プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

五感とアタマはどこまで信用できるか?

五感とアタマはどこまで信用できるか?

通常、私たちは私たち自身の感覚とアタマによる認識力と判断力を頼りに生きています。

でも、それは本当はどこまで頼りになるものでしょうか?

たとえば、「暑い夏、ひと仕事を終えて飲む1杯の冷たいビールは喉の渇きを癒してくれる」と思っている方は非常に多いのではないでしょうか。

でも、本当にビールは喉の渇きを癒してくれるのでしょうか?

正解は「イエス アンド ノー」です。

最初1杯のビールを飲んだ後は喉が癒されるのは確かでしょう。

ビールはアルコール飲料ですが、ビールの95パーセントを占める水が喉の渇きを癒してくれるからです。

ですから、ビールを飲んでしばらくすると、アルコールには脱水作用があるので、ビールを飲む以前よりももっと喉が渇いてきます。

そこで、2杯目のビールを飲むと、その中に含まれる水によって喉の渇きが癒されます。

でも、ふたたびアルコールの作用で喉が渇いてきます。

こうして、ビールを何杯も飲み続ける人が多いのです。

どれだけ飲んでも、ビールでは喉の渇きは癒されないのであり、ビールが喉の渇きを生じさせるからです。

(本当は、喉の渇きを癒そうとすれば、最初にコップ1杯の水を飲めば済むのですが・・・。)

これまで何度も説明しましたように、タバコも同じです。

タバコはストレスを解消することはできません。タバコがストレスを生じさせるのです。

私たちはしばしばこの社会の中で生きていくなかで、気がつかないうちに真実でないものを真実であると洗脳されていたり、個人的に誤解したりして間違った観念を持つようになります。

ある事柄についての感覚が間違った観念により生じている場合には、その感覚とそれに基づく認識や判断は当然間違ってしまいます。。

私たちは個人的にも社会的にも解決しなければならない問題に次々に直面しながら毎日を生きています。

問題を根本的に解決するためにも、私たちは何事も「自分自身がそう感じるのだから絶対間違いないのだ。あるいは、みんなそう言っているのだから間違いないはずだ」などと決めつけないで、「もしかしたら間違っているのかもしれない。本当はどうか?」と、いつもこころを開いて事実を見て、常に物事を正しく認識し的確に判断して行動しなければならないと思います。

今日、科学技術の進歩には目覚しいものがあり、生活面ではますます便利・快適な社会になってきていることは事実かもしれません。

けれども、その他のことでは、私たちは個人的にも社会的にもいろいろな深刻な問題に囲まれながら生きています。

その根本原因は私たち人類の社会には多くの間違ったことが当然正しいこととされいるからです。

そういう意味で、私たち人類の社会とその文明はまだまだ非常に遅れた発展段階にあると言えるのではないでしょうか。

この事実をはっきり認めることこそ、個人的として幸せに生きるためにも、また、みんなが幸福で平和な社会を築いていくための出発点であると思います。






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 奇妙な喉アメ | ホーム | イージーウェイ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム