プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

生命の大河

生命の大河

毎年、僕には年の初めのこの時期には何かとこれまでの人生のなかでのいろいろな出来事が思い出されます。

その一つが、眼がひどく痛んで、重度の緑内障ではないかととても不安な気持ちになっていた26歳のときのことです。

時々僕はそのことを思い出しながら、「すべてはそこから始まったな」という気がするのです。

それは、もしあの時期に眼が悪くなっていなければ、その後の僕の人生はまったく別のものになっていたはずだからです。

正確には、ただ別のものになったということではなく、その出来事があったおかげで、その後、いろいろ具合の良いことも悪いこともありましたが、トータルとしては、少なくとも僕にとっては、素晴らしい人生が展開したということです。

また、僕の人生だけでなく、家族をはじめこれまで関わった多くの人の人生にも、トータルとしては、よりよい人生を展開する手助けをすることができたと思います。

そういう意味で、あの時に眼が悪くなっていなければ、僕の人生も家族の人生も、そして、多くの方々の人生もまったく異なったものになっていたことは確かです。

そのことを考えるたびに、僕は不思議な気持ちになってしまいます。

そして、同時に、なぜ、あの時期に眼があのように悪くなったのかと考えると、「そうか、その前にあの人に出会っていなければ、そういうことにはなっていなかったはずだ」などというようなことが過去に遡(さかのぼ)れば遡るほど次々に思い出されてくるのです。

そして、それは、何とこの世への僕の誕生をも遡って、とうとう両親の出会いまで遡り、両親がその人生で出会ったであろう多くの人々との出会い、その方々の人生の一コマ一コマへと、すべてが繋がっていきます。

そういうことずっと遡って、また、それが横に広がっていく様子を想像していくと、結論としては、この大宇宙のこれまでのすべてのできごとが互いに影響し合い、絡み合って、いまここに無数の現象として現れているということがわかってきて圧倒される思いがするのです。

でも、圧倒される思いがするのは相対的にしか思考することしかできないアタマで考えているからであり、また、同時に、すべてはバラバラであるという感覚で考えているからなのです。

つまり、アタマでは、この世界のある”部分”だけを切り取って、その他に切り取った”部分”との兼ね合いについてしか考えられないので、何だか不思議な気がしてしまうのです。

でも、本当は単純明快なことなのです。

それは、この世界のすべてのものはバラバラなものではなく、また、それらが互いに密接に関係しあっているというのでもなく、要するに、すべては一つなのです。

“個”も”部分”も見かけ上あるように見えるのだけれども、真実は一つの“いのち”があるだけです。

その一つの“いのち”(生命)があちこちに刻々渦のような模様を描きながら、遥かなる太古から大河のように悠然と流れています。

その永遠不滅の生命の大河こそ本当の自分なのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 事実の人となる  その1 | ホーム | 何も心配することはない  その3 >>


コメント

「そういうことずっと遡って、…」というところから後の内容がとてもよくわかりました。
一つの流れしかない、のですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム