プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

一歩は達成と同じ

一歩は達成と同じ

世間では、よく「努力が大切だ」と言われます。でも、たとえば、学校でよい成績を取る、あるいは、会社で業績をあげる、あるいは、スポーツでよい結果を出すために努力をすることは本当によいことなのでしょうか。

僕はよい成績を取る、あるいは、会社で業績をあげる、あるいは、スポーツでよい結果を出すのは何のためかということが、まず、問われなければならないと思います。

もしそれが、自分さえよければ、あるいは、自分が得するためにという利己的な目的のためであるとすれば、そのための努力などマイナスの価値しかありません。

でも、ほとんどの人は「この社会は競争社会だから、特に利己的であるとか悪いことということではない。人のものを盗むとか、罪もない人を暴力でやつけるというようなことではないのだから」と考えているようです。

でも、僕は、そもそも「この社会が競争社会である」ということ自体が間違っていると思います。

それは、この世界に対する基本的認識、バラバラ観が根本的に間違っているということであり、その上に成り立っている競争社会や利己的生き方も間違っているということなのです。

ここでまず、大切なことは不可分一体の存在の真実に気づくことであり、そのうえで、その真実に基づいて、自分を含めたみんなと共に助け合って生きること、そして、みんなが幸福で永久に平和な世界を実現するために努力することこそ大切なことであり、真の幸福なのです。

しかも、実は、その方向に沿ってたとえ一歩でも努力することはすでにその目的が完成したことと同じ価値があるのです。

それは、かつて水中だけにいた動物が陸地に上陸しようとした進化の過程における無数の努力に思いを馳せればわかります。

一番最初に陸に上がった個体は10分も持たずに死んでいったでしょう。でも、その僅かな成功体験のデータは “進化への記憶倉庫”ともいうべき場所に蓄えられ、そのデータをもとにさらに進化した個体が今度は20分陸上で生きることができ、その成功体験のデータが、次の個体のより進んだ挑戦に繋がっていった、というような過程を無数に繰り返して、ついには動物は陸上で生活できるように進化していったのです。

つまり、事実として、陸上への最初の一歩も、その後のどの一歩も、その一歩がなかったら完成もないのですから、進化の完成と同じ価値があったということです。

このように、進化の流れに沿ってやる努力はまだ目的の実現に至ってはいなくても、実現したのと同じ価値があり、その努力そのものが真の幸福なのです。

また、中には、一生懸命努力しているのだがなかな思うような結果がでないと嘆く人がいますが、それはバラバラ観という妄想による目的に向かって努力しているからであり、それでは、沈みつつある砂漠に砂の城を築こうとするようなものなのです。

けれども、進化の流れに沿って努力すればいずれ必ず目的は達せられます。それが自然、そして、進化の摂理だからです。

進化の流れに沿って、今の一歩を悠々と歩む。

それが大道を行くということです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 思い込みについて | ホーム | 宇宙の進化の方向とその原動力 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム