プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

存在の瞑想

存在の瞑想

存在についての“思い”は存在の事実(真実)そのものとは異なったものです。

なぜなら、この場合、“思い”というのは、あくまで、事実に対するアタマの“解釈”にすぎないからです。

したがって、一般的に言えば、事実の内容と解釈の内容は一致することもあれば、一致しないこともあります。

ところが、私たちのアタマは非常に限られた性能しか持たない”五感“によって捉えた情報を、二元相対的にしか認識できないので、次元を超えた一元絶対・不可分一体の存在の真実をありのままに捉えることができないのです。

それは、例えて言えば、何でも極端に近く小さく見えてしまう赤いレンズの特殊眼鏡を掛けて、遠くにいる大きな灰色の象を見て、「ああ、ここに小さな赤い虫けらがいる」と思っているようなものです。

ですから、存在の真実をありのままに見るためには、自分の掛けている特殊メガネを外して、“裸眼“で見なければなりません。

ところが、困ったことには、人間の特殊メガネはアタマの中に装着されているので、通常、私たち自身はまさか自分がそんな特殊メガネを掛けて見ているなどとはほとんどの人は思ってはいません。

けれども、「事実そのものと、それに対する解釈(“思い”)はもともと違うものだ、事実として存在そのものである真実の世界と、私たちのアタマで捉えた世界についての“思い”とはまったく異なったものだ」というようなことに気がついた人は、アタマの”思い“に振り回されずに、存在の真実そのものを特殊メガネを外して裸眼でありのままに見なければ、ハナシニモナラナイということがはっきり納得できるはずです。

では、どうしたら存在の事実をありのままに見ることができるのでしょうか?

私たちの五感は生きるために必要なものですから、それを意識的には全部ストップすることは不可能です。けれども、できるだけ、体、そして、眼を動かさないようにすることは、五感の働きをかなり抑えることができます。

特殊メガネを使わないためには、二つしか方法はありません、一つは思考(思い)を停止することであり、もう一つは思いを手放すということです。

そのために最適な方法がCDを使って断続する川の流れの音を聞きながらその奥にある絶対静寂の世界を体験できる“川の瞑想”です。

川の瞑想中は思考が停止している時間がかなり持続すると同時に、思いがわずかにしか出てこないので思いを手放すことがとても容易にできるからです。熟達すればCDがなくてもできるようになります。

瞑想の自然法(只管打坐)もお勧めです。これは、しっかりした坐相を維持しながら、思いを手放して、ただ、坐っている、というものです。

存在、その真実(事実)こそ我が主体です。それをアタマで捉えようとしてもまったくダメなのです。また、それを知的に理解しているだけでもまったくダメです。

日常の生活の中で意識的に存在の真実を生に体験する時間を持つこと、つまり、川の瞑想や瞑想の自然法を実行することは何よりも大切です。




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 左と右の世界  その1 | ホーム | 中道と大道 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム