プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自己の世界  その8

自己の世界  その8
(その7からのつづき)

さて、今あらためて「自分とは何か?」と問われたら、あなたはどう答えますか?

名前や性別や年齢を言ってみても、それが“自分”という実物の上に貼ったラベルにすぎず、自分という実物そのものではない、ということはもうお分かりですね。

では、「〇△国人」、あるいは、「人間」という答えはどうでしょうか?

それもラベルにすぎません。

このラベルという外的規定はアタマを通して抽象化した概念を言葉で表したものであって、どこまでいっても、実物そのものをそっくり捉えて「こうだ」と言うことはできないということです。

こうなると、「自分は自分です」などと答えにならない答えしか出てきません。

そんな答えではダメだと言われると、いよいよ追い詰められて、どこかで覚えてきた「いのちです」、とか「エネルギーです」とか「大いなる存在です」などと答えて、分かったふうにしたり顔をしています。

でも、この場合は「いのち」とか「エネルギー」とか「大いなる存在」などというのもアタマで作りあげた抽象化した概念、あるいは、ラベルです。

結局は、自分という実物そのものを言葉では表現できないのであって、何か言葉で表現しようとすると、すべて外れてしまうということです。

それで仏教では「空」とか「真如」とか、いろいろ分かったようで分からない言葉で、存在の真実を表しているのだと思われます。

そういう意味では、仏教の神髄は存在の真実を、実に的確に、また、実に深く捉えていることに驚嘆します。

「では、自分とは存在しないのか?」と言えば、ここに、事実として、厳然として存在しています。

とにかく、この世界のすべての存在は人間がアタマによって作りあげたあらゆる分類や比較や評価などの規定以前に、あるがままで完結して厳然と存在しています。

問題は、多くの方々が五感とアタマによって、この世界をバラバラのものの寄せ集めで、生きていない世界、影のような世界だと思い、そして、自分はそこでつねに他を恐れ、死の影におびえながら生きるちっぽけで、はかない存在であると思っていることです。

でも、実物の世界、実物の自分、すなわち、自己はまったくその反対です。この世界は自分を含めてすべて一つの“いのち”の世界です。この世界は光と、もえる“いのち”の活々とした行き詰りのない世界です。

そして、この世界こそ自己の全身、つまり、この世界ぐるみが自己なのです。

でも、それがただの一時的な体験的感覚であったり、単なる観念的理解で終われば、それではまったく何の意味もありません。

存在の真実は存在の真実を生きる時にはじめて意味を持つのです。

すなわち、この世界にはいろいろなことが原因で不幸な人が犇めいています。それらの不幸な人は自分の分身です。事実として、我が子、我が親が苦しんでいるのと同じです。

ですから、一刻も早く全世界から不幸な人が一人もいなくなるように、全身全霊で工夫し努力することこそ、自己の真実の幸福であり、また、真の生きがいであり、喜びであることに気付くことこそ、今あなたにもっとも求められているのです。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< 自己の世界  その9 | ホーム | 自己の世界  その7 >>


コメント

「存在の真実は存在の真実を生きる時にはじめて意味を持つのです。」この言葉は、自己(私)の存在の意味を深く認識させられるものです。
かつて昇平先生はブログ「絶対世界の中で相対的に生きる」の中で、真実に生きるための3つの必須条件を書かれていました。その一つ「永遠に変わらないみんなが幸福で平和な社会を実現するために社会的意識を持ってい生きる」は、今、現在も自己の中で発動し続けています。
「真の幸せは、一つのいのちに繋がった、すべての人びとが幸せになること,
だれ一人として不幸な人がいないこと」この実現にこそ私の存在の意味があると確信しています。

存在の真実を生きる

「存在の真実は存在の真実を生きる時にはじめて意味を持つ」

アタマの理解にとどまっていたと思った1回目も、家で読み返した数回も、いつもこの部分に一番心が震えます。ナマで実践していきます。

それにしても、「自己の世界」はなんと深い内容なんだろうと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム