プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

すべて“いのち”  その5

すべて“いのち”  その5

無生物、植物、そして、他の動物たちとは異なって、私たち人間はアタマを持ったために、分離意識を持つようになりました。

そのために、私たち人間は表面の意識はともかく、こころの奥では底なしの欠乏感を感じながら生きています。

私たちの深層心理をよくよく観察してみると、私たちの日々の活動の大部分がその欠乏感を満たそうという動機で行われていることに気がつきます。

でも、結局、何をやっても私たちの欠乏感は決して満たすことはできないのです。

それは、分離意識はただアタマによる錯覚にすぎず、事実ではないからです。

事実は、私たちは大いなる“いのち”から離れたことは一度もありません。

なぜなら、私たちはもともと大いなる“いのち”そのものだからです。

唯一絶対の実在である“いのち”はいろいろな(見かけ上の)存在を創りました。

でも、それらの存在自身は自分が大いなる“いのち”であることを意識することはできません。

また、“いのち”も自分自身が“いのち”であることを見ることができません。

“いのち”はどうもこれではまったく面白みに欠けると思いました。

そこで、“いのち”は、自分が大いなる“いのち”であることを自覚する存在を創ることを思い立ちました。

そのために“いのち”はまずアタマを持った人間を創って分離意識を持たせ、欠乏感や不安感を感じさせるようにしました。

欠乏感や不安感を通して、結果的に、自分自身が大いなる“いのち”であることに気がつくように仕組んだのです。

この大宇宙は大いなる“いのち”が現れた姿ですが、大宇宙の進化の歴史、そして、この地球上の生物の進化、さらに人類の進化の歴史は、まさに、“自分”が大いなる“いのち”そのものであることを自覚する存在を創造しようという“いのち”の壮大なプロジェクトに他なりません。

そういう意味では、大宇宙はまだ進化の途上にあります。

今後、「自分は大いなる“いのち”そのものだ」という気づきがあちらこちらで起こってくるようになるでしょう。

その気づきは進化の過程として起こってくるので、誰かが、たとえば、厳しい修行などを通して自分で努力したから気づけるというものではありません。

修行や努力の結果、気づきが起こったように見えるかもしれませんが、それはたまたまそのように見えただけで、必ずしも修行や努力が必要ということではありません。

もちろん、これは修行してはいけない、とか、努力をしてはいけない、と言っているのではありません。

そもそも、修行や努力をする人はいません。なぜなら、大いなる“いのち”しか実在しないからです。

もともと大いなる“いのち”であるものが大いなる“いのち”を求めようとするのは、波が「海はどこだ?」と探し回っているようなものです。

その気づきが起きるときには起きるのであり、起きなければ起きないだけのことです。

また、修行や努力をしても、しなくても、そこにあるのは大いなる“いのち”であり、すでにすべて完璧なのです。

(終わり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 過去のブログの再掲 | ホーム | すべて“いのち”  その4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム