プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自分の考えとは  その1

自分の考えとは  その1

あなたはパソコンやスマホなどを使ってネット上にある「いのちの塾」のサイトに接続して、今まさにこの「自分の考えとは」というブログを読み始めたところだと思います。

その間、あなたはいろいろなことを考え、その考えのなかから自分でいくつかの考えを選択し、それらを行動に移して、今このブログを読んでいます。

たしかに、このように一連の自分の考え、選択、行動を振り返ってみると、全部自分で考えて自分の意志で決めて行動しているように見えます。

でも、本当にそうなのでしょうか?  そもそも、自分の考え(意志)というものがあるのでしょうか?

まず、あなたはどうしてこのブログを読む気になったのでしょうか? 

その答えは人によってみんな異なっていることは当然でしょう。

けれども、読む気になるまでに起こったこと、起った考えや気持ちなど、なぜそのようなことが起きたのか、なぜそのような考えや気持ちが起きたのかと、ここで時間を充分にとって、可能な限り過去に遡(さかのぼ)りながら、できるだけ詳しく丁寧に検べてみてください。

その作業中に全部を事実として検べきることは当然できませんが、「多分こんなこともあったのでは?、あるいは、あったはずだ」というように適当に推測や連想を働かせながら検べていただければと思います。


その作業を時間をかけて丁寧にやっていただくために、今回のブログ「自分の考えとは その1」はとりあえずここまでにします。

そして、このブログの続き「自分の考えとは その2」のアップは2,3日後にする予定です。

いずれにしても、「前にやったことがある」とか、「検べなくても、もう結論は分かっている」などとアタマですぐに結論を出して、分かっている気になるのではなく、あらためて実際に具体的に、かつ、連想力を充分に働かせながら丁寧な検べてください。

その作業が済んだ後に「その2」を読んでいただくようにお願いします。

今回は誌上セミナーのテスト版みたいなものですが、どうかよろしくお願いします。


ついでに、

お願い 1
「いのちの塾」のブログは特別な理由があるわけではありませんが、毎回1300字以内に収めるようにしています。今回はブログの内容をじっくり吟味しながら読んでいただくことよりも、この後テーマについて時間を掛けて「検べて」いただくことをお願いすることが主眼であるので、制限字数よりはかなり少なくなったことをご了解ください。

お願い 2
この「いのちの塾」は毎回とても重要なテーマを扱っています。そのため、説明を明快にするために表現の仕方を微妙に工夫をしながら書いています。そういうわけで、このブログはしっかり納得できるまで時間を掛けて読んでください。ムード的に読んで分かったような気になったとしても、かえって害になることも多いのです。

お願い 3
2に関してですが、このブログはできれば小さな画面のスマホではなく、それらよりも画面の大きなパソコンやタブレットでブログの全体を目に入れながら、各文章を読むようにしてください。その方がこのブログをより深く理解することができるからです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 自分の考えとは  その2 | ホーム | 自覚のセミナー感想文  Yさん  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム