プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

上昇気流に乗って  その4

上昇気流に乗って  その4

上昇気流に乗り、その流れに任せて生きていくと、仕事や健康、家族を含めた周囲との人間関係など、いろいろなことが好転し始め、それはますます活発になって行きます。

その動きは周りの人々にも影響を与え、家族や周りの人々の問題もよりよい方向に向き始めます。

それによって、自分自身の生き方もますます軽やかになっていきます。

そして、それがまた周囲の人々により良い影響を与えるようになります。

こうして、自分自身だけでなく、周囲の人々も変り、互いに良い影響を与え合い、その動きはスパイラル的に上昇していくのです。

この動きは自分自身と周囲の人々だけでなく、少しずつ社会全体に広がっていくでしょう。

ですから、大切なことは自分がまず上昇気流に乗ることです。

では、どうしたら上昇気流に乗ることができるのでしょうか?

それは前にも書きましたように、こころを全開にしてまごころ丸出しで生きることです。

自我は「自分は他と切り離された存在だ」と思っていますので、どんな時でもその小さな自分を守ろうとします。

自我から出てくる思いはどこまでもケチなのです。

でも、それは存在の真実ではありません。

真実の自己は「出会うものすべてわが“いのち“」なのです。

他と切り離された自分などというのはまさに妄想の産物であり、そのちっぽけな“自分“にどこまでも固執して、ケチな根性に引きずられながら生きていくことほど愚かなことはありません。

ですから、上昇気流に乗るためには、存在の真実をはっきりと明らめて覚悟することが絶対的に必要です。

そして、ケチな根性に捉われないで、こころの翼(つばさ)を一杯に広げて生きていると、気がつくといつの間にか上昇気流に乗っている自分自身に気付くことができるでしょう。

こうして、自分だけでなく周りの状況もしだいに上向いて行きます。

繰り返しますが、まず自分が真実の自己を自覚することがすべての”よいこと”の始まりです。

真実の自己を自覚すると、身もこころも軽くなります。

そして、何の気負いもなく、生き方が軽やかで爽やかで活発になっていきます。

周りの人々との関係や周囲もしだいになごやかなものになっていきます。

このようにして、自分だけでなく周囲の状況も好転していきますので、生きることがますます楽しくなっていきます。

まさに「日日是好日」の真実がこの世界に日々より大きく顕現していきます。

世の中には、何かの修行をして、「自分は悟った」という方もいらっしゃいますが、もし、それでも上に書いてきたようなことが、自然に起こってこないとすれば、「その悟りとやらいうものは本物ではない」と僕は断言したいのです。

たとえそれで自分の気分がよくなったとしても、それだけであれば、何の意味もありません。

本当の悟りとは、間違ったすべての観念が完全に脱落し、ただひたすら“いのち“のハタラキに任せて、生きていくその生き様そのものだからです。







←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< いまこそ平和大国を目指して | ホーム | 明らめと覚悟 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム