プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

非対立の世界こそ真実の世界  その4

非対立の世界こそ真実の世界  その4
(その3からのつづき)

ネホサの考えに触れた人の中には、「エゴイズム的生き方から転換してノンエゴイズム的に生きていくことはとてもよいことだと思うのだけれども、そのためには大変な努力と頑張りが必要だろう」と思っている人が少なからずいます。

でも、僕は実際はまったくその逆だと確信しています。

ノンエゴイズム的に生きてこられた方々の体験を調べてみてそう思うのですが、個人だけでなく国家についても同じことが当てはまるはずだと僕は確信しています。

まず、自分の国に「ノンエゴイスティックな国にしよう」という理想が掲げられたらみんなどんなに誇らしく思うことでしょう。

そして、そのようなノンエゴイスティックな国では、個人の努力が国家の理想に直結し、その国家の理想がさらに人類の願いに直結しているので、日々勉強や仕事などの自分の努力そのものが喜びとなるでしょう。

一方、バラバラ観に立脚したエゴイスティックな生き方はアタマの妄想で作り上げた上り坂を上っていくようなものですから、何をやっても難しく苦労なのです。

ところが、不可分一体の存在の真実に沿ったノンエゴイスティックな生き方は、もともとそこにあった平坦な道をそのまままっすぐに歩いていくだけですから、仕事や人間関係もどんどん楽しく、スムーズになって行きます。

それでも、「そのような国にしていくためには、結局、現実の武力や駆け引き外交などによって国を守ろうとする政策と“対立”せざるをえないのではないか? それでは“非対立的”やり方とは言えないではないか?」という意見もあるかもしれません。

その端的な表現が「そんなきれいごとを言って、もし、万一他の国が攻めて来たらどうするのだ?」という意見です。

これは完全な誤解です。

ネホサは「今すぐに軍備を撤廃して、国力を挙げて国際環境問題の解決と途上国の福祉に国力を挙げよう」と言っているのではありません。

ネホサとしては、現実の政策論争には“直接には“関わらないで、それはそれとして、現実の政策と並行する形で、「日本をノンエゴイスティックな国にしよう」という機運を国内に高めていこう。そして、将来的に、徐々に世界のどこの国にもなくてはならない尊敬される国になって、軍備がなくてもどこからも攻められる危険のない状況を作っていこう。このようにして、日本が自ら率先して国家エゴイズムを超えて、新しい世界の礎(いしづえ)となろう、というのがネホサの考えです。

では、どうしたらそのようなノンエゴイスティックな理想を日本に掲げることができるのでしょうか?

それは実に簡単です。とにかく、賛同者を増やせばいいのです。そうすれば、後は自然に道が開けていきます。

あなたが「ネホサはよい考えだ」と賛同しているということは、日本のほとんどの方が賛同する可能性は十分にあるということです。

ですから、まずは、賛同者を増やすために、ネホサについての説明の仕方をみんなで研究することから始めればよいと思います。

(おわり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 真実は一つ   | ホーム | 非対立の世界こそ真実の世界  その3 >>


コメント

たのしみ!

非対立の世界こそ真実の世界。
このシリーズを読んでから、

あれをやろう、これをやろう。いろいろと思い浮かんできて、なんだか、嬉しくて楽しいです。

どんなふうにして賛同者を増やしていくか。
動いてみます!
仲間とアイデアを出し合って、工夫していこうと思います。






ひとりじゃなく仲間と!

「自分には何ができるだろう?」と考えるばかりだったときには、冒頭に書かれていたように、「難しそうだ…」と思っていました。
でも、「自分」はひとりじゃない、というより、「自分」なんてない! 仲間と一緒にできることなんだと気づいたら、ワクワクしてきました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム