プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ナムアミダブツ

ナムアミダブツ

今回は前回のブログで紹介した和田重正先生の『川底の小虫』という文章の最後に書かれていた「南無十方不可思議無礙光如来」という文句について書いてみたいと思います。

僕は仏教の専門家ではありませんが、大まかな意味を説明してみましょう。

「南無」は梵語「ナム」の当て字で「帰依する・服従する・従う・ゆだねる」という意味です。

「十方」は「あらゆる場所」、「不可思議」は「思いはかることができない」、「無礙光」は「遮るもののない光」、「如来」は「仏の尊称」を意味します。

つまり、「十方不可思議無礙光如来」は「阿弥陀仏」のことです。「阿弥陀仏」は梵語の「アミタアーバブッダ」の略である「アミダブツ」の当て字です。(ア=否定語、ミタ=量る、アーバ=光、ブッダ=覚者・如来・ハタラキ)

このように、梵語の「アミタアーバブッダ」の発音を漢語で表したたものが「阿弥陀仏」であり、そのハタラキの面から漢語で名付けたものが「十方不可思議無礙光如来」というわけです。

要するに、「南無十方不可思議無礙光如来」は「南無阿弥陀仏」、つまり、「阿弥陀仏に帰依します」という意味なのです。

もしかしたら、このようなことは浄土真宗などの信者の方であれば常識なのでしょうが、そうでない方にとってはあらためて「そういう意味なのか」と思われた方も多いのではないかと思います。

ただ、多くの方は「ナムアミダブツ」というのは「亡くなった方の成仏をお祈りするために唱える呪文」とだけ理解されているのではないでしょうか?

でも、その別称である「十方不可思議無礙光如来」から見えてくるのは、阿弥陀仏というのは「はるかな無限の昔から今日に至るまで、そして、これからも未来永劫、この世界のあらゆる場所を明るく照らし続け、何ものにも妨げられることなく、生きとし生けるものを生かしハタラキ続けている絶対的な実体である」ことがはっきりと見て取られます。

信者の方から見れば失礼になるのかもしれませんが、僕はこの「実体」というのは少なくとも、私たち人間には見えない、あるいは、五感では捉えることのできない「無限の愛と力とエネルギーを備えた大いなる存在」と表現してもよいのではないかと思っています。

そういうことから、僕は「阿弥陀仏」というのは、まさに、重正先生、そして、僕が呼んでいる“いのち”のことなのだと思います。

すなわち、阿弥陀仏はこの世界のすべてのもの創造し、すべてのものに働きかけ、活かし続けている“いのち”であり、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えるのは、そして、瞑想の自然法(只管打坐)も「すべてを“いのち”にゆだねます」ということなのです。

私たちは阿弥陀仏の実体そのものを眼で見ることはできません。また、しょっちゅうアタマによって存在の真実を見失っています。そのような私たちに、あらためて、私たちすべてを創造し生かし続けている「お力」の存在を実感的に感じるように、という願いから作られたのが阿弥陀仏の仏像なのでしょう。

でも、本当は、阿弥陀仏は眼に見えるのです。この世界のすべての存在、生きとし生けるものが阿弥陀様なのですから。

ナムアミダブツ





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 他の悲しみは自分の悲しみ | ホーム | 川底の小虫 >>


コメント

阿弥陀仏が無限の愛とエネルギーを備えた大いなる存在であること、この世界のすべてのものを創造し、すべてのものに働きかけ、生かし続けている力、という意味だと教えていただいて、南無阿弥陀仏という言葉はなんて素晴らしいと思いました。
私の実家は浄土真宗で、幼い頃は南無阿弥陀仏は「ありがとうございます。」という意味だと教えられました。意味は全く違いましたが、これからは、この世界のすべての存在、世界の生きとし生けるものに南無阿弥陀仏と唱えようと思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム