プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ある目覚めの体験  その2

ある目覚めの体験  その2
   (その1からの続き)
おとなになる

また、小さいときから私は「感謝せよ」とうるさく教えられました。特に食物の不平を言ったり、小遣の少いのに憤慨すると、父は感謝の念のないものは人間ではない、と感謝の大切なことを諄々と説いてくれました。

しかし私はどうしても感謝の念は出て来ません。与えられたものに対して感謝すべきであることも、感謝の念の大切なことも頭では理解できますし、感謝の心から多くのよいものが出て来ることも想像がついていました。だから自分でも、どんなに感謝の念を起したいと希っていたかしれません。時には感謝の言葉と形を真似てみたこともありました。それでも少しも実感が伴わず、まことに不愉快なものでした。

私の父は不肖の子のために随分泣かされたことでしょうが、それでもどうにかしてこの子を救ってやろうと日夜心を砕いていてくれることを私は知っていました。

「母のない子だから母親の分までもと心を配っているのに」という父の言葉は、それが真実であるだけに、私の心に強い自責の念を起させました。

それにも拘らず、私は父に対してどうしても感謝の気持が起りませんでした。われながら不思議な気がしたものです。起そうとしても起らぬ感謝の念を起せ、と要求する父に対して、かえって反抗的になりました。

父はむろん、自分に対して感謝せよ、と言っているのではありません。すべて与えられたものを通して、神さまに感謝しなさいというのですが、私はどうしてもその気になれなかったのです。

ところが三日問も泣いているうちに一切のものに対していくら感謝してもしきれない、詫びても詫びきれない気持になっているのには驚きました。

しかもそれが、神さまに対してでも、仏さまに対してでもないのです。むしろ、自分がこのようないのちの世界に、このようにある、という事実に対するありがたさと、それを知らずに勝手に目茶苦茶なことをしてきたことに対する悔恨の念だというのが事実に近いかもしれません。

それから、今までは愛されたい、理解されたいとそれのみ求めていました。ところが物質を貪るのが間違いであるのと同じく、愛や理解を他に求めることは心を貪ることで、それも、間違いであることを知りました。物でも心でも欲張ることはどんなに愚かしいことであるかをこのときはじめて知りました。

また、それまでは淋しい淋しいと自分の淋しさばかりみつめて、他から愛されることばかり求めていましたが、眼を放ってみれば淋しいのは自分ばかりではない。すべての人は皆同じように淋しいのである。だから人間は誰も彼も自分のように愛と理解に飢えているに違いない。

お互い限りなく淋しい人間同志が、もし少しでも慰め合えたならどんなに幸せだろう。飢え渇く砂漠の旅行者のために自分がもし一滴の水となり得るならば、どんなに幸せなことだろうと思いました。

そう思うと、淋しさは忽ち変じて明るい希望となり喜びとなりました。淋しさの故に、人を愛することができる。なんという有難いことでしょう。

淋しいといえば父も淋しい人である。気の毒な人である。神や仏ではない、弱い欠点だらけの当り前の人にすぎない。それを、自分は神に求むる如くに父に完全を求め、これを責めてきた。

父ばかりではなく、先生やその他一般の大人に対しても同じであった。しかもその求むるところは自分の我儘な欲望の満足である。我欲に屁理屈をつけて正しいものとして強要したのである。

他を責める資格が自分のどこにあるか。己れの愚痴と食欲によって自らを餓鬼畜生道に堕としていたのではないか。

父をはじめすべての人は、皆一個の人間としてそれぞれどうにもならぬ欠点を持ちながら淋しい人生を精いっぱい生きているのだ。それらの人々をどうして心から愛さずにいられようか、と強く強く胸に迫って思いました。

このとき私は、はじめて独立の一個の人間-大人になったのだと思います。

この他、無数のことをこの三日間に思ったのですが後で考えてみると、このときに私の心の向きが真反対に変ったようです。有無、確不確、損得。いろいろの感じ方や考え方が完全に反対になってしまいました。

このことがあったのは昭和九年四月二日でしたが、この日を境にして、私の日常生活もすっかり変りました。

勿論変ったといっても急に神の如くに立派な生活になったというのではありません。ただ方向が逆転したというだけです。――自分のために、自分の力で、すべて自分を中心として生きてきたのが、こんどは自分の力やはからいでなく、すべてこの世界に満ち満ちている愛と知恵に生かされて生きることになってしまいました。

そしてこの変化は実際生活の上では世のため、人のためという意識となって表われることになりました。丁度東行きの汽車から西行きの汽車に乗り換えたようなものです。東行きの汽車に乗っていれば、汽車の中でいくら西に向って歩いても東へ行ってしまいますが、西行きに乗り換えたらその中でどちらに向いて歩いても結局西へ行ってしまうようなものです。

ともかく、その後愚かなことや、欲張ったことを繰り返しては、つまづいてきましたが、でもつまづいても迷い込んでも気がつけば立戻れる根拠地が与えられたことは幸いでした。
(以下省略)

『よい学校』 和田重正著 柏樹社刊 より抜粋

なお、和田重正先生について詳しく知りたい方は、まずHP「和田重正に学ぶ会」を訪ねてみてください。

また、先生の御著書を読んでみたいという方は、「amazon」などのインターネット書店で「和田重正」で検索してみてください。





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< 無分別の分別  その1 | ホーム | ある目覚めの体験  その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム