プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

一本の花  その1

一本の花  その1

我が家の庭に一本の花が咲いています。

その花は一般的には「〇△□□」と呼ばれています。

ちょっと見ると可憐な花ですが、近くでよくよくよく見るとなかなか豪華な花です。

真実はもともと「〇△□□」という名前があるわけでもなく、また、もともと「花」でもないのです。

また、「小さいもの」でも「可憐もの」でも「豪華なもの」でもありません。

そこにはあらゆるの規定以前の実物、「なにか」がただあるだけです。

我が家のその「なにか」は、「花」、「〇△□□」、「小さい」、「大きい」、「可憐」、「豪華」、「好き」、「嫌い」、「野の花」、「お店で買った花」、「値段が高い」、「値段が安い」など、人間がアタマによって作りあげたあらゆる分類や比較や評価などの規定以前に、あるいは、それとはまったく無関係に、もともとあるがままで完結して厳然と存在しています。

同じように、この世界の生きとし生けるもの、そして、すべての人は人間がアタマによって作りあげた、優・劣、好き・嫌い、明るい、暗い、良い・悪い、金持ち・貧乏人、所有、差別、名前、年齢、職業、家柄、身分、学歴、地位、既婚・未婚、国籍など、あらゆる規定以前に、あるいは、それとはまったく無関係に、もともとあるがままで完結して厳然と存在しています。

でも、ほとんどの人は他との兼ね合いにおいて自分を規定したものが存在の真実であると錯覚して、本来、あるがままで欠けるところが一つもない完結した自分や世界を見失ってしまっています。

人が苦しみ、あるいは、他を苦しめてしまうのは、まさにここに根本原因があるのです。


ここで、我が家の庭の一本の花をもう少し事実に沿って検べてみましょう。

多くの人は一般的に花を愛(め)で、その花をたたえます。でも、花だけを見ているようです。

我が家のその一本の花は、事実は、花は茎と葉とともにあるだけでなく、茎を支える地中の根を通して、この植物体をはぐくむ水分や養分を吸収しながら大地と繋がり、葉を通して水分を空気中に蒸散するとともに、呼吸しながら大気と交流し、さらに、大気や大地を通して天地一杯のすべてのものによって支えられ、はぐくまれ,それらと交流・循環しています。

我が家の庭のその一本の花はただ一本の花であるのではなく、その個体的あり方を通して天地一杯ぶっ続きのいのちを生きているのです。

あなたも同じです!!!

あなたはこの広大な世界のなかのちっぽけな存在なんかではありません。

あなたはその個体的あり方を通して、天地一杯ぶっ続きのいのちを生きているのであり、もともと何一つ欠けるところがない完結した存在なのです。

この存在の真実には落ちこぼれはありません。

「自分はちっぽけなはかない存在であり、ダメな人間だから、頑張って生きなければ」というのは、初めから出発点を決定的に間違っています。そこでどんなに頑張っても、本当の意味でよい結果が出ることはありえません。

そんな陰気で後ろ向きの生き方は即、止めて、天地一杯のいのちである自己を自覚して、その絶対安心のなかで、どこまでも明るく、自分を含めた生きとし生けるもののために、創造的に生きていきたいものです。






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 生命の連鎖  その1 | ホーム | 人類進化と文明の進歩 その2 >>


コメント

ここに全ての答えがある

この一文、本当に素晴らしいです。

全くその通りだと思います。

ここにすべての答が書いてあるのですが、
このことさえ気がつけばよいのですが、読んだだけでは気がつかないものなのでしょうかね。

「あなたも同じです!!!」

この一言でハッと気がつく人が続出してもおかしくないのですがーーー

やはり、セミナーで集中してやらないと駄目なのでしょうか。

和田重正先生も同じ想いで、いろいろ書き遺したのでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム