プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

左と右の世界   その2

左と右の世界   その2

右側の世界は事実(真実)の世界を私たち人間の五感と大脳(アタマ)で捉えたものです。

ところが、私たちの五感は限られた能力しか持っていないので、存在の真実をすべて的確に感じ取ることはできません。

また、五感で捉えた限定された情報を私たちのアタマは二元相対的にしか認識することができません。

そのために、本来は一元絶対、すなわち、不可分一体の世界を、結局は二元相対的なバラバラな存在が寄り集まった世界としか認識することができません。

もう少し詳しく言えば、世界と言う枠の中に、あるいは、舞台の上でもともとバラバラな無数の“個”が寄り集まり、くっついたり離れたりしているように見えるということです。

僕は不可分一体の本来の世界に対して、アタマで捉えた世界を“バラバラの世界”と呼んでいます。

問題はほとんどの人がアタマで捉えたバラバラ観という間違った“思い”を事実、すなわち、真実だと思い込んでいることです。

そして、その間違ったバラバラ観に沿って人々は考えたり、感じたりしながら生きています。

その結果、現実の社会はバラバラ観を基盤にして作りあげられています。

バラバラ観というのは、結局のところ、「自分、あるいは、自分たちが一番大切だ」という考え方ですから、そのために、この社会では個人的、そして、社会的な苦しみや混乱が絶えないのです。

けれども、左側の世界、右側の世界と言っても、それらの二つの世界があるわけではありません。

本来、不可分一体の世界はどこまで行っても、何があっても一つのものです。つまり、良い悪いは別として、右側の世界は左側の世界に内包されているわけです。

ですから、バラバラ観を基盤とした社会が存在したとしても、それを含んで不可分一体の世界しかないのであり、どこまでも不可分一体の世界が展開されているのです。

つまり、見かけ上はたしかにバラバラ観社会であり、いろいろな苦しみや混乱があって“困る”のですが、それも不可分一体世界の一つの模様ということです。

もちろん、いくら「右側の社会では見かけ上」と言っても、苦しみや混乱は実際に“とても困る”わけですから、そこに、その苦しみや混乱を解決しようという考えやハタラキが生じます。

それらのはハタラキも右側で起こるのですが、それをも含めてどこまでも不可分一体の世界が現実として展開されて行きます。

けれども、もし、人々が不可分一体の世界こそが本来の世界であり、本来、「すべては一つだ」という存在の真実に気付けば、不可分一体観に沿った考え方、生き方に転換し、徐々に、バラバラ観社会は崩壊し、代わって、そこに不可分一体観を基盤とする社会が築き上げられていくでしょう。

それは、いわば、バラバラ観によって濁った不可分一体の社会から、澄み切った不可分一体の社会になるということです。

この社会のすべての問題の本質はほとんどの人がバラバラ観こそ存在の真実だと思い込んでいることにあります。

ですから、存在の真実に気づく人が増えていくことがなりより大切なのです。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 左と右の世界  その3 | ホーム | 左と右の世界  その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム