プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自己の世界  その7

自己の世界  その7
(その6からのつづき)

私たちは、ふつう、すでに存在しているこの世界という広大な舞台にちっぽけな自分が一人の“個”(登場人物の一人)として生まれ(登場し)、生き(演技し)、そして、一人で死んでいく(退場する)ことを「自分の誕生、生涯、死」であり、そして、それは他の人についても同じだと思っています。

自分が生きている間(演技中)は広大な舞台の上で他の出演者たちと絡んで演技をします。自分では自分が主役のつもりなのですが、ごく身近な人を除いて、周りのほとんどの人からはその他大勢の役者の一人ぐらいにしか思われていません。

演技が終われば、自分ではまだどうしても演技を続けていたいと思いながらも、わずかに身近な人たちからだけ惜しまれつつ、でも、周りのほとんどの人からは当然のこととして、あるいは、気にもされないうちに、イヤイヤながら死んでいか(退場し)なければならないのです。

このように、常識的な死生観と自分と世界の構造では、生きている人(演技をしている出演者)はすべて同じ一つの世界(舞台)で生きて(演技して)います。

けれども、存在の真実から言えば、自分は自分の生きる世界と共に生まれ、自分は自分の生きる世界と共に生き、自分は自分の生きる世界と共に死んでいくのです。

「えっ? どゆこと?」とお思いでしょうね。

順を追って説明しましょう。

まず、簡単に言えば、すべての人はみんな本質は同じ“いのち”ですが、体験的には自分は自分であり、他の人とは何一つ貸し借りできない別々の存在なのです。

あなたのお腹が空いているのに、他の人に何か食べてもらっても、あなたのお腹が膨れるわけではありません。

今テーブルの上に1個の茶碗があるとします。その事実は誰にとっても変わらないことは、それこそ、事実です。

でも、私が見る角度と他の人が見る角度は違います。また、私の視力と他の人の視力がまったく同じということはありません。また、色彩を認識する能力も人によって微妙に違います。

ですから、一つの茶碗が事実としてそこにあり、それを見ているのには違いはないのですが、私が私の見る角度、私の視力、私の色彩認識能力、心身の状況、感性、思いなど独自の特性を持って体験するものと、他の人がその人独自の特性を持って体験するものとはナマの体験的事実としてはまったく異なるのです。

このことは、この世界のすべてについて同じです。ですから、ナマの体験としては、自分が生きている世界と他の人が生きている世界はまったく別々なのです。これは主観的とか客観的という抽象的概念や科学的事実を超えた生(ナマ)の体験的事実・真実です。

このようにして、個としての自分は生きるナマの体験として、この世界のすべてと関り、それを内容としてと生きています。そういう自分を僕は”自己”と呼んでいます。

ですから、自己は自己の生きるナマの世界と共に生まれ、自己の生きるナマの世界と共に生き、自己の生きるナマの世界と共に死んでいくのです。

すなわち、自己はそのままで刻々と変化している自己の生きるナマの世界と共に、どちらに転んでも、何があっても、過不足一切なしで完結しています。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< 自己の世界  その8 | ホーム | 自己の世界  その6 >>


コメント

ナマの体験

セミナーから帰ってきて、こうしてブログを読める事がありがたいです。今までの生き方は本当に間違っていました。それはまるで宝物をそれとは知らないで、打ち捨てていたようなものです。とても楽しくなってきました。ナマで読んでいきます。

茶碗は変わらないのに、体験的事実真実は刻々と変わるんですね。それは人間の大脳があるからなのでしょうか。動物には体験的事実真実はあるのかな~と考えました。昆虫にはなさそうですが。

完結

何かができようができまいが、自分が進む方向性は変わらない。

今回一番の気づきだね、と先生が言ってくださり、後でそのことを反芻してみて、なるほど!生きていく上でこれほど明るい光になってくれるものはないかもしれないと思いました。まさに完結しています。
これに気づけたのは、先生方はもちろんのこと、喜びと希望に満ちた仲間の気に触発されたからに他なりません。

まだ会得できていないことについては、逃げずに楽しく工夫していきます。

体験的事実はなぜ違うのか?

茶碗は変わらないのに、その体験的事実は刻々と変わります。

それはそれを体験するそれぞれの個体としての感覚器官や大脳にかぎらず、すべての”体験能力”や位置その他の体験する条件などが刻々に変化しているからです。

ですから、それは大脳を持たない昆虫でも同じで、その体験的事実は刻々に変化しています。

セミナーで先生が「世界とは?」の答えとして、バァ~ンと畳と叩いた時に「ナマの事実」を体感しました。空間が刃で切り裂かれたようなショックがありました。

帰宅後も周囲の景色が鮮やかに感じられる状況がずっと続いています。

ブログを読んでセミナーを再体験させて頂いています。
ありがとうございます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム