プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

宇宙は1個の生命体

宇宙は1個の生命体

「生命とは何か?」ということは生物学者の間でさえはっきりとした定義があるわけではありません。

地球上の生物には、大まかには、自己境界性(細胞膜を境として外界とやり取りをする)、自己維持性(自己の生命を時間的にできるだけ長く維持しようとする)、自己複製性(増殖して数を増やそうとする)、最終的に死ぬ(個体としてはいずれ死んでしまう)などの特徴があるようです。

そのような特徴がないものは「生物ではないもの」、つまり、無生物(非生物)ということになります。

ところが、ウイルスやリケッチアは他種の生きた細胞の存在がなければ何もできないが、もしあれば自己複製して数を増やすことができ、他の生物に侵入します。

ということは、ウイルスやリケッチアは分類上は生物と無生物の境界線上にあることになります。

「何だかややこしいな」と思われるかもしれませんが、要するに、「生物と無生物の間には厳密な境目がない」ということなのです。

しかも、上に述べたことは、あくまで地球上の生物についての特徴であり、この宇宙の他の星に存在するだろうと推測されている無数の非地球型の“生物”は、おそらく、存在する星の環境条件に応じて、それぞれまったく異なった特徴を備えている可能性は大いにあるのではないでしょうか。

「生物」という言葉が既知の生きものを指すことが多いのに対し、「生命体」という言葉は既知の生物だけでなく、未確認の生きものや理論上想定されるような生きものを含んで言う場合があります。

ところで、地球と生物は相互に関係しあって環境を作りあげていますが、地球そのものをある種の「巨大な生命体」と見なす考え方があります。それを「ガイア理論」と言います。

このように、生物学的な狭義の「生物・無生物」という枠を超えて、無数の構成要素が互いに有機的に関わり合い、循環・協調しながら全体を維持し、ある一定の方向に発展しながら変化していく一つのまとまったシステムを、僕は「生命体」と呼びたいと思います。

そのような意味で、まさに、この大宇宙は1個の生命体であり、生きているのです。

この大宇宙においては、それを舞台として、いろいろのもともとバラバラで分離独立した関連性のないもの同士が互いに何らかの作用をお互いに及ぼしながら、集合・離散や生滅を繰り返しているのではありません。

一つの人体がそうであるように、大宇宙そのものが全体で一つのまとまった生きたシステム、つまり、生命体なのです。

ですから、そこに実体としてあるのは大宇宙という1個の存在だけです。

つまり、“個”というものはなく、“全体”しかないのです。

ところが、大宇宙が何百億年もかけて生み出した人間には、なぜか、“自分”と感じる仕組みが備わっています。

なぜ、そうなのか?そこには宇宙大の大きな意味があるはずなのです。

その意味をアタマを超えて自覚することこそ、“自分”という意識を持ったこの自分が生まれてきた意味なのです。






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 不可分一体と個としての自分 | ホーム | 絶対世界の中で相対的に生きる  その6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム