プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自覚のセミナー感想文  Hさん

自覚のセミナー感想文  Hさん

「思い」と「事実」は違う。。。
このことが全てを解きほぐし、
「思い」に振り回されて時間を使っていたこと、
「思い」により見えなくなっていたこと、
「事実」と向き合えば見えてくることがたくさんあることに気づきました。


一つの感情について、「調べ」ていくと、
その事実は「自分が思うこと」ではないことに気づかされました。
そこから、「自分だけが○○○○」という「思い」に翻弄されて
周りの変化に見えていなかったことが多かった、と気づきました。


セミナーに参加してから変化している夫、
日々成長する子どもたちの変化、
一方で自分だけがという「思い」に翻弄されて発言していた自分の姿


ひとつひとつが整理されていくと、
愛情いっぱいの家族がいつも側にいること、
思いやりを持ってお互いに接している子どもたち、
そんな姿が見えた時、涙が止まりませんでした。


「一つのいのち」から無数に流れる「気」、
ひとつひとつの出会いから「今」があること。
その一つが欠けても「今」がないこと。
かけがえなのない「いのち」と「いのち」の出会い
常にその「いのち」と本気に向き合うこと、
そのことがどれだけ大切かということを改めて感じました。


自分の父親の死と向き合えていたようで、
向き合えていなかったこと。
父親の死があって、「今」に繋がっていることも
自分の中で「調べ」られたことも大きく、
いつも心のどこかで引っかかっていたことが
なくなってすっきりしました。


「今ココ」、「今」が真実であること、それに沿えば良いこと。
「いのち」の流れに沿って、出産したときのように
全てのことに身をまかせればいいこと。
いのちの流れに任せて生きている、
そんな自分でありたいと思いました。


自覚のセミナーが、終わっても
自分の「思い」に翻弄されることもありますが、
すぐにその出来事に対し「調べ」
事実はこうだったから結果こうなったということを
振り返ることが多くなりました。


自覚のセミナーは自分にとって
「スタート」の日でもあった気がします。
5日間子育てから離れ、「今」を向き合えたこと、
かけがえなのない時間を過ごすことができました。
子育てという過程のなかで、一呼吸でき、
子どもたちの成長を見守ることが楽しみになりました。


これからも「真実」と向き合いながら
進んでいきたいと思ってます。


サポートして下さった方々含め、
ありがとうございました。




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 自覚のセミナー感想文  Yさん  | ホーム | 自覚のセミナー感想文  Gさん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム