失って生きることは本当にもったいないことだと思います。

真実を明らめ、それを覚悟して生きたいものです。






←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< 上昇気流に乗って  その4 | ホーム | 上昇気流に乗って  その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム