プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

和田重正先生と“まみず”

和田重正先生と“まみず”

以下の文章は、かつて僕も大変お世話になった柏樹社という出版社の社長であった中山信作さんが恩師和田重正先生の『まみず新書』版のご著書出版に寄せて書かれた文章です。

和田重正先生と“まみず”

本書の著者、和田重正先生は自然が大好きな方です。そして、自然の生命の息ぶきと心を通わすことのできる数少ない人たちのお一人であります。それだけに、日常のご生活においても、「ありのままの自分を生きる」ということが身について誠に親しみ深い方です。

しかし、「ありのままの自分を生きる」ということは、その言葉のようには簡単なことではないことは、私たちのよく実感するところです。先生が青年時代に、「人間とは何か、いかに生きるべきか」との問いを発して、その問いの重さに七転八倒の苦しみをされたのも、言葉にかえていえば、「ありのままの自分を生きる」ことの厳しさ、むづかしさに苦しまれたのだと言えましょう。それに加えて「死の恐怖」(脅迫観念)に悩まされたのですから、そのお苦しみは想像に余りあることです。

生命をかけて求めたこの願い――ありのままの自分を生きたい――を執拗に妨げる小さな自分の「思い」(観念や感情)の葛藤をどうして切ることができるか、苦悶されること十年、ようやく機も熟し、先生はついに「生命の真清水(ましみず)」を掘りあて、真の解放を味わう喜びに恵まれました。

この時先生は、「自分はよい指導者にめぐり会えなかったため、人一倍の苦しみと回り道をせねばならなかった。これからの生涯を自分と同じ悩みに苦しんでいる若い人たちに捧げよう」と決心され、私塾はじめ塾をもうけ、今日まで三十余年、中学、高校生と起居を共にしながら、教育――人間のための教育一筋の道を歩んでこられました。

 本新書の冠名『まみず』とは、先生を真の解放に導いた「生命の真清水」のことです。
(以下略)


僕は20歳のとき、ある日突然「人間とは何か、いかに生きるべきか」との疑問にぶち当たりましたが、答えが出ずに苦悶の日々が続いていました。

 ある時兄の本箱の隅に和田重正先生の『葦かびの萌えいずるごとく』という本を見つけました。

この本を読んだことがきっかけで、和田先生、そして、中山社長にもお会いすることができたのですが、お二人との出会いが僕の人生の方向性に決定的な影響を与えることになりました。

いま自分の人生を振り返ってみると、いつのまにか僕もお二人と同じような志を持って生きてきたのだということに思い至り、人生の出会いの不思議さとその妙を感じずにはいられません。

「存在の真実は体験によってしか捉えられない」というのが僕の持論ですが、僕の「自覚のセミナー」や「瞑想と講話のセミナー」を受講された方には、和田先生のご著書を読むことは知的な理解を深めるために大変有効だと思います。

 現在、柏樹社はなくなってしまいましたが、その流れを汲む「地湧社」や「くだかけ社」から和田先生のご著書が多数出版されています。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< ボクの積極的平和主義 | ホーム | 痛み止めの薬は効かない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム