プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

何も心配することはない  その3

何も心配することはない  その3

その1では存在の真実というところに、その2では進化というところに焦点を当てて、「何も心配することはない」ということを説明しました。

その3では、実際的な面に焦点を当てて説明しましょう。

「心配だ」という感覚は不快なものですが、本来は、ある状況において、「何かまずいことが起こっているようだ。何か先行きがはっきりしない」ということを自分に知らせてくれる警報装置であり、私たちが生存を全うするために、なくてはならない大切な機能です。

ですから、「心配だ」という感覚がなくなるということは、警報装置が働いていないということになり、それこそ大変なことになってしまいます。

ですから、「心配だ」という感覚が起こったら、“安心して”心配すべきなのです。

それは、つまり、「心配だ」という警報を素直に受け取るということです。

心配警報装置は「何かまずいことが起こっているようだ。何か先行きがはっきりしない」ということを自分に知らせるのが役目ですから、それを素直に受け取れば、それで「心配だ」という警報は鳴りやむのです。

後は、冷静に精一杯必要な対策を考え、それを実行すればよいのです。

後は、それ以上のことはできないわけですから、「人事を尽くして天命を待つ」という言葉の通りに、その結果が思い通りになってもならなくても、すっきりとその事実を受け止めるだけです。

また、「心配だ」という警報を素直に受け取って対策を考えても、それ以上何もすることができないという結論に達したら、何もせずに、ただ、その結果がどうなろうとも、事実を事実としてすっきりと受け止めるだけです。

心配し続けても事実を変えることができるわけではないのですから!!!

それどころか、心配し続ければ、もしかして状況を好転できる機会が出てきたとしても、それを見逃してしまう可能性があります。また、状況を一層悪い方向に導いていく可能性も強いのです。

要するに、最初に「心配だ」という警報に気付いたら、それを素直にすっきりと受け止め、冷静に必要な対策を考えて実行するか、あるいは、何をしても状況が変わらないと判断すれば、その事実をすっきりと受け止め、どんな結果になろうとも、事実を事実としてすっきりと受け止めていくだけです。

ですから、「心配だ」という警報を正面からすっきり受け取った時点ですでに警報装置は鳴りやんでいるのです。

心配し続けても、状況が悪くなることはあっても、よくなるわけではありません。

「人間だから心配するのは当然だ」などというような、世間の狂った常識?に感情的に浸っていないで、ここで、「心配しても何にもならない」ということを徹底的に腹の底の底に叩き込むことです。

「心配しても何にもならない」ということは子供にも分かる単純な真実ですが、、その真実を真実として生きている人のなんと少ないことでしょうか!!!


今日限り、心配におさらばしましょう。

バカバカしいから・・・。(自戒の念を込めて)






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 生命の大河 | ホーム | 何も心配することはない  その2 >>


コメント

ノイローゼだったときは、心配の警報がならないようにしなきゃ、と心配していたんだと気づきました。瞑想や自観法を重ねていくことで、その病的さがはっきり分かる気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム