プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ドツボから抜け出るために

ドツボから抜け出るために

僕はしょっちゅうタバコの話をしています。タバコを吸わなくても、多くの人はその他のことでは同じようなドツボに嵌って実に不自由に生きているのではないでしょうか

自分がドツボに嵌っていることに気付かなければ、そのドツボから脱出しようとは思いもしないでしょう。

そして、ドツボの中で「結局、人生はこんなもんなのだ」と自分を慰めながら死んでいくことになるのです。

こんなことでよいはずがありません!

そこで、人が陥りがちな、というか、すでに陥っているドツボに気付いてほしいと思って、分かりやすいように僕はタバコを例にとって説明しているのです。

「やめてみたらわかる」と重正先生は言われましたが、何がわかるといわれたのでしょうか?

タバコについての僕の経験では、タバコはどうしてもやめられない、タバコははよいものだという思いや、タバコをやめようと思うときに感じる不安や恐怖は妄想だったことがやめてみたらわかりました。

その体験から得たものは、タバコをやめて不安や恐怖が出て来ても、それを妄想だとして相手にしないことがポイントだということです。

相手にしなければ、不安や恐怖はいつのまにか自然に消えていくものなのです。というのは、不安や恐怖は実体があるものではなく、たんなる妄想にすぎないからです。

2+3は4ではなくて、真実は2+3は5であることがわかったら、素直にその真実を受け取ればよいということは誰にとっても明らかなことです。

ところが、バラバラ観は存在の真実ではなく、真実は不可分一体であり、不可分一体観に沿って生きることこそ、みんな仲良く楽しく生きられる唯一の道であり、それがもっとも当たり前で楽な生き方であることがわかっても、実際にはバラバラ観に沿って生きている人が実に多いのです。

「それなのに、なぜ?」と聞いてみると、「それはそう思うのだけれども、不可分一体観に沿って生きた体験がないので不安だ」と言います。

ここではっきり言いましょう。

2+3=4と思い込んでいたのに、真実は2+3=5ということがわかったら、その真実をすっきり受け止めて、すっきりと生きるだけです。

もしそこに不安感や恐怖感が生じるとすれば、それはノイローゼだからです。

自分がノイローゼだということに気付いていないから、せっかく不可分一体という存在の真実に気付いたにも関わらずバラバラ観に沿った生き方を続け、自分を苦しめ、周りの人を苦しめながら生きているのです。

でも、ノイローゼで作り出した不安や恐怖をノイローゼのアタマで何とかしようとしても、何もできません。

かえって、事態を混乱させて、自らをさらに苦しむことになってしまいます。

ですから、唯一の道は、素直に自分がノイローゼであったことを認めて、仮に不安や恐怖を感じても相手にしないで、不可分一体の真実に沿って生きていくことしかありません。

そうすれば、そのうちに不安や恐怖はひとりでどこかに行ってしまい、すべてが、不可分一体の真実に沿って整っていくのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< じっと手を見る | ホーム | 爽やかに生きよう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム