プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

心とは何か? その1

心とは何か? その1

僕はたまに人から「心とはなんですか?」という質問を受けます。

そこで、科学的にどうかということは分かりませんが、僕なりに思っていることを書いてみようと思います。

まず、心という器官はありません。ただ、私たちの脳の活動によりその時々に現れて来る精神作用の一部を一般的に”心“と呼んでいるのだと思います。

心というもののはっきりした定義があるわけではありませんが、手元の国語辞典には次のように定義されています。

(体に対し)人間の精神作用。またはそのもとになるもの。
1 知識・感情・意志の総体。
2 思慮・思惑
3 気持。心持ち
4 思いやり。なさけ
5 情緒を解する感性
6 望み。こころざし

僕個人としては、この中で大脳による思考作用(つまり、知識、思慮、思惑)を除いた、感情・意志・気持・思いやり・なさけ・情緒・望み・こころざしなどの精神作用を心と定義したほうが心という言葉にぴったり来るように思います。

脳は大まかに働きとしては次のように分かれます。

1 個体としての体の働きを司る
2 集団を守り繁栄させようとする集団本能を司る
3 個体を守ろうとする個体本能を司る
4 思考や知識などを司る

それぞれ脳の特定の部位の活動によるものです。

もちろんそれぞれの働きは互いに密接に連携しています。

この分類に依れば、僕の定義する心というのは2と3から出てきます。

たとえば、思いやりや真心と呼ばれるものなどは2の働きです。赤ちゃんを見て心が和むのも2の働きです。怒りや恐怖などは3から出てきます。

集団本能は自己の属する種を守り繁栄させようとするだけでなく、(全生物)を守り繁栄させようという働きであり、これは“いのち”と直結した働きです。

瞑想や愉気をしているとき脳幹と宇宙が繋がる、広がる、境目がないような、その脳幹で感じるのは1を通じて2が“いのち”に直結しているからです。

ところが、思考などにより存在の真実を錯覚してバラバラ観を持っと、3の個体を守ろういう個体本能が過敏に働き利己的になります。

「思わずやってしまう」ということは、1のアタマの働き以前に2や3が発動したということです。2であればノンエゴ的に、3であればエゴ的になる傾向があります。

感情や気持ちについても同じように言えます。

繰り返しになりますが、“心”というのは特定の器官そのものではなく、脳の働きにより、その時々に顕れてくる精神作用です。

つまり、心というコロッとしたものがあるわけではありません。

このことに関して、次のような面白い逸話が残っています。

達磨禅師に弟子の慧可が「心が不安です」と訴えたところ、達磨禅師に「では、その不安な心をここに持ってきなさい」と言われて、一生懸命探したのですが、ついにはどこにも見つかりません。

そこで「どこにもありません」と報告すると、達磨禅師は「私はお前を救ったぞ」と言われました。その言葉を聞いた瞬間慧可は大悟したそうです。

実に、奥深い話ですね。

私たちは「心とは何か?」などと余計なことを考えて悩むより、ただ真心丸出しで生きればよいのです。






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 心とは何か? その2 | ホーム | ファミリーファースト >>


コメント

真心丸出し

つい余計なことを考えてしまいました。
ただ、今回は余計なことを考えたからこそ?!
先生からの回答が
「な~んだ、そうか。やっぱり考えても仕方のないことだった。」
と、かなりスッキリしました。

達磨禅師と弟子の慧可のお話が分かりやすく面白かったです。

真心丸出しで生きる。それに限ることもよくわかりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム