プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自観法をうまくやるには

自観法をうまくやるには

今回のブログは自観法がうまくできている方は読む必要はないとも言えるのですが、参考になることもあると思いますので、そのような方にも読んでいただきたいと思います。

自観法とは、日常生活の中で、1回に1~3分間(慣れてくれば、もっと長い時間)、風景を、ただ、眺めているのと同じように、現れては消えていく思い(思考や感情)を一切の批評や判断等なしに、そのまま、ただ、眺めている、あるいは、見ているという行法です。

自観法の目的は、身体やアタマの思いや感情は自分ではなく、 “大いなるいのち”こそ“本当の自分”であり、“本当の自分”はどんな状況においても絶対に傷つくことなく、死ぬこともない永遠の存在であることに気づくことにあります。

このことが、はっきりすると一切の苦しみから解放されます。

自観法は非常に優れ、また、誰でも容易にできる行法です。

それで僕はいろいろな方に自観法を勧めているのですが、自観法がうまくできないという方がいらっしゃるのです。

そのような方々にどのようにやっているのかと訊いてみると、どうやらほとんどの方がある思い込み、あるいは、先入観に基づいて間違ったやり方をしていることに気づきました。

その先入観というのは、思いが現れてきた時に、「“自分”がそう思っている」と意識しながら、その思いを見ている、ということです。

つまり、思いと“自分という思い”が最初からくっついてしまっているのです。

そのために、「“思い”ほとんどイコール“自分”」という感じで思いを見てしまっているので、思いを離れたところから見ることができなくなってしまっています。

事実は、青空に白い雲が勝手に現れ、しばらく留まり、やがて、どこへともなく消えていくのと同じように、思いはただどこからともなく現れ、しばらく、そこに留まり、やがて、どこへともなく消えていっているだけです。

「“自分“がそのように思っている」とアタマで無意識の内に思い込んで、思いに“自分という思い”をくっつけていたために、思いとそれを離れて見ている“本当の自分”に明確に気がつかなかったのです。

自分が白い雲を創り出しているのではないように、思いも自分が創り出しているのではなく、ただ、勝手にそこに現れては消えていくだけなのです。

青空の白い雲を見ているときには、白い雲とそれを見ている自分との間はあきらかに離れています。

体のある部分の痛みを感じているときも、「体は自分だ」という先入観や思い込みさえなければ、その体の一部分の痛みとそれを見ている自分との間は離れているのは当たり前です。

「自分の感覚」、「自分の思い」という思い込みの間違いに気づき、外界の風景を見るのと同じように、体の感覚や思いが勝手に独りでに現れては、留まり、消えていくのを、ただ、眺めているのが自観法です。

もし、その感覚や思いに対して批評や判断という思いが湧いてきたときには、その新たな思いを、ただ、そのまま眺めていればよいのです。

以上が自観法のポイントです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< すべて“いのち”  その4 | ホーム | すべて“いのち”  その3 >>


コメント

どどーんと大いなるいのちの生き方したいのです。

昇平さん
自観法のテーマからは外れてしまうかもしれませんが…。もし状況が「悪化」していると「思った」として、「それではいけない」という「思い」が沸き起こってきたときに、これまで自分は黙って我慢して、表面では笑顔を作っていました。しかし昨今、耐え難い状況が加速しています。「思っていることをさらっと言えばいいじゃん」って思うのですが、まだまだアタマがかなり邪魔しているんでしょうかね。すっと道ができて素直な行動につながっていかない感じです。これから環境平和国家実現に向けて自分も何かできることをしたいと思えてきただけに、爽やかに生きるために、ここクリアしたいです!何かご助言をいただけましたら幸いです。

アドバイス

昇平です。

まずは徹底的に自観法をやって何があっても感情に流されないようになることが肝要です。
その上で、これまでのブログを最初からじっくり読み直していけば、そこに明快な答えを見つけることができるでしょう

自観法

昇平さん

今まで自観法を、何かがおかしいような腑に落ちない感じでやっておりました。
思考に「自分の」を付けてしまっていたのですね!びっくり。

「私はいない」と、もう言い切れます。

今までのクセは強烈ですが、それが事実である限り、気付いてしまえばもうこちらのものですね。

これからはその事実を、日々確認しながら生活して行きます。

一番重要な事に気付かせて頂き、本当にありがとうございました。

ありがとうございました

さっそくのアドバイス誠にありがとうございました。
まず、投稿した内容についてですが、その後思ったことを言ってみた結果、「思いの外」すすっと問題が軽減しました。「思ってた」アタマは無駄だったな、結果がどうであれ、アタマせずにすすっと行動してみたらいいんだ、という体験をまたしました。
それから自観法も、まだアタマを追っかけてしまう癖があるので、それもアタマせずにすすっと「観る」に戻った方がいいなという反省をあらためていたしました。
どこかでもうわかっているのです。あえてもうここではっきりさせたいと思い、投稿いたしました。何回もお手を煩わせてしまい、大変申し訳ありませんでした。
じっくり自観法を徹底してやってみます。

例えば、組織の中で、リーダーとして、または、社長として、失格であると、勝手に批判されて、人間的な対等な意見を言えないとき(これこそ、思い込みかもしれませんが)、あるいは、何らかの誤りをおかし、それを徹底的に批判されたとするとき、どうしてよいか分からないようなとき、でも、
自観法は役に立ちますか。

ある有名な科学者が、間違いをおかし、徹底的に批判されましたが、彼女も自観法は有益だと、薦められますか?

やれば分かる

まずは自観法を説明にしたがって自分でやってみてください。

そうすれば、答えはお分りになるでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム