プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自覚のセミナー感想文  Gさん

自覚のセミナー感想文  Gさん 

自覚のセミナー、5日間もの間、本当に素晴らしい時間を、ありがとうございました。
昨年1月から奈央先生の整体セミナーに参加させていただき、昨年の今ごろ、整体でご一緒していた方々が昨年度の自覚のセミナーに参加されたあと、とてもキラキラ輝いていて、いったいどんなセミナーなのだろうと、昇平先生のブログを拝読しながら一年、待ち遠しく過ごしていました。

整体セミナーに参加する前の私は、対人関係のこじれから、乾いた咳が半年以上とまらずにいました。アレルギーでもないのに咳がとまらないなんて、心の影響なのかな、体が伝えてくれているのかなと、半年かかってようやく気付きはじめ、奈央先生の本をもとに整体の実習をしてみたら、体がカっチンコチンでした。カチンコチンな状態だということも気づかないでいたことが、かなりショックでしたが、体が少し弛むことで、とてもほっとして、心と体はひとつということを初めて深く感じたように思います。

そして奈央先生の整体セミナーの実習で、体が勝手に動き出し、心地いいと感じ、いつのまにか乾いた咳はとまり、胸が楽になっていて、びっくりしつつ、自分にそんな力があるんだということを、「知る」のではなく「体感」しました。

体が少しずつ整う方向へ向かってくると、出会うこと、出会う人も変わり、イメージしていた以上のことがやってきたりして、驚きと、大きな何かに生かされていると感じてきました。そんななかでも、人と比較して劣等感を感じたり、いつまでも後悔していたり、決めたことを実行できず意志が弱いと感じていたり、感情に振り回されて家族に迷惑をかけてしまうことがあり、こうした部分を越えていきたいと、不退の想いで、一生に一度のセミナーに臨みました。

セミナーのなかで、「真実」が奥の奥からひっくりかえりました。間違いないと思っていたこと、疑いもしなかったことが、私の「思いこみ」で、どこにも脇道のない、どこまでもまっすぐの真実を感じたとき、あ、そうだったんだ・・・これが真実だったんだ・・・と、はじめは少し呆然としたような感覚でした。それからゆっくり、これまでのいろいろな出来事、感じたことが浮かび、ひとつひとつがクリアになって、これまでどれだけ、思いこみばかりでいたんだろう、真実は真実、それだけでした。

4日目には、この宇宙全体が、時間も空間もかたちも越えて、すべてがひとつ、ぜんぶひっくるめてひとつのいのちであること、自分はその一部でありこの体じたいが宇宙であること、ここに生きていることが奇跡で、とんでもなく幸せなこと、体がなくなり世界に溶け込んだようでした。

そして明日は帰る、いよいよだと、面白く感じていました。でも寝る前になって急に、この一生に一度のセミナー、本当にきちんと肚に落ちているだろうか、日常に戻っても私は大丈夫だろうかと、これまでの考え方の癖が押し寄せてきて、パニックになりました。

そのとき先輩が愉気をしてくださって、体が先に、感情や頭を越えた深い深いところがほっとして、大きな温かさに私の存在ぜんぶまるごと包まれてるように感じて、不安の涙が、安心の涙になり、深い安心感のなかで眠りにつきました。

昇平先生はこの愉気こそが、真心の行動なんだということを伝えてくださいました。全身で納得して、パニックが大きな学びと財産になりました。

昇平先生、奈央先生、恵理佳先生は、いつも本気の真心で、伝えてくださっていること、セミナーを支えてくださってるみなさま、心を寄せてくださってるみなさまの本気の真心に、どこまでも感謝が深くなりました。

本当に、ありがとうございます!この感謝は、私が真心で心を開いて生きていくことだと、深く実感しました。

帰途につくとき、家族のもとに帰ることが、心から嬉しいなと、いまはその気持ちだけで帰ろうと思いました。長い道中のなかで、ふと、ゴールデンウィーク中の混雑のなかにいるのに、これまでと違う、とても穏やかなところに自分がいて、電車のなかでも、この隣に座っている人も、車掌さんも、遠くの席で泣いている赤ちゃんも、どこを見ても、どのいのちもひとつ、嬉しいなと、一緒に笑いたくなりました。

そして家族と会って、宇宙のめぐりあわせでこうして家族でいる、かけがえのない存在への感謝でいっぱいでした。夜、初めて主人に、愉気をさせてもらいました。これまでは、そういうのはいいよ、という言葉に、無理にはやめようと思いこんでいましたが、さすったりマッサージしながら手をあてさせてもらったら、あったかいねぇ・・・ほかほかだねと言って、そのまま眠りについていました。

愉気をしようとか考えてではなく、自然の流れで手が動いたこと、感じてくれたことが、静かに深い、よろこびでした。セミナー受講前と、状況はなにも変わらない、変えようとしていないのに、主人の思いやりの深さや、主人も娘もみな、それぞれのいのちの役割を担っていることに気づいたり、カチンときていたことにも、落ち着いていたり、これまでの癖が出ても、そうなんだと評価せずとらえている自分に驚き、自動的に変わるというのはこういうことなのかと、真心の流れに沿う日々です。

これは、セミナーを通じて、昇平先生、奈央先生、恵理佳先生の真心が、私たちの潜在意識に、あたたかく深く、問いかけてくださり、体という入れ物や、すべての分けるものを越えたなにか、魂なのでしょうか、に響き、ものごとを中心でとらえることを体感することができたんだ感じます。

愛そのものの先生方の、愛のセミナー、ありがとうございました。深い5日間を仲間と一緒に過ごせたおかげで、楽しく心強く、たくさんの気づきがありました。共に進んできたこと、これからも炭になるまでともに進んでいけることがとても幸せです。そしてセミナーの場を支えてくださったみなさまの温かい真心、本当に感謝です。

セミナー後、10日ほどの期間に、友人の訃報、友達の出産、娘の渡英、右の頸椎の大きな痛み、ハートチャクラの部分にたくさんの湿疹に出会い、すべてをありがとうととらえている自分がいました。

必然で起きていることの真実から学び、手をあて、体を中心に整え、中心でものごとをとらえ、真心で行動していく。癖も出るけれど、それも含めて、これが生きていくということだと、スタートだと思っています。

かけがえのない学びを、本当にありがとうございました。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 自覚のセミナー感想文  Hさん | ホーム | 自覚のセミナー感想文  Fさん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム