プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

絶対世界の中で相対的に生きる  その1

絶対世界の中で相対的に生きる  その1

ほとんどの人は自分やこの世界というものについて次のように思っているようです。

この世界はその中にバラバラな個が寄せ集まって存在している二元相対的世界である。

自分というのは個としてこの体と心、あるいは、頭脳でできている。あるいは、それらの奥にあって、それらを使って生きている主体である。

自分というのはこの世界という舞台に、ある時に登場し、しばらくの間生きて活動し、やがて時が来ればこの世界という舞台から消えて死んでしまう無数の生物の一つである。

ところが、「本当の自分、本当の世界とは何か?」ということを徹底的に追及していくと、次のような存在の真実に気づくことができます。

この世界は一元絶対の世界であり、実体として存在するものは唯一“いのち”だけである。

したがって、この世界に個として存在しているように見えるものはすべて不可分一体であり、ただ、全体だけが存在する。

自分というコロッとした個は実体としては存在しない。

強いて言えば、自分というのは唯一の実体である“いのち”そのものである。

あるいは、“いのち”の現れであるこの宇宙そのものである。

この存在の真実を、仏教の般若心経では「色即是空(色はそのまま空である)。空即是色(空はそのまま色である)。」と表現しています。

つまり、「この現象界に存在しているあらゆるものの本質はそのまま空である。本質である空が現象界のあらゆるものとして顕現している」ということです。

この“空“が僕の言う“いのち”であることはお分かりだと思います。

さて、僕はこれまでブログのなかで「この世界は二元相対のバラバラな個が集まった世界ではなく、一元絶対の不可分一体の世界である。また、自分というコロッとしたものはなく、ただ、“いのち”、あるいは、全体だけがある」ということを繰り返し述べてきました。

それは「二元相対、バラバラ観こそが私たちの個人的また社会的苦しみと混乱の根本原因であり、一元絶対、不可分一体という存在の真実に気づき、それに基づいて生きることこそがすべての苦しみと混乱を解決し、私たちが個人的にも社会的にも真に幸福で平和に生きる唯一の道である」ことをみなさんに理解していただきたいと願っているからです。

けれども、存在の真実を十分には理解してないことから起こることですが、気をつけなければいけないことがあるのです。

それは「すべては空である。個というものはない。ただ全体だけがある。すべてよし」と思い、それで良い気分になって、「これで、すべて解決。問題なし」と考えてしまうとすれば、とんでもない間違いに陥ってしまうからです。

それは実に明瞭です。

仮に「すべては空である。自分はない。だから問題ない」と思っても、猛スピードで走ってくる車の前に平気で飛び出す人はいないでしょう。

私たちは観念的に空の世界で生きるのではなく、空の世界を意識の基盤に据えながら、現実的に色の世界で生きていかなければならないのです。

(つづく)






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 絶対世界の中で相対的に生きる その2 | ホーム | 整体ライフスクール感想文 Kさん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム