プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

どこへ行く?

どこへ行く?

和田重正先生が書かれた『もう一つの人間観』という本のなかに『どこへ行く――ピン公の話』という文章があります。これは和田先生の書かれた文章のなかで僕が一番好きな文章です。以下、その要旨を簡単にご紹介しましょう。

どこへともなく向かって泳ぎ続けているイワシの大群のなかで、若者のピン公とその友達のピムが突然「自分たちはこうやって何年も泳ぎつづけているのだが、一体どこに向かっているのだろう?」という疑問を抱きます。

それで二人であれこれといろいろ話し合ったのですが、どうしてももわかりません。気になって仕方がないので、二匹はちょっと風変わりな年寄りのピキ爺さんに尋ねてみることにしました。

 最初はピキ爺さんは「わしは知らん」とぶっきらぼうに答えていましたが、二匹が食い下がってさらに尋ねると、次のように答えてくれました。

 「実はどこにも行かないんだよ。この大群集が日に夜をついで泳ぎに泳いでいるから、どこに行くのだろうと誰でも思うのだが、別にどこにも行きはしないのだよ。めいめい夢中になって何かを考えているのだろうが、何を考えても考えなくても兎に角みんなどんどん泳いでいる。どこへも行きやしない。みんなただ泳いでいるぞ」。


 私たちはこの世界の中であれこれ考え、いろんなことをしたりしながら生きています。

ほとんどの方は、そのように生きることによって,自分、あるいは、自分たちがどこかへ向かっていると思っているのではないでしょうか?

でも、真実は、私たちはどこにも行かないのです。ただ生きているのです。

例えて言えば、私たちが生きている現象の世界はスクリーン(いのち・本質)に投影された映画(現象)のようなものであり、この現象の世界のいろいろな存在は映画の中に出てくるいろいろな物や植物や動物や人間たちであると言えましょう。

そして、個としての意識を持った人間はそれぞれ登場人物の一人であり、自分が「主役」だと思っています。

映画の中ではそれぞれの登場人物があれこれ考えたり、いろいろなことをします。そして、そうすることによって、自分がどこかに行ってしまうと思っています。

けれども、真実の自分はスクリーンそのものなのですから、何を考えようと、考えまいと、何をしようと、しまいと、だれもどこにも行きません。

夜寝ていて、どこかに行く夢を見たとしても、夢から醒めてみれば、実際にはどこにも行っていないのと同じようなものです。

ピン公たちはピキ爺さんの言葉を聴いて、自分の本質が不生不滅の“いのち”(スクリーン)であることに目覚めたのです。

たしかに、現象の世界だけを見ていると、自分(あるいは、自分たち)がどこかに向かって行っているように感じることは事実です。

それが悪いと言っているわけではありません。でも、真実は自分はどこにも行きません。

また、死んでもどこにも行きません。というか、真実の自分は死なないのです。

私たちはただ生きています。だれもどこにも行かないし死なないのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 宇宙は一つの“いのち” | ホーム | すべてOK >>


コメント

「東京行」、「大阪行」

この「どこへ行く?」を読んで、「平和を創造する その1」に出てくる「東京行」「大阪行」の関連について少し混乱してしまいました。
真実の自分「いのち」はスクリーンのようなものだから、ただそこにあるだけですが、対立をベースにしたバラバラ観の生き方である「東京行」に対比するために、それを「大阪行」と例えているということでしょうか。

いのちは不可分一体の世界として顕現している

昇平です。

言われるとおりに、真実の自分「いのち」はスクリーンのようなものです。

けれども、本質である「いのち」はただそこにあるだけでなく、不可分一体の世界として現象界に顕現しています。

この現象界において、対立をベースにしたバラバラ観に立脚した生き方を「東京行き」に譬え、一方、すべてが一つということをベースにした不可分一体観に立脚した生き方を「大阪行き」に譬えたのです。

つまり、バラバラ観に立脚した“生き方”と不可分一体観に立脚した“生き方”は正反対だということを言っているのです。


ありがとうございました

確かに「いのち」は止まっているわけではなく、さまざまに変化しています。その変化が方向性をもっているわけでなく、ただただ変化しているということがここで記されているのですね。
「東京行き」「大阪行き」で例えられた”生き方”とは異なることがよくわかりました。

方向性について

昇平です。

少し誤解があるようですね。

僕が、本質であるいのちが現象として顕現した不可分一体のこの世界において、「すべてはただ起きている」というのは、「その動きに方向性がないと」言っているのではありません。

「ただ」というのは、「私たち一人ひとりの人間の思惑を超えたところで」という意味です。

ただ、僕個人は、不可分一体のこの世界は、私たち一人ひとりの人間の思惑を超えたところで、刻々といろいろなことが起こっていますが、全体としてはある方向に向かって展開しているように思っています。

ある方向

ご指摘いただき、ありがとうございます。
”いのち”はゴールに向かって、いつも進化の方向にハタライテいました。
だから、安心して”いのち”のハタラキに任せておけば、「すべてOK」になるのですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム